Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Netflix映画『コネチカットにさよならを』ネタバレあらすじと感想考察。ベン・メンデルゾーンが悪役から誤算続きの中年男をユニークに演じる

  • Writer :
  • からさわゆみこ

50代半ばで仕事と妻を捨て、理想の人生をおくるはずだった誤算とは?

Netflix映画『コネチカットにさよならを』は、早期退職し仕事や、離婚後の妻や子供とのしがらみから逃れ、悠悠自適な生活をおくるはずだったイタイ中年男の物語。

主演に『ダークナイト ライジング』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で、陰湿な悪役のイメージが強いオーストラリア人俳優のベン・メンデルソーン。

自尊心だけで無計画な独身生活を選び、先の読めない情けない中年男を演じたNetflix制作のコメディ映画『コネチカットにさよならを』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『コネチカットにさよならを』の作品情報

Netflix映画『コネチカットにさよならを』

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原作】
テッド・トンプソン作『The Land of Steady Habits』

【原題】
The Land of Steady Habits

【監督/脚本】
ニコール・ホロフセナー

【キャスト】
ベン・メンデルソーン、イーディ・ファルコ、トーマス・マン、エリザベス・マーヴェル、 マイケル・ガストン、チャーリー・ターハン、ビル・キャン

【作品概要】
『コネチカットにさよならを』の監督は人気テレビシリーズ「SEX AND THE CITY」の演出や、『ある女流作家の罪と罰』(2018)の脚本をてがけたニコール・ホロフセナーです。本作は2018年第43回トロント国際映画祭でプレミア上映されたのち、Netflixオリジナル映画として配信されています。

アンドレス役のベン・メンデルソーンは、映画『君といた丘』(1987)の非行少年役でオーストラリア映画協会賞の助演男優賞を受賞したオーストラリアの俳優です。『ダークナイト ライジング』(2012)で、本格的にハリウッド映画の出演を開始しました。

また、アンドレスの元妻役はテレビドラマ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』(1999)で3度エミー賞を受賞しているイーディ・ファルコです。

映画『コネチカットにさよならを』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『コネチカットにさよならを』

アンドレスは長年勤めた金融会社を早期退職し、煩わしく感じた妻とも離婚し、主婦の多い時間帯のショッピングモールで日用品を買い込み、気ままで自由な独身ライフを始めています。

ショッピングモールで声をかけた主婦と昼間の情事に興じたあと家に帰ると、家族ぐるみでつきあっていた、アシュフォード家からクリスマスパーティーの招待状が届いていました。

一方、元妻のヘレーンは教育支援学校を経営しています。息子のプレストンは麻薬の更生施設を出所し、母親の学校で臨時講師をしていました。

アンドレスは離婚後も元家族のいる街に家を借りて住んでいるのです。

そして、何もすることがなく時間を持て余しているアンドレスは、毎年恒例になっているアシュフォード家のパーティーに出向きます。

そこでヘレーンと久しぶりに再会しますが、彼女は怪訝そうな顔をします。アシュフォード・ソフィーが招待リストからアンドレスの名前を消し忘れたからでした。

ヘレーンは「来るべきじゃない時に限ってあらわれるんだから」と、ぼやきます。

アンドレスはパーティー会場でも居場所がなく、親しく声をかける友人もいません。むしろ、周囲からはあまり快く思われていないようでした。

アンドレスがおもむろに裏庭に出ると、植え込みの陰でマリファナを吸っている若者に声をかけました。そこにいたのはアシュフォード家の息子チャーリーと友人たち。

チャーリーは彼がアンドレスだと気がつきません。両家はことあるごとに交流していましたが、子供の成長と共に親同士だけのつきあいになっていたからです。

しかし、アンドレスはアシュフォード夫妻のことを毛嫌いしています。

アンドレスはマリファナのことは黙っているからと立ち去ろうとしますが、逆にチャーリーは、両親を悪く言うアンドレスをフレンドリーにグループへ招き入れます。

そして、チャーリーはアンドレスに、マリファナの吸引機を差しだし、すすめます。アンドレスはパーティーを楽しめず、やけになってマリファナを吸ってみることにしました。

アンドレスはマリファナを吸うと、愉快な気持ちや悲しい気持ちになると言います。しかし、チャーリーから学校で手に入れた、PCP(違法薬物)の混ぜ物だと聞くと、罪悪感にさいなまれパーティー会場に戻ります。

中ではヘレーンが知った顔の男の傍らで、他の友人たちと楽し気に歓談していて、ヘレーンは今交際している人だと紹介をしました。

アンドレスはもうろうとしながらヘレーンに文句を言いますが、「自由がほしいと言い出したのはあなたで、あなたの世話をする役割はもう私ではないの」と言い聞かせます。

すると次の瞬間、裏庭からチャーリーを探していた父親が「救急車を呼んでくれ!」と、慌てて入ってきます。その肩にはチャーリーが担がれていました。

以下、『コネチカットにさよならを』ネタバレ・結末の記載がございます。『コネチカットにさよならを』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

