Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2022/09/15
Update

【川床明日香インタビュー】『沈黙のパレード』映画によって女優として役と共に過ごした商店街の記憶が蘇る

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

『沈黙のパレード』は9月16日(金)より全国東宝系にて公開!

福山雅治演じる、天才的頭脳を持つが少々変わった人物の物理学者・湯川学が、不可解な未解決事件を科学的検証と推理で見事に解決していく痛快ミステリー「ガリレオ」シリーズ。

2008年『容疑者xの献身』、2013年『真夏の方程式』に続く劇場版作品の第3弾『沈黙のパレード』は、これまでになく多数の人物が登場し、人々の心情と思惑が複雑に、繊細に絡み合う群像劇となっています。


photo by 田中舘裕介

このたびの映画の劇場公開を記念し、菊野商店街で定食屋を営む並木夫妻の長女で、歌手を夢見ていた女子学生・並木佐織役を演じられた、川床明日香さんにインタビュー。

佐織を演じられるにあたっての役作りや完成した映画を観た際に思い浮かんだ記憶、女優というお仕事の難しさと面白さなど、貴重なお話を伺いました。

スポンサーリンク

生前の佐織が感じていたもの


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

──作中で起こる事件に深く関わり、多くの登場人物たちの心に悲しみの記憶を遺していった本作のキーパーソンでもある佐織を、川床さんはどのように演じられていったのでしょうか。

川床明日香(以下、川床):東野圭吾さんの原作小説を撮影前に読ませていただいたんですが、小説では生前の佐織の心情描写は直接描かれていませんでした。ですので、「原作では詳しく言及されていない佐織の性格を、私のお芝居で掘り下げられるのか」「そもそも彼女の性格を、どのようにイメージして作っていけばいいのか」と不安を感じた瞬間もありました。

ですが、撮影前のリハーサルで西谷弘監督と何回かお話しさせていただき、リハーサルも重ねたことで「この場面で、佐織は何を感じていたんだろう」とより明確にわかるようになりました。そして佐織と自分との似ている部分、あるいは違う部分を見つけながら、キャラクターの芯となるものを作っていきました。

また西谷監督は、佐織の意思の強い性格をふまえた上で「大抵の人は相手の目をまっすぐ見て、何かを伝えようとするけれど、佐織は少し違うんだ」と言ってくださいました。それは、その時点の私には見えていなかった佐織の一部であり、実際に佐織を演じるにあたって、とても腑に落ちるものがありました。

ちなみに、佐織がとても意思が強い子である一方で、私自身には少し優柔不断なところがあります。佐織を現場で演じている中でも、彼女を見習いたいと思った瞬間がありました。

「久しぶりに、商店街のみんなに会いたい」


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

──完成した映画を初めてご覧になった際、川床さんの心の内にはどのような想いが浮かび上がったのでしょうか。

川床:完成した作品を初めて観た時、私は佐織がいなくなった後の商店街のみんなを見た瞬間に、強い寂しさを感じました。

これまで出演させていただいた作品でも、感慨深いものを感じる時はありましたが、本作では「佐織と私は、あの街で過ごしてきたんだ」という撮影の時の記憶がはっきりと蘇ってきて「久しぶりに、商店街のみんなに会いたい」と思ってしまったんです。

映画に参加させていただく中で、私は「キャストやスタッフの皆さんで作品を作り上げた」と実感できる瞬間が好きで、その瞬間が一番記憶に残ることが多いんです。

なので完成した作品を観ると、本編に実際に映っているキャストさんだけでなく、スタッフさんを含めその撮影現場にいたみんなの顔も思い浮かんできます。

スポンサーリンク

「正解」も「正攻法」もないからこその面白さ


photo by 田中舘裕介

──川床さんにとっての女優というお仕事の難しさ、そして面白さとは一体何でしょうか。

川床:お芝居というものはあくまで正解はなく、近道のような正攻法もきっとないんだろうなと最近は感じています。

どの作品でも「この場面にはどういう意味や意図が込められているのか」「その上でどう演じるべきなのか」といった自分の中での問いと向き合い、悩み続けながら台本を読み込んでいます。そして、一度やってみて失敗したら別の方法を試す。そうやって試行錯誤の作業をずっと繰り返さなければならない仕事なんだと思います。

ただ、大変さを感じつつも、その作業が楽しくもあるんです。

自分が「この場面は、こういうお芝居になるかな」と想定していても、実際にやってみると全然違うものがお芝居の中で出てきてしまったり、逆にそれが良いお芝居に映っていたりと、自分が予測できないことが起きるのは凄く楽しいんです。

それに、「自分はこう演じたい」と思っていても、それが中々できない悔しさもまた、お芝居というものを突き詰めることの面白さの一つだと感じています。

自分自身を誇りに思える作品


photo by 田中舘裕介

──最後に、佐織役として出演された映画『沈黙のパレード』は、川床さんにとってどのような作品となったのかを改めてお教えいただけますでしょうか。

川床:女優のお仕事をさせていただく中で、演じ切ることができた時に「この役に出会えて良かったな」と思える役に出会うことがこのお仕事の目標の一つなんです。

本作で私が演じた佐織は、商店街のみんなや家族にとても愛されている役でした。普段生活していても、ここまで愛を感じることは中々ないことです。佐織がいなくなり商店街のみんなが悲しみに暮れる様を目の当たりにする中で、彼女のキャラクターや存在感を改めて実感しましたし、彼女を通してみんなの様々な愛を知れたと感じています。

