Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/12/09
Update

【ネタバレ】ミッドナイト・キラー|あらすじ感想と結末ラストの評価解説。おすすめサスペンス映画でブルース・ウィリスらが“良き父”な殺人鬼を追う【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー85】

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第85回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」。第85回はランドール・エメットが監督を務めた、2021年製作のクライム・サスペンス映画『ミッドナイト・キラー』です。

性的人身売買組織の摘発を間近に控えたFBI捜査官のカールと彼の相棒レベッカは、その捜査が若い女性を狙う連続殺人鬼による犯行の足跡と一致していることに気づき、その犯人を長年追い続けているフロリダ州警察殺人課の刑事パイロンとチームを組むことに。

3人は協力して連続殺人鬼を追い詰めるも、レベッカが囚われの身となってしまう物語とは、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

全米を震撼させた連続殺人事件をもとに描いた映画『ミッドナイト・キラー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『ミッドナイト・キラーの作品情報


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【脚本】
アラン・ホースネイル

【監督】
ランドール・エメット

【キャスト】
ミーガン・フォックス、ブルース・ウィリス、エミール・ハーシュ、ルーカス・ハース、ケイトリン・カーマイケル、オリーヴ・アバクロンビー、コルソン・ベイカー、リディア・ハル

【作品概要】
『ドント・サレンダー 進撃の要塞』(2021)の製作総指揮・脚本担当のアラン・ホースネイルの脚本をもとに、本作で映画監督デビューとなるランドール・エメットが監督を務めた、アメリカのクライム・サスペンス作品。

アメリカ・テキサス州で最も危険な連続殺人犯の実話をもとにした作品です。

「トランス・フォーマー」シリーズのミーガン・フォックスが主演を務め、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスと共演しています。

映画『ミッドナイト・キラー』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

2004年、アメリカ・フロリダ州ペンサコーラ。FBI捜査官のカール・へルターと相棒のレベッカ・ロンバルディは、未成年の売春婦を狙う性的人身売買組織を摘発するべく、ハイウェイにあるモーテルを中心に囮捜査を行っていました。

まずレベッカが囮となり、ネットでターゲットの男と知り合い、10号線沿いにあるロクスリーのモーテル「ロクスリー・パイパーイン」で会う約束をしました。しかし、地元警察による手入れ(公的治安組織が犯罪捜査のために現場に踏み込むこと)がよって台無しになります。

そのため、同じ10号線沿いにある別のモーテル「オアシスモーテル」で再度会う約束をしたのですが、今度はポン引き(街頭での売春斡旋者)に「約束の男は追い払った」と邪魔をされ失敗。

レベッカは3回目の約束を取りつけましたが、ターゲットは会う場所となっている「マスタングモーテル」に現れることはありませんでした。駐車場に車を停めて張り込んでいたカールたちは、仕方なくその場から引き上げることにしました。

ところが翌朝、マスタングモーテルには規制線が張られていました。カールたちは現場にいたフロリダ州警察の警官に何があったか尋ねました。

警官は「20歳の売春婦が何者かに頭を6ヶ所殴られて死んだ」と答えます。殺された女性は、カールたちの囮捜査に協力していた売春婦でした。しかもオアシスモーテルの外で、16歳の少女が失踪したというのです。

囮捜査をしていたモーテルで、若い女性を狙った連続殺人事件が立て続けに起きていたことを知ったカールたち。しかもカールは、失踪した少女を目撃していました。

もしかするとカールたちが狙っているターゲットと、連続殺人犯は同一人物なのかもしれない。そう考えたレベッカは、そのことを教えてくれたフロリダ州法執行省(FDLE)の執行官バイロン・クロフォードに詳しい話を聞いてみることにしました。

バイロンは薬物中毒の売春婦が殺害された二つの事件を担当していました。道路脇に捨てられていた被害女性は、いずれも首を絞められ頭を殴られており、犯人に噛まれた痕がありました。さらにこの事件後、同様の手口で殺された4人の女性の遺体が発見されました。

