Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

このサイテーな世界の終わり シーズン1|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

Netflixオリジナルコンテンツの魅力は、その独特なコンセプトと世界観にあります。

今回は「家出少女」と「サイコパス」と言う、一味違った2人が「思春期」ならではの心と、社会の生きづらさに直面する様子を描いたブラックコメディドラマ『このサイテーな世界の終わり シーズン1』のあらすじと魅力をご紹介していこうと思います。

海外ドラマ『このサイテーな世界の終わり シーズン1』の作品情報

【原題】
The End of the F***ing World

【公開】
2017年(Netflix独占配信)

【監督】
ジョナサン・エントウィッスル

【キャスト】
アレックス・ロウザー、ジェシカ・バーデン、ジェマ・ウィーラン、ウンミ・モサク、スティーヴ・オーラム

【作品概要】
チャールズ・フォースマンの同名コミックをNetflix配給で実写化したドラマシリーズ。

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(2015)でロンドン映画批評家協会賞を受賞したアレックス・ロウザーを主演としたことでも話題を集めた。

海外ドラマ『このサイテーな世界の終わり シーズン1』の登場人物紹介

ジェームス(アレックス・ロウザー)

幼いころから小動物などを殺し、今は人に対し殺人衝動を抱く少年。
自身が「サイコパス」であることを感じ、アリッサを殺す好機を見つけるためアリッサの家出について行く。

アリッサ(ジェシカ・バーデン)

母の再婚相手と上手くいかず、ジェームスと共に父のもとを目指すため家出をした少女。
心では真反対のことを思っているにもかかわらず、言動は攻撃的で行動も過激。

海外ドラマ『このサイテーな世界の終わり シーズン1』のあらすじとネタバレ

幼いころから冗談を好きになれず、高温の油に手を突っ込むなど、どこか人と違う感性を自覚していた少年のジェームス。

彼は小動物を殺したことを契機に殺人に興味を持ち始めます。

学校を品定めの場にするジェームスは、母が再婚し自宅に居場所のない少女アリッサに声をかけられたことから、彼女をデートに誘い自宅に招待します。

自宅でのアリッサの殺害を考えていたジェームスでしたが、父であるフィルの早めの帰宅により殺害を断念することになります。

翌日、自宅で開かれたパーティの最中に義理の父に出ていけと言われたアリッサは、ジェームスと共に家出を企みます。

主体性を殺すことを大事にしてきたジェームスは、アリッサの誘いを受け、旅の道中でアリッサを殺害することに決めます。

フィルを殴り倒し、車を奪ったジェームスとアリッサ。

こうして、2人の旅は始まりました。

わき見運転から父の車を大破させ、ヒッチハイクで移動する2人は元軍人の男に拾われます。

何かと良くしてくれるその男を訝しむ2人でしたが、その男はゲイであり、トイレで行為に及ぼうとしたところをアリッサに見咎められ、財布を置き去ってしまいます。

2人になったジェームスとアリッサは男から手に入れたお金で、ホテルに泊まります。

トイレに行ったアリッサの殺害を企むジェームスでしたが、彼女がトイレの中で泣いていることを知り、持っていたナイフをしまいます。

トイレを出たアリッサは家に電話をしますが、義理の父が母親に電話を渡してはくれず、状況は何も変わらないままでした。

翌日から父親の家を目指すことをジェームスに告げ、ベッドで寝るアリッサに求められジェームスは彼女を抱きしめます。

一方フィルは、警察にジェームスが出ていったことを相談し、捜索届を出していました。

父親の家への道中で、長期間留守にしていることが明らかな豪邸に侵入する2人。

その家で、ジェームスと身体の関係を持とうとするも煮え切らないジェームスへの当てつけとして、クリストファーと言う黒人青年を連れ込み関係を持とうとするアリッサでしたが、それも上手くいきません。

アリッサの揺さぶりによって、ないと思っていた感情を芽生えさせ始めるジェームスは、手持ち無沙汰となり家中を漁ると、その家の持ち主が本を出すような著名な研究者でありながら、女性への強姦を繰り返し、その様子を写真や動画に収めている非道な人物であることに気が付きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『このサイテーな世界の終わり シーズン1』のネタバレ・結末の記載がございます。『このサイテーな世界の終わり シーズン1』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

