Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/05/20
Update

映画『HERO 2020』あらすじと感想レビュー。舞台版キャストの廣瀬智紀×北原里英が“厄介さと可笑しさ”を演じる

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『HERO 2020』は、2020年6月19日から、シネ・リーブル池袋他で、全国順次公開予定

「2年限定の交際」を条件に、恋人として付き合っていた広樹と浅美。

約束の2年目を迎え、広樹が浅美との別れを決意したことから始まる、さまざまな人を巻き込んだ騒動を描いた、ハートフルコメディ『HERO 2020』。

本作が長編デビュー作となる西条みつとし。自身の主宰する劇団「TAIYO MAGIC FILM」の旗揚げ公演で上演した舞台を、舞台版と同じキャストで映像化した、本作をご紹介します。

映画『HERO 2020』の作品情報


(C)「HERO 2020」製作委員会

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督・脚本】
西条みつとし

【キャスト】
廣瀬智紀、北原里英、小松準弥、前島亜美、小早川俊輔、小築舞衣、中村涼子、米千晴、小槙まこ、加藤玲大、後藤拓斗、双松桃子、飛鳥凛、伊藤裕一、根本正勝、今立進、松尾諭、斎藤工

【作品概要】
放送作家、コント作家として活躍し、齊藤工の監督作『blank13』の脚本でも知られる西条みつとしが、自身が主宰する劇団「TAIYO MAGIC FILM」の人気舞台を、自ら監督と脚本を担当し、舞台と同じキャストで映像化した意欲作。

舞台版のキャストが、映画でも同じ役を演じており、主人公の広樹を演じるのは、「弱虫ペダル」シリーズなどの舞台や、『刀剣乱舞-継承-』、『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』などの映像作品で活躍している廣瀬智紀。

広樹の恋人、浅美を演じる北原里英は、AKB48グループを卒業後、つかこうへいの舞台に出演し、映画『サニー/32』では主演を務めるなど、女優として活躍し高い評価を受けています。

舞台版のキャストの他に、松尾諭と斎藤工が参加し、作品を語るうえで欠かせない、重要な役どころで出演しています。

映画『HERO 2020』のあらすじ


(C)「HERO 2020」製作委員会
作業中の事故で足を怪我し、入院している飯塚広樹。

広樹の恋人である大崎浅美は、広樹の病室に見舞いへ訪れますが、交際して2年目が近づいており、お互いに重い空気が流れています。

そこへ、広樹の妹の真菜が病室を訪れ、広樹と浅美の重い空気を察知します。

広樹が煙草を吸う為に病室を出てしまい、浅美と2人になった真菜は、浅美から「広樹とは2年限定の交際である」ことを聞かされます。

浅美から語られる、2人が付き合う事になった過去。

浅美が、同じ会社で働く広樹に恋心を抱き告白しますが、広樹には断られてしまいます。

それでも諦めきれない浅美は、広樹に2度目の告白をし、広樹も浅美の気持ちを受け入れますが、その際に出された条件が「2年限定の交際」でした。

浅美は「付き合っているうちに、その条件も消えてゆく」と期待していましたが、広樹の決意は変わらず、交際2年目を迎えた日に、2人は別れることが決まっています。

広樹と浅美の幸せを願う真菜は、「2年限定の交際」に反対し、広樹に理由を問い詰めますが、広樹は頑なに答えません。

納得がいかない浅美は、広樹の秘密を聞き出す為に「あらゆるお悩み、トラブルを解決します」をモットーとする、凄腕の「レンタル人材代行派遣会社」に相談します。

「レンタル人材代行派遣会社」の松島は、真菜からの依頼を受け、あるプランを実行に移します。

やがて、松島が計画したプランは、広樹と同じ病室の患者や、その見舞いに来た友人を巻き込み、大騒動に発展していきます。

大騒動の果てに広樹が語る、「2年限定の交際」の真相とは?

映画『HERO 2020』感想と評価


(C)「HERO 2020」製作委員会
2年限定で恋人の浅美と交際している、広樹が抱える「ある秘密」を中心に、さまざまな人のエピソードが、やがて騒動に発展していく1日の出来事を描いた、ハートフルコメディ『HERO 2020』。

病院を舞台に、広樹と浅美の「2年限定の交際」エピソードを軸に、真菜の依頼を受けた松島が、広樹の秘密を聞き出す為に、死神に化けて病院内に潜入する「パターン31作戦」や、広樹と同じ病室に入院したポジティブ男、若草共武と友人たちとのエピソードなど、登場人物のすれ違いや勘違いが絡み合い、話がややこしくも可笑しな方向に転んでいきます。

本作は上記のようなコメディ要素と、広樹と浅美を巡る、シリアスなドラマ要素が組み合わさった、さまざまな人物が絡む群像劇となっています。

病院を舞台にした、本作の登場人物は、普通の人達なのですが、何故タイトルが『HERO』なのでしょうか?