これを受け、バロックたちFDLEは、6人の売春婦を殺害した犯人は同一人物で、シリアルキラーだと推測。

FBIもこの連続殺人事件を捜査し分析官がプロファイルを作成しますが、「30代半ばの白人男性、トラックドライバー」という情報は、既にFDLEが知っている情報でした。

今では誰もこの事件に触れず、捜査することもできません。中には「被害者は皆、売春婦やジャンキーだから自業自得だ」と言う人も………。

ですがバロックは、「境遇なんか関係ない。誰にもやり直すチャンスがある」と思い、上司に捜査をやめるよう言われても諦めず、2年間この事件を追い続けてきました。

そして数日前、ペンサコーラの州道で26歳の女性サラ・ケロッグの遺体が発見されました。サラも、マスタングモーテルで殺された売春婦も同様の手口で殺されていたため、連続殺人犯による犯行なのは間違いありません。

ですが、売春婦の遺体が発見されたのは、マスタングモーテルの浴室のバスタブの中でした。

衝動的に犯行に及んだのは、犯人の本当の狙いは別の女性だったからではないかと推測したバイロン。それを聞いたレベッカは、犯人の狙いは会う約束をしていた自分だったと気づき、犯人ともう一度会う約束をしてみることにしました。

その前にまず、レベッカは失踪した少女トレイシー・ウォールズの捜索願を出した彼女の姉ヘザーに話を聞くことにしました。

ヘザーの話によると、友達と思っていた連中に借金をしたら、オアシスモーテルに連れてこられ「金は体で返せ」と言われたといいます。ヘザーは「妹には手を出すな」と言うも聞き入れてもらえず、事件当日の夜、売春を斡旋するオアシスモーテルの経営者カルビンに姉妹ともども薬を飲まされてしまいました。

男たちに囲まれたヘザーは、トレイシーを部屋から追い出しました。それっきり、トレイシーの姿は見ていないといいます。


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

レベッカはトレイシーの行方を捜す前に、オアシスモーテルの一番端の部屋にいるカルビンに会いにいきました。

実はカルビンは、レベッカたちの囮捜査を邪魔したポン引きでした。レベッカはカルビンに銃を突きつけ、自分が約束した男に関する情報を吐くよう迫ります。

尋問した結果、カルビンが男を追い返したのは、他の売春婦が彼に手錠をかけられたことを知ったからであること。男は何回か売春婦を買いに来ていること。車体に稲妻が描かれているトラックを運転する白人男性だということが判明します。

その後、レストランにいるカールと合流したレベッカは、自分の身の上話を打ち明けました。

レベッカが大学1年生の時、上級生と一緒に酒を飲んだ彼女は、内出血が残るほど酷い目に遭わされました。レベッカの親友の母親が、レベッカの父親にそのことを伝えて家族問題に。警官だった彼はその上級生と家族を追い失職しました。

そして両親は離婚。レベッカは共通の話題を作ろうと思い、父親と一緒にテコンドーを習い始めました。

レベッカの過去を知ったカールは、「君にこの仕事は重すぎる。現場を離れろ」と言い転属を勧めました。ですがレベッカは、「私は好きでやってる。(女に平気で手を上げる)クズ連中を捕まえたい」と言って聞く耳を持ちませんでした。

以下、『ミッドナイト・キラー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミッドナイト・キラー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

カールと別れた後、レベッカはターゲットと会う約束を取りつけ、バイロンと二人で囮捜査を行いました。しかしターゲットが指定してきた場所は、ペンサコーラで一番治安が悪く、ガラの悪い連中が屯しているバーでした。

チェックのネルシャツにジーンズでくると言っていたターゲットを待つ二人。しばらくするとバーの反対側にターゲットらしき男が現れ、バイロンと顔を合わせた途端に逃げ出しました。

