Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/08/27
Update

映画『左様なら』評価レビューと解説。石橋夕帆監督が高校生活の多感な時期を静かに描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか順次公開!

映像と音楽がコラボレーションした作品を送り出す若手作家の登竜門「MOOSIC LAB 2018」長編部門として制作された映画『左様なら』

友人を失い、クラスで距離を置かれる存在となってしまった女子高生を中心に、多感で不安定な高校生たちの物語を描いた映画が『左様なら』です。

海辺の町を舞台にした、高校生の群像劇でもある、本作をご紹介します。

映画『左様なら』の作品情報


(C)2018映画「左様なら」製作委員会

【公開】
2019年公開

【原作】
ごめん

【監督・脚本】
石橋夕帆

【キャスト】
芋生悠、祷キララ、平井亜門、日高七海、夏目志乃、白戸達也、石川瑠華、大原海輝、武内おと、森タクト、安倍乙、栗林藍希、田辺歩、
武田一馬、田中爽一郎、本田拓海、高橋あゆみ、日向夏、加藤才紀子、近藤笑菜、塩田倭聖、タカハシシンノスケ、こだまたいち、籾木芳仁、小沢まゆ

【作品概要】
TwitterやInstagramで活動し、若い世代の支持を受けている人気イラストレーターごめんの、短編漫画を原作にし、新たなエピソードなどを大幅に加筆した本作。

主人公の岸本由紀役に、2018年に公開された映画『あの群青の向こうへ』で『2018門真国際映画祭』最優秀主演女優賞を受賞し、大河ドラマ『いだてん』にも出演している、注目の若手女優、芋生悠。

由紀の親友、瀬戸綾役に2012年の映画『Dressing up』で、12歳で初出演を果たし話題になった祷キララ。

共演に「MOOSIC LAB 2018」でスペシャルメンション賞(個人賞)を受賞した、日高七海。

「GReeeeN」など、数多くのアーティストのMVに出演している、平井亜門。

2018年まで、メンズノンノモデルとして活躍し、現在は「THE TOKYO」のギタリストとしても活躍する俳優、こだまたいちなど、数多くの新進気鋭の若手俳優が出演しています。

映画『左様なら』あらすじ


(C)2018映画「左様なら」製作委員会
高校生の岸本由紀は、気の合う仲間と放課後に喫茶店へ行って話をしたり、幼馴染の飯野慶太の家で、一緒に食事を作って過ごしたりと、平穏な日常を送っていました。

特に、中学生の頃からの友人である瀬戸綾とは、一緒に過ごす事が多く、由紀にとっても大切な時間となっています。

ですが、他のクラスメイトは、綾の少し大人びた雰囲気に距離を置いているようでした。

由紀は、クラスメイトから綾と仲が良い事を不思議がられますが、由紀は「しゃべったらすごく良い子だよ」と気にしていない様子でした。

ある日の放課後、いつものように一緒に下校する由紀と綾。

2人で海を眺めていた時に、由紀は綾から「新しい父親の都合で、遠くへ引っ越す事になった」と聞かされます。

「もう由紀ちゃんと会えなくなるね」という彩の言葉に動揺していた由紀は、綾からキスをされます。

次の日、綾は交通事故で亡くなりました。

綾の葬式の際に、由紀は綾の母親から、これまで仲良くしてくれていた事に、お礼を言われます。

綾が亡くなり、しばらくは由紀のクラスメイトも悲しんでいましたが、やがて「綾は自殺だった」という噂が飛び交うようになります。

綾に関する噂を、気にしない素振りで過ごしていた由紀。

ですが、クラスの中心人物である安西結花が、綾を侮辱する発言をし、それを聞いた由紀は、綾の机に飾っていた花瓶の水を結花にかけます。

教師からは軽い注意だけで終わりましたが、その日から、クラスメイトが由紀に対して距離を置くようになりました。

クラスに居場所が無くなった由紀ですが、忍野皓太という男性に出会い…。

何があっても変わらない「日常」の残酷さ


(C)2018映画「左様なら」製作委員会
友人の死をキッカケに、複雑な感情が芽生えた高校生、由紀の姿を描いた映画『左様なら』。

本作で描かれているのは、何も特別ではない、誰もが経験した事があるであろう、普通の高校生の日常風景です。

由紀の友人、綾が亡くなり、しばらくは綾の死を悲しんでいた由紀のクラスですが、しばらくすると、何事も無かったかのうような「日常」が戻って来ます。

しかし、由紀はクラスの中心人物である安西結花へ、水をかけた事により、クラスメイト全員からハブられてしまいます。

由紀にとっては、これまでとは違う「辛い環境」が訪れますが、他のクラスメイトからすると、「由紀をハブる」という新たなルールが加わっただけの、平穏な日常が続くだけなのです。

本作に登場する教師も、生徒たちの問題に積極的に踏み込もうとせず、自身の業務をそつなくこなしているだけのように見え、由紀も教師には最初から何も期待していないように見えます。

高校生というのは、これまでと違い、大人扱いされる事が増え、今後自分たちが生きていく「社会」の存在を意識しする年齢です。

そして自然と社会にも似た、何とも言えない教室内の力関係ができあがり、その力関係を覆す事は難しいように感じます。

本作の監督、石橋夕帆は高校時代を「息苦しさを抱えながらも、輝かしく、代え難い大切な時間だった」と表現し、その頃の空気を教室ごと描く事に、本作で挑戦しています。

クラスメイトの誰かが亡くなっても、無視されるようになっても、ただただ続く日常生活。

そして、その「日常」に潜む、おそらく誰もが感じた事があるであろう残酷さと、平穏に過ごさなければならないという強要、そこから生まれる息苦しさ。

映画『左様なら』では、決して輝かしいだけではなかった、高校生の日常を描いています。

10代という多感な時期をどう過ごすか?


