Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『8 1/2(はっかにぶんのいち)』ネタバレあらすじ解説とラスト結末の感想評価。巨匠フェリーニの名作おすすめは幻想世界に酔う最高傑作

  • Writer :
  • 谷川裕美子

巨匠フェデリコ・フェリーニが幻想的に自伝を映し出した傑作

映画『8 1/2』は、イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の最高傑作と呼び声高い自伝的作品。

スランプに陥った映画監督が現実と夢想を行き来する姿を幻想的に映し出します。

主演をイタリアを代表する名優マルチェロ・マストロヤンニが務め、イタリアのセクシー女優クラウディア・カルディナーレ、フランスの女優アヌーク・エーメら豪華キャストが顔を揃えます。

『8 1/2』という奇妙なタイトルをつけられた奇跡の名作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『8 1/2』の作品情報


(C)MEDIASET S.p.A.

【公開】
1965年(イタリア・フランス合作映画)

【原案】
フェデリコ・フェリーニ、エンニオ・フライアーノ

【脚本】
フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネッリ、エンニオ・フライアーノ、ブルネッロ・ロンディ

【監督】
フェデリコ・フェリーニ

【出演】
マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ、サンドラ・ミーロ、クラウディア・カルディナーレ

【作品概要】
『甘い生活』(1960)『道』(1957)で知られるイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニ監督の代表作。幻想的に描かれた自伝的作品です。

スランプに陥りクランクインできずにいる主人公の映画監督・グイドが、幻覚まじりの日々を過ごすさまが描かれます。

主演は『甘い生活』(1960)『ひまわり』(1970)などの名作で知られる名優マルチェロ・マストロヤンニ。

グイドの女神を、『若者のすべて』(1960)『山猫』(1963)のイタリアのセクシー女優CCことクラウディア・カルディナーレ、グイドの妻を『男と女』(1966)『甘い生活』(1960)のフランスの女優アヌーク・エーメが演じています。

映画『8 1/2』のあらすじとネタバレ


(C)MEDIASET S.p.A.

悪夢にうなされて目覚めた一流映画監督のグイド。湯治場にきていた彼は、医師の診察を受けていました。

明るい陽射しの中、大勢の人々が集まり楽し気に過ごしています。グイドもその中におり、映画談義をしていました。アイデアに行き詰っていたグイドはクランクインを2週間ものばしていました。彼の脳内では、憧れの美しい女性クラウディアが微笑みます。

グイドは駅に愛人のカルラを迎えに行きます。着飾りおしゃべりな彼女をもてあますグイド。肉体だけでつながっている美しいカルラは、夫に仕事を紹介してほしいとグイドに頼みます。

夢の中でグイドは今は亡き父と母に出会い、その後、妻のルイザも現れます。

グイドのもとにはいつも役を欲しがる人々が集まってきます。彼はおどけてひざまづいてプロデューサーを迎えました。

テーブルを囲んだグイドたちのもとに、考えていることを当てる芸人が現れ、ゲストの考えを次々に当てていきます。彼が当てたグイドの考えは「アサニシマサ」ということばでした。

古い記憶の中、ワイン風呂から逃げ出そうとする幼いグイド。若き母に抱きかかえられてベッドに連れて行かれた彼に、向かいのベッドの少女が金持ちになれる呪文「アサニシマサ」を教えたことがありました。

妻のルイザからの電話に出たグイドは、彼女にこちらに来てほしいと誘います。

役をほしがっていた老人のコノッキアは役を降りるといい、グイドにも昔と違うぞと言い残し去って行きました。才能もひらめきもなく、嘘つきだといって自分を責めるグイド。空想の中のクラウディアが笑っています。

主人公と枢機卿の会うシーンに真実味が欠けると言われたグイドは、本物の枢機卿に会いに行きました。

アホウドリの声を聞きながら、中年女のスカートをまくった足を見たグイドは、また幼年期の自分を思い起こします。

それは神学校時代、浜に住むグラマラスな乞食女のサラギーナと踊っていたのを神父にみつかり、こっぴどく叱られた記憶でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『8 1/2』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『8 1/2』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)MEDIASET S.p.A.

幼年期の思い出を語るグイドは、無邪気さは重大な欠点だと指摘されます。

裸の体にタオルを巻きつけた湯治場の大群の中で、グイドは枢機卿に呼び出され、教会の外に救済はないと諭されます。

到着したルイザを出迎えるグイド。惰性で別れずにいる妻でしたが、グイドには必要な存在でした。グイドは妻に仕事が進まない悩みを話します。

SF映画の制作現場へ向かった一行。ルイザの親友は、グイドが変わることをルイザが望んでいると話します。正直でウソのない映画を目指すグイドは、うまく書けないことに苦悩していました。

ルイザとグイドは険悪になったままベッドで背を向け合います。ルイザは自分を呼んではやり直そうとする夫を糾弾し、自分に何を求めているのかと叫びます。

ルイザとグイドの席の近くにカルラが現れました。嘘をつくのはやめてと冷たく言うルイザに、グイドは知らない女だとしらばくれます。ルイザは私たちの人生に踏み込んでくるカルラを許せないと言って怒ります。

