Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ソウル・バイブス』ネタバレ結末感想と評価解説。韓国映画おすすめで描かれたカーチェイスアクションの真の魅力とは⁉︎|Netflix映画おすすめ109

  • Writer :
  • からさわゆみこ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第109回

今回ご紹介するNetflix映画『ソウル・バイブス』は、1988年の韓国のソウルを舞台に、国家上層部の不正蓄財を摘発に躍起な検察は、上渓洞 (サンゲドン) 最強ドリフトチームに白羽の矢を立てます。

アメリカンドリームを夢見る彼らのカーチェイスと、1980年代後期のポップでレトロなファッションや文化、音楽が見どころのアクションサスペンス映画です。

監督は『ハナ 奇跡の46日間』(2013)、『王様の事件手帖』(2018)のムン・ヒョンソンが務めました。

作中に登場には1980年代を代表とする、レトロな車種、映画タイトル、ヒップホップがあり、各々の愛好者にはたまらない作品となっています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ソウル・バイブス』の作品情報

(C)2022 Netflix

【公開】
2022年(韓国映画)

【監督・脚本】
ムン・ヒョンソン

【原題】
Seoul Vibe

【キャスト】
ユ・アイン、コ・ギョンピョ、イ・キュヒョン、パク・ジュヒョン、オン・ソンウ、ムン・ソリ、オ・ジョンセ、キム・ソンギュン、チョン・ウンイン、ソン・ミンホ

【作品概要】
主役のドリフトの名手、ドンウク役には『アンティーク 西洋骨董洋菓子店』 (2008)、『声もなく』(2022)のユ・アインが務めます。

共演にはDJジョン役には『コインロッカーの女』 (2018)のコ・ギョンピョほか、ジュンギ役の映画初出演の歌手オン・ソンウ、ドンウクをライバル視しているカルチ役の韓国のラッパー“WINNER”のソン・ミノが出演しているところにも注目です。

また、裏金工作を目論む女ボスのカン役には、『オアシス』(2019)、『三姉妹』(2022)の演技派女優ムン・ソリが演じます。

映画『ソウル・バイブス』のあらすじとネタバレ

(C)2022 Netflix

1988年8月12日、サウジアラビアの砂漠を爆走する1台の改造車。助手席では仕事の記念にとビデオカメラを回し、集中しろとドライバーは叫びます。

砂丘を越えると寂れたガソリンスタンドで、そこには雇い主の韓国人が待っていました。若いドライバーとその相棒は、運び屋で依頼品を運んでいました。

その日、運んだ物は何十丁もある銃でした。“所長”と呼ばれる依頼主が、ドライバーの若者に“デイトナ・コンチネンタル”のポスターを渡すと、彼は目を輝かせて喜びます。

相棒が“デイトナ・コンチネンタル”の出場がドンウク兄貴の夢だというと、所長は出場するためには、金を稼がなければと言います。

そして、アメリカで稼ぐことは大変だが、ドンウクの運転の腕を買っている所長は、いつでもサウジアラビアへ帰ってくるよう言い、無謀な運転ばかりをする彼を心配し労いました。

ドンウクたちは運び屋をして、ある程度の資金を貯め「韓国、ソウルに帰るぞ」と意気込み帰国しました。

1981年に韓国は首都ソウルでのオリンピック招致に成功し、1988年9月の開催に向け盛り上がっていました。

ドンウクと相棒のジュンギが空港に降り立つと、すでにオリンピックムード満載でした。彼らを迎えに来たのが、昔の仲間でタクシードライバーのボンナム兄貴です。

荷物をトランクに入れていると、スーツ姿でサングラスをかけた怪しい男たちが、ドンウクの名を叫ぶと、とっさに警戒したドンウクは、荷物をほとんど置いたまま逃走します。

しかし、彼らの故郷の上渓洞(サンゲドン)はオリンピックの開催を機に、再開発される特別区となり、家屋は取り壊されて見る影もありませんでした。

開発に反対する一部の住人が抵抗して残るだけで、ゴーストタウン化していました。街に入るドンウク達が乗ったタクシーを双眼鏡で目視する男がいます。

背後からは追跡してきたスーツの男達の車もあります。双眼鏡でドンウクを確認した男は、彼をライバル視しているカルチで、2人の弟を率いて赤い車で接近します。

カルチはドンウクにチキンレースに挑みます。しかし、ドンウクは衝突を回避するかのように、華麗なドリフトテクニックで周囲を砂埃をおこし、それに紛れて謎の男達とカルチをまいて去ります。