アンドレスはプレストンと一緒に家の前をクリスマスデコレーションをしながら、チャーリーが一時的に危険な状況になったこと、両親が学校を訴えると言っていることなどを教えました。

ヘレーンの新しい彼氏のことを聞くと、同居していると教えます。アンドレスは納得いかない様子でしたが、プレストンは「もう母さんの家だし」と言います。

すると、勢いで家を譲渡すると言ったが経済的に苦しく、半年間ローンの支払いが滞ってるとプレストンに話します。

プレストンは「母さんは怒るよ。自分はどこに住んだらいいんだ?」と父親を責めますが、「おまえはもうとっくに自立している歳なんだから」と、怒りました。

アンドレスはカウンセリングで、パーティーで若い子とドラッグをやり、若者が1人搬送されたことを話すと、カウンセラーのハワードも同じ場所にいたと言い、アンドレスは気まずくなります。

アンドレスはチャーリーの見舞いに行きます。チャーリーが仕事を辞めた理由を聞くと「生活のためだけに働くことが虚しくなって、妻のことや果てしない通勤時間に耐えられなくなった」と言います。

チャーリーは体裁を気にする親のせいで、更生施設に入れられると不満をもらしました。アンドレスは心配しているからだと親の気持ちを代弁しますが、逆に一緒にドラッグをしたことを責められます。

アンドレスは「ここだけの話しにしてほしい」と願い、チャーリーも告げ口する趣味はないと安心させました。

次にアンドレスは友人のラリーと会い、ローン返済の為に融資の願いを申し出ます。

ラリーは気晴らしにと彼をストリップ劇場に連れて行きます。そして、アジア料理の教室に通っていて、料理することがリラックス効果になると話します。

しかし、アンドレスは「それってイタくて虚しくならないか?」とバカにし、ラリーは「そんな考えだと視野が狭くなる」と忠告しました。

アンドレスは劇場のトイレで知り合ったバーバラと店を出て帰ります。しかし、タクシードライバーに告げた住所は元の家で、自宅ではありません。

持っていた合鍵で中に入りそこでヘレーンと恋人のドリー、プレストンが起きてきてしまい、酔っているアンドレスとヘレーンは口論になり、プレストンに送りとどけられます。

翌朝アンドレスはドリーのどこがいいんだと言いますが、彼は「ママは幸せそうだし、捨てたのは父さんだ」と、言います。

ヘレーンは教育支援学校の生徒からプレストンに儲け話を持ちかけられ、金を預けたまま返してもらえないというクレームをうけます。

ヘレーンはプレストンを探しに心当たりの場所に行くところに、アンドレスが不法侵入の件で謝罪に来ます。2人はポーカー賭博をしていたプレストンをみつけ、彼はあっさり認めます。

ところが増やして返すつもりと悪びれることなく言い、家のローンが半年滞納になっていることも話してしまうのです。

プレストンは支援学校をクビになり家も追い出され、アンドレスを頼りましたが、ヘレーンの意見を立て、自立させようと拒否します。

そこに今度は、更生施設行きを嫌がるチャーリーが逃げ込んできます。

アンドレスはチャーリーの両親に連絡しようとしますが、彼はどこで聞きつけたのかパーティーの晩のことを知っていて、快く思っていないと教えます。

アンドレスはチャーリーの両親の反応を気にします。嫌いな人間にどう思われようと関係ないとチャーリーは言います。

更にチャーリーはヘレーンとバリーが再婚することも口走ってしまい、アンドレスは2人でドラッグをやりにマリーナへと向かいます。

クルーザーの中でチャーリーは、アンドレが褒めてくれた自作の小説の結末を話します。

実験で死んだ“宇宙犬ライカ”の鼓動を聞いたという博士は言ったが、その鼓動はライカを無駄死にさせたという良心が聞かせた自分の鼓動だった。と、いう内容でした。

アンドレスはその話と自分を重ね合わせ、プレストンが自分に興味がない理由は、親の価値観を押しつけ傷つけたせいだと考えます。

チャーリーは「親は常に子供を心配していないと、親失格だと思い込んでる。」と、言います。

するとアンドレスは突然、チャーリーを家まで送ると言い出し、チャーリーはアンドレスに嘘をつき、どこかへと逃げてしまいました。

酒屋でバイトをしながら、車上生活をおくるようになったプレストンは、アシュフォード宅の配達に行きます。ソフィから食べ物や入浴の世話を受けた上に、多額のチップをもらいます。

封筒には、幼い頃のプレストンとヘレーンの写真が同封されており、それを見たプレストンは母に電話をして、詫びの伝言を入れるのです。

偶然、同級生の家へ配達に行くと彼は事業に成功し結婚をし、まもなく子供も生まれると話しました。そして、家も自分で買ったといいながら、酒屋で働くプレストンを見下します。

プレストンは惨めな気持ちになった上、車は故障し配達ができなくなります。彼はやけになり、その酒瓶を線路に置いて列車にひかせ割ってしまいます。

そして、ふらふらと森の中をさまよっていると、木の根元に横たわっているチャーリーの姿をみつけました。

アンドレスはチャーリーの葬儀にも出ず、現実逃避のために家から1時間のホテルで寝泊りをします。

プレストンはクリスマスディナーに招待されない父を少し哀れんでいました。そして、ホテルへ会いに行きます。アンドレスはヘレーンに、家の譲渡申請書を送る準備をしていました。

