Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/08/26
Update

映画『ポップ・アイ』あらすじネタバレと感想。ラストの結末も

  • Writer :
  • 福山京子

「旅は道連れ、世は情け」

ゾウと人生に疲れた中年男が、タイ縦断500キロの摩訶不思議な旅を始めます。

今回は生きとし生けるものの笑って泣けるバディムービー、映画『ポップ・アイ』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『ポップ・アイ』の作品情報

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.
【公開】
2018年(シンガポール・タイ映画)

【原題】
POP AYE

【脚本・監督】
カーステン・タン

【キャスト】
ボン、タネート・ワラークンヌクロ、ペンパック・シリクン、チャイワット・カムディ、
ユコントーン・スックキッジャー、ナロン・ポンパープ

【作品概要】
ゾウと中年男がタイの国土を縦断するという奇想天外なアイデアを、ユーモアと旅情感溢れた映像で描き出したのは、シンガポール出身の女性監督カーステン・タン。

短編が多くの国際映画祭で注目され、タイに居住した時に”野良ゾウ”に出会い、大きな衝撃を受けて制作した本作は、ワールドプレミアとなったサンダンスで脚本賞を受賞し、高い評価を得ます。

疲れたおじさんとゾウさんのロマンチックなロードムービーです。

映画『ポップ・アイ』のあらすじとネタバレ

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

道路に車が行き交います。

よく見ると道路の端に男と象の歩く姿が見えます。

後ろから大きなトラックがやってきて、男が交渉すると運転手は荷台に象を乗せ、目的地まで行ってくれるとのことでした。

男は安心して助手席で寝入っていました。

ふと起きると何となく目的地と違う方向、おかしい電話の相手の声。

男は、トイレに行きたいと外に出ようとしますが、容器を渡されてそこにするように言われます。

びっくりして助手席にその容器をひっくり返し、汚してしまったその瞬間に男は外に出て象とともに、目的地に向かいます。

その男は、かつて一流建築家として名を馳せたタナー。

タイの首都で大都市のバンコクで有名なビルを建ててきた彼ではありますが、時代の流れに逆らえず、会社で世代交代を感じ、妻にも相手にされない日々を送っていました。

ある日、タナーは道を歩いていると幼い頃に飼っていた象のポパイを偶然見かけました。

ポパイは、綺麗な服を着せられショーで象使いに使われていました。

タナーは我慢できずに象使いから、ポパイを買い取って家に連れて帰りました。

その夜、妻のボーが寝ているとポパイが家の中に侵入しボーに鼻を付けてきました。

驚いたボーはタナーにブチ切れて、家を出て行きます。

タナーもポパイを引き連れて、かつてボート二人暮した故郷ルーイを目指して、長い旅に出ます。

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

道中で古いガソリンスタンドで休んでいると、横にホームレスの男がいました。

彼の名前はディーと言い、そのガソリンスタンドで占いをしながら生活をしていました。

彼の話によると、兄が亡くなりもうすぐ自分も天国の兄の元にいくとのこと。

タナーは彼とスーパーに行って買い物をし、食事をしながらディーの話を聞きました。

「死ぬ前にもう一度好きな女と海辺を一緒にバイクで走りたい」と聞いたタナーは、自分の携帯電話を貸してその女性に電話をするように言い、バイクを買うようにお金も渡しました。

その間にポパイは繋いでいた鎖を外してどこかに逃げていました。

外が騒々しいことに気づいたタナーは、ポパイの仕業に気づきディーと離れて探しに出かけます。

ポパイを探していたタナーは、ポパイが警察コンビの銃に狙われている場面に出くわします。

タナーは事情を話し、象使いからもらった許可書を見せましたが、偽文書だと言われ連行されます。

警官のパトカーに見張られながらタナーとポパイは、遠い保護センターに向かうことになりました。

炎天下の中タナーが倒れてしまい、ポパイが水を吹きかけて意識を取り戻したものの、その日は警官とともに近くのバーで休むことになりました。

丁度同じ頃に、車から降ろされ仕方なくやってきたのは、哀愁漂うトランスジェンダーのジェニーでした。

お客から相手にされず一人で飲んでいるジェニーに、自分を重ねてつい近寄ってしまうタナーは彼女と自然と心を通わせていきました。

バーの閉店間際、タナーを狙っていたバーのナンバーワンの娼婦の誘いにタナーも乗ってしまいましたが、自己嫌悪の朝を迎えました。

酔っ払っている警官が寝入っている間に、ジェニーが手に入れた鎖の鍵をもらったタナーは、ポパイの鎖を外して逃げ出します。

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

歩いていると、路上で倒れている男を見つけます。

よく見ると、あの占い師のディーで、事故を起こし遺体となっていました。

ディーは綺麗な服を着ており、バイクで転倒していました。

ディーのポケットから着信音の音が聞こえます。

タナーが電話を取ると、ディーの昔の彼女ジャーの声でした。

「会いに来ないでとディーに伝えてほしい」

その声を聞くと、タナーは自分のポケットに携帯電話を入れました。

周りに集まっていた人がじっとタナーを見つめます。

「僕の携帯電話だ」とタナーが言った途端に、バイクに乗って走り去る人や死体を弄る人々…。

タナーはディーの遺体を火葬してもらい、遺骨を持ってジャーの元に向かいました。

彼女はすでに結婚をして子どももいました。ジャーは話を聞いて遺骨を持ってバイクで走りました。

タナーとポパイは再び旅立ちましたが、途中ポパイが動かなくなってしまいます。

足元を見ると出血しており、ひどい怪我をしていました。

ジャーの父親がトラックを貸してくれ、ポパイを荷台に乗せてタナーが運転することになりました。

昔の思い出を胸に、緊張した面持ちのタナーは生まれ故郷のルーイに着きました。

タナーは村のあまりの変貌に驚愕して立ち竦みます。

以下、『ポップ・アイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ポップ・アイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

