Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/04
Update

映画ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャーのネタバレ感想と評価|邦画特撮大全44

  • Writer :
  • 森谷秀

3戦隊19ヒーロー集結! 史上最大の「VS」が幕を開ける!
Vシネクスト『ルパン レンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』。

2つの戦隊のぶつかり合いを描いた意欲作『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(2018~2019)。

2019年のゴールデンウィークに彼らが帰ってきました。さらに総勢12人のヒーロー『宇宙戦隊キュウレンジャー』も一緒に帰ってきました。

今回の邦画特撮大全はVシネクスト『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』を特集します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』の作品概要


(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

【公開】
2019年5月3日(日本映画)

【監督】
加藤弘之

【脚本】
荒川稔久

【キャスト】
伊藤あさひ、濱正悟、工藤遥、結木滉星、横山涼、奥山かずさ、元木聖也、岐洲匠、岸洋佑、山崎大輝、大久保桜子、榊原徹士、南圭介、田口翔大、中井和哉、小野友樹、大塚明夫、M・A・O、神谷浩史、三ツ矢雄二、釘宮理恵、國島直希、アイクぬわら(超新塾)、松本寛也、温水洋一

【作品概要】
スーパー戦隊VSシリーズの第25弾で、『快盗戦隊ルパンレンジャーVSパトレンジャー』(2018~2019)と『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017~2018)の共演作品となっています。本来はVシネマのため期間限定での上映となります。2019年8月21日にDVDとブルーレイが発売予定です。

映画『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

夜野魁利/ルパンレッド、宵町透真/ルパンブルー、早見初美花/ルパンイエローの3人は、並行宇宙から現れたホシ☆ミナトになぜか誘拐されてしまいました。

偶然その現場に朝加圭一郎、陽川咲也、明神つかさらパトレンジャーの3人も居合わせてはいましたが、平行宇宙から現れたラッキー/シシレッドに邪魔されてしまいます。現場に残されたのはホシ☆ミナトのギターだけ……。

圭一郎は公務執行妨害でラッキーを逮捕してしまいます。

ラッキーは自分たち宇宙戦隊キュウレンジャーが倒した強大な敵ドン・アルマゲの影武者であるドン・アルカゲを追って、この世界にやって来ました。

しかし圭一郎はそんなラッキーの話を信じようとはしません。

ホシ☆ミナトはルパンレンジャーの3人が働くビストロ『ジュレ』に電話をかけ身代金を要求します。

しかし要求した身代金はなんと15万円。怒った魁利たちの前に、ナーガ/ヘビツカイシルバーとバランス/テンビンゴールドの“怪盗BN団”が現れます。

ナーガたちはホシ☆ミナトのギターを追っていました。そこで快盗戦隊ルパンレンジャーと怪盗BN団は手を組むのです。

魁利は声を変えてジュレに電話し、身代金1億円、ホシ☆ミナトのギター、そしてパトレンジャーたち国際警察が所有するルパンコレクションを要求します。

しかしその取引現場に3つの金庫を持ったステイタス・トリプルのギャングラー、リルス・ピッグが現れます。

魁利たちルパンレンジャーの3人は手元にあったVSチェンジャーとトリガーマシンを使い、なんと警察戦隊パトレンジャーに変身。

リルス・ピッグと戦うのですが、いつもと使い勝手が違うため苦戦。リルス・ピッグを取り逃がしてしまった上、

ホシ☆ミナトのギターも奪われてしまいます。

ラッキーを追って宇宙戦隊キュウレンジャーのメンバー、スティンガー/サソリオレンジ、スパーダ/カジキイエロー、ハミィ/カメレオングリーンの3人もこの世界にやって来ていました。

3人は独自にホシ☆ミナトのギターを追い、リルス・ピッグのアジトへ辿り着きます。なんとリルス・ピッグはドン・アルカゲと手を組んでいたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ルパンレンジャーとナーガとバランスもリルス・ピッグのアジトへ辿り着きました。

