Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/11/15
Update

『夜のスカート』あらすじ感想と評価解説。母親を亡くした未婚女性が同級生との再会を通して“心を解す”

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『夜のスカート』は2022年12月2日(金)シモキタエキマエシネマ『K2』公開、他全国順次公開

俳優の小沢まゆが企画・プロデュース・主演を務めるヒューマンドラマ『夜のスカート』が2022年12月2日(金)シモキタエキマエシネマ『K2』にて公開、他全国順次公開されます。

演出を担当したのは『たまらん坂』(2022)の小谷忠典。

母親を亡くした主人公の実佳が、30年ぶりに再会した小学校時代の同級生・秋生との心の交流を通して心癒されていく姿を描きます。

スポンサーリンク

映画『夜のスカート』の作品情報


(C)夜のスカート

【公開】
2022年(日本映画)

【企画・プロデュース】
小沢まゆ

【脚本】
小谷忠典、堤健介

【監督・編集】
小谷忠典

【出演】
小沢まゆ、木村知貴、新井葵来、南久松真奈、岩原柊、新井麻木

【作品概要】
『少女 an adolescent』(2001)『左様なら』(2019などに出演する俳優・小沢まゆが初プロデュースと主演を務めるヒューマン映画。

『たまらん坂』(2022)、『フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように』(2015)の小谷忠典が監督を務めます。

ある心残りを抱えるヒロインが小学校時代の同級生と再会し、心を通わせていくさまが描かれます。

共演は『マニアック・ドライバー』(2022)の木村知貴。

映画『夜のスカート』のあらすじ


(C)夜のスカート

美容師をしているアラフォーの独身女性・実佳は、ガンで亡くなった母の遺品整理をしている時に母のスカートを見つけて手に取ります。

ある日、実佳の勤め先の美容院に、子連れの男性が来店しました。彼女はすぐに彼が小学校時代の同級生の秋生であることに気づきます。

娘の文奈は実佳に髪を切ってもらいながら、自分の母親が出ていったきり帰ってきていないことを話しました。

その日は実佳に気づかないまま秋生は帰って行きましたが、後日彼が一人で来店します。

30年ぶりに再会したふたりは一緒にお茶を飲みながら思い出話に花を咲かせ、連絡先を交換しました。

その夜、帰宅途中に見知らぬ男に襲われ金を奪われた実佳は秋生に電話で助けを求めますが、駆けつけてきた彼はなぜかスカートをはいており……。

スポンサーリンク

映画『夜のスカート』の感想と評価


(C)夜のスカート

母を象徴するスカートという存在

じんわりと静かな感動がさざなみのように押し寄せ、心に染み入るドラマです。37分という短い作品ですが、ヒロインの心の移り変わりが鮮やかに丁寧に描かれます。

主人公の実佳はガン闘病中だった母を亡くし、ひとりきりになったばかりのアラフォーの独身女性です。母を失った喪失感、とらわれてきた緊張からの解放感、そして長年闘病を支えてきたために婚期を逃した現実など、演じる小沢まゆの瞳には実佳の抱くいろいろな思いが映し出されます。

遺品整理でみつけた母のスカートや、古いアルバムを見て寂しさを噛みしめる実佳。幼い子どもはいつも母親のスカートの裾を持って歩いたり、なにかに怯えた時にはスカートの陰に隠れたりするものです。スカートは母の象徴であり、自分を守ってくれる存在だったに違いありません。

実佳が働く美容室に、偶然小学校時代の同級生だった秋生がやって来ます。彼は妻と別れてひとりで幼い娘を育てていました。

母親との昔の思い出に、秋生と過ごしていた頃の小学校時代の記憶が重なる実佳。教室での席順や給食時のエピソードなど、郷愁を感じるシーンがよみがえり、実佳の心が一気に過去に帰って行く様子が伝わってきます。

そんな秋生がスカートをはいて実佳の前に現れたことから、物語は思いがけない方へと展開していきます。

心に傷を持っていながらも変わらず陽気で心やさしい秋生を木村知貴が好演。彼が醸し出すなんともいえないおかしみが、実佳の心の痛みを癒していきます。

人はこうして思いもかけない人やモノによって救われていくのかもしれないと教えられる作品です。

まとめ


(C)夜のスカート

長年母の闘病生活を支えてきた末に母を失くしたヒロインが、深い喪失感から少しずつ再生していくさまを描く『夜のスカート』。

母を象徴する存在であるスカートを通して、彼女の心の変遷を鮮やかに描き出します。

シリアスな中にどことなく漂うユーモラスな空気感が心地よく、観終えた後はあたたかな思いに包まれる一作です。

ヒューマンドラマ『夜のスカート』は2022年12月2日(金)シモキタエキマエシネマ『K2』にて公開、他全国順次公開予定です。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『トキワ荘の青春』ネタバレあらすじと結末の感想解説。有名漫画家になるために“神様手塚”の住むアパートに集った「豊島区の伝説的聖地」

聖地“トキワ荘”で伝説となった有名漫画家達の青春時代を描く! 映画『トキワ荘の青春』は豊島区に実在したアパート「トキワ荘」を舞台に、漫画の神様手塚治虫を筆頭とする、日本の“漫画”に市民権を与えた多くの …

ヒューマンドラマ映画

映画『七つの会議』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【原作:池井戸潤作品】

原作:池井戸潤×主演:野村萬斎の映画『七つの会議』は、2019年2月1日(金)公開! 「半沢直樹」シリーズ、また『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』など、ベストセラーを連発している池井戸潤の同名小説の映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ルース・エドガー』感想レビューと評価。人権問題の闇に棲む青年ルースの正体

サスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が日本に上陸 アメリカ社会の根深い人権問題を炙り出すサスペンスフルなヒューマンドラマ『ルース・エドガー』が公開されます。 主演は『イット・カムズ・ア …

ヒューマンドラマ映画

映画『タイガーテール』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。Netflixで配信されたアランヤン監督のすべての“移民へのラブレター”

Netflix映画『タイガーテール』で描かれた、父と娘の心の溝と交差 人生にはいくつかの岐路があります。自分の頭の中に描いた夢のために、大切なものを犠牲にすることもあります。 アメリカのテレビドラマ「 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学