Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

映画『吾輩は猫である!』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。最後まで魅了される!武田梨奈×黒田百音×芋生悠×津田寛治の共演ノワールアクションは秀作

  • Writer :
  • 谷川裕美子

猫1匹をめぐる練りに練ったプロットと骨太なアクションに驚嘆

1匹の白猫をめぐる4人の男女の絡みあう運命を描いたノワールアクション作品。

『いざなぎ暮れた。』(2020)の笠木望が見事な構成の脚本を書き上げ、自身が監督を務めた秀作です。

空手家として知られるドラマ『ワカコ酒』で人気の武田梨奈、同じく空手経験のある芋生悠、新人女優でスケボーとパルクールで魅せる黒田百音、名バイプレーヤーとして知られる実力派、映画『名前』(2018)の津田寛治が共演。

ノンストップアクション『吾輩は猫である!』の魅力についてたっぷりご紹介します。

スポンサーリンク

映画『吾輩は猫である!』の作品情報


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【監督・脚本・編集】
笠木望

【出演】
武田梨奈、黒田百音、芋生悠、津田寛治、松林慎司、大塩ゴウ、バンダリ亜砂也

【作品概要】

『いざなぎ暮れた。』(2020)の笠木望監督が夏目漱石の「吾輩は猫である」から着想を得て脚本を書き上げました。

漱石作品と同じく「名前はまだない」白猫が借金のカタにとられたことから、4人の男女の運命がカタルシスへと暴走していくさまを緻密なプロットで描き出します。

記憶喪失の女性格闘家・美那を黒帯二段を有する空手家の女優・武田梨奈が演じるほか、幼い頃から習った空手に磨きをかけた『ひらいて』(2021)の芋生悠、スケートボードを得意とする新人・黒田百音が出演。

シン・ゴジラ』(2016)『名前』(2018)などで知られる、名優・津田寛治が作品の背骨の役割を果たしています。

映画『吾輩は猫である!』のあらすじとネタバレ


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

対戦相手を半殺しにして留置所に入れられた女格闘家の間宮美那が、なぜか記憶喪失になって出所しました。彼女が段ボールに入れられた捨て猫をなでていると、待ち構えていたライバルのアンナが襲いかかります。

地下格闘技の試合に出すために美那を迎えに来ていたカツオたちが、慌ててふたりを車に乗せて走り出します。前回の試合で相手の腕を折った後、中指を立てた美那にアンナは怒っていました。

控室に新人バイトのナメカタたちが白猫を連れて入ってきます。

シャワー室でふたりきりになってからアンナは美那にキスしました。アンナは美那を愛していました。それでも何も反応しない美那を見て、本当に記憶喪失になっていることに気づいたアンナは驚きます。

借金とりに押しかけられた笹原は、借金のかたに両目の色が違う珍しいオッドアイの白猫を奪われてしまいます。それは娘が大事にしている猫でした。その後、借金取りたちにバイトのナメカタが合流します。

しかし、借金取りの若者は、冷酷なボスから猫を殺して笹原のところに持って行きすぐに金を回収してくるよう命令されます。

猫を殺そうとしたまさにその時、突然物音がしました。謎の人物が飛び出し、大勢が追いかけて行きます。

ボスとふたり残されたナメカタは猫を渡され、先ほどの若者に代わって殺すように命じられました。

笹原の娘のすずはスケボーがとてもうまい少女でした。帰宅途中に、自分の猫が車で連れ去られたのを見た彼女は、止めようとする父を振り切って家を飛び出します。

猫につけたGPSを追って闘技場にたどり着いた彼女は、パルクールで軽々と塀に飛び乗って部屋に忍び込み、男たちに連れて行かれる猫を発見しました。

そういうわけで、先ほど猫が殺されそうになった瞬間に音を立てて飛び出して逃げたのはすずでした。

一方、アンナは「計画を決行しよう」と美那に話していました。カツオには美那が逃げたと嘘をついて探しに行かせ、その隙にふたりは金庫室へと向かいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『吾輩は猫である!』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『吾輩は猫である!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

周到な準備のもと、アンナが金庫を開けるのを見つめる美那。ふたりが金を奪っていたところにすずが現れますが、そのまま逃げていきます。

そこに現れたカツオを殴り倒して逃げ出した美那とアンナを、追手が取り囲みます。敵を次々に倒していく女格闘家ふたり。とうとうナイフで刺されてしまったアンナを、美那が抱えて逃げ出します。

その頃、ナメカタが猫を殺すのを断ったため、ボスが自ら手を下そうとしていました。止めようとしたナメカタは思わずもろに殴ってしまいボスは気絶します。仕方なくナメカタは猫を連れて逃げ出しました。