バイロンは持ち場を離れ、その男をとっ捕まえましたが、ただの運び屋でした。

バイロンはバーにいるレベッカに、インカムを使って「ターゲットではなかったから囮捜査は失敗だ」と言うも、応答がありません。この時、レベッカは既にターゲットと接触していたため、返答できなかったのです。

ターゲットはレベッカに、「ロクスリー・パイパーンって知っているか」と尋ねます。しかしレベッカは答えることができません。

ターゲットがレベッカの飲んでいた酒に薬を盛ったのか、それとも酒を出した店員がターゲットとグルだったのか、レベッカは強い睡魔に襲われます。レベッカは意識が朦朧とする中、なんとか席を離れ、バイロンに「ターゲットと接触した」と伝えました。

その言葉を聞いたきりレベッカと連絡が不通となり、バーにもおらず、男と一緒に出ていったという客の目撃情報があったことから、バイロンは彼女がターゲットに連れ去られてしまったのだと悟りました。

妻から「娘が高熱を出したから早く帰ってきて」と連絡があり、一度帰宅することにしたバイロン。装備を整え、妻に「必ず家族のもとに戻ると約束する」と言い、後ろ髪引かれる思いでオアシスモーテルの駐車場に向かいました。

駐車場の警備員は、バイロンの高校時代の友だちのフレッドでした。バイロンはフレッドに、駐車場の監視カメラではなく、フレッド個人のカメラの映像を見せてほしいと頼みます。

実はフレッドは、自分の監視下で悪事を働いていました。それを知っていながらも何の見返りも求めず目を瞑ってくれていたため、フレッドはバイロンに大きな借りがありました。

フレッドの個人カメラに記録されている、トレイシーが失踪した日の映像を調べた結果、トレイシーは男に絡まれていたところをターゲットに助けられ、そのまま彼のトラックに乗って姿を消したことが判明。

ターゲットのトラックにはカルビンが言っていた通り、車体にウォーリントンの運送会社「サザン・ハーバー運送」のロゴマークである稲妻が描かれていました。

翌日。サザン・ハーバー運送を訪れたバイロンは、オフィスにいた女性社員に「ここで勤務するトラックドライバーの通行記録を見せてほしい」と頼みます。

最初は裁判所の開示命令がなければ見せることはできないと断る女性社員でしたが、バイロンから若い女性を狙った連続殺人事件の話を聞き、彼の捜査に協力することに。しかしトレイシーが失踪した日の通行記録を調べた結果、10号線を通過したトラックドライバーはいませんでした。

妻からの帰宅を催促する電話を受けた後、バイロンは「トラックドライバーが急病になった場合は?」と尋ねます。

女性社員曰く、サザン・ハーバー運送で働くトラックドライバーは歩合制のバイトで、急病になったトラックドライバーの代わりに運送を担当する人間も通行記録に記録されますが、トラックドライバー経験がある主任が担当する場合は、固定給のため記録されないのだというのです。

念の為もう一度調べてみると、その日に出勤予定のトラックドライバーは病欠で、他のバイトではなく、その主任ピーター・ヒルボローが代わりに担当していたことが判明しました。

ピーターには美人な妻と、「俺の罪を許し、永遠の愛で祝福してくれる天の使いなんだ」とトレイシーに語るほど溺愛している、8歳の娘べサニーがいました。


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

一方レベッカは、トレイシー同様、ピーターの家の敷地内にある倉庫に閉じ込められていました。レベッカは両手足に首に枷がついており、身動きが取れません。それでもなんとか目隠しを外したレベッカは、背後にある箱に向かって声をかけます。

箱の中には、トレイシーが監禁されていました。レベッカよりも拘束されていませんが、トレイシーは監禁されてから毎晩針を刺され続けていたため、体を思うように動かすことができませんでした。