また佐織の役作りは長い時間をかけて準備したので、クランクアップ直前にはもう客観視ができない状態にまで役へ思い入れができてしまい、「佐織=私」のような状態になっていました。ただ、そんな中だったからこそ、西谷監督からの「今の佐織、良かったよ」というさり気ない一言にはとても救われていました。

悩み迷いながらも、お芝居に対して向き合えたことを実感できたので、そういった意味でも自分自身を誇りに思える作品となりました。

インタビュー/河合のび
構成/タキザワレオ
撮影/田中舘裕介

川床明日香プロフィール


photo by 田中舘裕介

2002年生まれ、福岡県出身。2014年に「第18回ニコラモデルオーディション」グランプリを受賞。4年半に渡り同誌専属モデルとして活躍する。

2019年に『ピア〜まちをつなぐもの〜』で初の長編映画出演を果たす。以降、NHK連続テレビ小説『なつぞら』のスピンオフドラマ『十勝男児、愛を叫ぶ!』、NTV『俺の話は長い』、HBOアジア・オリジナルズ『フードロア:Life in a Box』、サカナクション「SAKANAQUARIUM アダプトTOUR」、竹内まりや「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」MVなどに出演。

スポンサーリンク

『沈黙のパレード』の作品情報

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
東野圭吾『沈黙のパレード』(文春文庫刊)

【監督】
西谷弘

【脚本】
福田靖

【キャスト】
福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、岡山天音、川床明日香、出口夏希、村上淳、吉田羊、檀れい、椎名桔平

【作品概要】
原作は東野圭吾による「ガリレオ」シリーズ第9弾にあたる同名小説。『容疑者xの献身』『真夏の方程式』に続き福田靖が脚本を、西谷弘が監督を務める。

主人公の湯川学を演じるのは、主演の福山雅治。湯川のバディ的存在の刑事・内海薫を柴咲コウが、湯川の親友で内海の先輩刑事・草薙俊平を北村一輝が演じる。

共演キャスト陣は椎名桔平、檀れい、吉田羊、飯尾和樹、戸田菜穂、田口浩正、酒向芳、村上淳、岡山天音、川床明日香、出口夏希。

主題歌は福山雅治と柴咲コウによるユニット《KOH+》が担当。福山雅治が書き下ろした主題歌「ヒトツボシ」を柴咲コウが歌う。

『沈黙のパレード』のあらすじ


(C)2022 フジテレビジョン、アミューズ、文藝春秋、FNS27社

天才物理学者・湯川学の元に、警視庁捜査一課の刑事・内海薫が相談に訪れる。

行方不明になっていた女子学生が、数年後に遺体となって発見されたのだ。

内海によると容疑者は、湯川の親友でもある先輩刑事・草薙俊平がかつて担当した少女殺害事件で、完全黙秘をつらぬき、無罪となった男・蓮沼寛一。蓮沼は今回も同様に完全黙秘を遂行し、証拠不十分で釈放され、女子学生の住んでいた町に戻って来た。

町全体を覆う憎悪の空気……。

そして、夏祭りのパレード当日、事件が起こり、蓮沼が殺された。

女子学生を愛していた、家族、仲間、恋人……全員に動機があると同時に、全員にアリバイがあった。そして、全員が沈黙する。





関連記事

インタビュー特集

【堀江貴大監督インタビュー】映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』結末まで見逃せない黒木華×柄本佑の“新たな夫婦映画”

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』が2021年9月10日(金)より、新宿ピカデリーほかで全国順次公開。 『嘘を愛する女』『哀愁しんでれら』などを輩出したオリジナル作品・企画コンテスト「TS …

インタビュー特集

【宗野賢一監督インタビュー】映画『フェイクプラスティックプラネット』貧困女子をリアルと寓話で描き浮かび上がる現代性

『フェイクプラスティックプラネット』は2020年8月15日(土)より大阪・シネ・ヌーヴォ、順次、京都みなみ会館にて公開! 「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」のファンタスティック・オフシア …

インタビュー特集

【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために

映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』は2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿ピカデリーほかにて全国順次公開中! 長編初監督作『凱里ブルース』によって映画界で衝撃的 …

インタビュー特集

【宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る

映画『バイオレンス・ボイジャー』は2019年5月24日(金)より全国ロードショー! 長編デビュー作『燃える仏像人間』(2013)により、独創性の高い強烈な世界観が国内外にて高く評価された宇治茶監督。 …

インタビュー特集

映画『はりぼて』五百旗頭幸男&砂沢智史監督インタビュー|報道の難しさと意義を考えさせられた4年の軌跡

映画『はりぼて』は2020年8月16日(日)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー! 2016年に発覚した富山市議会の事件における報道取材を通して議会と当局、そしてメディアと市民の4年間における実 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学