長期間留守にしていた家主のクライブが戻り、ベッドで眠るアリッサを強姦しようと襲い掛かります。

彼女を助けるため、後ろから忍び寄ったジェームスは、持っていたナイフでクライブの首を切り、殺害します。

初めての殺人が想像とは違い、動揺するジェームスに対し内心動揺しながらも表向き冷静なアリッサはドラマや映画の知識を真似しながら自分たちの痕跡を消していきます。

クライブの死体の周りにクライブの罪の証拠写真を残し、家を出るジェームスとアリッサ

正当防衛であるとは言え、住居侵入かつ過剰防衛であることから、2人は死体が見つかる前に父のもとへとたどり着き助言を求めることにします。

しかし、2人の思いとは裏腹にクライブの母親の早々の帰宅によって、クライブの死体はすぐに見つかってしまいます。

更に刑事のユニスとテリーは現場に落ちていたクリストファーの財布をもとに彼を尋問し、「アリッサ」と「ジェームス」と言う若い男女が殺人の現場にいたことまでたどり着きます。

目撃されていた危険性を鑑みて変装したアリッサは、ナイフを持ち歩いていたことや、躊躇いなくクライブを殺害したことなどからジェームスの異常性に勘付き、トイレに行くと言いそのまま彼を別れることにしました。

数時間後、置いていかれたことに気が付いたジェームス。

1人になることで殺人を犯したことに対する恐怖心に襲われ、自身が「サイコパス」だと思いこんでいただけで、実際は「サイコパス」なんかではないことを痛感します。

幼少時、母が自分の目の前で自殺したことを思い出し、その姿をアリッサと重ねたジェームスはアリッサを守るため、彼女をいつまでも待つことにしました。

着の身着のままジェームスから逃げたアリッサはお金に困り、万引きの途中で警備員に捕まってしまいます。

警備員は彼女を警察に突き出そうとしますが、迷子の子供の捜索に駆り出され、アリッサを置き子供の捜索へと向かいました。

警備員がいなくなった隙に逃げようとしたアリッサは、偶然迷子の子供を見つけ、見捨てきれずに警備員のもとへと連れて行きます。

感謝の意を込めて警備員はアリッサの万引きを見逃しました。

アリッサはこの一件で、自分を助けるために人を殺したジェームスを自分が見捨てたことを思い知り、彼のもとへと戻ることを決めます。

ジェームスから別れたダイナーにアリッサが戻ると、そこにはひたすらにアリッサを待つジェームスがいて、また2人でアリッサの父親のもとへ向かうことになりました。

子供の頃に練習した技術を使い車を盗んだジェームスとアリッサは電話で母に二度と会わないと告げ、遂に父のもとに辿り着きます。

一方、クライブの今までの犯行を理解したユニスとテリーは、ジェームスとアリッサの目撃情報を追い、着実に2人のもとへと近づいていました。

アリッサの父親であるレズリーは麻薬の売人であるものの、明るく面倒見が良い人間で2人を暖かく迎え入れます。

アリッサに対し父親としての責務を果たそうと勤めるレズリーにアリッサは心を惹かれますが、ジェームスは麻薬の売人のもとに身を潜めることに一抹の不安を覚えます。

ユニスとテリーは家族構成や、アリッサのおかれた状況から間違いなく2人はレズリーのもとにいると看破します。

数日後にはジェームスが18歳になり、成人としての罪も見込める歳となることで泳がせることを提案するテリーですが、ユニスはその考えに反発し、刑事たちは相互に不満を抱き始めます。

その夜、レズリーの恋人から2人の居場所を知ったユニスは、テリーに内緒でアリッサとジェームスを説得するために2人のもとへと向かうのでした。

同じ場所に留まることを危険だと考えるジェームスは、レズリーのもとを離れることをアリッサに提案しますが、アリッサは久々に会えた父が想像以上に好意的な人間であったことから留まることを望むのでした。

しかし、レズリーが自身に新たな子供がいることを隠していたり、犬を平気で轢き殺すレズリーを見て信頼を失い始めたアリッサはレズリーのボートを使って海外に逃げる事を考えます。

レズリーからボートを借りると嘘をつき、ボートの鍵をだまし取ろうとする2人でしたが、テレビの情報から2人が殺人事件の容疑者であることを知っていたレズリーは嘘を見抜き、もう少しここにいるようにと強要します。

