Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/10/10
Update

映画『バーバラと心の巨人』感想と結末の考察。想像力はホラーに通じる|SF恐怖映画という名の観覧車18

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile018

前回のコラムの次回予告では、今週はゾンビ映画を題材としたコラムを執筆する予定でした。

しかし、一足先に鑑賞した映画がとても興味深い映画でしたので、予定を変更し今回は2018年10月12日(金)公開の『バーバラと心の巨人』についてご紹介致します。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『バーバラと心の巨人』あらすじ


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

伝説上の「巨人」が実在することを信じ、街や家族を守るために森や浜辺に罠を仕掛け警戒する少女バーバラ(マディソン・ウルフ)。

「巨人」に対する知識と熱量とは裏腹に、学校では「変人」扱いされ、教師からは素行不良で呼び出される毎日を過ごしています。

そんなある日、バーバラのもとに、新任カウンセラーのモル(ゾーイ・ソルダナ)と、イギリスからの転校生ソフィア(シドニー・ウェイド)が現れ…。

『I KILL GIANTS』


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

本作の原作となったのは日系イラストレーター、ケン・ニイムラによるグラフィックノベルである『I KILL GIANTS』。

アメリカで出版された後に世界各国で出版されたこの作品は、2012年に日本の外務省主催の国際漫画賞にて最優秀賞を受賞するなど、世界各国で評価を集めました。

日本では公開前から話題に


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

本作は日本ではまだ未公開でありながら、SNSを中心に「あること」で話題になっていました。

それは、「日本版と海外版とのポスターの表現の違い」です。

アメリカにおける『バーバラと心の巨人』のポスターが「巨人にハンマーを持って立ちはだかるバーバラ」が映されているのに対し、日本版は「ポップな背景の前にウサミミを頭につけた少女が空を見上げている」というポスターだったことが広く拡散されていました。

しかし、議論の対象となっていた本国版と日本版のポスターの差異でしたが、結論から言ってしまえばどちらも間違いではありません。

「巨人」との戦いと「現実」との戦い


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

バーバラは物語の中で、大きく分けて2つのものとの戦いを迫られます。

1つはバーバラが1人で研究し、戦い方を考え抜いてきた「巨人」との戦い。

そして、もう1つは「巨人」との戦いに執着するあまり、おざなりにしてきた「現実」との戦い。

一般的な作品では、この2つの戦いは別々のものとして描かれ、それぞれがすれ違いや共鳴をすることで物語に深みのある面白さをつけています。

しかし、本作ではこの2つの戦いは完全に1つのものとして描かれています。

そのため、どちらを主軸として映画を鑑賞するかにより、物語の表情がガラリと変わることになるため、「日本版と海外版とのポスターの表現の違い」の騒動こそがこの映画の「本質」に迫っているのでは、とすら思えます。

スポンサーリンク

想像力と恐怖の対象


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

本作は、ジャンルに区別するならば「ホラー」ではなく、「ファンタジー」であり「ヒューマンドラマ」です。

そのため、このコラムとは少し毛色が違った作品となりますが、ホラーに通じる要素がいくつも存在します。

「想像力」


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

全米で大ヒットした『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)のように、「恐怖の対象」の存在に気づき、そして「打ち勝つ」ことが出来るのは、成熟していない「子供」であることは、ホラーでは定番の展開です。

その理由は、様々な知識を得ることで現実を理解してしまった「大人」に比べると、まだまだ知らないことが多いからこそ豊かな「想像力」を持つ「子供」の方が、未知のものを理解し得るからに違いありません。

高い「想像力」を持つからこそ、「巨人」との関係を持つことになってしまうバーバラと言う構図は、ホラーに通じるものがあり、またその理由こそが本作の「根幹」になっていると言えます。

「巨人」


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

本作では「巨人」の存在がはっきりとは描かれてきません。

過去の文献、鳥の教えなどバーバラにとってその存在は確定的なものであれど、転校生のソフィアやカウンセラーのモルなどからすれば、バーバラの「想像の産物」にしか思われず、バーバラは孤独な戦いに身を置くことになります。

アンダース・ウォルター監督がこだわったと話す、この「巨人」の存在の不透明さによる不穏さや、「巨人」の存在を匂わす小道具の数々が本作のホラー的部分を盛り上げており、物語に独特の鬱屈とした雰囲気を与えています。

かと言ってホラーではない本作は、「巨人」との決着に誰しもの生活に密接に関係する「あること」との対峙と成長が描かれていて、鑑賞後には暖かい気持ちになる作品でした。

まとめ


©I KILL GIANTS FILMS LIMITED 2017

バーバラが「巨人」との戦いの果てに見つける、「目を背けていた大切な物」。

社会で生きる誰もが、バーバラのように何かと戦い、何かに目を背けて生きているはずです。

ホラーではないのにどこか「ホラー」で、それでいて人の心を繊細に描いた『バーバラと心の巨人』は、今週末10月12日(金)より劇場公開が開始。

バーバラと「巨人」との戦いの行方をぜひ劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。

また、本作の監督を勤めたアンダース・ウォルター監督のインタビュー記事を読むことで本作の「物語」をより深く知ることができます。

本作が気になる方や、劇場での鑑賞後、本作をより詳しく知りたい方はぜひ、インタビュー記事をご覧になってください。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile019では、今度こそ『ゾンビ』や『28日後…』などのゾンビ映画から探ることの観ることの出来る、怪物を越える恐ろしさを秘めた「人の狂気」に迫っていきます。

10月17日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

元脱獄犯が出演!ジャック・ベッケル監督作品『穴』刑務所を舞台にした人間ドラマとは|偏愛洋画劇場7

連載コラム「偏愛洋画劇場」第7幕 手に汗握る脱獄もの映画は多々ありますが、今回はその中で私が最も好きな作品についてご紹介したいと思います。 色々な意味で似たような作品は一個もない映画、フランス映画の『 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第9講「“理由”を問うこと:デイヴィドソンの観点から『ある過去の行方』を見る」

講義「映画と哲学」第9講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 第9講では、「理由」を問うことをドナルド・デイヴィドソンの観点から再考。それを踏まえた上で、アスガー …

連載コラム

映画『大綱引の恋』感想評価と内容解説レビュー。三浦貴大と知英で描く伝統行事と恋愛模様の“青春”|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録4

第16回大阪アジアン映画祭上映作品『大綱引の恋』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で16回目。2021年3月05日(金)から3月14日(日)までの10日間にわたって、アジア全域から寄りすぐ …

連載コラム

村上由規乃映画『オーファンス・ブルース』感想と評価。工藤梨穂監督の描いた希望を与える光|銀幕の月光遊戯 32

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第32回 終わらない夏、汗ばむ肌、記憶が抜け落ちていく中、彼女は幼馴染を探す旅へ出かける。 「ぴあフィルムフェスティバル2018」にてグランプリを受賞した『オーファンズ・ブ …

連載コラム

アカデミー作品賞の歴代一覧とおすすめ厳選!感動泣ける洋画の名作傑作を発表【2021年の予想のために振り返る】|映画という星空を知るひとよ46

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第46回 映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催するアカデミー賞。2020年の映画から各賞のノミネート作品は、2021年3月15日に発表される予定です。 2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学