Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

【高杉真宙×佐野岳インタビュー】映画『超・少年探偵団NEO』再共演で改めて感じた演技力とライバル心

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』は2019年10月25日(金)より全国順次ロードショー!

江戸川乱歩による推理小説の金字塔「少年探偵団」シリーズを原案に、新たな「少年探偵団」と怪人二十面相との対決の幕開けを描いた映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』。

本作では、初代少年探偵団の団長・小林少年のひ孫である主人公・小林芳狼役を高杉真宙さん、芳狼の幼馴染みのワタリ役を佐野岳さんが演じています。


(C)Cinemarche

今回は近年映画、テレビドラマの話題作に立て続けに出演されている高杉さんと、幅広い役柄を演じ注目を浴びている佐野さんのお二人にインタビューを敢行。

それぞれが本作に感じたストーリーの印象や役柄への向き合い方、共演でお互いに感じたライバルとして印象などを伺いました。

スポンサーリンク

原作に縛られずに原作を知ってもらいたい


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

──今作は推理作家・江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズ内の物語がルーツにありますが、それを踏まえた上で、最初に出演についてお話をいただいた際には何を思われましたか?

高杉真宙(以下、高杉):原作は小学校のころに何冊か読んだんですが、画や文章が若干硬い感じもあって、読みづらいと思う子が多いかもしれないと思うところもありました。

だから今作が、今の子たちに原作小説を読んでもらえるきっかけになるような作品となればと思いました。

また今作は、江戸川乱歩の原作とは全然違う「少年探偵団」の形として成立したと思います。脚本を読ませていただいたときには、映像的にもアニメーションを入れていたり、現代版にアレンジされていた部分は印象として強く感じていました。

佐野岳(以下、佐野):この原作はこれまで実写化が度々されていたということもあって、今までの作品と比較されるかなという懸念はありましたね。

ただ僕自身としては、原作からは全くつながりがない役ということもありすごく自由度も高く、その意味では「NEO」「超」というタイトルのワードにふさわしい感じもあるかなと。

だからそんな部分からも全く新しい「少年探偵団」を感じてもらえれば嬉しいです。

異なる性質のキャラクター


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

──高杉さんの役柄は「小林少年のひ孫」という原作と深くつながっているキャラクターですが、その性質について高杉さんはどのような意識を持たれていましたか?

高杉:それこそ「超」「NEO」「Beginning」というキーワードもあるわけで、原作から違う形を作ろうと考えられた作品だと思いますし、そもそも僕らは演じるにあたって「これに囚われなきゃいけない」というところまで意識を向けてはいなかったと思います。

ただ、単純に脚本に書かれているこの登場人物たちの姿を自分なりに映像化できたらいいなとは思っていたし、先程も触れましたが、そうしてこれだけポップでキャッチ―な今作が生まれ、その上で「原作はこれなんだ」と思って、原作を読んでもらえるといいなと考えていました。


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

──ご自身でも触れられていましたが、高杉さんの役に対して、佐野さんの役は全くのオリジナルキャラクターだけに自由度もあり、のびのびと演じられていた印象がありました。

佐野:でもそれは「高杉くんだから」という安心感や、現場の雰囲気もあったと思います。

実際に現場に入る前に、芦塚監督やみんなで集まってコミュニケーションをとる機会があったこともあり、その意味では現場にすごく受け入れてもらえている空気もあり、最初から強い信頼感がありました。

スポンサーリンク

共演者との信頼関係


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

──また佐野さんと高杉さんの信頼関係の中に、堀田さんが演じる明智小五郎のひ孫・小夜が入ってくるわけですが、三人のその関係性について意識された点などはありますか?

高杉:堀田さんの役自体が全然別物だと思うので、その意味では信頼関係はゼロではないですが、役の関係はゼロから始まっていたし、誰がいたから何か変わった認識があったということはありませんでした。

一方で今回に関しては、割と早めに皆さんと仲良くなれたのもよかったと思います。

同級生役ということもあり幼馴染みという設定としても、嘘がないくらいに仲良くなれたと思いますし。

佐野:僕は逆に、結構二人だけの関係じゃないという中で、どちらかというと芳狼という存在を意識をしていたところもあって、周りを意識すればするだけ反対にその意識にこだわり続けられたと思います。

今作あたりから年下の俳優と共演することが増えていて、どういうふうに引っ張るか、カンパニーの中でどう立ち振る舞えばいいかと考えるようになった気がします。

ただ堀田さんは設定よりはすごくサバサバした感じでやりやすかったですし、芳狼とワタリの関係に小夜が深く入り込んでも、うまく関係を作ることができたかなと思います。

──年下か否かなどの共演者との年齢差をはじめ、現場において深く心がけていることはありますか?