ドンウクたちは“デヒョン・パンク”と名付けた整備工場に到着しました。そこに1台のバイクが颯爽と現れます。

ヘルメットを外し「兄さん!」と、駆け寄ってきたのはドンウクの妹ユニです。ドンウクはユニがバイクを乗り回すことに反対でしたが、ユニは“バイクの女王”だと得意げです。

デヒョン・パンクには、レトロカーのポスターや工具、ポップに彩られたスケボー、シーリングファンなど懐かしいものであふれていました。

ドンウクは飾っておいた“ヒュンダイ・ポニー”に乗り込むと、父や母、ユニと撮った昔の写真を感慨深くみつめます。

そこにもう1人ドンウクを迎える者がいました。デヒョン・パンクをDJをしながら、開発の手から守っていたウサムです。

久しぶりに面子が揃いますが、ウサムとドンウクは趣味が合わず、食い違いますが焼肉パーティーが始まります。

ところがそこに追いかけてきた、スーツの集団がシャッターを叩きます。彼らは検察の捜査員達でした。

ドンウクが「抜け目のない奴」と言うと、検事のアン・ピョンウクが現れます。アン検事は口の悪さは昔のままだが、運転の腕は認めると言います。

検事は不正に国内に持ち込んだ海外製品を見ながら、ドンウクが稼いだドルの札束を広げ、アメリカとの違法取引に関与した他、不法就労、外国為替管理法違反と追及します。

ドンウクだけではありません。ユニは違法改造、ボンナムは税金逃れなどなど、仲間たちにも違法性があると手錠をかけます。

検事はこのままだと出国禁止でアメリカになど行けないが、行かせることもできると言うと、「一人の男が世界を変えられる」ドンウク達の才能を認めます。

そして、検事は一緒に仕事をしようと持ちかけます。ドンウクは検察のスパイになることだと察し、どんな内容なのか聞くことにしました。

検察が追っている高利貸業界の大物であるカン・インスクという女会長、保安司令部の元少佐でカン会長の側近をしている、イ・ヒョンギュン室長の写真を見せます。

彼らは前政権の裏金を管理している“悪党”だが、最近、手下の運び屋が一斉検挙され、新しい運び屋を探しているという情報を得ました。

アン検事はドンウクのチームに、運び屋として潜入し、情報を探ってほしいと言います。目的はカン会長とイ室長の逮捕だけではなく、元政権の不正を暴くためだと説明します。

運び屋になるためには“テスト”があり、それが翌日に迫っていました。アン検事はテストに合格したら、サウジの件は見逃すと言います。

さらに裏金の帳簿をみつければ、過去の罪状も削除すると条件をだしますが、ドンウクは物足りないと言い、合格したら全員のビザを用意すれば信じると条件に加えます。

一発当てたい凄腕のドライバーが集結。テストのルールは映画のフィルム缶を受け取り、制限時間10分以内に南山ホテルに配達するというものです。

アン検事が残していった公用車をテスト用に改造し、ドンウクはドライバーシートに座ると、“一人の男が世界を変えられる”と書かれた、ナイトライダーのカードをみつけ、ニヤリと笑います。

カン会長が前大統領に新しい運び屋のテストのことを話すと、オリンピックが終われば捜査が入ると、裏金の運び出しを急ぐよう指示します。

以下、『ソウル・バイブス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ソウル・バイブス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2022 Netflix

テストにはドンウク、ジュンギ、ボンナムのチームが乗るヒュンダイ・グレンジャー、キア・プライドといった韓国車やBMWなど、名立たる名車の中にカルチ兄弟も参加します。

