Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『いっちょらい』あらすじ感想と評価解説。福井の方言をタイトルに夢をあきらめた男が追い求めた“本当の幸せ”を問う

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『いっちょらい』は2023年6月17日(土)池袋シネマ・ロサにて劇場公開

『轟⾳』でスペイン・シッチェス映画祭などで国際的に⾼く評価された⽚⼭享監督による作品『いっちょらい』が、2023年6⽉17⽇(土)から池袋シネマ・ロサにて劇場公開が決定しました。その後、順次公開が予定されています。

本作は同監督が2017年に制作した短編映画『いっちょらい』(2020)のセルフリメイク⻑編作品です。短編版は第24回ながおか映画祭準グランプリ・はままつ映画祭2018⼊選し、話題となりました。

また『いっちょらい』の劇場公開を記念し、6⽉10⽇(⼟)から1週間限定で池袋シネマ・ロサにて⽚⼭享監督特集の上映も決定しています。特集では昨年公開された『わかりません』『とどのつまり』『道草』の3作品が上映されます。

「いっちょらい」とは「一張羅(いっちょうら)」のことで、「(自分にとって)一番いいもの」を意味する福井の方言です。福井県の民謡「いっちょらい節」(福井音頭)」のなかで歌われる掛け声でもあり、福井県民にとって誰もが郷愁を覚えるフレーズとなっています。

明るい節に乗せて歌われる「いっちょらい節」が胸に迫る感動の一作です。奥深い味わいを持つ本作についてご紹介いたします。

映画『いっちょらい』の作品情報


(C)ふくいまちなかムービープロジェクト

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
⽚⼭享

【出演】
松林慎司、太⽥美恵、安楽涼、窪瀬環、岸茉莉、柳⾕⼀成、⼤宮将司、あまつりか、中⼭卓也(友情出演)、藤井啓⽂、⼤平智⼦、⼭⽥昭⼆

【作品概要】
初⻑編作品『轟⾳』でスペイン・シッチェス映画祭を筆頭に国際的に⾼い評価を受け脚光を浴びた⽚⼭享によるヒューマンストーリー。

同監督が2017年に制作した短編映画『いっちょらい』のセルフリメイク⻑編作品で、短編版は第24回ながおか映画祭準グランプリ・はままつ映画祭2018に⼊選しました。ままならない⼈⽣に訪れる変化を繊細に映し出し、豊かな映画表現で観る者の⼼を揺さぶる作品です。

本作は故郷・福井を舞台に、これまでの監督作品で⼀貫してきた「幸せとは何か」を考えさせる作品となっています。俳優出⾝の出⾃を活かした演出に定評があり、今後さらなる活躍を期待され注⽬を集める存在です。

主人公・テツヤ役を演じるのは『GOLDFISH』(2023)『RUN! 3films』(2019)に出演する実⼒派俳優、松林慎司。本作で⻑編映画初主演を飾ります。

映画『いっちょらい』のあらすじ


(C)ふくいまちなかムービープロジェクト

福井駅前にあるさびれた新栄商店街で、父・照夫から受け継いだ中華料理屋を営むテツヤ。

本当は東京に出て自分の店を持つという夢を持っていましたが、父が病に倒れて介護が必要となったために、故郷で店を継がざるを得なくなりました。

商店街会長の息子とその妻が不倫の末に結婚したという噂話を、テツオは苦々しくあちこちで話します。

周囲がどんどん幸せになっていくなか、テツオは自分だけが取り残されたように感じていました。

ある日、テツオは訪問看護師から父の容体が悪くなっていることを告げられ…。

映画『いっちょらい』の感想と評価


(C)ふくいまちなかムービープロジェクト

ままならない人生を心のどこかで恨み、拒否感を抱きながらも、実は自身の人生を深く愛しているひとりの若者の物語です

東京に出るという夢を抱いていた主人公のテツオは、父が病に倒れ介護をすることになったことからその夢をあきらめ、父の中華料理店を継ぐことになりました。

手のかかる頑固な父や、閉塞感を感じさせるシャッター街に閉じ込められて生きることへの嫌悪感を抱きながらも、父も故郷も地元のすべてを心から愛している彼は、父の容体がさらに悪くなっていると聞けば不安に陥り、故郷がお祭りを開けないほど過疎化していることを実感して胸を痛めます。

