Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ】ラム LAMB|結末あらすじ感想と評価解説。謎の生物⁈羊でも人でもないモノを育てる夫婦の愛情

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

羊から産まれた「何か」を育て始めた夫婦を描く、悪夢のようなおとぎ話

アイスランドの山奥の牧場で、羊飼いを営む夫婦。

この夫婦が、ある日突然産まれた「人でも羊でもない何か」を育て始めることで始まる、恐ろしくも不思議な物語を描いた、ネイチャー・スリラー『LAMB ラム』

衝撃的な内容が話題になり、新進気鋭のスタジオ「A24」が北米配給権を獲得した作品です。

静かに淡々と進む物語は、あまりにも不可解すぎて不気味ですが、どこか悲しさを感じる不思議な作品です。

予測不可能な展開の末に行き着く、悲劇的なラストの解釈も含めて、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『LAMB ラム』の作品情報


(C)2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JOHANNSSON

【日本公開】
2022年公開(アイスランド・スウェーデン・ポーランド合作映画)

【原題】
Lamb

【監督・脚本】
バルディミール・ヨハンソン

【キャスト】
ノオミ・ラパス、ヒナミル・スナイル・グブズナソン、ビョルン・フリーヌル・ハラルドソン、イングバール・E・シーグルズソン

【作品概要】
羊飼いの夫婦が「アダ」と名付けた、人でも羊でもない存在を育て始めたことで始まる、不可解な物語を描いたネイチャー・スリラー。

主役のマリアを『プロメテウス』(2012)で主演に抜擢されて以降、注目されているスウェーデン出身の女優、ノオミ・ラパスが演じています。

監督は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や『トゥモローウォー』(2021)などで、美術、特殊効果、技術部門を担当してきたバルディミール・ヨハンソン。

監督のバルディミール・ヨハンソンは、本作が長編デビューながら、数多くの映画祭で高い評価を得ています。

映画『LAMB ラム』のあらすじとネタバレ


(C)2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JOHANNSSON

アイスランドの山奥で、羊飼いを営む夫婦のイングヴァルとマリア。

羊は順調に増えており、静かながらも幸せに生活している2人ですが、夫婦には娘を亡くした過去があり、特にマリアは今も傷が癒えていません。

ある日、羊の出産を行ったイングヴァルとマリアは、羊ではない「不可解な何か」を取り上げます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『LAMB ラム』ネタバレ・結末の記載がございます。『LAMB ラム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JOHANNSSON

「羊ではない不可解な何か」は、羊の顔と片腕を持ちながら、後は人間と同じ体を持つ、不思議な見た目をしています。

イングヴァルとマリアは、羊でも人間でも無い不思議な存在を、亡くなった娘の名前「アダ」と名付け、自分の子供のように育て始めます。

ですが、アダを生んだ母親の羊がアダのいる部屋の前で鳴き始めるようになり、マリアは、その母親羊を目障りに感じ始めます。

ある時、母親の羊がアダを勝手に丘の上に連れて行った所を目撃したことから、マリアは母親の羊に辛く当たり始め、最終的に猟銃で撃ち殺します。

そして、マリアは母親の羊の死体を草原に埋めます。

アダを娘のように育て始め、幸せを感じ始めたイングヴァルとマリアの所に、イングヴァルの弟ペートゥルが現れ、牧場に住み始めます。

ペートゥルは、ミュージシャンでしたが、現在は借金を抱え自堕落な生活をしていることから、マリアはペートゥルの存在を良く思っていません。

また、ペートゥルは、アダを育てているイングヴァルとマリアに驚きますが、イングヴァルから「夫婦のことに首を突っ込むな」と釘を刺されます。

アダを不気味に感じ始めたペートゥルは、アダを連れ出し猟銃で撃とうとしますが、アダに人間の部分を感じて、思い止まります。

アダを家族と認めたペートゥルも加わり、イングヴァルとマリアは楽しい時間を過ごします。ですが、ペートゥルがマリアにちょっかいを出し始め、マリアはペートゥルを不快に感じます。

マリアはペートゥルに「母親の羊を殺したことを、アダに話したのか?」と聞かれたことから動揺し、ペートゥルを倉庫に閉じ込めます。

次の日、マリアはペートゥルを、長距離バスの停留所まで連れて行き、牧場を出るように伝えます。

ペートゥルも、自身が「厄介者」と思われていたことを分かっていた為、マリアに別れを告げてバスに乗り込みます。

イングヴァルはアダを連れて、ペートゥルが壊したトラクターの修理に向かいます。

そこで羊の顔をした、大型の人間の体を持つ、アダと同じような存在が現れ、イングヴァルは猟銃で撃たれます。

出血をしたイングヴァルは、羊の顔をした人間が、アダを連れて行くのを見ながら息絶えます。

ペートゥルを送った後に、牧場に戻って来たマリアは、突然銃声を聞きます。

マリアが駆け付けると、そこには血を流し絶命したイングヴァルの姿がありました。

マリアは、イングヴァルの死体を抱えたまま、泣き叫びます。

スポンサーリンク

映画『LAMB ラム』感想と評価


(C)2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JOHANNSSON

謎の存在「アダ」を育て始めた夫婦、イングヴァルとマリアの、悪夢のような不思議な物語を描いた『LAMB ラム』

本作は静かな山奥を舞台にしており、メインの登場人物も3人と少なく、淡々と物語が進んで行きます

描かれているのも、夫婦が子供をあやしたり、子供と一緒に食事をしたりという家族の日常的な風景なのですが、本作を奇妙な作品にしているのは、夫婦が育てる子供アダの存在です。