チームにはそれぞれ違うタイトルの映画フィルムが手渡され、ドンウクたちは“ラ・バンバ”を届けることになりました。

市街を走るチームは近道を探し、人を避け激走しますが、ドンウクの腕に勝るものはなく、難なく一位で到着します。

ユニもホテルに合流すると、ドンウクたちはペントハウスに案内されます。部屋ではダンスパーティーが行われ、ウサムはそこにDJとして潜入していました。

しばらくすると部屋にある女性が現れます。それがカン会長で、ドンウクたちに「おめでとう。1等賞ね」と、声をかけます。

そして、今後はイ室長から指示をうけるよう告げ、別室で仕事の話がはじまります。秘書が規則の説明をし、仕事の内容に入ります。

裏金の運搬は全部で10回で、1回1000万ウォン、完了すると1億ウォンになる報酬です。ユニやジュンキは高額な報酬に満足げですが、ドンウクは不満を言います。

カン会長はドンウクの度胸を認め、5回目までは1000万ウォン、それ以降は1人につき1000万ウォンにすると提示し話をつけました。

有頂天になった5人に、イ室長は上着の下に隠した拳銃を見せます。それでも浮かれる5人に、イ室長は危険な仕事という自覚を持たせるため、彼らの車を燃やします。

運び屋の仕事道具を燃やされたドンウクたちは、アン検事のところに行くと、押収された高級車が保管されている、国庫に連れていかれ、高級車以外なら選んでいいと言います。

アン検事の正義感は前政権の裏金保有は許しがたく、暴くことに情熱をもっていました。彼の上司はその情熱が仇にならないか心配していました。

ドンウクたちは押収車から2台を選びますが、あと1台欲しいとシートのかけられた車両に目をつけます。

それはアン検事の自家用車でした。彼らはそれも調達し、運搬仕様の改造車を造って、最初の運搬を開始します。

カン会長の秘書はチームを連れて、とある寺院の本堂へ連れて行きます。その本堂の宝物庫こそが、裏金の隠し場所でした。金で指示のあったものを購入してくるよう言われます。

行く先々で警察が現れるとドンウクがぼやくと、アン検事は現政権は前政権の裏金を吐き出させようと躍起で、警察の動きも活発になっているといいます。

一方、ウサムはホテルに運び込まれた、裏金で購入してきた物の中に、金の仏像や調度品があり、ペントハウスには隠し部屋もあると報告します。

そこに裏帳簿があると推理しますが、検事は深入りせずに様子だけ見ていろと忠告します。そして、配達もあと数回で終わるとドンウクはいいます。

(C)2022 Netflix

残すところあと1回になったある日、ドンウク達は街中でカン会長と会い、秘書からマンションの権利書をボーナスでもらい、再び舞い上がって羽目を外します。

テレビのニュースで羽目を外した彼らの様子が放映されたり、ユニとボンナムはオリンピック特別番組の中継を見に行こうと出かけてしまいます。

最後の配達はその日の午後3時からでしたが、ユニとボンナムは帰らず、ドンウクとジュンギだけで出発しますが遅刻は確定の上、走行を阻むトラックが現れます。

それはイ室長と部下達で、ユニとボンナムも彼らに拉致されていました。室長はユニのこめかみに銃をあて、「誰に会っていたんだ」と脅します。

ドンウクは代わりに自分を殺すよう、ユニを助けようとして何も言いません。仲間達も何も言いません。イ室長は引き金を引きましたが、それは水鉄砲でした。

イ室長は口の堅さを試すテストだったと笑いますが、カン会長の言うことを鵜呑みにして、羽目を外して仕事をおろそかにしないよう釘を刺します。

夕刻、カン会長は後援会の人物と会い、将軍様(前大統領)と検事総監も出席する会食が始まるといいます。ところが従業員たちに扮したスパイが、会食会場に盗聴器を設置します。