病の父の傍らで、時が止まっているかのような世界を生きる青年。衰えていく父を見て流す苦い涙。それは、現代日本では決して珍しい風景ではありません。

同居している母がいるものの、彼が本当に心開いて相談できる相手はひとりもいませんでした。彼は恐ろしく孤独で、無防備に内面をさらすのを恐れるかのようにいつも寡黙なままです

彼のすべてが詰まっている小さな故郷には、もうひとつ大切なものが消えずに残っていました。元恋人への燃え残った切ない想いです。

世の中から置いていかれる焦燥感のなか、さらに孤独を募らせるものと知りながらもテツヤは元恋人からの留守電メッセージを何度も聞き返し、寂しさを紛らわせようとします。

彼女は今は商店街会長の息子の妻となっていました。ふたりが不倫の末に結婚したことを、テツヤはことあるごとに吹聴してまわります。それは自分の古傷をかきむしるのと同じ意味を持っていました。

クライマックスは、ずっとテツヤのバックショットが続き、凄まじい緊迫感を感じさせます。圧巻のラストシーンに心を揺さぶられ、思わず涙をこぼさずにはいられません

まとめ


(C)ふくいまちなかムービープロジェクト

父の介護をするためにさびれきった商店街の中華料理店を継いだひとりの男の苦悩と、追い求める希望を描いた『いっちょらい』。印象的なフレーズが本作の大きなキーとなって何度も登場します。

正と負が入り混じった故郷への郷愁感が、たまらなく胸を打つ作品です。鳴り響く「いっちょらい節」が、喜びや悲しみ、怒り、愛情、嫌悪などさまざまな心の内の感情を映し出します

テツヤのないまぜになった感情を見事に表現した松林慎司の演技に注目です。

ヒューマンドラマ『いっちょらい』は2023年6⽉17⽇(土)から池袋シネマ・ロサにて劇場公開、その後順次公開予定です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』感想評価と内容解説。男性登場人物の視点も描き小説と異なる結末に導く

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2020年10月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。 チョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』は、韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前“ジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』ネタバレと感想!ラスト結末も

マイケル・キートンがマクドナルドの創業者レイ・クロックを演じる、実話をもとにしたドラマ『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開されています。 あのマクドナルドの創設にこんなドラマがあったとは! …

ヒューマンドラマ映画

映画『きらきら眼鏡』ネタバレ感想レビュー。考え方ひとつで日常を輝かせることが出来るアイテムとは

見たものすべてを輝かせる「きらきら眼鏡」、あなた心の眼鏡は曇っていませんか? 『津軽百年食堂』『夏美のホタル』など多数の映画化が続く人気作家の森沢明夫が自ら犬童一利監督に熱烈オファーをし映画化した作品 …

ヒューマンドラマ映画

映画『影裏』の原作あらすじネタバレ(沼田真佑)。キャストは綾野剛×松田龍平で盛岡を舞台に映像化

物憂げな日々に崩壊の予兆が潜む。 相手の影の部分、裏の顔を知る時。 2017年、デビュー作にして芥川賞受賞となった沼田真佑の小説『影裏』。綾野剛と松田龍平の出演で映画化、いよいよ2020年公開予定です …

ヒューマンドラマ映画

ビニー信じる男あらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“どう生きるか…。交通事故で選手生命を絶たれた男の、未踏の決断” 伝説のボクサー《ビニー・パジェンサ》の魂を震わす実話『ビニー/信じる男』をご紹介します。 CONTENTS1.映画『ビニー/信じる男』 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学