Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/11/01
Update

【スリー・フロム・ヘル】高橋ヨシキ×てらさわホークによる映画解説トークショー開催!《シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020》

  • Writer :
  • 増田健

映画『スリー・フロム・ヘル』は、シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020にて上映中!

1968年に創設され世界で最も権威ある、SF・ホラー・スリラーサスペンス映画などファンタジー系作品の祭典として名高いシッチェス映画祭

そこで上映された作品の中から、厳選された話題作を日本で上映する“シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020”が、今年も実施されました。

今回その目玉というべき作品が、ロブ・ゾンビ監督作、「マーダー・ライド・ショー」シリーズ第3作となる『スリー・フロム・ヘル』。

過激なホラー映画を手掛けながらも、常に自らの映画愛を作品に織り込むロブ・ゾンビ監督。

その最新作を、ジャンル映画を語れば第一人者の高橋ヨシキ、てらさわホーク両氏が熱く語ります。

スポンサーリンク

映画『スリー・フロム・ヘル』の作品情報


(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
3 from Hell

【監督・脚本】
ロブ・ゾンビ

【出演】
ビル・モーズリー、シェリ・ムーン・ゾンビ、リチャード・ブレイク、ダニー・トレホ、エミリオ・リヴェラ、シド・ヘイグ

【作品概要】
殺人一家の凶行を、極彩色で描いたスプラッター映画『マーダー・ライドショー』(2002)。

その続編で一家の逃走劇を、一転アメリカン・ニューシネマ風のタッチで、破滅の美学をもって描く『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』(2005)。

待望のシリーズ3作目が、ロブ・ゾンビ監督とオリジナルキャストの出演で完成しました。

出演はシリーズの主役、ビル・モーズリイにシェリ・ムーン・ゾンビ。そしてロブ・ゾンビ監督『31』(2016)で怪演を見せた、リチャード・ブレイクが殺人一家の新たなメンバーに加わります。

特異な風貌で個性的な脇役として活躍し、『マチェーテ』(2010)と続編『マチェーテ・キルズ』(2013)で主役を演じたダニー・トレホも出演。

そして2019年に亡くなったシド・ヘイグも、シリーズの顔、キャプテン・スポールディング役として本作に登場しています。


映画『スリー・フロム・ヘル』のあらすじ


(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1978年、逃避行の果てに警官隊の激しい銃撃を受け、無数の銃弾を浴び倒れたオーティス、ベイビー、キャプテン・スポールディングの殺人一家。

生き残った彼らは挑発的な態度で裁判に臨み、その姿勢が信奉者を集め世間を騒がせました。

10年後のハロウィンの時期、死刑を逃れたオーティスとベイビーは、”ミッドナイト・ウルフマン”ことフォクシーの助けを借り、脱獄に成功します。

獄中生活で狂気度を増した彼らは、殺人行脚を繰り返しながらメキシコを目指します。

死者の日に賑わうメキシコの町で、彼らにどんな運命が待つのか。血塗れのロードムービーが今、幕を開ける…。

スポンサーリンク

映画『スリー・フロム・ヘル』トークショー

左から高橋ヨシキ氏、てらさわホーク氏


10月31日(土)ハロウィンの日、ヒューマントラストシネマ渋谷の『スリー・フロム・ヘル』19:05の回終了後、高橋ヨシキさん、てらさわホークさんのトークショーが実施されました。

厳しい環境で生まれ公開された続編

高橋ヨシキ氏:以下、敬称略)今日は満席ですが、これはロブ・ゾンビに中継で見せるべきですね。

『スリー・フロム・ヘル』はアメリカでは、配信中心でまともに公開していないので、この盛況を見たら泣くんじゃないでしょうか。

『マーダー・ライドショー』と『デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2』は同じ予算位で作られましたが、今回はその半分、300万ドル位で作られました。

てらさわホーク氏:以下、敬称略)それもあって汚いですね、全体的に(笑)。しかし、その汚さが実に美しいというか。

高橋ヨシキ:今回の作品が良いのは、オープニングが「チャールズ・マンソン事件」がベースになっており、それに似せて撮っています。

“ベイビー”(シェリ・ムーン・ゾンビ)が収監された牢獄か登場します。

これは実際スーザン・アトキンス(マンソンファミリーの1人で実行犯)が収監された場所で、今は撮影とかに使えるんですが、そこで撮っているんですよ。

僕にとっては、タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(2019)より、マンソン度が高い映画です。

