Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2017/01/10
Update

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yukimura

スポンサーリンク

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』作品情報

【公開】
2016年(イギリス)

【原題】
Florence Foster Jenkins

【監督】
スティーヴン・フリアーズ

【キャスト】
メリル・ストリープ(フローレンス・フォスター・ジェンキンス)、ヒュー・グラント(シンクレア・ベイフィールド)、サイモン・ヘルバーグ(コズメ・マクムーン)、レベッカ・ファーガソン(キャサリン)

映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』あらすじとネタバレ

妻への献身

ニューヨークの社交界トップの資産家、マダム・フローレンスは、音楽を心から愛する女性。自ら設立したクラブで舞台を上演し、自分も出演することが大好きでした。

夫のシンクレアは、妻の音楽への愛情を理解し、献身的に支えています。しかし、フローレンスの就寝後は、そのまま愛人キャサリンの家に向かうのが日課でした。

ある晩、フローレンスとシンクレアはオペラ鑑賞へ。女性歌手の美声にすっかり魅了された彼女は、「私も歌のレッスンを受けるわ」とシンクレアに言います。

しぶしぶ同意したシンクレアは、フローレンスと共にレッスン用のピアニストのオーディションを行います。フローレンスの心を摑んだのは、物静かなコズメでした。

一流の指揮者を先生に迎え、レッスンが始まりますが、フローレンスが恐ろしい音痴であることが発覚。一同は青ざめますが、フローレンスは「絶好調よ」とご満悦。

レッスンで自信がついたフローレンスは、リサイタル開催を決意。慌てたシンクレアは、クラブの常連客だけにチケットを配り、新聞記者を買収して記事を書かせます。

ついに幕が上がり、フローレンスの壮絶な歌声が響き渡ります。客席には微妙な空気が漂いますが、大金持ちのスターク氏の若い妻だけは、大声で笑い出してしまいます。

スターク氏が慌てて妻を外へ出し、なんとか舞台は終了。疲れ切って家に戻ったフローレンスを医者が訪ねます。フローレンスは最初の結婚から50年間も、梅毒を患っているのでした。

フローレンスを寝かしつけたシンクレアがキャサリンの家に行くと、盛大な打ち上げパーティの最中でした。強引に招待されたコズメも、お酒を飲まされて泥酔します。

翌朝、そこへフローレンスが訪問します。シンクレアは急いでキャサリンを隠して平静を装います。傷つき泣き出すキャサリンに、シンクレアは週末旅行を約束します。

フローレンスは、自分のレコードを作ってクラブ会員に配ろうと思い立ちます。コズメも伴奏を任され、録音技術者もおののく歌声がスタジオ内にこだましました。

シンクレアがキャサリンと週末旅行中、フローレンスがコズメのアパートにやって来ました。「夫がいないと寂しい」と言うフローレンスを見て、コズメは初めて彼女の哀しさを察します。

旅行を終え、シンクレアとキャサリンが訪れた店で、フローレンスのレコードがかかります。若者達が大笑いしているのを見たシンクレアは彼らに殴りかかり、その姿を見たキャサリンは店をとび出し、二人の関係は終わりました。

真実の声

フローレンスは、退役軍人を招いたリサイタルをカーネギーホールで開くと決めます。コズメは、これ以上恥をかいたら自分のキャリアは終わると伴奏を断りますが、「妻を守りたい」と言うシンクレアに説得され、舞台に上がることを承知します。

当日、大騒ぎする軍人集団と富裕層の観客達でホールは埋まりました。歌い出したフローレンスに、若い軍人から笑いとブーイングが。観客に初めて野次をとばされたフローレンスは困惑の表情を浮かべ、シンクレアにもどうしていいかわかりません。

その時、スターク夫人が立ち上がり、「一生懸命歌ってるのよ!聴きなさい!」と叫びました。フローレンスはなんとか歌い続けます。そこに徐々に拍手が聞こえ、そしてブラボーの声が重なっていきます。

しかしただ一人、NYポストの記者だけは「これは音楽への冒涜だ」と出ていきます。シンクレアは記者に「幾らほしい」と尋ねますが、「記事に書く」ときっぱり拒否されます。

翌朝、シンクレアとコズメは、近くの売店のNYポストを買占めゴミ箱に捨てます。NYポストを買いに出たフローレンスは、ゴミ箱に捨てられたNYポストを拾いあげ、自分が酷評されている事実を知りショックを受けてその場に倒れてしまいます。