一方、ウサムは秘書と親密な関係になり、隠し部屋の鍵の型を取ります。しかし、この件で命の危険を感じたドンウクは、アン検事にこの件から降りると訴えます。

アン検事は国民の血と汗の金を平然と、もぎり取る国家を叩き潰したいという志を話しますが、アメリカで叶えたい夢のあるドンウクには響きません。

ドンウクは仲間を説得しサウジアラビア船に乗って、韓国を出国しようとしますが、ウサムは隠し部屋から、裏帳簿を探し出すことに意欲を燃やします。

結局、仲間達もドンウクの言い分に納得せず、彼抜きでカン会長達の野望を暴く作戦を続行し、アン検事にそのことを伝えます。

ユニは客室係になって隠し部屋に潜入し、裏帳簿を探し出すことに成功します。ユニが偽者だと気づいた責任者は彼女を追いかけ、それをドンウクが助けて結局、作戦に合流します。

しかし、ドンウクの車両にはイ室長が仕掛けた盗聴器があり、裏でアン検事が情報を受けとっていることを知られてしまいます。

イ室長はカン会長にドンウク達を始末すると言って去り、カン会長は秘書に残金を米ドルに換金し、持ち出しやすくするよう命じます。

裏帳簿を手に入れたウサムとドンウクは、アン検事の事務所に行くと、室内が荒らされ検事の姿はなく、検事の席にはドンウク達のパスポートが用意されています。

事務所を出て帰ろうとした時、上階から人の呻き声が聞こえ、ウサムが様子を見に行き、ドンウクが駐車場に戻ると、駐車していた車の上に瀕死の検事が落下してきます。

アン検事は自分の車のキーを渡し、逃げるよう言って息を引き取りました。みつかったウサムも逃げてきますが、イ室長の手下に捕まりまってしまいます。

ドンウクは命からがらデヒョン・パンクに帰りますが、そこも焼き払われたあとでした。

ウサムは拷問を受け帳簿のありかを追及されますが、口を割りません。カン会長は斬り落とした秘書の右手をウサムに見せ脅しますが、それでも言いませんでした。

ドンウクはアン検事の車でカセットテープの音声をみつけます。そして、検事部長を呼び出し、金は一銭たりとも奴らの手に渡さないと誓い、テープを部長に渡します。

そして、検事が命がけで暴こうとしたことを成し遂げる手伝いをして欲しいといいます。

ホテルの搬入口でドンウクたちは、イ室長達のトラックが入って行くのを確認すると、彼らは金製品や調度品を詰めた箱をトラックに積み込み、どこかへ運び出して行きます。

ドンウクはトラックの荷台にしがみつき、その後をジュンキとボンナムが追跡します。

到着したのは裏金のあった寺院で、カン会長にオリンピックの開会式に紛れて届けると報告します。

隠れ家に移動したイ室長を追いかけたドンウクは彼に帳簿を渡しますが、もう用無しだと投げ捨てられます。しかしドンウクは切り札があると、ウサムを連れてくるよういいます。