てらさわホーク:マンソンファミリーに対する愛とこだわりがあり過ぎる、それは間違いないですね(笑)。でも前作の『デビルズ・リジェクト』は、思えば2005年の作品なんですね。

高橋ヨシキ:『デビルズ・リジェクト』の最後で皆警察に撃たれて、観た人はガン泣きでしょ。

それを続編でどうしてくれるのかと思ったら、「悪魔的な回復力」だと説明する。その手があったかと(笑)。

“キャプテン・スポールディング”を演じた、シド・ヘイグは亡くなりましたが、この映画の撮影時には相当まずい状態で、1日だけ病院から抜け出して、撮影させてもらったという話です。

彼が抜けた穴を埋めた、”ミッドナイト・ウルフマン”を演じる、リチャード・ブレイクが実に良いこと。

てらさわホーク:間違いないです。あの人のキャラクターは、絶対に友達になりたい感じです(笑)。

高橋ヨシキ:彼と”オーティス”(ビル・モーズリー)が脱走して最初にする会話が、どっちが『必死の逃亡者』(1955)のハンフリー・ボガートに似てるか…そんな奴いないよね。

『マーダー・ライドショー』から続くシリーズで、必ず皆で飲んで騒いで、あと裸のオバさんを殺す(笑)。こういった事を毎回必ずやっている、シリーズ感が強い作品です。

こだわりのキャスティング


てらさわホーク:今回ビックリした事があって、モーテルの親父、どっかで見たな、誰だろうと思いました。

エンドロール見て声を上げました。ジム・ジャームッシュ監督の『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)の、リチャード・エドソンなんですね。

気付いて感動しました。俳優としてTVやインディーズ映画に出ていたんですが、こんな所で大フィーチャーされているとは。そこにロブ・ゾンビのインディーズ映画魂を感じました。

高橋ヨシキ:ロブ・ゾンビはタランティーノとは違う形の目利き感というか、奥ゆかしい俳優の使い方をするんです。

ナレーションが『ロッキー・ホラー・ショー』(1975)の、バリー・ボストウィックなんて言われなきゃ判らないし、クリント・ハワードも最初は誰か判らず、やっと気づきました。

鬼のような女看守役は、『E.T.』(1982)や『クジョー』(1983)のお母さんを演じた、ディー・ウォレスだし。

この女看守の名前が”グレタ”という…ここで”イルザ”にしないのが、ロブ・ゾンビの奥ゆかしさ(笑)。

“イルザ”だと(ダイアン・ソーンが演じた)ナチの女収容所所長映画モノそのままだから、ジェス・フランコ監督の同じコンセプトの映画に出てくる、”グレタ”の名を使ってくる。

ロブ・ゾンビの映画愛が詰まった作品


高橋ヨシキ:ロブ・ゾンビは本当に古い映画好きです。

“ベイビー”が見る、猫の仮面のバレエダンサーのシーン、あれはミケーレ・ソアビ監督の『アクエリアス』(1986)のフクロウの仮面の男そっくりです。

だけど今日見直して、そのシーンの舞台や背景を見ると、ジョルジュ・メリエス(映画草創期のフランスを代表する監督)をやりたかったんだなぁと気付きました。

ロブ・ゾンビは『ロード・オブ・セイラム』(2012)でも、ビジュアル的にメリエスに言及していますからね。

本作で劇中に、TVに映る映画は『ベラ・ルゴシのジャングル騒動』(1952)。人間をゴリラに改造するマッドサイエンティストが出てくる、誰も知らない映画です(笑)。

次に出てくるのが『美しき生首の禍(死なない頭脳)』(1962)の、ラストのシーンなんですよ。

それだけでもお腹いっぱいなのに、最後にロン・チェイニーの『ノートルダムのせむし男』(1923)が出てくる。

てらさわホーク:大事なところですね。そこから”ベイビー”と、”セバスチャン”のエピソードにつながる。リリシズムがありますね。

高橋ヨシキ:この映画はメキシコで撮影する予算は無くて、ハリウッド周辺の大手スタジオ以外のバックロット(撮影所近くの野外撮影場)で撮影したんです。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に登場する、マンソンファミリーの住むスパーン牧場も同じような性格の場所。