プレストンは直接、手渡した方がいいと提案をし、アンドレスは意を決してヘレーンの家に向かいます。そして、それが最初で最後の修羅場となりました。

書類を渡して帰ろうとするアンドレスを、ディナーに来ていたアシュフォードがみつけ、中へと招き入れます。

ソフィーは第一発見者となったプレストンが、森にいた理由を追求し始めたのです。なぜなら2人が一緒にドラッグをしていたのではないかと疑っていたから。

息子の潔白を証明するためにアンドレスは、チャーリーがドラッグで倒れた晩のことから、チャーリーが死ぬ前夜のことまでを告白します。

アンドレスが即座に連絡していれば避けられた死でした。そのことで激怒したソフィーは、ヘレーンがドリーと2年前からつきあっていたことをバラしてしまいました。

ヘレーンとソフィーの友情は破れ、彼女は同じ街にいられなくなります。ドリーとの結婚を機に思い出の詰まった家を売却し、住み馴れた土地を離れることになりました。

プレストンは大学院へ通うために一人暮らしを始め、アンドレスはラリーと同じ料理学校へ通い、ストリップ劇場で出会ったバーバラと付き合い、チャーリーのカメを飼いました。

スポンサーリンク

映画『コネチカットにさよならを』の感想と評価


Netflix映画『コネチカットにさよならを』

邦題になっているコネチカットは金融と教育の都市といわれる州で、こじんまりとした自然も豊かで住みやすい地域です。

主人公のアンドレスも金融関係の仕事をし、ヘレーンは教育機関の仕事でした。経済的にもゆとりのある世帯が暮らしていて、生活水準は高めといえます。

無計画と自己顕示欲

主人公のアンドレスには妻の理想と言い分を聞き、毎日長時間をかけて仕事に出かけ、生活を支えてきた自負がありました。

アンドレスが離婚や仕事を辞めたの理由を聞かれても、明解な理由を言えないのは、妻に対する衝動的な不満であとに引けなくなったからでしょう。

きっかけは些細なケンカが原因で、アンドレスには隠居後の生活ビジョンなどまったくなかったのです。残ったのは意地と見栄だけで、未練たらたらなのです。

チャーリーと意気投合したのも、自己主張や自己顕示欲の強いところが似ていて、認められないとやけになってしまうからだと思われます。

アンドレスの何をやってもパッとせず、言い訳や見栄が観ていてとにかくイタイタしいのです。

狭い街で完結する生活

この映画を観て、本当にしたたかだと思ったのはヘレーンです。夫が時間をかけて通勤する間に、ドリーとの関係を深めていて、ソフィーと秘密を共有していたからです。

そして、彼女のちょっとしたわがままで、アンドレスが勝手にキレて離婚につながったのですから、面倒が省けたと思ったに違いありません。

ヘレーンにとっては、職場も自宅も地元という根付いた生活でしたから、周囲とのコミュニケーションも完璧です。

一方、アンドレスは妻主導の近所付き合いに合わせるだけで、自分で構築したわけではありません。ですから、彼女の言い分でアンドレスが悪者になってしまうのも簡単だったのです。

まとめ


Netflix映画『コネチカットにさよならを』

「コネチカット」とは、アンドレスにとって愛する妻と息子のいる場所で、ヘレーンにとっては自分のこだわりと思い出の詰まった家がある場所の象徴でした。

つまり、『コネチカットにさよならを』は、バラバラになった家族が新しい人生を歩むためには、“愛着”や“住みやすさ”のようなものを、一切捨てることから始まるのだということを、コミカルかつシニカルに表現している映画です。

関連記事

コメディ映画

映画『だれもが愛しいチャンピオン』感想とレビュー評価。ラストの展開に描かれた障がい者から教わる健常者の可能性

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)よりロードショー! プロバスケットボールチームのコーチを務めた男が、ひょんなことから知的障がい者のバスケットボールチームを預かることに! …

コメディ映画

『テッド』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

イジメられっ子のジョンは、クリスマスのプレゼントに贈られたテディベアのテッドと友だちになりたいと神様に祈りを捧げ、なんと!翌日テッドに魂が宿ります。 親友になった2人ですが、あれから27年が過ぎるとジ …

コメディ映画

映画『ミックス』主題歌の歌詞と発売日は?【SHISHAMO/サボテン】

2017年10月21日より全国公開される映画『ミックス。』。新垣結衣と瑛太のダブル主演で話題が大きい作品。 今作『ミックス。』の主題歌&挿入歌を3ピースロックバンド「SHISHAMO」が担当することが …

コメディ映画

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』ネタバレ感想。サルマン・カーン主演のインドとパキスタンを繋ぐエンタメ作品

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、『ダンガル きっと、つよくなる』(2009)『バーフバリ 王の凱旋』(2017)に次ぐ、インド映画の世界興収歴代No.3を継続中と大ヒット作品です。 熱い …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学