アダは顔と片腕は羊ですが、他は人間と同じ体という、かなり不思議な見た目をしています。

謎の存在アダは、不思議な見た目をしていますが、内面は非常に良い子で、ペートゥルがアダを撃つことを、ためらったのも理解できます。

一般的なホラー作品だと、アダが恐怖の対象になりそうですが、本作における恐怖の対象は、アダを育てる夫婦、特に妻のマリアがアダに抱く狂気じみた愛情となっています。

過去に娘を亡くしたマリアは、羊でも人間でもない存在に、娘と同じ「アダ」と名付け、再びアダを手放すことに恐怖を感じています

その狂気じみた愛情を、最も感じるのがアダの母親の羊を猟銃で撃ち殺す場面です。

マリアも娘を失った過去がある為、本来ならマリアは、母親の羊に寄り添うべきだったのですが、アダへの執着心から、ためらいなく母親の羊を撃ちます。

このためらいの無さは、どこか「たかが家畜の羊」という、見下した感情もあったのでしょう。

アダの産みの親は羊でしたが、アダは本当は何者なのでしょうか?

その明確な答えは、作中で語られませんが、ラストに突然出て来た、人間の体と羊の頭を持つ羊人間がアダの親なのでしょう

羊人間の体格が、やたら強そうなので、恐らく父親だと思われます。

結果的にマリアは、イングヴァルを失い、アダも連れて行かれましたが、それはマリアが、アダの母親である羊にやった行為と同じです。

本作の監督バルディミール・ヨハンソンは「アイスランド人は、羊のすべての部位の恩恵に預かっている」と語っています。

羊を見下し同等に見ていなかったマリアは、その報いを受けた形になります。

一筋縄のホラー作品ではなく、教訓が込められたおとぎ話の要素も持つ、非常に不思議な映画、それが『LAMB ラム』という作品です。

まとめ


(C)2021 GO TO SHEEP, BLACK SPARK FILM &TV, MADANTS, FILM I VAST, CHIMNEY, RABBIT HOLE ALICJA GRAWON-JAKSIK, HELGI JOHANNSSON

『LAMB ラム』は全体を通して、淡々とした静かな作品です。

ですが、何とも言えない不安になる要素を、それとなく観客に感じさせる演出が秀逸です。

ラストに登場する羊人間も、いきなり出て来た訳ではなく、映画冒頭や中盤で聞こえる、謎の息遣いや足音、マリアの見る不気味な羊の夢など、「何かの存在」を感じさせる、予兆とも言える演出があり、作品全体の恐怖を煽っています。

非情に神話的な内容ですが、監督で脚本と原案も手掛けたバルディミール・ヨハンソンは、「アイスランドで羊にまつわる神話は無い」と語っていることから、特に何かの物語をモデルにした訳ではないようです。

ただ、さまざまな資料を集め「ビジュアルで語る物語」を意識した本作は、無駄な部分が無く、洗練されたシンプルな映像が印象的です。

特にアダちゃんは、本当に良い子で可愛いので、子役10人がかりで演じたという、アダちゃんの姿を見るだけでもお勧めしたい作品です。




関連記事

ホラー映画

映画『デッド・ドント・ダイ』感想とレビュー評価。ジム・ジャームッシュが放つゾンビ・アポカリプスムービー!

カンヌ騒然、巨匠ジム・ジャームッシュが放つゾンビ映画がついに日本公開 『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)、『ゴースト・ドッグ』(1999)のジム・ジャームッシュ監督の新作映画『デッド・ド …

ホラー映画

映画『ザ・ゴーレム』あらすじと感想レビュー。救世主なのか怪物か?忠実さと暴走する破壊者の二面性

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『ダーク・アンド・ウィケッド』ネタバレあらすじ感想と評価解説。故郷に戻った姉弟が遭遇する“精神的な恐怖の正体”とは⁈

父親の最後の瞬間に立ち会うはずだった姉弟が、正体不明の恐怖に遭遇する 危篤状態になった父親の最後を看取る為に、故郷に戻った姉弟が、生家に潜む謎の恐怖に遭遇する映画『ダーク・アンド・ウィケッド』。 本作 …

ホラー映画

『死霊館』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ホラー映画】

映画『死霊館』は、アメリカの実話を元にしたホラー映画「死霊館」シリーズの第1作目。 「死霊館」シリーズはファンも多く、9月21日にはスピンオフ作品の『死霊館のシスター』が公開されます。 累計興行収入は …

ホラー映画

映画『ITイット』2017リメイクあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

本国アメリカでホラー映画歴代興行収入ナンバーワンを記録! スティーヴン・キングの原作小説を映画化した話題作がいよいよ日本上陸。 ただのホラーにあらず! その溢れる80年代愛に驚くなかれ。 『IT/イッ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学