Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/07/01
Update

映画『シンク・オア・スイム』感想と評価。実在するチームをもとに【イチかバチか俺たちの夢】をかけたオッサンが華麗に舞う!?

  • Writer :
  • 映画屋のジョン

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

映画『ウォーターボーイズ』のヒット以降、日本では劇的に認知度が非常に高まった“男子シンクロナイズド・スイミング(アーティスティック・スイミング)”

映画ファンにはお馴染みの世界がフランスで、おじさんたちを主人公に映画化されました。

マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ジャン=ユーグ・アングラードらフランス映画界を代表する名優たちが、華麗と呼ぶには程遠い肉体を披露して、サエないおじさんを熱演します。

2019年のセザール賞で最多となる10部門ノミネートを果たし、フレンチポップ界での活躍が有名なフィリップ・カトリーヌが、その演技を評価され助演男優賞を受賞しました

本国フランスでは400万人を超える動員を記録した、大ヒット映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』をご紹介いたします。

スポンサーリンク

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

【日本公開】
2019年7月12日(金)(フランス映画)

【原題】
Le grand bain

【監督・脚本】
ジル・ルルーシュ

【出演】
マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールブールド、ジャン=ユーグ・アングラード、ヴィルジニー・エフィラ、レイラ・ベクティ、マリナ・フォイス、フィリップ・カトリーヌ、フェリックス・モアティ、バラシンガム・タミルチェルヴァン

【作品概要】
シンクロチームに集まった、様々な問題を抱えて“中年の危機”に陥っているおじさんたち。

彼らが男子シンクロに励むうちに、それぞれの人生を再生させていく姿を、笑いを交えて描いたヒューマン・コメディです。

短編映画の監督としてデビューの後、俳優として成功し幅広く活躍しているジル・ルルーシュが、監督に専念して完成させた初の長編映画です。

本作は全世界の15の公開地域の累計で、興行収入約40億円を打ち出しています。奮闘するおじさんたちの姿が、各国で多くの共感を集めています。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』のあらすじ


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

2年前からうつ病を患い、会社を退職し引きこもりがちな生活をしているベルトラン(マチュー・アマルリック)。

妻クレール(マリナ・フォイス)は献身的に支えますが、子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦には嫌味を言われる日々を送っていました。

ある日、地元の公営プールで“男子シンクロナイズド・スイミング”チームの、メンバー募集を目にしたベルトラン。すぐさま彼はチーム入りを決意します。

チームのメンバーはすぐキレる性格で、妻と母親に見捨てられたロラン(ギョーム・カネ)に、事業は失敗続き、それでも現実に向き合えないマルキュス(ブノワ・ポールブールド)。

内気でボッチ、女性に縁のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)と、ミュージシャンとしての成功が諦められず、今だ叶わぬ夢を追うシモン(ジャン=ユーグ・アングラード)ら、何かしら問題を抱えた、“ミドル・クライシス”真っただ中のおじさん集団でした。

元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)の指導の下、トラブルに見舞われながらも、トレーニングに励むおじさんたち。

彼らは無謀にもフランス代表として、世界選手権出場を目指すことになるのですが…。

スポンサーリンク

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の感想と評価


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

名優たちが悩めるおじさんを演じる

本作の監督・ジル・ルルーシュと同じく俳優として、監督として多才な才能を発揮しているマチュー・アマルリックにギョーム・カネ

『サブウェイ』や『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』への出演以来、憂いに満ちた表情でファンを魅了したジャン=ユーグ・アングラードに、フレンチ・ポップ界にデビューして以来、そのスタイルと多才な活躍で知られるフィリップ・カトリーヌ

フランスを代表する世界なスターたちが、惜しげもなくその裸体、見事なおじさん体形を披露して、プールの中で羽ばたきます。

その姿は笑いを提供するだけでなく、若き日の輝きを失い人生の折り返し点を過ぎ、家庭や仕事、将来に悩む、現代の中高年像を描いています

同世代の人々の感じる“倦怠感”を描く


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

本作以前にも、劇場公開オムニバス映画の短編を手がけていたジル・ルルーシュ。彼は自身が単独で監督する、初の長編映画となる作品の題材を求めていました。

その作品には自分たちの世代、同時にフランス社会全体に漂う“倦怠感”、個人主義的な競争に溺れ、チームワークや熱意、努力を忘れた人々を描きたいと考えていた彼は、スウェーデンの男子シンクロナイズド・スイミングチームのドキュメンタリーに出会います。