タナーが幼少期の頃の回想。

バラックの小屋にピアックおじさんとたくさんの子ども達がいます。

その一人の男の子がタナーで、子ども達がテレビの前に集めています。

テレビには、白黒のアメリカのアニメ『ポパイ』が映っており、嬉しそうに子ども達が観入っています。

外には飼っている象、ポパイの姿。

子供のタナーとポパイは大の仲良しでした。

そのバラックが綺麗な高層マンションに変貌し、3階にピアックおじさんの家がありました。

おじさんの家には若い妻と8歳の子どもがいて、タナーを歓迎していない様子でした。

「なんで土地を売ったんだ?連絡して欲しかった」とタナーは咎めます。

「ここを捨ててバンコクに行ったのはお前だ。そのためにポパイも売ったのを忘れたのか?」とピアックおじさんも反論します。

ここで象を放すのは無理だと悟ったタナーは、保護地区へ送り届けようとおじさんの家を後にします。

道中トラックがパンクして、おじさんに助けを求めます。

タイヤ交換をしている最中に、おじさんから驚きの真実を聞きます。

ポパイは売った象使いから数年前に連絡があり、死んでしまったということでした。

それを聞いたタナーは一瞬呆然としましたが、この象を保護区まで送り届ける決意をします。

朝目覚めると、象は鎖を切っていなくなっていました。

結局タナーはバンコクの妻ボーの元に帰ります。

タナーとボーが新しいビルの落成式に行く前に、思い出のビルに立ち寄ります。

そこは今や廃墟となったビルで、二人はその最上階から、聳え立つ最新のビル群を見つめています。

スポンサーリンク

映画『ポップ・アイ』の感想と評価

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

なぜ中年の男と象なのか?

冒頭の男と象のシーンに釘付けにされます。

しかも最初から違和感を感じることなく自然に現代の風景にマッチしています。

当たり前のようにトラックが横に止まって象を荷台に乗せていく…。

日本ではないことはわかりますが、漂う雰囲気や匂いそのものに心惹かれていきます。

映画を観るにつれ、だんだんと男タナーと象のポパイの背景や関係が繋がってきますが、何となく腑に落ちないというか不思議なまま映画が進行していきます。

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

絶えず“揺れている”という感覚

タナーという男は若かりし頃は名うての建築家で、有名なビルを建てていたものの、今は窓際族のような扱いです。

こんな人生でいいのか?とタナーの心が揺れています。

妻のボーは、あんな魅力的だったはずの夫が下っ腹出てるは、近寄ったら加齢臭で臭いは、冴えない亭主の挙げ句の果てに象を家で飼うなんて…いいのこんな亭主で?と思い家出しては一応帰ってくるんです。

ボーもどっちつかずで心が揺れています。

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

ポパイと旅立つタナーはポパイの上に乗って進むのですが、あまり安定していなくて、タナーが何度も何度もポパイの上に乗ろうとしてうまく上がらないシーンがあります。

もうそこを見ていると、笑って笑って泣けてくる

ホームレスのディーも、元カノのジャーも、ピアックおじさんも、心の揺れを感じながら生きている人々です。

その揺れを観るものの心が共鳴するとき、胸が締め付けられるほど笑いがこみ上げて、切なくなる瞬間があります。

まとめ

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

映画の最後に、以前に自分が設計し現在廃墟と化したビルの最上階で、タナーと妻のボーが今のバンコクの風景を眺めているシーンがあります。

ボーは、当時地震があった時にちょうどこのビルに居てたことを明かします。

「怖くなかったのか?」と聞くタナーに、ボーはこう答えます。

「絶対倒れないと思っていたわ。あなたが設計したんだから…」

もうその一言でこの映画の“揺れ”は止まったかもしれません。

人生とは“揺れることの繰り返し”

この映画の“揺れる”心と共鳴する瞬間を感じに行きませんか。

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

関連記事

ヒューマンドラマ映画

フィフティ・シェイズ・ダーカーあらすじとキャスト!試写会情報も

世界的な大ヒットを記録した前作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の待望の続編が登場! よりゴージャスに、よりドラマティックに“深化”した『フィフティ・シェイズ・ダーカー』をご紹介します。 スポンサ …

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

ヒューマンドラマ映画

映画チャーチル ノルマンディーの決断|のあらすじとキャスト。上映館情報も

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』は8月18日(土)より、有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。 アカデミー賞を受賞した『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』で描か …

ヒューマンドラマ映画

映画『孤独のススメ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『孤独のススメ』作品情報映画『孤独のススメ』あらすじとネタバレ謎の男 マッタ―ホルン『孤独のススメ』の感想と評価まとめ 映画『孤独のススメ』作品情報 【公開】 2 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヘル・フロント 地獄の最前線』あらすじネタバレと感想。名作舞台劇の映像化への背景とは

世界各国から集めた選りすぐりの危険な映画たちを上映する、「モースト・デンジャラス・シネマ・グランプリ2018[MDGP2018]。 その第4弾となる作品が『ヘル・フロント ~地獄の最前線~』。 人目を …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP