Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/08/31
Update

韓国映画『声もなく』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。ユ・アイン主演サスペンスはパラサイト/はちどりに続く珠玉の作品

  • Writer :
  • 星野しげみ

韓国映画『声もなく』が2022年1月21日(金)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開決定!

パラサイト 半地下の家族』(2019)、『はちどり』(2018)の系譜を継ぐ、韓国映画の新たな傑作といわれる『声もなく』。

闇の仕事を請け負う口のきけない青年と、誘拐されたものの両親に身代金を払ってもらえない少女の邂逅を描き、切なさが胸を貫く珠玉のサスペンス映画です。


(C)2020 ACEMAKER MOVIEWORKS & LEWIS PICTURES & BROEDMACHINE & BROCCOLI PICTURES. All Rights Reserved.

バーニング 劇場版』(2018)のユ・アインが新人女性監督ホン・ウィジョンとタッグを組んだ本作は、韓国映画賞を席巻。犯罪映画の常識を覆すユニークな演出と個性的なキャラクター描写で、切なさとアイロニーの入り混じる全く新しい作品となっています。

さらに韓国で最も権威のある青龍賞にて主演男優賞・新人監督賞、「韓国のゴールデングローブ賞」と呼ばれる百想芸術大賞にて最優秀演技賞・監督賞を受賞する快挙を成し遂げました。

スポンサーリンク

映画『声もなく』について

新人ホン・ウィジョン監督が手掛けた『声もなく』。

犯罪組織からの下請け仕事で生計を立てる、口のきけない青年テインと片足を引きずる相棒のチャンボク。身代金目的で誘拐された少女チョヒを1日だけ預かるはずが、トラブルに巻き込まれ、疑似家族のように一緒に暮らすことになります。

裕福な家庭に生まれ育ちますが、女児であるがゆえに家族から冷遇される少女チョヒ。

貧しさゆえに犯罪に手を染める若者たちと、出会うはずのなかった上流階級の者の巡り合わせを描き、韓国社会で生きる声なき人間たちの孤独感を浮き彫りにします。

テインを演じるのは、バーニング 劇場版』(2018)のユ・アイン。韓国屈指のスター俳優にも関わらず、新人監督の低予算オリジナル脚本作品への出演が大きな話題を呼びました。

更には、一切セリフのない演技に体重を15kg増量して挑み、ベテラン俳優たちをおさえ、青龍賞・主演男優賞と百想芸術大賞・最優秀演技賞を受賞

相棒チャンボクにはドラマ『梨泰院クラス』(2020)の悪役が記憶に新しいユ・ジェミョン。相棒であり、父や兄のような存在であるチャンボクを、絶妙なバランスでコミカルかつリアルに演じています。

映画『声もなく』の作品情報

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
Voice of Silence(英題)

【監督・脚本】
ホン・ウィジョン

【製作】
キム・テワン

【撮影】
パク・ジョンフン

【音楽】
チャン・ヒョクジン&チャン・ヨンジン

【編集】
ハン・ミヨン

【キャスト】
ユ・アイン、ユ・ジェミョン、ムン・スンア

スポンサーリンク

映画『声もなく』のあらすじ

普段は鶏卵販売をしながらも、犯罪組織から命令され死体処理などの裏稼業で生計を立てる、口のきけない青年テイン(ユ・アイン)と相棒のチャンボク(ユ・ジェミョン)。

ある日、犯罪組織のヨンソクからの無茶な命令で、身代金目的で誘拐された11歳の少女チョヒ(ムン・スンア)を1日だけ預かることになりました。

ところが、依頼をしたヨンソクが組織に始末され、ふたりは予期せず誘拐事件に巻き込まれていくことに……。

まとめ

韓国屈指のスター俳優ユ・アインが新人女性監督ホン・ウィジョンとタッグを組んだ『声もなく』。貧しさから闇の仕事を請け負って生計をたてる口のきけない青年と、両親に身代金を払ってもらえない少女の巡りあいを切なく描いた珠玉のサスペンスです。

セリフが全くない役に挑むユ・アインの演技と、新人監督が浮き彫りにした韓国社会の底辺で生きる声なき人間の孤独感は絶賛されました。

初長編作である本作で、青龍賞・新人監督賞と百想芸術大賞・監督賞を受賞する快挙を果たしたホン・ウィジョン監督。世界各国の映画祭で話題をさらった『はちどり』のキム・ボラ監督と並ぶ、1980年代生まれの女性監督がまたひとり、彗星のごとく現れました。

韓国映画『声もなく』は2022年1月21日(金)より、シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて公開!





関連記事

新作映画ニュース

アニメーションの神様の深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』公開日決定

苦悩と情熱そして創造 アニメーション作家ユーリー・ノルシュテインの深部に迫るドキュメンタリー映画『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』の公開日が2019年3月23日(土)に決定しました。 シアタ …

新作映画ニュース

ドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』あらすじ。ジャーナリスト堀潤が監督した世界の5年間とは

ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追った、「分断」された世界。 ジャーナリスト堀潤が5年の歳月をかけて追ったドキュメンタリー映画『わたしは分断を許さない』が、2020年早春よりポレポレ東中野ほか全 …

新作映画ニュース

今週おすすめ映画!上映される最新の洋画邦画の人気ランキング【2018/07/27より公開】

今週7月27日(金)より、劇場公開されるオススメの新作映画を、恒例の映画ライターさんイチオシまとめ! 「映画鑑賞するのに失敗したくない!」 「おすすめの動画配信サイトで何を見たらいいの?」などのお悩み …

新作映画ニュース

映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』4K無修正版公開日/上映館/あらすじ。セルジュゲンズブール代表作が劇場で甦る

セルジュ・ゲンズブール 没後30周年記念企画 ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版 上映されるたびに多くのファンに賞賛されてきた伝説の傑作が、約46年を経て、ゲンズブール没後30年となる …

新作映画ニュース

【大阪アジアン映画祭2020情報】上映はスケジュール通り実施!舞台挨拶とQ&Aのみ中止のお知らせ

2020年の大阪アジアン映画祭は、すべての舞台挨拶を中止へ。 2020年3月6日から15日に開催の第15回大阪アジアン映画祭。 本映画祭は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を巡る昨今の状況 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学