そんな場所でメキシコを撮ったんですが、狭い感じになるかと思いきや、それっぽく見えました。

てらさわホーク:最初に汚いと言いましたが、画面の細部まで汚い、そこに感動したんですよ。

中々無いでしょ、絵になる汚さというのは。見ている内に段々落ち着く感じになります。

高橋ヨシキ:ロブ・ゾンビの「汚くたっていいじゃないか」イズムは感じますね。今回良かったことは一杯あるんですが、”セバスチャン”が現れ、最後の戦いの前にかける曲。

てらさわホーク:ああ、「ガダ・ダ・ヴィダ(In-A-Gadda-Da-Vida)」という、ロック・バンド”アイアン・バタフライ”の名曲ですね。

『悪魔のいけにえ2』の中でかけろかけろ、って言ってた曲です。

高橋ヨシキ:こういった発見の他人に伝わらないもどかしさ、こういう嬉しさがありますね(笑)。

今回、日本でハロウィンの晩に、こんな大勢で『スリー・フロム・ヘル』が見られる状況は嬉しく、皆さんの思いは時空を超えて、絶対にロブ・ゾンビに届くと思いますよ。

てらさわホーク:本日はありがとうございました。

まとめ


(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

前作を見ずとも、凄惨なシーンに酔いしれる映画『スリー・フロム・ヘル』。前2作をご覧になれば、より深く楽しめます。

殺人映画でありながら、シド・ヘイグが病を押し出演した遺作と知ると、そのシーンに感動すら覚えました

流血シーンに注目が集まりますが、重度の映画マニア、ロブ・ゾンビ監督のこだわりが詰め込まれた映画です。

それを高橋ヨシキ、てらさわホーク両氏がトークショーで詳細に語ってくれました。映画を楽しむ手引きにして下さい。

映画の始まる1978年。チャールズ・マンソン事件の発生した1969年から時間が経過しています。

しかしこの年、カルト教団人民寺院が集団自殺を行い、世界に衝撃をあたえます。映画のオープニングは、そんな時代の空気も再現しています。

10年後、彼らが脱走し凶行を繰り返したのは、1988年のハロウィン~死者の日の時期です

それはレーガン政権が終わりつつあり、そして後継者のブッシュ大統領の誕生を決める、大統領選挙の最中でした。

アメリカが保守化に動き、それが盤石のものとなった時期。60~70年代とは全く異なる空気が支配する時代です。

そんな世の風潮に逆らうように、前作より過激な凶行を繰り返す殺人一家たち。

この姿には、体制や世間の良識を物ともしない、ロブ・ゾンビの反骨的な姿勢が反映されています

高橋ヨシキ、てらさわホーク両氏はトークショーで、その過激な部分も「適切な」言葉で語ってくれました

余りに「適切な」言葉だったので、トークショーレポートでは控えたものもあります。

この文字に出来ないヤバさは、映画を見て感じ取って下さい。『スリー・フロム・ヘル』、シリーズ3作目に相応しい作品です。

映画『スリー・フロム・ヘル』は、シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020にて上映中!







関連記事

ホラー映画

ミッドサマー考察ネタバレ|性の儀式やマヤの口紅よりも1番に重要な解説は色彩にあった⁉︎【ホルガの村の住人になる為のトリセツ】

映画『ミッドサマー』考察。鮮やかな色と絵が持つ意味を解説 2020年2月に日本で公開されると、多くの人々を引き付けた異色のホラー映画『ミッドサマー』(2019)。 通常のホラー映画の枠を越えた多くの観 …

ホラー映画

『死体語り』評価レビューと解説。心霊ホラーで死者と対話する男の悪夢と現実

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『リトル・ジョー』内容解説と考察。エミリー・ビーチャム主演で女性監督が手掛けるサイエンススリラー

映画『リトル・ジョー』は2020年7月17日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー 幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描いた異色のスリラー。 主演のエミリ …

ホラー映画

映画『ドント・ブリーズ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末までガチ怖ホラーを解説

映画『ドント・ブリーズ』のあらすじネタバレと感想や評価をまとめました! 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは『ドント・ブリーズ』映画作品情報をどうぞ! スポンサーリンク CON …

ホラー映画

映画『妖怪人間ベラ』ネタバレ感想と結末まであらすじ。emmaがリブート版で女子高生のベラを演じる

テレビアニメ『妖怪人間ベム』のリブート版は、ベラ中心の実写作品 映画『妖怪人間ベラ』は、テレビアニメ『妖怪人間ベム』に登場するキャラクターの女性妖怪人間ベラに焦点を当て、女子高生という新たな設定で描く …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学