追手に追いつかれますが、ナメカタは敵をぼこぼこに殴りつけ、偶然通りかかった車に助けを呼びたいからと嘘を言って乗せてもらいます。

金庫のある部屋を飛び出したすずは、猫を抱えて逃げるナメカタをみつけて、身軽に外階段の3階からひらりと飛び降りて追いかけました。

目の前で車で去って行ったナメカタと猫を、すずがスケボーで必死で追います。

一方の美那たちは、隠しておいた金の入った鞄をつかんで協力者の男とともに逃げ出しました。しかし、山奥に待っていた協力者だったはずの男は、アンナに襲いかかります。

男は、この計画は自分に色目使ってるアンナを利用しようと言って美那が計画したものだと話します。逆上したアンナは大男につかみかかり、強く殴り返されて死んでしまいました。

慌てて死体を隠そうとする男たち。美那はアンナのロケットにあった自分とのツーショット写真をみつめていました。

金と死体処理は後にすることにした3人は会場に戻ります。

美那は予定通り試合のリングに立つことになりました。これまでもずっと八百長試合をしてきたことを美那は聞かされます。

車内のナメカタに電話がかかってきました。金庫が襲撃されたことをきいて身に覚えのない彼は驚きます。自分の工場を敵に教えてしまったと聞き、彼は慌ててそこへと向かいました。

自分の工場に戻ったナメカタは、片づけをしている元妻をみつけ、ここは危ないからと言って家に連れ帰ろうとします。

しかし、すでに追手が工場内に入ってきていました。天井から何かが落ちて、振り返った夫婦は彼らに気づきます。取り囲まれた夫婦の前にすずも飛び降りて加勢しました。ナメカタの強さに恐れをなした男たちは、猫を連れて逃げ出します。

ナメカタをずっと追ってきたすずは天井に潜み、悪い状況を見て乱闘に加わりました。しかし、ケガを負ってしまい、ナメカタと元妻に傷の手当てをしてもらいます。

ナメカタはすずが笹原の娘だと気付いていました。落ちていた家族写真をみつめるすずから、黙って妻がその写真をしまいます。

敵を追って出て行こうとするすずをとどめ、ナメカタは敵に電話して猫に何かしたら殺すと脅します。

大事な猫になぜ名前がないのかナメカタから聞かれたすずは、母に名前を名付けてもらおうとしたが気持ち悪いといわれ、そのまま自分が母に捨てられたことを話します。この猫にはいつかちゃんとお母さんが現れるから、そのときまで名前をつけないのだ、と。

ナメカタはスケボーを折り、元妻にすずを家に連れて行くように言って立ち去ります。

妻は家族写真をすずに見せました。身体が弱かった娘は3年前に死んでしまいましたが、ずっと白猫のタマが見守ってくれていたことを話します。そして、タマにそっくりなすずの猫を、ナメカタは絶対に連れ戻すと力強く言いました。

闘技場に連れて行かれた美那のもとに、猫を連れて戻った手下たちが現れ、猫と交換でナメカタから金を受け取ることになっていると話します。

ボスは美那と手を組んでいる男に、猫を殺しておくようにと言い残し出て行きました。猫を見ているうちに美那の幼いころの記憶がよみがえります。父にだめだと言われて、母とふたりでオッドアイの子猫を雪の中に捨てに行った日のことを。

猫を殺そうとした男の顔を一蹴りで倒し、美那は猫を抱えて逃げ出しました。しかし、今度は屈強な大男が現れます。苦戦する美那の前にナメカタが現れ、美那に向かってうなずきながら猫を連れて逃げました。美那はひるまず蹴りを入れ続け、とうとう男を蹴り飛ばします。

雪の降る中、外のベンチに座った美那は、アンナの遺したロケットを握りしめます。するとアンナの幻影が現れ、美那を抱きしめました。美那はそのまま倒れました。

猫を抱えて逃げるナメカタに大勢の追手が襲いかかります。ナメカタは腹を刺されながらも相手を刺し返し、猫を抱えてよろよろと屋上へ逃げて倒れます。

すずはGPSを追ってナメカタと猫のいる場所へと戻ってきていました。身軽に壁をのぼって室内に入り込んだすずは追手を振り払い逃げて行きます。

血痕が残る階段を昇り、とうとうすずはナメカタと猫のもとにたどり着きました。しかし、そこにボスが現れ、ナメカタの腹を深くナイフで刺します。

ナメカタを見捨てることができず、その場を離れなかったすずに、ボスが容赦なく切りかかります。すると、ボスの背後からナメカタが襲いかかり、3階から地上へと突き落としました。

駆け寄ったすずの目をみつめてから、ナメカタは息絶えました。すずはやっと会えた愛猫をなで、首輪のネームタグに「さくら」とペンで書き込みました。

スポンサーリンク

映画『吾輩は猫である!』の感想と評価


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

1匹の白猫をめぐり過去と現在を反復する緻密なプロット

猫を守るために命がけで戦う者たちを熱く描いた息もつかせぬノンストップ・ノワールアクション『吾輩は猫である!』。観はじめたらあまりの面白さに目が離せなくなる秀作です!