妄想の中でプレゼントを抱えたグイドを大勢の女たちが笑顔で迎えます。風呂に入れられ、出たあとも手厚く世話をされるグイド。サラギーナの姿もありました。

年齢のいった女を二階に送ろうとする彼に対し、女性たちが反乱を起こします。グイドは彼女たちに鞭をふるい、そんな彼を彼女たちは拍手でたたえました。

大勢の中にいたクラウディアは悲しむことはないと美しい笑顔でいって、仕事をし始めます。20年前私たちが夫婦になった日を覚えているかとききながら。

劇場の客席に座ったグイド。ステージ上で芝居のテストが始まります。自分たちの姿を描いているかのような内容に耐えかねて、ルイザが席を立ちました。

彼女は「真実を知っているのは私だけ。あなたは好きに撮ればいい。妻に真実を言えないくせに。決着をつけるときよ」と言って去って行きます。

やってきたクラウディアをグイドは迎えにいき、一緒に彼女の車に乗り込みます。笑顔の彼女に彼は聞きます。

「すべてを捨てて人生をやり直せる?ひとつのことに専念して永遠のものにすることができる?」

あなたはやり直せるのかと彼女から聞かれたグイドは、できないと答えました。すべてを欲しがり、なにも捨てられないのだと。

車から降りたグイドに、クラウディアは新しい人生を与えてくれる娘を彼は拒むのかと問います。もう信じないからだと答える彼に、クラウディアは「愛を知らないから」と言いました。

自分の役がないことに気づいたクラウディアに、グイドは「役も映画もない。どこにも何もない。すべて終わってもいい」とうつろな目で答えます。

そこに何台もの車がやってきて、来週製作は開始予定で、マスコミも来ることを告げます。

現場についてから逃げ出そうとするグイドを、スタッフたちが無理やりひっぱっていきました。席に着いたグイドに大勢のマスコミから質問が飛び交います。彼の耳元で男が「右のポケットに入れた」とささやきました。

グイドは長テーブルの下にもぐりこみ、すぐに戻るからと言いながら這っていきます。

亡くなった母が呼びかけます。「グイド、どこへ行くの?困った子ね。」グイドは銃で自らを撃ち抜き、がくっと頭を垂れました。

撮影は中止が伝えられ、セットは解体されることになります。グイドは別れを告げ歩き出しました。

そこに心を読める芸人が現れました。目の前にはこれまで出会った人々が次々に現れます。笑顔のクラウディアもいました。

突然幸福を感じて力が湧いて来たグイドは、女たちに謝り、受け入れて愛するのは自然なことだと考えられるようになりました。

「ルイザ、自由になった気がする。すべてが善良で有意義で真実だ。説明したいができない。すべてが元に戻り、すべてが混乱する。この混乱が私なのだ。夢ではなく現実だ。もう真実をいうのはこわくない。生きてる気がする。人生はお祭りだ。一緒に過ごそう」

ルイザが、確信は持てないけどやってみるから力を貸してと答えました。

やってきた音楽隊の中には、少年の姿をしたグイドもいます。集まって来た大勢の人々に、グイドは手をつないでと声をかけました。

人々は大きな輪になって踊ります。グイドはルイザの手をとり、その輪の中に入っていきました。

やがて去って行く人々と音楽隊。少年のグイドだけがひとり残り、笛を吹き続けていました。

スポンサーリンク

映画『8 1/2』の感想と評価


(C)MEDIASET S.p.A.

グイドの死と巨匠フェリーニ監督の誕生

幻想的なシーンの連続で観る者を魅了するイタリアの大巨匠フェデリコ・フェリーニ監督作『8 1/2(はっかにぶんのいち)』。

ウディ・アレン、マーティン・スコセッシ、ロマン・ポランスキーら数々の名映画監督のベスト映画に選ばれる傑作で、フェリーニ自身もベスト映画にあげている代表作です。

本作がフェリーニ単独による8作品目で、加えてアルベルト・ラットゥアーダが共同監督を務めたフェリーニの処女作『寄席の脚光』があることから、後者を半分の1/2と数えて奇妙なタイトルがつけられました

スランプに陥った主人公の映画監督・グイドが、虚構と現実の狭間で苦悩するさまが幻想的に描かれる一作です。イタリアを代表する名優マルチェロ・マストロヤンニが、グイドの苦悩を見事に表現しています。

現実と幻想が入り混じる展開ですが、過去の回想シーンまでがとても現実だったとは思えないほどシュールに描かれています

過去の記憶として登場する巨大なワイン風呂に入れられる少年や、「アサニシマサ」という呪文を叫ぶ少女、セクシーな乞食女のサラギーナらの姿は、幻覚の中に現れるグイドの亡くなった両親や、グイドを取り囲む現在過去ごちゃまぜの大勢の女性たちと同じくらい幻想的なのです。

どこからどこまでが現実で、どこからが幻想なのかまったくわからない混沌とした展開となっています。

しかしその中でも、グイドの抱える「書けない映画監督としての苦悩」だけはずっと浮き彫りとなるのです。

理想のマドンナのクラウディア、別れる勇気もないまま頼りにしてきた妻のルイザ。このふたり女性の存在は、グイドに常に強い影響を与えます。

クラウディアを演じているのは、当時フランスのBBことブリジット・バルドー、アメリカのMMことマリリン・モンローと並んで、イタリアのセクシー女優としての人気を誇ったCCことクラウディア・カルディナーレです。コケティッシュな魅力で、ルキノ・ヴィスコンティ作品にも数多く出演しました。

ルイザを演じたのはフランス人女優のアヌーク・エーメです。日本でも大人気となった『男と女』のヒロインを演じたことで知られる名優です。

またそのほかにも、亡き母や愛人のカルラ、乞食のサラギーナ、妻の親友、妹など、女性ばかりが彼を大きく翻弄し続けます。

スランプに陥っている中、製作会見までが開かれ、追い詰められたグイドはピストルで自殺します。ここから群衆が輪になって踊るシーンにつながるので、どこまでが現実なのかわかりにくい展開です。

実は当初もう一つのラストシーンが製作されていたそうです。それは、食堂車に満員の乗客が黙って座っている葬式のような場面だったと言います。

このシーンにつながっていたなら、グイドの自殺は明確となっていたことでしょう。

冒頭から幻覚のようなシーンが連続していることを思うと、現実と虚構の区分は観る者に委ねられているようにも感じます。

しかし、自伝と呼ばれていることを考え合わせれば、苦悩の末に命を絶つ運命を分身であるグイドに代わってもらうことで、フェデリコ・フェリーニ本人が真の自由を手に入れ、新たな生を受けたことを表現しているように思えてなりません

まとめ


(C)MEDIASET S.p.A.

数々の名監督たちから最高評価を受けている傑作『8 1/2』は、観る者を迷宮へと迷いこませる幻想的な一作です。

幻影かのような作品の中で、主人公・グイドが映画監督としての袋小路に迷い込むさまだけがくっきりと浮彫りになります。そのリアルすぎる苦悩の描写が、名監督たちの心を打ったに違いありません。

何度も過去の世界を思い出したり、自ら生み出した幻覚世界に迷い込むグイドは、現実世界では妻や愛人との関係に悩まされています。どこにも心の逃げ道のない彼は、幻覚を生み出すしかなかったのではないでしょうか。

幻覚の中では、これまで出会った女性たちが至れり尽くせりの世話をしてくれたり、そうかと思うと束になって彼を糾弾したりと、願望と恐怖がふりこのように揺れ動きます。

どうにもならなくなったグイドが鞭を振り上げると、女たちが拍手を送るという支離滅裂な展開も、彼の願望ゆえだと思うとどこか納得できるのです。

仕事のアイデアはまったく浮かばない中で心の行き場をなくした彼が、銃を手にしてしまったのは当然の流れだったのかもしれません。

こんなにも恐ろしい作品が自伝であるかと思うと、映画監督という仕事の苦悩の深さを思い知らされます。

数々の名作を生み出してきた巨匠フェリーニの内にある壮絶な戦いを覗き見ることのできる貴重な一作です。



関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『永遠の1分。』ネタバレ結末感想と評価解説レビュー。上田慎一郎監督の最新作“エンターテイメントの新境地”を魅せる!

笑いを武器に東日本大震災と向き合う『永遠の1分。』は2022年3月4日(金)よりロードショー! 映画『永遠の1分。』は、『カメラを止めるな!』(2017)の上田慎一郎が脚本を、同作の撮影監督だった曽根 …

ヒューマンドラマ映画

映画『愛なのに』あらすじ感想と評価解説。オトナの恋愛をL/R15の城定秀夫×今泉力哉が描く“優しさとユーモア”

映画『愛なのに』は2022年2月25日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー。 『アルプススタンドのはしの方』(2020)の城定秀夫監督×『街の上で』(2020)の今泉力哉監督が脚本を務めた本作。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ビジランテ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太トリプル主演】

大森南朋×鈴木浩介×桐谷健太、トリプル主演!!! 注目の監督、入江悠がオリジナル脚本で描く渾身のノワール。 『ビジランテ』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まずは『ビ …

ヒューマンドラマ映画

めがみさまキャストとあらすじ!松井玲奈主演映画の舞台挨拶や試写会は?

松井玲奈さんが映画初主演を果たした『gift』に続く、メディア・ミックスジャパンの企画「Mシネマ」の第2弾! 松井玲奈さんと新川優愛さんのW主演が注目の映画『めがみさま』をご紹介します。 スポンサーリ …

ヒューマンドラマ映画

【旅セカ】黒沢清映画『旅のおわり世界のはじまり』あらすじと感想。前田敦子に魅せられるロードムービー

映画『旅の終わり世界のはじまり』は、6月14日(金)より全国ロードショー。 ホラーからサスペンス、家族のドラマまで様々なジャンルで新境地を開拓し続け、国内外で高い評価を受け続ける黒澤清監督の2019年 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学