Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『三姉妹』ネタバレ感想と結末の解説考察。イスンウォン監督が三姉妹それぞれの悩みと家庭内暴力のその後を描く

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

次女役のムン・ソリがプロデューサーも務め、それぞれの悩みを抱えながら奮闘する三姉妹の姿を描くヒューマンドラマ

ドラマ『愛の不時着』(2020)のキム・ソニョンが長女役、次女役には『オアシス』(2020)のムン・ソリ、三女役はトップモデルとして第一線で活躍し、『ベテラン』(2015)でデビューを果たしたチャン・ユンジュが演じました。

悩みを抱え、日々の生活に追われながらも、それぞれの家庭で母親として奮闘する三姉妹が、父の誕生会で久しぶりに顔を合わせ、過去の問題と向き合っていこうとする姿を描きます。

自己肯定感が低く、すぐ謝る長女、完璧であろうとする次女、アルコール依存症で夫や次女に電話をかけて迷惑をかける三女。

幼少期のトラウマを抱えながら生きる三姉妹の姿を通して、厳格な父親による家庭内暴力のその後を描き出しています。

はちどり』(2020)をはじめ、男性優位な社会の問題に切り込み、女性の生きづらさを描く映画が増えてきた韓国映画界で新たな女性たちの生き様を描く映画となっています。

スポンサーリンク

映画『三姉妹』の作品情報


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【英題】
Three Sisters

【監督・脚本】
イ・スンウォン

【キャスト】
ムン・ソリ、キム・ソニョン、チャン・ユンジュ、チョン・ハンチョル

【作品概要】
長女・ヒスク役はドラマ『愛の不時着』(2020)や『ひかり探して』(2020)などのキム・ソニョン。本作の監督を務めたイ・スンウォン監督とは公私共にパートナーであり、イ・スンウォン監督の映画『Happy Bus Day』(2017)、『コミュニケーションと嘘』(2015)にも出演しています。

次女・ミヨン役には、『ペパーミント・キャンディー』(1999)でデビューし、『オアシス』(2002)、『お嬢さん』(2016)などで様々な作品に出演している実力派ムン・ソリ。ムン・ソリは脚本に惚れ込み、本作のプロデューサーも務めました。

三女・ミオク役はモデルとして第一線で活躍し、『ベテラン』(2015)で映画デビューしたチャン・ユンジュが演じました。

本作は、第42回青龍映画祭で最優秀主演女優賞(ムン・ソリ)、最優秀助演女優賞(キム・ソニョン)を受賞し、第57回百想芸術大賞、第41回韓国映画評論家協会賞など受賞。

映画『三姉妹』あらすじとネタバレ


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

韓国・ソウル。

長女・ヒスク(キム・ソニョン)は、小さな花屋の店主として働きながら、シングルマザーとして娘のボミと暮らしています。しかしボミは反抗期真っ盛りで話もまともにしようとせず、パンクバンドに入れ込んでいます。

ある日、ヒスクは体に異変を感じ、病院に診察を受けに行くと癌があることがわかります。しかし、そのことをボミになかなか言うことができないでいました。

一方、次女・ミヨン(ムン・ソリ)は、熱心に教会に通い、聖歌隊の指揮者を務め、日々練習を指導しています。

高級マンションに引っ越し、お祝いの会の準備に追われていました。しかし、娘は食前の祈りができないと言い、大学教授である夫はミヨンにあまり協力的ではありません。

そして、酔った三女・ミオク(チャン・ユンジュ)からしきりに電話がかかってきます。平静を装い、ミオクの話を聞くも、毎度ミオクは酔っているためあまり覚えていません。

日々、悩みに忙殺される中、ミヨンは必死で完璧であろうとしますが、夫の様子に違和感を感じ始めます。スマートフォンを見ている時間が増え、教会の信徒を集めた引っ越しの祝いに遅れてやってきたのです。

そして夫と共に聖歌隊のメンバーであり、夫の教え子の女生徒がやってきたのです。女生徒の指輪で盛り上がっている様子を見たミヨンは夫が送ったものではないかと疑い、夫のコートの匂いを嗅ぎます。

ある日、聖歌隊の練習に女生徒の姿がないことに気づいたミヨンは、女生徒探している最中に女生徒と夫が隠れて2人でいる現場を目撃してしまいます。

疑いが確信へと変わったミヨンは、教会のイベントで泊まりの際に、深夜寝ている女生徒の元にそっとやってきて、布団を頭までかぶるよう指示します。

言われるまま布団をかぶった女生徒の顔を踏みつけ、明日の朝食までに指輪を持ってくるように言います。

何も知らずにいた夫でしたが、ミヨンが指輪を持っていることに気づき、浮気がバレていることを知ります。言いたいことがあるなら直接言って怒ればいいと言う夫にミヨンは怒っても何も解決しないと言います。

ムカつく女だと夫はミヨンを平手打ちしますが、ミヨンはb必死に平気なそぶりをしようとします。こちらから連絡するまで連絡をするなと書き置きを残し、夫は家を出ていってしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『三姉妹』ネタバレ・結末の記載がございます。『三姉妹』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

三女・ミオクはスランプに陥り、脚本がかけないでいます。夫や義理の息子の目を盗んで酒を飲み、酔ってミヨンに電話をかけたり、夫に迷惑をかけてばかりいます。

そんなミオクを義理の息子は避け、面談の話もできずに離婚した実の母親に代わりにきてほしいと連絡をします。

義理の息子と実の母親とのやりとりを見てしまったミオクはショックを受けます。更に、義理の息子が自分のことをクレイジー女という名で登録していることを知ります。

ミヨンに酔って電話をかけたミオクは自分だって母親になりたいけれどどうすればいいのかわからないと嘆きます。そして自分も母親らしくなりたいと思い、面談に向かいますが、その前にお酒を飲んでしまいます。

学校に向かうと実の母親が面談していました。ミオクが来たことに気づくと、面談を切り上げ、別日にしようと持ちかけます。そんな実の母親と教師の様子を見たミオクは私も母親だ、なぜ面談しないのかと詰め寄ります。

話は終わった、お酒を飲んでここに来てはいけないと帰るように言われますが、ミオクは引かず私だって母親だと言い、暴れ、その挙句嘔吐してしまうという失態をおかします。

その日、実の息子が帰ってくると、ミオクから話を聞いた夫が息子を叱りつけ、手をあげてしまいます。するとミオクが飛び出してきて、子供に手をあげるなんてと夫に飛び掛かり夫を叩きます。

ミオクのあまりの剣幕に夫も実の息子も驚きます。落ち着いたミオクは夕食を作り、2人に振る舞います。突然のミオクの変わりように2人は驚きます。

その頃、癌であることが分かったヒスクはなかなかボミにもお金をせびりにきた元夫にも言い出せず、連絡のないヒスクを心配したミヨンが訪ねてきて、姉妹なんだから抱え込まないで相談してと言われても癌のことは言い出せずにいました。

ボミに疎まれても、娘のことが心配なヒスクは、ボミが熱を上げているパンクロッカーのライブに赴き、ボミのことを愛しているのかと聞きます。その男は自分のことを好きな女子の一人だと答えます。

それを聞いたヒスクは床に膝をつき、あなたがいい人なのはわかるが娘にはもっといい人がいるはずだと泣き出します。ヒスクが会いに行ったことを知ったボミは激怒し、家から出ていくと荷物を詰めはじめます。

その姿を見たヒスクは自分が癌であることをとうとうボミに告げます。ママに早く死んでほしいでしょう、私のこと嫌いなの、どうしたら嫌われないのかと一人呟きます。その姿を呆然とボミは見つめます。

それぞれが問題を抱えるなか、三姉妹は父親の誕生会のために久しぶりに顔を合わせます。会食前に牧師が祈りをささげるなか、突如三姉妹の末の弟が会場に乱入し、父親に向かって小便をかけはじめます。

会場はパニックになり、慌ててミオクの夫が弟の取り押さえます。ミヨンは立ち上がり弟に近づくと、ミヨンの夫に弟を離すように言います。そして弟の頬をたたき、いい加減にしなさいと言い放ちます。

この子を叱らないで私が悪いのと、咄嗟に庇うヒスクに姉さんは何も悪くないのになぜ謝るのと、ミヨンは言います。その様子を見たミオクは家長気取りか、父と同じだとミヨンに言います。

ミヨンはお酒ばかり飲んであなたは病気なのとミオクに言い返すと、自分だって夫に逃げられたんでしょうと言われます。感情が昂ったミヨンは父に向かって「謝ってよ」自分がしたことを謝れと父に言います。

そして「私は9歳の頃、神に祈った、明日目が覚めたら父以外の家族が死んでいますように、父以外の家族で天国で幸せになれるようにと祈った」と告げ、泣き出します。

幼少期、三姉妹の父親は酔って母親に暴力を振るい、その後腹違いの長女と末っ子の長男にも手をあげていたのです。酔った父が2人を殴っているのを見たミヨンとミオクは裸足のまま外に飛び出し、近くの店で警察に通報してもらおうとしますが、親を通報するなんてと怒られてしまいます。

父はあの頃と変わったという母親はいい、父は謝ろうとしません。そんな中突如ボミが声をあげ、「ママは癌なんだよ、不幸な人生を送り死ぬんだ」、そう言ってママに謝りなよと祖父に向かっていったのです。

その言葉を聞いた母はヒスクを抱きしめ、すまなかったと泣き、ミヨンとミオクも泣きながらヒスクを抱きしめます。

慌てたヒスクは牧師に向かって、ここは尿がかかっていないから食べられます、せっかく妹がお金を出して用意したんだから食べましょうと、泣きながら必死でご飯を食べようとします。

抱え込んでいた幼少期の傷を曝け出した三姉妹は、どこか晴れやかな顔でドライブに出かけます。ヒスクはお願いがあると照れ臭そうに、3人で写真が撮りたいと言います。

そんなお願いならいつでもとミヨンとミオクは笑い砂浜で三姉妹は写真を撮るのでした。

スポンサーリンク

映画『三姉妹』の感想と評価


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

完璧なふり、大丈夫なふり、酔っていないふり……。

それぞれが事情を抱えながらも奮闘し、母親であろうとする三姉妹の姿を描く映画『三姉妹』。

父の誕生会に久しぶりに再会した三姉妹は、それぞれが抱えている事情、そして過去のトラウマと向き合うことで感情を爆発させていきます。

同時に明かされるのは、三姉妹の幼少期の父親による家庭内暴力の現実です。

それぞれの悩みを抱え葛藤する女性の物語と同時に本作は家庭内暴力のその後を描いた映画でもあります。

母親に酔って手を上げていた父親が、次第に腹違いの長女・ヒスクと末っ子の長男に手を上げるようになります。

現在のヒスクの自己肯定感の低さ、すぐに謝り笑って誤魔化そうとする癖は子供の頃の影響によるものでしょう。

また、木の枝などで自分を傷つけている場面も描かれており、自分で自分を罰しようとする様子も伺えます。

そんなヒスクに対し娘であるボミは苛立ちを隠せません。

「癌なの。早く死んでほしいでしょう。あなたも私を嫌いなの?どうしたら嫌われないのかな」とヒスクは言います。

しかし、ボミは反抗期ではありますが、母親を思う気持ちもあり、父の誕生会で三姉妹が感情を爆発させたところに「ママは癌なの、可哀想な人生を送って死ぬのよ」とヒスクが癌であることを告げます。

