Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『パーキングエリア』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。吹雪によって閉じ込められた駐車場で対峙した誘拐犯【SF恐怖映画という名の観覧車160】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile160

人の良し悪しに関わらず自然による猛威はあらゆる人間に降りかかります。

冬を代表する「雪」はそんな自然の猛威の中でも特に危険であり、毎年世界の各地で大きな災害を引き起こしています。

今回は「雪」によって足止めされてしまったパーキングエリアで子供を攫った誘拐犯と対峙することとなってしまうサスペンス映画『パーキングエリア』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

映画『パーキングエリア』の作品情報


(C)2022 20th Century Studios

【公開】
2022年2月25日(アメリカ映画)

【原題】
No Exit

【監督】
デイミアン・パワー

【脚本】
アンドリュー・バラー、ガブリエル・フェラーリ

【キャスト】
ハバナ・ローズ・リュウ、ミラ・ハリス、ダニー・ラミレス、デビッド・リスダール、デニス・ヘイスバート、デニス・ヘイスバート、ベネディクト・ウォール、カースティ・ハミルトン

【作品概要】
テイラー・アダムスによる同名小説を『キリング・グラウンド』(2018)のデイミアン・パワーが映像化した作品。

『アサシネーション・ネーション』(2018)や『トップガン マーヴェリック』(2022)に出演するダニー・ラミレスや、ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」で大統領デイビッド・パーマーを演じたデニス・ヘイスバートが出演しました。

映画『パーキングエリア』のあらすじとネタバレ


(C)2022 20th Century Studios

サクラメントの禁酒リハビリ施設に入所させられるダービーのもとに、母親が脳動脈瘤で倒れ危険な状態と言う連絡が入ります。

しかし、繰り返し問題を起こしたことで施設からの出所が許可されていないダービーは、深夜に施設を抜け車を盗んで母のいる病院があるソルトレークを目指します。

山道を進む中、警察に止められたダービーは「吹雪によって山道が通行止めであり、道を戻るか少し先のパーキングエリアで待機するか」の選択を迫られます。

パーキングエリアに寄ったダービーは同じ境遇の4人の男女を目にします。

屋内にはWi-Fiがなく電波も通じていないことからダービーは駐車場で電波を探すと悲鳴が聞こえ、駐車場に停められたバンの中に拘束された少女の姿を目撃。

車のナンバーを撮影したダービーは警察への通報を試みますが圏外のため繋がりません。

呼び戻され施設内に戻ったダービーは施設内のサンディ、エド、ラーズ、アッシュに誘われトランプゲーム「ダウト」をプレイします。

誘拐犯が4人の中にいると確信するダービーはプレイ中に4人の素性を聞き出そうとします。

ラーズの行き先がネバダであることを知ったダービーはバンのナンバーがネバダであることを思い出し、彼を疑い始めます。

トイレから外に忍び出たダービーはバンのドアを工具で開けて入り込むと「アジソン病」と刻印されたバングルをつけた少女を発見しますが、その場にラーズが現れ、咄嗟に車内に隠れます。

銃を持つラーズは少女を「ジェイ」と呼ぶと、彼女を誘拐していることが会話から明らかになります。

ラーズが車から出た後、ジェイに「必ず助ける」と言い車を後にしたダービー。

しかし、ラーズはすぐに車に戻り、ダービーが残した足跡から何者かがジェイの存在を知ってしまったことを確信。

施設内に戻ったダービーは若者のアッシュに自分の知る事実を話します。

ジェイが病気を患っていることから急ぎの救助を求めるダービーは、アッシュがラーズを見ている間にバンへと戻り、ジェイの猿轡を取ります。

するとジェイは「犯人は2人いる」と言い、もうひとりの犯人がアッシュであると分かります。

トイレから施設内に戻ったダービーでしたがアッシュに先回りされ拘束されてしまいました。

アッシュはジェイを身代金目的で誘拐したと話し、ジェイの抱えるアジソン病が「興奮するとアドレナリンを過剰分泌する病気である」と言い関わらないようにと忠告。

車の中に居たジェイはダービーが残したナイフを使い拘束を解き車から脱出しており、その様子を目撃したアッシュとラーズはダービーを連れジェイの逃げた山林を捜索。

2人の隙をついたダービーはアッシュに発砲を受けながらも山間に逃げ込みます。

その頃、銃声を聞いたエドとサンディは駐車場でジェイを見つけ出し彼女を保護。

施設内に逃げ戻ったダービーはサンディとエドにアッシュとラーズの犯行を伝えます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『パーキングエリア』のネタバレ・結末の記載がございます。『パーキングエリア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

アッシュとラーズは状況を察知し施設に押し込もうとしますが、元軍人であるエドが銃を所持している可能性を考え、押し入らずに施設外からジェイを渡せと脅迫。

目を覚ましたジェイはサンディが知り合いであることを話します。

サンディはジェイの家に勤める使用人兼看護師であり、仕事に嫌気が差していた彼女はジェイをアッシュたちに売り飛ばしていました。

サンディの裏切りでエドが銃を所持していないことが露見し、アッシュとラーズが施設内に押し入ります。

ダービーがアッシュからバンの鍵を奪い隠しており、アッシュとラーズは鍵の在処を訪ねます。

2人の会話からジェイの誘拐が単なる身代金目的ではなく、犯罪組織による人身売買であることに気づいたダービーはサンディを説得。

銃を突きつけられながらもアッシュに反目するエドが撃たれ、殺人が起きないと思っていたサンディは動揺しラーズに催涙スプレーをかけたことでアッシュに射殺されます。

アッシュは奪ったダービーのスマホに届いたメッセージから彼女の母親が息を引き取ったことを知り彼女に伝えると同時に、ダービーが警察に送った通報メールが送信されており警察が近づいていることを知ります。

苛烈な拷問によってダービーが外に隠した鍵の在処を教えたことでアッシュがラーズを見張りとして残し、鍵の回収に向かいます。

ラーズはアッシュの殺人を止めようとしており、子供を殺害しないと考えたダービーはジェイを陽動に使いラーズから銃を奪取。

すると鍵を見つけたアッシュがネイルガンを持ち施設内に戻ります。

ラーズの身の安全を第一に考えるアッシュでしたが、ジェイがアッシュを攻撃したことで手元が狂いラーズをネイルガンに誤射してしまいます。

アッシュが動揺する隙にジェイを連れ車に逃げるダービーでしたが、ラーズの死に絶望したアッシュがネイルガンを乱射し車は壁に激突。

パーキングエリアにガソリンを撒き火をつけたアッシュ。

その場に通報を受けた警察官のヒルが現れますが、事態を飲み込めないヒルは銃を持つダービーを撃ってしまい、ダービーの銃を奪ったアッシュに射殺されます。

アッシュは瀕死のダービーに銃を向けますが、ダービーは隠し持っていたドライバーでアッシュの首を突き殺害。

息も絶え絶えな状態でありながらもヒルの死体に這い寄るダービーはヒルの無線で助けを呼びました。

事件から1ヶ月後、禁酒リハビリ施設内でジェイから貰った絵を眺めながら生活するダービーのもとに粗暴だった彼女の過去ゆえに疎遠だった姉が現れました。

映画『パーキングエリア』の感想と評価


(C)2022 20th Century Studios

閉ざされた空間で繰り広げられる極限の攻防

猛吹雪によってパーキングエリアに避難することになった大学生のダービー。

しかし、駐車場に停められている車の中で監禁されていた少女の存在に気づき、犯人はパーキングエリアに避難していた先客4人のうちのひとりであることが確定します。

逃げ場のない極限の状況下で繰り広げられる、手に汗握る疑心暗鬼の攻防劇。

クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』(2016)を彷彿とさせるような、ワンシチュエーションな疑心暗鬼スリラーとして楽しめる作品でした。

「雪」がもたらす、災厄と福音

本作では雪がもたらす脅威が登場人物を飲み込んでいく様子が描写されています。

ダービーは母のいる病院を目指していましたが雪によってパーキングエリアに避難せざるを得なくなり、騒動に巻き込まれることとなります。

猛吹雪で外からの助けも呼べず、そして視界悪化と凍死の恐れから逃げることも出来ない極限状態へとダービーを追い込む雪の脅威。

しかし、雪そのものは人の良し悪しに関わらず平等にその脅威を発揮しており、誘拐犯もまたパーキングエリアに足止めされる存在のひとり。

雪が無ければ犯罪は見咎められることもなく、ダービーは子供を救う手すら差し伸べることは出来ませんでした。

人間の悪意に恐怖する一方で、自然の平等さについても考えさせられる作品です。

まとめ


(C)2022 20th Century Studios

禁酒リハビリ施設に入れられながらも、自身の癖を見直すことをせずに目的のためなら違法な手段を使うことを厭わない主人公のダービー。

しかし、彼女は決して悪人というわけではなく、立ち寄ったパーキングエリアの車内で監禁されている少女を見過ごすことができず、全てを投げうってでも犯人に立ち向かうことを決めます。

人の善意と人の悪意がひとつのパーキングエリアに集う、緊張感たっぷりのサスペンススリラー映画『パーキングエリア』はスリラー映画好きにオススメの1作です。

関連記事

連載コラム

【イカゲーム3話ネタバレ】結末あらすじ感想と評価考察。黒幕やヒーローは誰か⁈最後の勝利者になるための恐怖は続く|イカゲーム攻略読本3

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 3 2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。 生活に困窮した人々が賞金4 …

連載コラム

『チャタレイ夫人の恋人』ネタバレ結末あらすじと感想考察の評価。おすすめ官能小説を原作にしたイギリスが舞台のラブロマンス|Netflix映画おすすめ125

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第125回 今回ご紹介するNetflix映画『チャタレイ夫人の恋人』は、過去に何度も映画化やドラマ化された、イギリスの小説家D・H・ローレン …

連載コラム

アントマンにもヒーローが抱える運命と責任が⁈『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』から考察|最強アメコミ番付評4

連載コラム「最強アメコミ番付評」第4回戦 こんにちは、野洲川亮です。 映画『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のBlu-rayをさっそく予約しました。そこで手元に届きましたら、再見して本コラムで …

連載コラム

『緑の夜』あらすじ感想と評価解説。ファン・ビンビンとイ・ジュヨンで描く幻想的な女性の逃避行|映画という星空を知るひとよ186

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第186回 中国の人気俳優ファン・ビンビンの主演映画『緑の夜』。人生を懸けた危険な冒険に挑む2人の女性を描いています。 『緑の夜』は、2024 年1月19 日( …

連載コラム

松下恵映画『アラフォーの挑戦 アメリカへ』ネタバレ感想レビュー。語学留学先で見た多様な価値観と本当の行き先とは⁈|だからドキュメンタリー映画は面白い12

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回 「アラサー」、「アラフォー」って呼ぶのは“エイハラ”になるって知ってましたか? 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第12回は、2019年4 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学