(C)2018映画「左様なら」製作委員会
本作では、主人公の由紀を中心に物語が進んでいきますが、由紀のクラスメイト全員にスポットを当てた、群像劇でもあります。

「好きな女子に想いを寄せる生徒」
「バンド活動に励む生徒」
「クラスの中で自分の存在感を出そうとして、空回りする生徒」
「人とのコミュニケーションが苦手で、引っ込みがちな生徒」
「人のいいなりになってばかりの生徒」

など、さまざまな生徒が登場します。

特に、クラスの中心人物である安西結花は、平穏な日常生活に退屈しており、非常に気だるそうな雰囲気で毎日を過ごしています。

逆にクラスでハブられてしまった由紀は、忍野皓太と出会い、価値観が少し変わり始めます。

由紀と結花、この2人を取り巻く環境の変化が、中盤以降の物語の軸になっています。

本作は、高校生活の日常の残酷さを描いているのは前述した通りですが「多感な時期である、高校生活の大切さ」を、さまざまな登場人物により描いた作品でもあり、決して気分が沈んで、暗くなるだけの作品ではありません。

由紀のクラスメイトの中に、かつての自分や、心当たりのある人など、いるのではないでしょうか?

由紀の本心は?


(C)2018映画「左様なら」製作委員会
本作の特徴の1つとして、主人公である由紀の本心が、観客にハッキリと伝わらないという部分です。

由紀がハブられる理由となった、結花へ水をかけた理由も「おそらく、綾を侮辱されたからだろう」と感じますが、教師には「何となく」と答えており、真相は分かりません。

クラスメイトにハブられて以降も、学校に行く事を嫌がる素振りは見せず、自分の立場を受け入れているように感じます。

作品全体の、過剰ではない静かで抑え目の演出が、由紀の本心を更に分かりにくくしており、効果的な演出と感じます。

ただ、作中で何ヶ所か、由紀の本心に触れる場面がありますが、由紀の人物像は、観客によって変わるのではないでしょうか?

まとめ


(C)2018映画「左様なら」製作委員会
高校生という、多感で不安定な時期を描いた本作。

主人公の由紀は、観客によって印象の変わる人物像となっていますが、そもそも高校生の時期は「自分がどういう人間か?」なんて、分からなかったと思います。

ですが、周囲の人間から一方的とも言える、いわゆる「キャラ付け」をされて、気が付けば教室内の見えない力関係に取り込まれ、例え不本意でも覆す事は難しい状態になっていた気がします。

『左様なら』を観賞し、個人的にその頃のことを思い出しました。

現在、高校生活を送っている方には、いろいろと考えるキッカケを与えてくれる作品だと思いますし、高校生活を遠い昔の思い出にしている大人も、自身の原点を思い出させてくれる作品ではないでしょうか?

映画『左様なら』は2019年9月6日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか順次公開となります。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじと感想レビュー【ソン・ヒョンジュ】

1987年―韓国激動の時代―、一人の平凡な刑事が、大統領直属の情報機関による陰謀に巻き込まれていく衝撃作『ありふれた悪事』をご紹介します。 モスクワ国際映画祭で、主演男優賞と最優秀アジア映画賞の二冠を …

ヒューマンドラマ映画

竹富聖花が春花に改名!主演映画『空と海のあいだ』あらすじも

2014年のクランクインする頃の竹富聖花は、「私にとって宮崎は“第二の故郷”のような場所」と語理、オール宮崎ロケに挑みました。 また、主演を務める役柄について、「私が演じるのは、将来に向かってがんばる …

ヒューマンドラマ映画

黒木華映画『日日是好日』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

森下典子の同題小説を『セトウツミ』『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化。 茶道を軸に一人の女性・典子が大人になっていく日々を描く物語で、森下の自伝的物語で物語を二十四節気で物語が区切られていく …

ヒューマンドラマ映画

【映画ネタバレ】ザ・サンThe Son息子|結末あらすじ感想と評価考察。ラスト真相の鍵はポスターに描かれた“父と子の輪廻”⁈

愛しているのに届かない親子の心、その距離を描いた慟哭の物語 今回ご紹介する映画『The Son 息子』は、初監督作『ファーザー』(2022)で第93回アカデミー脚色賞を受賞した、フロリアン・ゼレール監 …

ヒューマンドラマ映画

映画『最強のふたり(リメイク版)』あらすじネタバレと感想。フィリップの住むニューヨークや現代アートなどで鮮やかに描かれる

人生が上昇(UPSIDE)する! 本国フランスで2011年の興行No.1を獲得し、日本でも大ヒットを記録した『最強のふたり』をハリウッドでリメイク! 全米初登場1位、オリジナル版の200倍の大ヒットを …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学