姉妹がヒスクを取り囲み泣き始めるとヒスクは取り乱し、今は治療したら癌だって治るし、死なないと慌てて泣きながら大丈夫なふりをしようとします。

それまで癌だとなかなか娘に言えず、言えたものの早く死んだほうがいいでしょう、と口にしていたことから治療する気はあまりなかったのではないかと考えられます。

周りから心配され、ちゃんとした生活をおくるよう言われても笑って誤魔化すばかりのヒスクは、自己肯定感の低さから自分を大切にしようと思っていないのです。

一方で、完璧なふりをしてしまう次女・ミヨンは、父親から暴力を振るわれてはいませんでした。

ある夜、三女のミオクと共に裸足のまま夜に抜け出し、近くのお店によって通報してほしいと言ったものの、父親を通報するなんてと酔った客に怒られてしまいます。

その日、ミヨンは朝起きたら父親以外皆死んでいますように、父親以外で天国で幸せになれますようにと祈ったといいます。

しかし、その祈りは届きませんでした。

幼いミオクより物事を理解できる年齢であったミヨンは、殴られる姉と弟を助けられない無力感から自分がしっかりしていないからだと責めるようになったのでしょう。

完璧であろうとし、自身の夫や子供たちにもその完璧さを求めてしまい、夫は窮屈さを感じ子供たちもどこかプレッシャーを感じてしまっています。

完璧であろうとするミヨンですが、酔って記憶もないまま電話をかけてくるミオクなどに対して頑なに怒らないように、怒鳴らないようにしようと努めている面もあります。

それは自分が父親と同じにならないようにと自制しているからだと思われます。

しかし、コントロールしようとするミヨンをミオクは、父親と同じだと言います。

本作では終盤に幼少期の様子が描かれるものの、父親が暴力を振るう場面などは描かれていません。

それは、トラウマを抱える観客がフラッシュバックするのを配慮した制作側の意図もあるのでしょう。

また、男性優位、家庭内暴力の実情をその後の三姉妹に重ねて描くことでこの問題の根強さ、いつまでも残る傷の深さを描いているとも言えます。

まとめ


(C)2020 Studio Up. All rights reserved.

本作は家庭内暴力のその後を描いた映画であるとともに、三姉妹がそれぞれ子供を抱えた母親であり、母親であろうとする女性の奮闘を描いた映画であると言えます。

長女ヒスクは反抗期の娘ボミに疎まれながらも、話しかけて娘を知ろうとします。嫌われないようにするが故に疎まれてしまうヒスク。しかし、最後ボミは母親のために祖父に向かって謝るように言い放つ場面からも、ボミは決して母親を嫌っているわけではない様子が伺えます。

ミヨンは完璧ないい母親であろうとするあまり、子供にも完璧を求めすぎてしまいます。父親が出ていったのは自分のせいだと泣く娘を抱きしめ、自分が娘にプレッシャーを与えていたことを知るのです。

ミオクも義理の息子との向き合い方がわからずお酒に逃げて自暴自棄になってしまいます。

それぞれ悩みを抱えながらも、がむしゃらに奮闘する三姉妹の姿を今を生きる私たちの共感を呼び、どこか清々しさを感じさせる最後の三姉妹の様子は、明日に向かう元気を与えてくれるかのようです。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ホモ・サピエンスの涙』感想と考察評価。ロイ・アンダーソン監督がヴェネチア映画祭にて銀獅子賞を受賞した“人類の愛と希望”

映画『ホモ・サピエンスの涙』は2020年11月20日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ヴェネチア国際映画祭にて銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した映画『ホモ・サピエン …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクストドリーム』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。音楽業界のスター歌手とアシスタントのつながりと信頼を描く!

ハリウッドの音楽業界を舞台に人とのつながりや絆の大切さを描く 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソンと、ダイアナ・ロスの娘トレイシー・エリス・ロスが主演を務めたヒューマンドラマ『ネ …

ヒューマンドラマ映画

『プリズン・エスケープ』映画考察と評価解説。“木製の鍵”で自由と解放を求めた男たちの驚きの実話を描く

ダニエル・ラドクリフが実在の脱獄囚を演じるポリティカル・スリラー 自由と平等を求めて“木鍵”使って脱獄を企てた男たちの実話 「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~11)のダニエル・ラドクリフ主演最新 …

ヒューマンドラマ映画

『ベルイマン島にて』ネタバレ感想結末と評価あらすじ解説。フォーレ島を舞台にビッキー・クリープスらがひと夏の恋愛物語を演じる

巨匠の面影を身近に感じながら過ごす映画監督カップルのひと夏の物語 20世紀最大の巨匠イングマール・ベルイマンが愛した神秘的な島、フォーレ島を舞台に、映画監督同士のカップルが過ごした夏の日々を繊細なタッ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクタイを締めた百姓一揆』あらすじと感想レビュー。ロケ地である岩手花巻の“まちづくりの精神”

来るのかな?新幹線!花巻に!? 映画『ネクタイを締めた百姓一揆~新花巻駅設置を巡る14年間の物語』は、東北新幹線の新花巻駅設置を巡り、奮闘した花巻市民たちの14年間に渡る活動を描いた作品です。 当時の …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学