そんなトレイシーに、レベッカは「今夜中になんとかそこから抜け出して。でないとあなたは殺され、今度は私がそこに入れられる」「勇気を振り絞って、あなたに会いたがっているヘザーのためにも」と言いました。

レベッカの言葉で希望の光が見えたトレイシーは、なんとか体を動かして箱から脱出。倉庫の外に出ることができました。しかし偶然、就寝前に窓から外を眺めていたピーターの8歳の娘ベサニーに見られてしまい、彼女の叫び声でピーターに脱走がバレてしまいます。

トレイシーは生い茂った草むらの中に身を隠しながら、ピーターの隣人キューバーの家の扉を叩き、彼女に助けを求めました。

そこへピーターが襲来。家を飛び出した愛犬チャーリーを送り届けてくれたことに感謝しつつ、キューバーは必死に助けを求めていたトレイシーの身を案じて、彼を追い返そうとします。

ピーターはトレイシーがここに逃げ込んだのではないかと思い、キューバーとたわいもない会話をしつつ、部屋の中を物色。しかしキューバーの機転のおかげで、トレイシーは間一髪のところで見つからずにすみました。

一方バイロンは、ピーターの家を訪れていました。「キューバーのところへ行った」という彼の妻に促されるがままリビングで待っていると、外から大きな物音が聞こえてきました。

ベザニーはバイロンに「パパは人を追いかけていた」と言います。バイロンが家に来ていることを知らないピーターは、脱走したトレイシーを取り逃がしたことに酷く腹を立て、レベッカを尋問します。

レベッカはなんとかピーターの尋問に耐え、トレイシーと同じく注射してきた隙を狙って、倉庫に転がっていた工具を彼の腹に突き刺しました。

宙づり状態のレベッカは、何とか首輪の間に手を入れて隙間を作り、生きようと必死にもがくも、倉庫に光が差し込んだと同時に意識を失ってしまいます。

彼女が次に目を覚ました場所は、病院でした。喉を強く締め付けられていたため声は出せないものの、見舞いに来たカールとバイロンの顔を見て安堵の笑みを浮かべました。カールはレベッカの左手を握りしめながら、「君は今まで会った中で最高にタフな女だ」と言いました。

一方べサニーは、茫然自失の母とともに、FBIによる家宅捜査が行われている家を後にしました。キューバーの家で保護されていたトレイシーも、駆けつけた救急隊によって無事救助されました。

後日、バイロンはサラの母親であるミス・ジョージア・ケロッグの元を訪れ、事件現場に残されていたサラの十字架のペンダントを渡しました。

映画『ミッドナイト・キラー』の感想と評価


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

囮捜査を行うFBI捜査官のコンビ愛

性的人身売買組織の摘発を間近に控えていたFBI捜査官のカールとその相棒レベッカは、協力者であった売春婦が殺害されたことをきっかけに、自分たちの囮捜査が若い女性を狙う連続殺人犯の犯行の足跡と交差していることに気づきました。

レベッカは過去に自分自身も性的暴行を受けたこともあり、何としてでも犯人逮捕につながる指紋や煙草の吸殻などの証拠を手に入れるべく、ターゲットもとい連続殺人犯のピーターに接触を試みようとします。

一方カールは、そもそもレベッカが囮役をすること自体、あまりいい顔をしていませんでした。相棒であるレベッカを危険な目に遭わせたくないという、仲間想いのカールの気持ちは彼女には届かず、彼女は囮捜査を続行し囚われの身に………。

1日離れていただけで相棒が殺されそうになっていたことを、バイロンから知らされたであろうカールの気持ちは言葉では語られませんでしたが、意識を取り戻したレベッカを見て安堵の涙を浮かべる彼の表情から、死ぬほど心配していたことが窺えて思わずウルっとします。

バイロン・レベッカのコンビによる囮捜査はもちろん、これまでともに視線を潜り抜けてきたであろうカール・レベッカのコンビによる囮捜査もとても格好良いです。

連続殺人犯を追い続けたFDLEの執行官


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

若い女性を狙う連続殺人犯を追い続けたFDLEの執行官バイロン。彼は本来、被害者の遺族に彼らの死を伝えることが仕事でした。

ですが正義感が強く情に厚いバイロンは、上司や妻に制止されても、FDLEが売春婦殺害事件を捜査しなくなってもなお、諦めずに捜査を続けていました。

その理由は、作中でバイロン自身が言っていたように「もうこれ以上遺族に彼らの大事な人の死を伝えに行きたくない」からです。

しかも2年間捜査しても一向に犯人を捕まえることができず、被害者が続出していく中でのその仕事は、バイロンでなくても精神的にくるものがあります。

そんなバイロンの執念の捜査が実り、遺族と涙を流しながら抱き合う彼の姿を見ているだけで、嬉しさやら悲しさやらが一気に込み上げてきて涙が止まりません。

まとめ


(C)2021 Switchgrass Film LLC and Midnight Switchgrass Productions PR, LLC. All Rights Reserved.

性的人身売買組織の摘発のために囮捜査を行っていたFBI捜査官のコンビと、2年間若い女性を狙う連続殺人犯を追い続けてきたFDLEの執行官が事件現場で知り合い、一緒に捜査していくことで動き出した未解決事件。

カールたちとバイロンの出会いは、もはや被害女性とその遺族が早く犯人を捕まえてほしいという願いからくる運命的な出会いだったように感じます。

3人が追う連続殺人犯のピーターは、行くあてがない少女や売春婦をなぶり殺すことに快楽を見出すシリアルキラーでした。

シリアルキラーとしての顔と、仕事にも家族にも恵まれた幸せな一般男性としての顔、そして娘のべサニーに常軌を逸した愛情を抱く父親の顔。それらを上手く切り替え演じるピーターは背筋が凍りつくほど怖いです。また、そんな狂気的なピーターを演じるルーカス・ハースの演技力に圧倒されます。

シリアルキラーとFDLEの執行官、FBI捜査官の手に汗握る攻防が描かれたクライム・サスペンス映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。




関連記事

連載コラム

映画『ナンバー37』あらすじネタバレと感想。サスペンスの名作『裏窓』をバイオレンスムービーに仕立て直した⁈|未体験ゾーンの映画たち2019見破録28

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第28回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。様々な58本の映画が公開中ですが、今回は南 …

連載コラム

映画『空の瞳とカタツムリ』考察。村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』との比較から|映画道シカミミ見聞録33

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第33回 こんにちは、森田です。 今回は2月23日から池袋シネマ・ロサ他で公開となる映画『空の瞳とカタツムリ』を紹介いたします。 4人の男女をめぐる愛と喪失の物語。こ …

連載コラム

映画『シン・仮面ライダー』解説考察。庵野秀明エヴァシリーズでのオマージュを深掘りを2023年公開前に読み解く【邦画特撮大全92】

連載コラム「邦画特撮大全」第92章 今回の邦画特撮大全は、前回記事に引き続き『シン・仮面ライダー』を紹介します。 2021年4月3日、「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見での庵野秀明監督による映画 …

連載コラム

全裸監督2|4話ネタバレあらすじ感想と結末解説。AV女優・黒木香と決別か!?シーズン2の見どころ考察

「空からエロが降ってくる」Netflixドラマ『全裸監督シーズン2』を完全紹介 2019年8月、Netflixオリジナルドラマとして全世界に配信された『全裸監督シーズン1』。2016年出版の伝説のAV …

連載コラム

『パラレル・マザーズ』あらすじ感想と評価解説。アルモドバル監督の‟母の物語”をペネロペ・クルスが熱演|映画という星空を知るひとよ120

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第120回 同じ日に出産しシングルマザーとなった2人の女性の数奇な運命と不思議な絆、この困難な時代における生き方を描いた映画『パラレル・マザーズ』。 『ペイン・ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学