イ室長はウサムを蔑むとドンウクは、彼に主人に捨てられても気づかない、浅はかな男だと哀れみ、テープの内容を聞かせます。

そこにはカン会長と将軍様が検察総長や後援者たちとの会食で、イ室長を捨て駒にするといって嘲笑している内容でした。

イ室長は怒り狂ってカセットデッキを破壊しますが、カセットテープのコピーは量産していると告げ、自分達と手を組んでカン会長を破滅させようと持ちかけます。

ドンウクはカルチにエアジョーダンを餌にして、車の改造場所を貸すよう協力させます。

そして、オリンピック開会式当日・・・ドンウクはオリンピック仕様に塗装したピックアップトラックで出発します。

ユニはウサムを救出しに向かい、ドンウクは荷物を積み込み、室長の部下が助手席に乗り込みます。

空港へ向かう高速に入ると、部下を道路に投げ出し高速道路を爆走します。その異変にイ室長は、ドンウクに騙されたと気づきます。

双方のカーチェイスで室長の追跡を巻くと、ドンウクはオリンピックパレードの列に紛れ込みます。

そして、カルチの車両を見つけると、エアジョーダンを履いているカルチに激怒し、イ室長達にみつかってしまいます。

ドンウクは煙幕を発射するよう命令しますが、へそを曲げたカルチは“兄貴”と呼べば聞いてやるといい、ドンウクはその屈辱を受け入れ煙幕をまかせます。

カン会長がいる空港の専用滑走路に到着したドンウクは、イ室長とのカーチェイスに勝ちますが、非常事態の報告をうけたカン会長は、ドルを持って飛び立つ寸前でした。

ドンウクはハッチの開いた機体に乗り込み、ピックアップトラックに搭載した録画ビデオを作動させるとカン会長と対峙し、彼女の悪行三昧を録画し脱出します。

その時、積み込んだドルの木箱ごとひっぱりだし、共に落下しカン会長を落胆させます。ドンウクはパラシュートを開き無事、着陸することができました。

その後、カン会長は500億ウォンの資金洗浄をした容疑で逮捕され、不動産投機や脱税の容疑もかけられます。

ドンウクはアン検事の墓前にミッション成功の報告をし、“一人の男が世界を変えられる”を実現した証を残します。

そして、ドンウクはカバン一杯につめた、くすねたドルの札束を見せ「LAに行く前におしゃれしよう」と満面の笑顔をみせます。

スポンサーリンク

映画『ソウル・バイブス』の感想と評価

(C)2022 Netflix

真の民主化へのスタートライン

映画『ソウル・バイブス』は韓国の首都ソウルが五輪開催に向けて、熱狂的な盛り上がりを見せていた1988年の夏が舞台でした。

また、韓国の当時の社会情勢もベースになっています。1988年2月、国民からの強い民主化への要求に伴い、韓国では新しいリーダーが選出されました。

1988年の韓国は独裁政権から、民主主義への転換期とも重なり、自由を求める若いパワーが“国を変えた”時代でもありました

“民主主義=アメリカ”という構図で鑑みると、この映画はアメリカの人気アクション映画「ワイエルド・スピード」をモチーフにしているのでしょう。

アメリカンドリームを夢見る青年(民主化を夢見る民衆)を通し、自由を掴みとる戦いを描いたストーリーといえます。

マクドナルドやコカ・コーラは、1988年の日本では若い世代に広く親しまれていましたが、韓国では外国からの輸入に強い規制がかけられ、誰もが簡単に手に入れられる物でもなかったようです。

将軍様を揶揄したセリフに「“ハゲ”で“虐殺が特技の独裁者”」とありました。モデルとなった前大統領は民主化を弾圧した、“光州事件”で有罪になっています。

ビジュアル的にも、実にそっくりなキャスティングですし、ラストシーンに出てくる“江原道”の寺院で隠居した事実もあります。

1988年とは韓国にとって世界にその存在をアピールする“スタート年”でもありました。『ソウル・バイブス』のレースシーンでは、外国車に混じって国産車がスタートしますがそれを象徴していました。

ヒップホップとレトロの融合「ヒップトロ」

(C)2022 Netflix

1980年から1988年の大統領在任中の韓国は、学生運動や民衆のデモが起き、若い命も奪われた暗黒の時代といえるでしょう。

例えば1987年には民主化デモを行なった2人の学生が、警察の拷問や機動隊の攻撃で亡くなっています。

本作のようなポップでカラフルな風景があったのかどうか・・・少し疑問もあります?

独裁政権が終わっても音楽や映画、テレビ、ラジオなどの文化は、倫理委員会の審査を通さねばならず、海外の文化が浸透しにくかったからです。

しかし、若者の新しい文化への憧れや強い欲求が、それらを撤廃させるパワーになり1996年に廃止されました。そのことをこの作品に落とし込んだのでしょう。

そんな明暗入り混じる時代の韓国でしたが、なぜポップでレトロな演出で制作しようと考えたのでしょうか?