スティンガーたちと合流し、リルス・ピッグと交戦。ルパンレンジャーたちはリルス・ピッグが持つルパンコレクションを回収。

ルパンレンジャーはキュウレンジャーの5人と共にリルス・ピッグを撃破しました。

国連からの仲介で国際警察に現れた宇宙大統領の鳳ツルギ/ホウオウソルジャー。

彼の話もありラッキーは釈放されます。パトレンジャーの3人はラッキー、ツルギと協力してドン・アルカゲを追います。

ホシ☆ミナトのギターには星100個分もの強大な力(ハイパープラネジューム)が宿っていました。

ドン・アルカゲが求めていたのもその力です。ハイパープラネジュームを浴びて、ドン・アルカゲは強大な力を手に入れてしまいます。

しかしその最中にラッキーがアルカゲの腰にしがみついたことで、腰には十分にプラネジュームが行き渡らず弱点となりまし
た。

そして最終決戦。12人全員が揃った宇宙戦隊キュウレンジャー、警察戦隊パトレンジャー、快盗戦隊ルパンレンジャー、そして何故か居合わせた動物戦隊ジュウオウジャーの門藤操/ジュウオウザワールド。

20人のヒーローが力を合わせてドン・アルカゲに向います。

ラッキーが作った弱点が功を奏し、強大な力を持ったドン・アルカゲを20人のヒーローが撃破するのでした。

スポンサーリンク

映画『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』の感想と評価


(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

本作品の公開時、マーベルヒーローが揃い踏みした映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開中です。

それに対抗したのかどうかは判りませんが、本作『ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー』には20人のヒーローが勢ぞろいしました。

登場する20人のヒーローたちはそれぞれ個性が強烈なため、本作はまるでキャラクターの大洪水のような作品になっています。

脚本を務めたのは数多くのスーパー戦隊シリーズに参加している荒川稔久

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』『宇宙戦隊キュウレンジャー』の2作ともに参加しています。本作の監督を務める加藤弘之も同様に2作ともに参加しています。

そのため本作はファンサービス満載の展開や描写がふんだんに取り入れられています。

まず冒頭のルパンレンジャー3人とナーガとバランスの怪盗BN団の合流。“快盗”と“怪盗”とうこともあり、シンパシーを感じたという展開です。

一方のパトレンジャーは朝加圭一郎とラッキー、それぞれの信念を持つ2人のレッドのぶつかり合いを軸に話が展開していきます。

このようにそれぞれの戦隊の特徴や共通点を用いて、破綻と無駄のない構成になっています。

魁利たちルパンレンジャーの3人がパトレンジャーに変身する場面や、あくまで妄想内ですが料理人同士である透真/ルパンブルーとスパーダ/カジキイエローの共演などの、細かいファンサービスもあります。

またスーパー戦隊VSシリーズの定番“恐竜や”(『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場するカレー店)もしっかりと登場します。

まとめ


(C)2019 東映ビデオ・東映AG・東映 (C)2018 テレビ朝日・東映AG・東映

主要人物が20人も登場する本作ですがそれぞれの見せ場もしっかり用意されている上、破綻のないシナリオ・演出となっています。ファンの方は必見でしょう。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、夏にはまだ少し早いですが特撮ホラー映画『マタンゴ』(1963)と『吸血鬼ゴケミドロ』(1968)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ランボー2怒りの脱出』ネタバレあらすじと感想評価。スタローン主演で戦争アクションの代名詞へ|すべての映画はアクションから始まる19

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第19回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

2020年映画ランキングベスト5:新型コロナ感染の影響で危機に見舞われた年に記憶に残った作品を厳選!《シネマダイバー:松平光冬選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー松平光冬 新型コロナウィルス感染拡大の影響により、あらゆる業界がダメージを受けた2020年。作品上映の延期・中止や劇場の休館・閉館など、 …

連載コラム

映画『死体語り』あらすじと感想。ラストまで考察させる心理的ホラーの魅力|SF恐怖映画という名の観覧車72

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile072 大好評開催中の「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」。 当コラムでは今週もイベント内で上映される作品のご紹介をさ …

連載コラム

Netflix映画『プロジェクトパワー』ネタバレ感想と考察評価。”超能力”によってスーパーヒーローと麻薬捜査の魅力を引き出す|SF恐怖映画という名の観覧車116

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile116 「バットマン」や「スーパーマン」、そして近年では「アベンジャーズ」シリーズなど漫画の中だけでなく映画界でも長年、超能力を持った「ヒーロー …

連載コラム

『ペットセメタリー』と映画化したスティーヴン・キング作品を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車84

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile084 新年も2週目となり、学生から会社員の方まで多くの人が新たな年の平日を過ごし始めていると思います。 2020年の新作映画の公開が続々と始ま …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学