題材を得たジル・ルルーシュは、 アメッド・アミディとジュリアン・ランブロスキーニと共に脚本の執筆にかかります。群像劇として各登場人物の性格を特徴付け、見せ場を与える為に、約1年間かけて考え抜いたと語っています。

ジル・ルルーシュは当初から、幾人かのキャストを想定していました。その1人がマチュー・アマルリック。『アデル ファラオと復活の秘薬』で共演し、2人は友人となっていました。

話を聞き脚本を読む前に出演を決めたマチュー・アマルリック。しかし当時は自身の監督・出演作『バルバラ セーヌの黒いバラ』を製作中でした。

スケジュール的に困難な状況でしたが、ジル・ルルーシュは彼の参加を待つと返事をします。こうして彼を主演に招き、映画の製作は開始されました。

他の俳優も当初から望まれて参加していますが、特にフィリップ・カトリーヌは監督から、映画に描かれた人物を演じられる唯一の人物と考えられていました。

脚本を読んで、面白く感動的な作品になると確信したフィリップ・カトリーヌ。こうして出演を決めた彼は、映画の登場人物同様の栄誉を手にする事になります。

トレーニングから“裸の付き合い”が始まった


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

撮影の前に、シンクロナイズド・スイミングを演じる為のトレーニングを開始されます。

最初のトレーニングの光景はひどいものでした。オリンピックの女子チームの振り付け師であるコーチは頭を抱えますが、3週間後にはこの調子なら目標に到達できる、と語るまでになります

出演者たちは週1・2回のペースで行われた7週間のトレーニングに耐えて、映画の撮影に臨みました。困難な水中から足を出すシーンはスタントマンが演じていますが、主要なシーンは彼ら自身が演じています

トレーニングの際のエピソードは皆が面白おかしく、共演者の才能と努力を讃えるエピソードを語っています。こうして生まれたキャストの連帯感は、映画の中で描き出されています。

撮影の舞台裏で一番水着の似合う男、ジャン=ユーグ・アングラードが、フィリップ・カトリーヌの背中の毛を剃ってあげていたと語るマチュー・アマルリック。想像するに、さぞ美しい光景だったのでしょう

まとめ


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

悩めるおじさんの姿を描いた映画、『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』。

その肉体美を眺めるだけで笑える作品ですが、決してギャグを連発する映画ではありません。

おじさんたち、そしてその周囲の人物もそれぞれ悩みを抱えて生きています。その哀愁漂う姿は、演技派俳優たちが演じる事で見る者の共感を呼び、彼らの活躍が感動と奮起を与えてくれる映画になっています

この映画は実在するスウェーデンの、男子シンクロナイズド・スイミングチームの活躍にインスパイアされたフランス映画です。

参考映像:『シンクロ・ダンディーズ!』予告編

同じく彼らの活躍を元ネタにした映画は、イギリスでも製作・公開されました。9月20日(金)公開予定の映画『シンクロ・ダンディーズ!』です

おじさんシンクロ映画の連続公開を記念して、『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の半券を提示すると、496円で『シンクロ・ダンディーズ!』が観れる、大胆不敵な割引企画「496(シンクロ)キャンペーン」が企画されています

今や世界の注目を集める、水中で華麗に舞う、美しい(?)おっさんずの裸身。彼らの人生を噛みしめながら、そのリスタートする姿を応援しましょう。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は2019年7月12日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『アンナ・カレーニナ ヴロンスキーの物語』ネタバレ感想レビュー。映画化が繰り返されてなお、新たな解釈に挑む

ロシアが世界に誇る文豪トルストイの「戦争と平和」と並び称される名著「アンナ・カレーニナ」をベースに映画化。 カレン・シャフナザーロフ監督が、20世紀前半に活躍したグィッケーンチィ・ヴェレサーエフの日露 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの内閣総理大臣役は佐藤浩市。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

『長いお別れ』映画と原作小説の違いをネタバレ解説。中野量太版と中島京子版を比較

アメリカでは、認知症を患い徐々に記憶を失っていく過程を「ロング・グッドバイ(長いお別れ)」と呼ぶそうです。 認知症を患う父親とその家族の姿を描いた中島京子の小説『長いお別れ』の映画化です。 監督は、映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『二コトコ島』『石と歌とペタ』あらすじとキャスト!感想レビューも

ユーモラス、かつソリッド!しりあがり寿、岡田利規ら各方面の表現者たちから絶賛をされる唯一無二の映像ワールド。 知られざる奇才といわれる大力拓哉と三浦崇志コンビ監督の代表作である、映画『二コトコ島』&『 …

ヒューマンドラマ映画

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。 人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。 ある事情で猫を手放す …

映画『天気の子』特集
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP