Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ミザリー』ネタバレあらすじ結末と感想評価の考察。怖すぎる熱狂的なファンに監禁されたベストセラー作家の恐怖|サスペンスの神様の鼓動56

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動56

自動車事故に遭い、人里離れた山小屋に監禁されたベストセラー作家が遭遇する、熱狂的なファンの恐怖を描いた映画『ミザリー』

数々のホラー小説を発表してきた、スティーブン・キングの同名小説を、『スタンド・バイ・ミー』(1986)のロブ・ライナーが映像化した本作。

人気作家が熱狂的なファンに監禁される衝撃的な内容は、スティーブン・キングの実体験が基になっているという話もあります。

ファンに監禁される、不運なベストセラー作家ポールを『ゴッドファーザー』(1972)などの作品で知られる、ジェームズ・カーンが演じています。

そして、ポールの熱狂的なファン、アニーを演じるキャシー・ベイツは、本作での演技が高く評価され「第63回アカデミー賞」で主演女優賞を獲得し『黙秘』(1995)『タイタニック』(1997)など、数々の作品に出演。

リチャード・ジュエル』(2019)では「第92回アカデミー賞」の助演女優賞にノミネートされています。

オマージュ的な内容の漫画や、映像作品が現在も制作されるなど、大きな影響を与えている、映画『ミザリー』の魅力に迫ります。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ミザリー』のあらすじ


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved
ベストセラー作家のポール・シェルダンは、自身の人気シリーズ「ミザリー」を終わらせることを決意し、最終章を雪山の別荘で書き上げます。

別荘から戻ろうとしたポールですが、雪山で自動車事故に遭い、重傷を負います。

ポールが目を覚ますと、見知らぬ山小屋のベッドの上にいました。

事故に遭ったポールを救ったのは、元看護士のアニー・ウィルクスという中年女性で、ポールは人里離れたアニーの自宅に運び込まれていました。

アニーは「ミザリー」シリーズの熱狂的なファンで、「天才作家」として心酔しているポールを献身的に介護します。

ポールは意識も戻り回復に向かいますが、両足に大きな怪我を負い、まともに動かせない状態でした。

アニーは「街に降りて医者を呼んだ」と言いますが、どこか嘘のようにも感じます。

アニーは、ポールが書き上げたばかりの「ミザリー」シリーズ最新作を読み始めます。

最初は最新作の内容を楽しんでいたアニーですが、ミザリーが出産の影響で亡くなる展開に激怒し、ポールを口汚く罵ります。

次の日、アニーはポールに最新作を燃やさせ「ミザリーの生還」という内容の小説を、新たに書かそうとします。

当初は優しく献身的だったアニーですが、次第に狂気の片鱗を見せるようになります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ミザリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ミザリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved

ポールに最新作を書かせる為、アニーはタイプライターと原稿用紙を用意しますが、アニーが用意した原稿用紙は文字がぼやけてしまう欠点がありました。

新たに原稿用紙を購入に行ったアニーの隙をつき、ポールは針金を使い部屋の鍵を開け、アニーの自宅内を動き回ります。

リビングにあった電話は、中身が抜かれた見せかけの電話で、ポールはアニーの異常性を感じます。

ポールはアニーが保管していた鎮痛剤を手に入れますが、アニーが運転する車の音が聞こえます。

焦って部屋に戻ったポールですが、家の中の置物を落としかけます。

ポールが行方不明になって数日が経過し、FBIも捜査を開始、結果的に「ポールは死亡した」と発表します。

ですが、地元の保安官であるバスターだけは、ポールの車の扉が強引に開けられた形跡から「ポールは誰かに連れ去られた」と考えます。

ポールは、アニーが気に入る内容で「ミザリー」の新作を書き進め、いよいよ最終章を執筆します。

ポールの怪我が回復傾向にあり、小説も完成に近づいていることから、アニーはポールが、自分から去ることを悲観するようになります。

また、ポールはアニーが留守中に家の中を車椅子で動き回るようになり、アニーの「思い出のアルバム」を見つけます。

「思い出のアルバム」には、さまざまな新聞記事が貼ってあり、その全てが、アニーが関わった人物が死亡した内容でした。

さらに、アニーは看護師時代に新生児を殺害した容疑で、裁判を受けていたことが分かります。

ポールは、キッチンにあった包丁を隠し持ち、ベッドに戻ります。

その夜、ポールが目を覚ますと、恐ろしい表情を浮かべたアニーが部屋にいました。

部屋の置物の向きが変わっていたことから、アニーはポールが部屋の外に出たことに気付きました。

アニーは罰として、ポールの両足をハンマーでへし折ります。

独自に捜査を進めていたバスターは、アニーが公判時に「ミザリー」の台詞を引用していたことに気付き、アニーの家を訪ねます。

バスターの訪問に気付いたアニーは、ポールを地下の物置に隠します。

アニーの家の中を見回り、一度帰ろうとしたバスターですが、家の中から大きな音がしたことに気付きます。

バスターは、地下に監禁されていたポールを見つけますが、背後からアニーに撃たれ死亡します。

さらに、ポールへ銃を向けるアニーに、ポールは「僕たちは愛し合う運命だ」となだめ「2人でミザリーを復活させよう」と言います。

「ミザリー」の最新作を書き上げたポールは、原稿を完成させた際に必ず吸う、1本の煙草とシャンパンをアニーに要求します。

アニーが煙草とマッチを持って行くと、ポールは書き上げた原稿を燃やします。

逆上したアニーは、ポールに飛び掛かります。

ポールはアニーと激しく争った末、廊下にあったブタの鉄の像でアニーの頭を殴ります。

頭を殴られたアニーは、そのまま絶命します。

1ヵ月後、救出されたポールはマネージャーと打ち合わせに出かけます。

レストランのウェイトレスに「あなたのファンです」と聞かされたポールは、苦笑いを浮かべます。

サスペンスを構築する要素①「熱狂的なファン、アニーというキャラクター」


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved

人気ベストセラーのポールが、作品の熱狂的なファンであるアニーに監禁される、サイコスリラー『ミザリー』

本作の魅力を語るのに欠かせないのが、アニーの存在感です。

元看護士のアニーは、普段はポールに優しくて献身的ですが、情緒が不安定で激昂しやすい性格です。

さらに思い込みが激しく、人の話を聞きません。

ポールが新作の小説で、ミザリーを殺したことに激怒して以降、その異常性が際立つようになります

アニーは感情が高ぶると、目を見開き大口を開けて怒り狂うのですが、一つ間違えるとコメディのようになってしまう所を、アニーを演じているキャシー・ベイツが、絶妙なバランス感覚で狂気を表現しています。

情緒不安定で思い込みが激しいというキャラクターは、現在のサスペンス映画だと、ありがちに感じるかもしれません。

ですが、『ミザリー』が公開された1990年は、まだストーカーという言葉も一般的では無かった為、アニーというキャラクターの持つ理不尽さは、当時はかなり革新的でした。

相手は女性なのに、重傷を負っている為、反撃のしようが無いというのも、本作の恐怖を増幅させる要素となっています。

また、アニーは、熱狂的なストーカーというだけではありません

ポールがいつか、自分のもとを去っていく悲しみを抱え、1人になることを恐れる、人間的な弱さと葛藤も抱えています

ですが、その葛藤の末に、ハンマーでポールの両足をへし折るという行動に出ているので、やはり理不尽なキャラクターなのは間違いないです。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「物語を盛り上げる小道具の存在」


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved

『ミザリー』は、アニーの家の中で展開される物語で、更にポールは自分で歩くことも難しいぐらいの重症です。

なので、アニーに反撃する手立てが全く無いように思えます。

ですが、ポールは紙を折って作った袋の中に薬の粉末を入れて、それをアニーに飲ませて眠らそうとするなど、限られた状況で手に入る道具を使い、なんとか反撃を試みます

『ミザリー』は、このように小道具の使い方が秀逸で、作品を書くことで延命しているポールの命綱とも呼べるタイプライターは、クライマックスでポールが反撃に使う、貴重な武器となります。

また、家の中に置かれている、ペンギンの置物を落としかけたポールが、向きを逆に置いたことで、アニーの怒りを買う場面では、アニーの神経質な一面を見せ、その異常性を際立たせています

アニーは飼っているブタに「ミザリー」と名付けていましたが、最終的にアニーの命を奪うのが、ブタの鉄の置物というのも、なんだか皮肉ですね。

サスペンスを構築する要素③「ポールの作家としてのプライド」


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved

『ミザリー』は、アニーの狂気から逃れる術のない、ポールの恐怖が主軸の作品ですが、同時にポールの「作家としての戦い」を描いた作品でもあります。

アニーはポールのファンを自称しながらも、「ミザリー」シリーズを終わらせたポールの決断を、一切尊重しません。

それどころか、ポールの決断を「間違い」と決めつけ、「ミザリー」シリーズの続きを書かせようとします。

本作の序盤で、ポールは書き上げた原稿を、自分で燃やすことになりますが、これはかなりの屈辱だったはずです。

その後、ポールは大人しくアニーに従っているように見えますが、これは、書き上げた原稿をアニーの目の前で燃やし同じ屈辱を与える、ポールの復讐だったんですね。

『ミザリー』で、ポールはアニーに一方的にやられているように見えますが、実は作家としてのプライドをかけて、ポールは戦い続けていたことがクライマックスで分かります

スポンサーリンク

映画『ミザリー』まとめ


MISERY(C)1990 CASTLE ROCK ENTERTAINMENT.. All Rights Reserved

まだ、ストーカーという言葉が一般的では無かった時代に、アニーの存在は本当に衝撃的でした。

本作は、原作者のスティーブン・キングが、売れっ子になった時に遭遇した、ファンから受けた恐怖が基になっているようです。

『ミザリー』が公開された1990年代は、ファンから狙われるのは一部の有名人だけでしたが、現代はYouTubeやtiktokなどのSNSで、誰もが有名になれる時代です

何かのキッカケで、アニーのような熱狂的なファンに出くわし、ポールのような恐怖を味わう可能性が誰にでもあるのです。

そう考えると『ミザリー』は、現代だからこそ恐怖が増す作品であると感じました。




関連記事

連載コラム

『Cosmetic DNA』ポスタービジュアルはnajucoさん【自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦2】

連載コラム『自主映画監督・大久保健也のニッポン頂上作戦』 第2回「『Cosmetic DNA』ポスタービジュアルはnajucoさん」 皆さん、お疲れ様です。2021年7月4日の大阪は本当に蒸し暑くて結 …

連載コラム

映画『木樵』あらすじ感想と評価解説。ドキュメンタリーで見せる‟山の護り人”が雄々しく生きる姿|映画という星空を知るひとよ114

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第114回 現代の木樵である林業に焦点をあて、山と生きる「護り人」である彼らに密着したドキュメンタリー映画『木樵』。 岐阜県下呂市で林業をする実家を離れていた映 …

連載コラム

映画『オキシジェン』ネタバレあらすじ感想と結末解説。タイトルの意味がメラニーロランの熱演で体現される|Netflix映画おすすめ37

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第37回 記憶喪失の主人公が閉じ込められた極低温ポッドからの脱出を目指すシチュエーションスリラー映画『オキシジェン』。 記憶を失い、極低温ポ …

連載コラム

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじと感想レビュー。スノーマンで知られるレイモンド・ブリッグズが両親を描いた心温まるストーリー|銀幕の月光遊戯 40

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第40回 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開されます。 『スノーマン』、『風が吹くとき』などの名作が世 …

連載コラム

映画『ビザンチウム』ネタバレ結末感想とあらすじの評価解説。ヴァンパイア少女が堕ちた‟永遠の孤独”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー44

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第44回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学