佐野:最近は大御所の方々や歳上の方々と共演する機会が増えてきたので、そこで何を吸収できるかということはよく意識して現場に立たせていただいています。

役作りと「発想力」


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

──お二人の関係性も相まって、佐野さんは今作での演技においてはあまり細かな役作りは行わなかったのでしょうか?

佐野:僕は特にそうでしたね。「主人公の芳狼がいる」という制限がある中で、それに対して周りが支えたり、キャラクター性がないといけないというところはありました。そこは少し意識しましたが、考え過ぎず自由に演じました。

──対して高杉さんは主演ということもあり、役柄自体に縛られることもあったのではと感じられました。

高杉:でも実は、僕は逆にそんな感じで演じるのが好きなんです(笑)。役の制限があるのは嫌いじゃなくて、例えば「他の役だったらどういう役割で動けばいいかな」とか考えたり。

そんな風に考えるのがすごく楽しい。例えば主人公に何かを与える役であれば、その与えるためにどんな風に動くべきかと考えたり、周りの人たちが普通の男の子を演じるのも好きだし。

だから逆に「自由にしていいですよ」とか言われて演じるのが難しくて(笑)。僕はまだその発想力が弱いんです。

その意味では佐野くんが自由に演じられているというのをうらやましく思いますし、今回共演が二作目になりますが、いい関係である一方でライバルという感じもあります。

僕は尊敬するのと、嫉妬するのって紙一重だと思っているんですが、佐野くんに対しては正直、本当にそう思っています。「その発想力が欲しいな」といつも思っていますし。

スポンサーリンク

ライバルとしての存在


(C) Cinemarche

──改めてお聞きしたいのですが、二回目の共演の中で、佐野さんと高杉さんそれぞれがお互いの変化を感じられたところはありますか、

佐野:すごく変わったと思います。顔つきもそうですし、その現場での立ち振る舞いなどがすごく大人になっていました。

ですが役と向き合い、ずっと葛藤を抱えながらシーンに向けて気持ち作りをしている真面目なところは、いい意味では変わっていませんでした。

二回目の共演で2年くらい空いて、お互い多分成長した姿も見せたいという思いはあったと思います。

偉そうに言えることではないですが、成長した姿も見られていい刺激になったし、自分ももっと頑張りたいなと思いました。


(C) Cinemarche

──逆に高杉さんからは、佐野さんを共演者としてご覧になって、印象的に思われたことはありますか?

高杉:変わらず「お兄さん」という感じがありますが、今回久しぶりお会いして、改めて大人っぽくなったという印象を強く感じました。年下の僕が言えることではないですけど(笑)。

でもそのことには、本当に何度も助けられました。

僕自身は、あまり現場を引っ張っていこうとするスタイルを通すことはそれほど多くないんですが、佐野くんがいてくれただけで現場は明るさが増すし、その意味ではきつい現場でしたけど、楽しかった思い出が多かったと思っています。

それとこれも変わらないところだと思うんですが、ずっと役に対して、純粋にまっすぐ走っているという感じがありました。

ワタリの熱さと佐野くんの熱さというのはマッチしていた感じもあって、本当にこの役は佐野くんでよかったなと思いました。役として安心して一緒にその場にいられる感じもありました。

インタビュー・撮影/桂伸也

キャスト・プロフィール

俳優の高杉真宙さん(左)と佐野岳さん(右)


(C) Cinemarche

高杉真宙(たかすぎまひろ)

1996年生まれ、福岡県出身。舞台『エブリ リトル シング’09』で俳優デビューし、『半次郎』にて映画初出演、『カルテット!』で映画初主演を果たします。

以降2014年に映画『ぼんとリンちゃん』にて第36回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞、2017年には映画『散歩する侵略者』にて第72回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞。

近年では2018年に主演映画作品『笑顔の向こうに』(2019年公開)が第16回モナコ国際映画祭でエンジェルピースアワード(最優秀作品賞)を受賞。テレビドラマ、映画・ドラマ問わず話題作に立て続けで出演を果たし、若手俳優の注目株の一人となっています。

佐野岳(さのがく)

1992年生まれ、愛知県出身。2011年に「第24回 JUNONスーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。2012年に俳優デビューし、『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』で映画初出演・初主演。