ムン・ヒョンソン監督は「ヒップホップな感じやレトロっぽさを出したかった」と語り、“ヒップトロ”という造語もつくりました。

映画の世界観は確かに、“日本”のバブル期80年代を思い起こさせ、特に50代以上の日本人にはなじみのある、思い出深い映像でした。

でも、当時の韓国を知る人が見たら、同じ感想になるのでしょうか?こんな未来を夢見ていた若者の心、あるいは若かりし頃の監督が抱いた夢を描いたのかもしれません。

題名の『ソウル・バイブス』は首都“Seoul”が揺れ動いた時代と、魂の“soul”がワクワクした時代という二つの意味にとれます

2022年の韓国も政権が変わったばかりで、どう国が動くのか・・・若者の力が試されているのかもしれません。

まとめ

(C)2022 Netflix

映画『ソウル・バイブス』は、独裁政権から民主政権がスタートし、ソウル五輪が開催された1988年の韓国を舞台に、旧政権の負の遺産を暴き裁いていく物語です。

そして、国や正義に無関心で、アメリカンドリーム(民主化)に夢を抱く若者が、悪に挑んで行く姿を描きます。

1988年の韓国にはアン検事のような、愛国心に溢れた若者が多かったでしょう。どちらかといえばドンウクは現代の若者に近いと感じます。

つまり、現代寄りの若者と当時の熱い正義を対峙させた、演出にしたようにも思いました。今ある多様化した文化や自由は、1980年代の若者の闘争があったからです

それを説教臭く伝えるのではなく、韓国でトレンドの「ニュートロ」(ニューとレトロ)にちなんで、広い世代にウケるエンターテイメントに仕上げてありました。

ドリフトシーンやカーチェイスは、昨今のカーアクション作品に見劣りしそうですが、ムン・ヒョンソン監督は製作面で、自由なNetflixの支援に満足感を示しています。

そして、さまざまな役柄を演じ頭角をみせている、ユ・アインが演じたドンウクの眼力の演技、ムン・ソリの凄みのあるカン会長の演技は圧巻です。

歌手から役者への道を開いたオン・ソンウ、初演技と思えないとユ・アインに言わしめた、ラッパーのソン・ミンホの存在感も大きく、豪華なキャスティングで見応え十分でした。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『死霊船メアリー号の呪い』あらすじネタバレと感想。“海洋ホラーな幽霊屋敷”的な構造に魅入られたゲイリーオールドマン!?|未体験ゾーンの映画たち2020見破録15

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第15回 様々なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。2月7日(金)からはシネ・リーブル …

連載コラム

東映映画『真田幸村の謀略』あらすじと感想。SF時代劇の解説に『真田風雲録』も合わせて紹介|邦画特撮大全58

連載コラム「邦画特撮大全」第58章 2019年8月27日(火)の夜9時からBS-TBSにて『真田幸村の謀略』が放送されます。大阪の陣で徳川家康を追い詰めた戦国武将・真田幸村。真田幸村を題材とした作品で …

連載コラム

ジェイソン・アイザックスのインタビュー【映画『ホテル・ムンバイ』の重要性を語る】FILMINK-vol.17

FILMINK-vol.17「Jason Isaacs: Why Hotel Mumbai Matters」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche …

連載コラム

映画『SEOBOK/ソボク』感想評価と内容解説。コンユとパクボゴムの共演でどこに行くあてもない“孤独の交流”を描く|コリアンムービーおすすめ指南23

映画『SEOBOK/ソボク』は2021年7月16日(金)より新宿バルト9他にて全国順次公開! 恋愛映画として歴代最高興行を達成し、全国に初恋シンドロームを巻き起こした名作『建築学概論』のイ・ヨンジュ監 …

連載コラム

映画『マヤの秘密』あらすじ感想と評価解説。ノオミ・ラパスが密室サスペンスの極限に挑む|映画という星空を知るひとよ89

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第89回 ノオミ・ラパス主演映画『マヤの秘密』が、2022年2月18日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。 「ミレニアム」シリーズ、『プロメテウス』(2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学