Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2024/03/29
Update

『輝け星くず』あらすじ感想と評価解説。心に傷を持つ人々の”人生再起の旅”を西尾孔志監督が描く|映画という星空を知るひとよ198

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第198回

大阪在住の西尾孔志監督が手がけ、人の心の奥底にあるきらりと光るモノを描き出した映画『輝け星くず』。

2024年4月13日(土)より神戸にある元町映画館にて、映画『輝け星くず』先行公開されます


(C)ノブ・ピクチャーズ

過去の事故や家族にとらわれてありのままの自分で生きることが難しい現代社会で、薬物に手を出しつつも父の面倒を見る女性、過去のトラウマを抱え自称パニック症候群という病気を公言する女性の父親、そんな親子に振り回される女性の恋人と、凸凹した関係の3人の“魂の脱出劇”が始まります。

クスッと笑えてじんわり温かくなり、小さな星くずがきらりと輝くような映画『輝け星くず』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『輝け星くず』の作品情報

【日本公開】
2024年(日本映画)

【監督】
西尾孔志

【原作脚本】
小谷忠典

【脚本】
いとう菜のは、西尾孔志

【キャスト】
山﨑果倫、森優作、岩谷健司、滝裕二郎、中山求一郎、湯浅崇、松尾百華、三原悠里、芳野桃花、木下菜穂子、池畑暢平、保志まゆき、小泉研心、国海伸彦、佐保歩実、国海伸彦、金延宏明、小川夏果、宮崎柚樹、円籐さや、奥村静耶、川瀬乃絵、春田純一、片岡礼子

【作品概要】
NOBU PICTURESの金延宏明(「シャニダールの花」)が製作を務め、『ソウル・フラワー・トレイン』(2013)『函館珈琲』(2016)などの大阪在住の映画監督西尾孔志が取りまとめました。

主演を務める山﨑果倫、その恋人役には森優作、過去のトラウマを抱えるも何処か憎めない父を岩谷健司が演じています。

映画『輝け星くず』のあらすじ


(C)ノブ・ピクチャーズ

お人好しの青年光太郎は、恋人のかや乃に振り回されつつも幸せな日々を過ごしていました。

ですが、ある日、かや乃と一緒にホテルにいた所、突然踏み込んできた警察によってかや乃が薬物所持の現行犯で逮捕されます。

光太郎はそんな状況が飲み込めないでいると、かや乃の父・慎介から呼び出されました。

慎介に会うと、「かや乃の保釈のために勾留地である四国まで一緒に行ってくれないか?」と言われました。

パニック障害なために一人で電車に乗って行くには不安があると言う慎介。仕方なく、同行を承諾した光太郎ですが……。

わがまま放題の慎介と光太郎の海を越えての珍道中が始まります。

映画『輝け星くず』の感想と評価


(C)ノブ・ピクチャーズ

本作『輝け星くず』の主要人物は、薬物所持で警察に逮捕されたかや乃とその恋人の光太郎、そして過去のトラウマを抱えて生きるかや乃の父・慎介の3人です。

突拍子もない行動をとるけれどもまっすぐな心を持つかや乃と、そんなかや乃が大好きなのに、いつもプロポーズのタイミングを逃してしまう光太郎。2人がラブホテルにいたところに警察が踏み込み、かや乃は薬物所持の現行犯で逮捕されてしまいます。

かや乃との仲はこの逮捕劇がきっかけで父・慎介の知るところとなり、光太郎はかや乃の保釈を慎介と一緒に迎えに行くことになりました。大阪から四国へ。2人の珍道中はこうして始まります。

煌めく海の見える都市・明石をはじめ、淡路島や大阪の美しいロケーションも見どころのひとつとなっていますが、その景色の中で徐々に慎介と光太郎に芽生える友情のような絆も見どころと言えるでしょう。

慎介を演じるのは、ベテランの岩谷健司。円熟の演技力で、捉えようのないキャラの慎介をどこか憎めないオジサンにしています。

お人好し青年の光太郎は、若手実力派の呼び声高い森優作が好演し、不器用で破滅的ですが、誰よりまっすぐに人を想い続ける主人公のかや乃を演じるのは山﨑果倫。彼女の透明感ある演技にも注目です。

キャスト陣の細やかな演技と熱意によって、本作は過去のトラウマを持つ人々の心のケアをするような、じんわりと温まる作品となっています。

まとめ


(C)ノブ・ピクチャーズ

山﨑果倫が初主演を務める作品として話題の『輝け星くず』は、人それぞれに違う傷を抱えて生きている現代で、過去の傷に囚われながら、何とか前に進もうとする人たちの物語。

登場人物たちは、みなどこかに心の傷と優しさを持っています。彼女たちが守り続けた小さな温もりに、ロケーションの最高の景色が色を添えます

2024年4月13日(土)より神戸にある元町映画館にて、映画『輝け星くず』先行公開されます

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。


関連記事

連載コラム

映画『蹴る』感想と内容解説。中村和彦監督が電動車椅子サッカーに情熱を注ぐ者たちを撮る|だからドキュメンタリー映画は面白い13

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第13回 電動車椅子を“足”とする者たちが、フィールドを駆け回る――障がいを抱えながらも、彼らはなぜ、そうまでしてボールを追い続けるのか? 『だからドキ …

連載コラム

【音楽映画・ミュージカル】2020年映画ランキングベスト5|感動と涙を誘う音色や歌唱力に心が癒される《シネマダイバー:咲田真菜選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー咲田真菜 2020年はすべての人にとって忘れられない年になったことでしょう。 大変な出来事が多かった中、音楽に救われ、その力を改めて感じ …

連載コラム

映画『夜の伝説マダムクロード』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末【実話実録で売春業界で繁栄と埋没した女帝を描く】|Netflix映画おすすめ27

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第27回 今回ご紹介する映画『夜の伝説 マダム・クロード』は、1960年代後半にマフィアから政財界、世界の要人を顧客に持つ、パリにあった“高 …

連載コラム

映画『ファースト・コンタクト』あらすじネタバレと感想。モキュメンタリーで描く壮大な未知との遭遇|未体験ゾーンの映画たち2019見破録9

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第9回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、貴重な58本の映画が続々上映されています。 第 …

連載コラム

映画『ロリータ』ネタバレあらすじと感想。キューブリックの描く異常性癖の先にある破滅|電影19XX年への旅2

連載コラム「電影19XX年への旅」第2回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」第2回は、『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』のスタ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学