この『HERO』は、超人的な能力で正義の為に戦う、ヒーローの意味です。

ヒーローとは「正義の味方」である事が多く、その対照的な存在が、人々を脅かす「悪の組織」でしょう。

映画や特撮ドラマでは、「正義の味方」も「悪の組織」も特殊な能力を持っている事が多く、正義と悪の戦いに挟まれるのが、いたって普通の人間達です。

しかし、普通の人間であっても「善人」と「悪人」に分けられてしまい、それは、ほんの些細な事で決まってしまいます。

良かれと思ってやった事が悪く受け取られてしまったり、その逆もあったりと「善人」と「悪人」の境界線は曖昧で、その真ん中にいるのが、普通の人達であるといえます。

本作で描かれている、勘違いやすれ違いの連続はまさにそれで、本人に悪意が無いのに、結果的に悪い影響を与えてしまうという展開もあり、自身の取った行動が「正義」とも「悪」とも受け取られてしまう、普通の人間の厄介さや、可笑しさを描いています。

本作に出てくる登場人物は、根っからの悪人は誰もいない為、前述した普通の人間の厄介さや、可笑しさが、さらに際立っています。

また、広樹が抱えている「ある秘密」がラストに明かされるのですが、それも「善人」と「悪人」の境界線にいる「普通の人」だからこその悩みです。

広樹は、多くの男の子がそうであるように、幼い頃からヒーローに憧れています。

「誰かを救うヒーローでありたい」と思うからこそ、そうはなれず苦しむ広樹の姿は、共感できる部分があり、広樹が憧れるヒーローとのエピソードも、非常に身近で感動的な場面となっています。

『HERO 2020』に出てくる普通の人達は、それぞれの行動が、他の人物に影響を与えており、無関係に見えたエピソードの全てが、クライマックスへと集約していきます。

普通の人間であっても、何かしら行動をすることで、人は誰かのヒーローになっているかもしれない、人と出会うこと、そして行動すること、それこそが大切であると感じた作品です。

まとめ


(C)「HERO 2020」製作委員会
お互いに影響を与える、普通の人達の物語を通して、誰もが憧れるヒーローの存在を描いた映画『HERO 2020』

本作は、広樹達が繰り広げる病院でのエピソードの他に、悪と戦う戦隊ヒーローのエピソードも織り込まれています。

戦隊ヒーローと言っても、特撮ドラマの撮影で、ヒーローを演じている俳優たちのやりとりが描かれており、この点においても「誰でもヒーローであり、普通の人間である」というメッセージを感じます。

また、本作のラストで松島が広樹に伝えるあるセリフは、西条監督のヒーロー像を感じることができる、面白い解釈なので、そちらも注目して下さい。

映画『HERO 2020』では、ヒーローになるのに必要なのは勇気で、勇気さえあれば、あとは誰かが背中を押してくれるという、優しいメッセージに溢れた作品となっています。

映画『HERO 2020』は、2020年6月19日から、シネ・リーブル池袋他で、全国順次公開予定



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ちはやふる 結び』あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。広瀬すず×野村周平×新田真剣佑おすすめ代表作

2016年に2部作で公開され大ヒットを記録した青春映画が遂に完結! 主演の広瀬すずを始め、日本映画界のこれからを担う若手俳優が総出演。 日本映画史に残る永遠の輝きを見逃すなかれ。 3月17日(土)より …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『ヲタクに恋は難しい』あらすじネタバレと感想。キャストの高畑充希が魅せる歌唱とダンスは本格的⁈

脚本・監督:福田雄一による実写映画『ヲタクに恋は難しい』は、2020年2月7日(金)公開。 累計発行部素900万部のベストセラーコミック『ヲタクに恋は難しい』を、「銀魂」シリーズのヒットメーカー福田雄 …

ヒューマンドラマ映画

村上虹郎映画『銃』あらすじとキャスト。演技力で原作の青春描写に新境地を見せる

映画『銃』は、11月17日(土)よりテアトル新宿ほか全国ロードショー! “これほど美しく、手に持ちやすいものを、私は他に知らない”というキャッチコピーの本作の原作は『悪と仮面のルール』『去年の冬、きみ …

ヒューマンドラマ映画

映画『泣く子はいねぇが』ネタバレ解説と内容考察。なまはげという秋田の伝統文化で描いた“たすくの葛藤と成長”

娘が産まれても、大人になりきれない男の心の葛藤と成長を描いた、映画『泣く子はいねぇが』。 監督、脚本、編集を担当した佐藤快磨が、5年の時間を費やして完成させた本作は、仲野太賀や吉岡里帆など、若手の注目 …

ヒューマンドラマ映画

【クイーン映画ネタバレ考察】ボヘミアンラプソディほか歌詞から物語の見どころを解説

伝説のバンドQUEENが、史上最高のエンターテイナー、フレディ・マーキュリーがスクリーンに蘇る! 完成までに8年を費やし、ついに誕生した音楽伝記映画の傑作。数々の名曲、見た目だけでなく動きや癖までフレ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学