事件の際に何があったのかを聞くふりをして、報奨金目的で警察に通報するレズリーの足をナイフで刺すアリッサ。

トレーラーハウスの外で待ち構えていたユニスが突入し、2人に投降を求めます。

アリッサを守るため全ての罪を引き受けて投降しようとするジェームスでしたが、同じ刑務所に入れないことを知ったアリッサがユニスをレズリーの持っていた猟銃で殴り2人で逃亡します。

通報を受け、武装警官とテリーが現場を取り囲み、2人の旅の終わりが近づいていました。

ジェームスはアリッサの罪を引き受けるため、猟銃でアリッサを殴り倒し、1人で逃走します。

警察官たちの制止の声が聞こえる中、ジェームスは18歳の誕生日、人を想う気持ちを始めて知ります。

そして、大きな銃声が鳴り響きました。

海外ドラマ『このサイテーな世界の終わり シーズン1』の感想と評価

公開されるや否や、全世界で瞬く間に人気を集めた今ドラマは「ブラックコメディ」とジャンル分けされていますが、その本質は痛々しいほどの「青春」を描いています。

家出少女のアリッサは「思春期」らしい性格を持った少女で、反発心が人一倍強く、何に対しても反発します。

しかし、実際の心の中では自身の言動や行動の細部に至るまでを常々後悔しており、その心を見透かされないように次々問題を起こしていきます。

一方、殺人衝動を抱えるジェームスはこの物語の題材でもある「家出少女と彼女を殺そうとするサイコパスの旅物語」の「サイコパス」の部分に該当する少年です。

ですが、鑑賞前の想像を裏切り、殺人衝動以外は「物事の流れに身を任せる」ジェームスの方が至って常識人に見え、様々な問題を起こすアリッサをカバーしていく様子が健気に映ります。

そのジェームスは自分自身のことを「サイコパス」であると考え、殺人に身をゆだねようとしているのですが、様々な言い訳を自分のなかで使い、なかなか実行しません。

このように、今作はアリッサとジェームスと言う性別も生い立ちも違う男女の「思春期」ならではの「虚飾」と「本音」が、リアルかつ大げさに描かれており、ハッピーエンドが想像出来ない壮絶な旅路のなかで、「大人」になっていく2人に切なさを覚えます。

まとめ

海外ドラマとして1話20分弱と言う見やすい尺もあり、最終話まで一気見をしてしまうほどの作品『このサイテーな世界の終わり』。

今ドラマは大人気を受け、Netflixは既にシーズン2の制作に着手しています。

儚くも悲しい衝撃のラストの後アリッサとジェームスはどうなったのか。

2人を追う刑事ユニスは、アリッサの父レズリーは、気になる伏線の数々に続シーズンが待ちきれません。

関連記事

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

コメディ映画

映画『アンクル・ドリュー』あらすじと感想。キャストのバスケNBA選手たちの紹介も

映画『アンクル・ドリュー』は、11月9日(金) 全国ロードショー! バスケットNBAの人気プレイヤー、カイリー・アービングが、老人に扮してストリートで勝負をする――という、アメリカで人気を博したペプシ …

コメディ映画

中村友則映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。大迫茂生の演技力が輝く個性的な存在感

映画美学校出身である中村友則監督の映画『ケイタネバーダイ』は、12月15日から池袋・シネマロサにて初上映となります。 暴力と不条理に満ちた現世、夢も希望もない来世、漂流し続ける主人公ケイタが選んだ道は …

コメディ映画

映画『ホタルノヒカリ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2004年からのコミックスを原作にし、ドラマは第2シーズンまで放送された綾瀬はるかの代表作『ホタルノヒカリ』。 “干物女”という主人公・雨宮蛍という人物をそのまま一個で表したワードは、流行語大賞にノミ …

コメディ映画

【ネタバレ】パディントン2|映画あらすじ感想と結末ラスト評価解説。感想おすすめ作品が描く“小さなクマの紳士”の新たな冒険!

あの愛すべき小さなクマの紳士が帰ってきた! マイケル・ボンドによる人気児童文学「パディントン」シリーズを実写映画化し、好評を博した『パディントン』(2016)。 その続編となる実写映画化・第2弾作品が …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学