場面は主要人物ごとに切り替わり、現在と過去を自在に行き来します。その緻密なプロットにはただ唸らされるばかりです。

武田梨奈演じる美那は女格闘家で、地下闘技場で相手を半殺しにしたことから留置所に入れられていましたが、なぜか記憶喪失になって帰ってきます。

彼女を迎えたのは芋生悠演じる格闘家のアンナ。実は彼女に恋愛感情を持っていますが、周囲に悟られないために気に入らないと言って美那に殴りかかります。

ふたりの前に現れたのが、津田寛治演じる経営する工場が傾いたために闇バイトに来たナメカタでした。彼は狂った冷酷なボスに殺されそうになった白猫を抱えて逃げ出します。

黒田百音演じる猫を奪われた少女・すずは脅威の身体能力の持ち主です。得意のスケボーでGPSを頼りに猫を探しあて、パルクールで忍者のように壁を乗り越え敵のアジトに入り込みます。

この4人、そして猫の視点で、場面描写がなんどもくるくると切り替えられながらストーリーが進行します。

「あのシーンはこうなってたんだ」「全員が猫に固執していたのはこんな理由があったんだ」など、何度も感心して頷きながら観てしまいます。

あの冷酷なボスはもしかしたら猫にトラウマでもあったのだろうか、などと自分でも伏線を想像しながら観ても面白いかもしれません。

CGなしの骨太なアクションと、超人・すずのスケボー&パルクールは圧巻!


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

今作のみどころは緻密な伏線に加え、もうひとつあります。それは骨太な本格アクションシーンです!全編CGなしで撮影されたリアルな殺陣はみごたえたっぷり。

黒帯を持つ空手家で、香港の新聞「サウスチャイナ・モーニングポスト」で「活躍中のアジアのアクションスター10人」に唯一の女優として選ばれた武田梨奈が見事な蹴り技を披露しています。記憶喪失の上、ひとことも話さない美那という難役を好演しています。

ライバルのアンナ役の芋生悠もまた空手経験者で、美那とともに屈強な男たちとの戦いに臆せず立ち向かいます。

津田寛治はケンカがめっぽう強い過去にワケありの男になりきって、ヤクザ戦法で戦うナメカタ役を熱演。彼の存在がバックボーンとなり、作品をしっかりと支えています。

そして注目はなんといっても、少女・すずの見せる桁外れに優れた身体能力です!スケボーが得意な黒田百音が初出演を果たしました。パルクールはスタントだったそうですが、演じてみたらスタント以上にうまく演じ、笑顔が出てしまってNGとなったのだとか。

すずがスケボーを駆使して単身山奥までたどりつき、壁を忍者のようにひょひょっと軽々と登ってビルに潜り込む姿に唖然とすること間違いなしです!

まとめ


(C)2021 「吾輩は猫である!」製作委員会

緻密に張り巡らされた伏線にしっかりと組まれたプロット、そしてずっと見ていたくなるほど見事なアクションシーンなど、観る者の目をくぎ付けにする仕掛けがたっぷりの秀作『吾輩は猫である!』。

若い女優3人の切れのある動きと、ベテラン名優・津田寛治がみせる気骨ある演技の調和も素晴らしい、極上のエンターテインメント作品となっています。

「猫の命を守る」というミッションをとおして、登場人物それぞれが心の傷を抱えながら、己の正義のためにただ戦い続ける姿に心打たれます。

彼らが猫に出会ったことは幸せなことだったのでしょうか。それとも…いずれにせよ、運命には誰も逆うことができないということがひしひしと伝わってくる一作です。





関連記事

アクション映画

映画『イコライザー2』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の評価【キャストはデンゼルワシントンが再び続投】

前作『イコライザー』(2014)から4年ぶりの続編。 昼はタクシードライバー、夜には19秒で悪を倒す元CIAエージェント“仕事請負人=イコライザー”。そんな2面性を持つ魅力的なキャラクターが繰り広げる …

アクション映画

映画『REVENGE リベンジ』あらすじとキャスト。上映する劇場情報も

マチルダ・アンナ・イングリッド・ルッツ主演の映画『REVENGE リベンジ』は、「美しく残酷にぶっ殺す」をキャッチフレーズにした気絶する観客多数の問題作と言われている2018年7月7日公開の異色作。 …

アクション映画

映画『ウエスタン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

クリント・イーストウッド主演の「ドル箱3部作」を経て、新たな境地へと達した監督のセルジオ・レオーネ。 そんな彼の西部劇への愛が詰まった傑作『ウエスタン』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTEN …

アクション映画

映画『脱出』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【ジョン・ブアマン監督×ジョン・ヴォイト代表作】

第45回米国アカデミー作品賞・監督賞・編集賞ノミネート作品! 都会の喧騒を逃れ、大自然の中で休暇を楽しむはずだった4人の男…。彼らを待ち受けていた恐怖の正体とは?! 自分の男らしさを試すためにすすんで …

アクション映画

映画『スノー・ロワイヤル』内容解説と評価。リーアム・ニーソンの過去作『THE GREY凍える太陽』との因果関係を深掘り

息子を殺された怒りオヤジが、雪原を血で染める! 『シンドラーのリスト』(1993)でアカデミー賞にノミネートされ、ほかに「96時間」シリーズ(2009~2015)、『ラン・オールナイト』(2015)な …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学