また同年に『仮面ライダー鎧武/ガイム』で初主演を果たしました。

近年では映画『報復~かえし~』『となりの怪物くん』『純平、考え直せ』『ふたつの昨日と僕の未来』、ドラマ『陸王』(TBS系)『スキャンダル専門弁護士QUEEN』(フジテレビ)『仮面同窓会』(東海テレビ・フジテレビ系)などに出演しています。

映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』の作品情報

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督】
芦塚慎太郎

【脚本】
赤尾でこ、芦塚慎太郎

【キャスト】
高杉真宙、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎/神谷浩史(声の出演)/佐藤二朗/丸山智己

【作品概要】
江戸川乱歩の推理小説「少年探偵団」シリーズを原案として、少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫を主人公に描く学園ミステリー。主人公・小林芳狼が、親友や明智小五郎のひ孫、学校のミステリー同好会の学生らとともに先々代から続く怪人二十面相との因縁の関係をはらんだ謎解きに挑む姿を描きます。

監督は映画『ジョーカーゲーム 脱出(エスケープ)』、「すんドめ」シリーズなどを手掛けた芦塚慎太郎が務めます。

小林少年のひ孫である主人公・小林芳狼を、『世界でいちばん長い写真』などの高杉真宙が担当。さらに明智小五郎のひ孫でヒロイン・明智小夜役を『36.8℃ サンジュウロクドハチブ』『プリズン13』などの堀田真由、芳狼の幼馴染み・ワタリ役をテレビドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』『陸王』、映画『ふたつの昨日と僕の未来』などの佐野岳が演じます。

さらに長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎ら若手や丸山智己、佐藤二朗らが脇を固めます。

また怪人二十面相のキャラクターデザインを「タイムボカン」シリーズやゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズ、『吸血鬼ハンターD』のキャラクターデザインを手掛けた天野喜孝が担当し、二十面相の声は人気声優の神谷浩史が演じています。

映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』のあらすじ


(C) 2019 PROJECT SBD-NEO

少年探偵団の初代団長・小林少年のひ孫で高校生の芳狼と親友のワタリ、明智小五郎のひ孫で、アイドルとしても活躍している小夜は、その素性を世間に知られることもなく、平穏な高校生活を送っていました。

しかしある日芳狼の前に、記憶の奥に封印されていた怪人二十面相が出現。芳狼の心理に大きな波紋を呼びます。

同じころ学園では、帰宅の遅れた小夜が学校で「学校の怪談話」として語り続けられていたものと遭遇するなど、怪事件が連続して起こっていました。

さまざまな怪事件を前に、動揺を隠しきれない三人。一方で、芳狼は怪人二十面相との記憶を少しずつ取り戻していました…。

映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』は2019年10月25日(金)より全国順次ロードショー!



関連記事

インタビュー特集

【筒井武文監督インタビュー】映画『ホテルニュームーン』日本が観逃してきたイラン文化と風景の“最先端”を撮る

映画『ホテルニュームーン』は2020年10月24日(土)より名古屋シネマテーク、10月30日(金)よりテアトル梅田とアップリンク京都、以降も元町映画館ほかにて全国順次ロードショー!  10月31日(土 …

インタビュー特集

【縄田かのん&中神円インタビュー】映画『空の瞳とカタツムリ』ふたりで挑んだ役作りを語る

映画『空の瞳とカタツムリ』縄田かのん&中神円インタビュー 求めあうがゆえに傷つけあうしかなかった男女四人の物語。触ろうとすればするりと逃げる儚い青春の終わりを繊細なタッチで叙情的に描きだした作品です。 …

インタビュー特集

【チャン・チッマン監督インタビュー】映画『散った後』香港・雨傘運動を舞台に人々の“記憶”と“心の傷”に向き合う

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『散った後』 2020年3月に開催された第15回大阪アジアン映画祭。 そのコンペティション部門で上映された香港映画『散った後』は、チャン・チッマン監督の長編デビュー作 …

インタビュー特集

【中川龍太郎監督インタビュー】映画『わたしは光をにぎっている』詩から継がれる“覚悟”、映画館・銭湯という“場所”

映画『わたしは光をにぎっている』は2019年11月15日(金)より全国公開! 区画整理によって、あらゆるものが失われていく町。 そこで働き、人々と交流し、町で暮らし始めた主人公は、避けられない「終わり …

インタビュー特集

【奥山大史監督インタビュー】映画『僕はイエス様が嫌い』少年時代の記憶と再生の物語

映画『僕はイエス様が嫌い』は 2019年5月31日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国順次ロードショー! スペイン・サンセバスチャン国際映画祭にて、最優秀新人監督賞を史上最年少となる22歳で受賞 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP