Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/01/20
Update

北山宏光映画『トラさん〜僕が猫になったワケ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 村松健太郎

北山宏光初主演、初の猫役に挑んだ映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2019年2月15日(金)より全国ロードショー

板羽皆の同名コミックの映画化。「Kiss-My-Fit2」の北山宏光が本作で映画初出演にして初主演を飾りました。

共演のキャストは多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、要潤、バカリズム。

演出はファンタジーとポップさのバランス感覚の良さを感じさせてくれ『SweerRain死神の精度』の筧昌也監督。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の作品情報


(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

【公開】
2019年(日本映画)

【原作】
板羽皆『トラさん』

【脚本】
大野敏哉

【監督】
筧昌也

【キャスト】
北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズム

【主題歌】
Kiss-My-fit2『君を大好きだ』

【作品概要】
漫画家・板羽皆による同名漫画を「Kis-My-Ft2」のメンバーである北山宏光が主演で実写映画化。

共演に妻・奈津子役を多部未華子が演じています。演出は『Sweet Rain 死神の精度』の筧昌也監督。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』のキャラクターとキャスト

高畑寿々男/トラさん(北山宏光)
売れない漫画家、急に事故に遭って猫に生まれ変わり、自宅に飼い猫のトラさんとして飼われることに。

高畑奈津子(多部未華子)
寿々男の妻、漫画家のアシスタントして、妻として寿々男を支える。

高畑実優(平澤宏々路)
寿々男と奈津子の間の一人娘、絵の才能はぴか一。

ホワイテスト(飯豊まりえ)
白毛のお嬢様タイプの猫、何かとトラさんの世話を焼く

要潤(浦上栄剛)
カリスマ売れっ子漫画家。一応、寿々男の同期。

裁判長(バカリズム)

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』のあらすじとネタバレ


(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

高畑寿々男は5年前の『ネコマン』という一作がそこそこ売れただけの漫画家で、今はパート勤めの妻の奈津子に全ておんぶに抱っこの状態。

一人娘の実優は、そんな父親の姿を情けなく思っていて、新作なり、『ネコマン』の続編なりを書くように煽りますが、寿々男は筆を取る気がありません。

漫画『ネコマン』は、最後の一話が足りなくて完結編コミックも発売できないでいます。

ある日、奈津子の隠していた家系のお金を持ち出して競輪に出かけた寿々男は、思わぬ勝利で大金を手にしますが、帰り道の風に撒かれてそのお金は道路に散らばります。

慌てて拾おうとして道路に飛び出た寿々男、そこに車がやってきて寿々男を撥ね、寿々男はあっさりと死んでしまいます。

寿々男が気が付いた場所は、天国の裁判所“あの世の関所”。

そこの裁判長からこれまでの寿々男の人生を鑑みて、罰として“一ヶ月の間にこれまでの愚かな人生を挽回するように、ただし猫の姿で”という罰を言い渡されます。

以下、『トラさん~僕が猫になったワケ~』ネタバレ・結末の記載がございます。『トラさん~僕が猫になったワケ~』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。
猫の姿で現世に戻ってきた寿々男は、自分が猫として扱われることに戸惑いながらも自宅へ戻ります。

そこでは自分の葬式が行われていました。

寿々男は、自分はここにいると訴えますが、奈津子や実優にしてみれば猫が鳴いているようにしか見えません。

人生を挽回するどころか日々の生活にも困っていた寿々男を助けたのが、ホワイテストと名乗る白毛のお嬢様猫。

彼女のアドバイスでどこかにお世話になることを考えます。

結果として寿々男がたどり着いたのは自分の家でした。

そして奈津子と実優は、寿々男をトラさんと名付けて飼いだしました。

猫としての不自由さは感じながらもやはり居心地はよく、あっと言う間に3週間が過ぎます。

そんな中、奈津子がパート先で倒れます。なんと奈津子のお腹には新たな命が宿っていました。

期限が迫る中、寿々男は家族のためにできることを考えます。

最後の24時間裁判長に直談判した寿々男は人間としての姿を取り戻して、ネコマンの最終話を描き上げます。

奈津子と実優、そして生まれてくる命のために新刊にして最後の一冊を遺すのでした。

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』の感想と評価


(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

猫映画あれこれ

犬とともに人間のペットとして、生活の共として人間に寄り添い続ける猫。

発祥は定住農耕生活が定着したころのネズミ対策だったと言いますから、その歴史は長く、また洋の東西を問わずに飼われています。

当然、そんな存在は人間のドラマの担い手になることが多く、自然と映画の題材に多くなるようです

これから公開される映画では、『初恋 お父さんチビがいなくなりました』『ねことじいちゃん』は、人生の仕舞い方を猫とともに描くスタイルの映画で、人間もペットも高齢化が語られる昨今、同時期に公開されるのも偶然ではないでしょうね。

最近の映画でも『猫は抱くもの』『旅猫レポート』『世界から猫が消えたなら』『グーグーだって猫である』『妖怪ウォッチ』などもあります。

洋画でも『ボブという名の猫』『ルドルフとイッパイアッテナ』。バットマンの永遠の恋人もキャットウーマンですね。

これだけ本数があるともう映画のテーマとして特別なものとは言えないかもしれないですね、人間にとって猫がお馴染みの存在であることのように。

まとめ


(C)板羽皆/集英社・「トラさん」製作委員会

突然の自動車事故で亡くなってしまった寿々男が、天国の裁判所“あの世の関所”で下された判決は、人生を挽回することでした。

ただし“猫”の姿として…。

「Kis-My-Ft2」の北山宏光初主演で、しかも初の猫役に挑んだ本作『トラさん~僕が猫になったワケ~』。

日々の生活で、あなたは大切な人に何を伝えていますか?

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、2019年2月15日(金)より全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『八日目の蝉』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。井上真央×永作博美の演技が角田光代原作を見事に昇華

映画『八日目の蝉』は日本アカデミー賞では作品賞を含む10冠を獲得。 映画『八日目の蝉』の原作は、ベストセラーとなった角田光代原作の同名小説。 「愛する人の子供を一目見たかった」最初はたったそれだけだっ …

ヒューマンドラマ映画

映画『グッバイ、リチャード!』感想と考察評価。ジョニーデップが終活ヒューマンドラマに挑む

映画『グッバイ、リチャード!』は、2020年8月21日(金)ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開! 映画『グッバイ、リチャード!』は、ジョニー・デップ演じる余命180日と宣告された大学教授が、残され …

ヒューマンドラマ映画

映画『15時17分、パリ行き』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」を映画化。 現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者の幼少時代から事件に遭遇するまでの半生を描く実話がモチーフの『15時17分、パリ行 …

ヒューマンドラマ映画

『バーニングオーシャン』ネタバレ感想と実話映画の評価!動画無料視聴方法も

日本でも大きく報道された『2010年メキシコ湾原油流出事故』。 被害の大きさは数日にわたりテレビ中継が行われ、燃え上がる石油採掘施設や、溢れ出る原油などショッキングな映像が放送されました。 今回の『バ …

ヒューマンドラマ映画

『ミラクルシティコザ』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。桐谷健太が1970年代と2022年をタイムスリップする沖縄エンターテイメント!

伝説のロックンローラーが時代を越えて平和を歌う 日本復帰前の1970年代の沖縄市・コザと現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・ストーリー。 桐谷健太を主演に迎え、クリエイターの発掘・育成を目的 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学