病が悪化し、ベッドの中のフローレンス。「みんなが私のことを笑っていたのね」と言う彼女に、シンクレアは「君の声は真実の声だ」と言います。命が消えようとする瞬間、フローレンスには、美しい声で歌う自分の姿が見えていました。

スポンサーリンク

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の感想と評価

妻を心から愛していると言うシンクレアですが、お金の力で周囲を黙らせようと奔走することが果たして真実の愛なのか。

夫に愛人がいることを許し、寂しさを心に隠しながらも、最期まで夫に愛と感謝を捧げ続けたフローレンスの愛情の方が、はるかに深いのではないかと感じました。

今でもカーネギーホールのアーカイブリクエストでNo.1だというマダム・フローレンス。人々を魅了するものは、彼女の特異な歌声か、音楽に資産で貢献した功績か、はたまたそのお人柄なのか。

紙幣をばらまくシンクレアのおかげで、フローレンスの本当の魅力がぼやけてしまった気もします。

とはいえ、役者さん達は完璧でした。大御所メリル・ストリープが全部もっていきそうなところも、ヒュー・グラントが軽妙な演技でさらりと対抗していて、二人が並んでいるだけで場面に華とユーモアがあふれます。

忘れられないのは、フローレンスの大好物だというポテトサラダを切らさぬよう、バスタブ一杯に作ってあるというシーン。バスタブにポテトサラダ。衝撃でした。ちょっとやってみたい気もします。

まとめ

1944年、カーネギーホールで歌った、資産家ミセス・フローレンスの実話です。

最後に、フローレンス御本人の歌声が流れますが、これがメリル・ストリープそっくり。いやメリル・ストリープがフローレンスにそっくりなのですが。

ストリープが歌唱力抜群なのは有名ですから、音をはずすのは大変だったかもしれません。劇中、フローレンスの幻想の中でも歌声が聴けますが、こちらは実力で歌っているようで、とても美しいです。

TVドラマ『ビッグバン・セオリー』のハワードでおなじみのサイモン・ヘルバーグが、シンクレアと共にフローレンスに尽くすピアニスト・コズメを演じています。

ピアノの腕は『ビッグバン~』でも披露していますが、こちらの演奏もお見事。ハワードも強烈なキャラですが、今回も二大スターにはさまれながら、存在感がかすまないのがすごいです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』あらすじと感想考察レビュー。モンティパイソンのメンバーだった監督が30年掛けて完成させた作品とは

鬼才テリー・ギリアム監督の執念の一作が完成! 『未来世紀ブラジル』(1986)のテリー・ギリアムが映画化を試みるも、何度も製作中止、頓挫してきた企画がついに結実。 2020年1月24日よりTOHOシネ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ロケットマン』あらすじネタバレと感想。エルトン・ジョンのただの伝記ではなくミュージカル映画だ!

グラミー賞を5度受賞した世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンの映画。 『ロケットマン』は、天才歌手エルトン・ジョンの1950年代から1991年初頭迄を描いたミュージカル映画です。 『キングスマン』の …

ヒューマンドラマ映画

映画『クリード2炎の宿敵』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ロッキーシリーズから新たな挑戦!

永遠の名作「ロッキー」の精神を見事に継承してみせた大傑作『クリード チャンプを継ぐ男』から3年。 チャンピオンになったアドニスの前に30年前父アポロ・クリードを殺した宿敵が現れる…! ロッキーシリーズ …

ヒューマンドラマ映画

実写映画『蜜蜂と遠雷』あらすじネタバレと感想。キャストの松岡茉優×松坂桃李らが若きピアニストとなって音楽と向き合う

映画『蜜蜂と遠雷』は2019年10月4日(金)より全国ロードショー公開 恩田陸のベストセラー小説を『愚行録』などで知られる石川慶監督が映画化。 松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士、斉藤由貴、鹿賀 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ホモ・サピエンスの涙』感想と考察評価。ロイ・アンダーソン監督がヴェネチア映画祭にて銀獅子賞を受賞した“人類の愛と希望”

映画『ホモ・サピエンスの涙』は2020年11月20日ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー ヴェネチア国際映画祭にて銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞した映画『ホモ・サピエン …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP