Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/10/08
Update

『たまねこ、たまびと』あらすじ感想と評価解説。多摩川の河川敷で“棄て猫と保護活動する人”の日常を活写|映画という星空を知るひとよ119

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第119回

東京都と神奈川県の間を流れる多摩川。この川に遺棄された猫と彼らを見守る人々の姿を追ったドキュメンタリー『たまねこ、たまびと』。

多摩川の猫たちをカメラに収めながら救護活動を続ける写真家の小西修さんの姿を、村上浩康監督が追いました。

遺棄された猫のほとんどは餓えや病気、台風で命を落としてしまうのですが、なかには幸運にも生き延びる猫たちもいるのですが……。

多摩川の河川敷に展開する命の駆け引きを鮮明に描き出した映画『たまねこ、たまびと』は、2022年11月5日(土)ポレポレ東中野にて公開されます。

映画公開に先駆けて、映画『たまねこ、たまびと』をご紹介します。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

映画『たまねこ、たまびと』の作品情報


(C)EIGA no MURA

【公開】
2022年(日本映画)

【製作・監督・編集・撮影】
村上浩康

【出演】
小西修、小西美智子

【作品概要】
『たまねこ、たまびと』は、多摩川で遺棄された猫たちを巡る“いのちのドキュメンタリ―”。

多摩川に棄てられた猫を救って見守り続けているホームレスや近隣の人々の姿を、写真家・小西修の活動を通して描いています。

多摩川河口干潟を舞台にした『東京干潟』(2019)『蟹の惑星』(2019)で、新藤兼人賞金賞や文化記録映画優秀賞などを受賞した村上浩康が監督を務めます。

映画『たまねこ、たまびと』のあらすじ


(C)EIGA no MURA

都市の中を流れる多摩川には、昔から多くの猫が遺棄されていました。これら猫のほとんどは餓えや病気、台風で命を落としてしまいます。

写真家の小西修さんは1990年代から多摩川の猫たちをカメラに収めながら、日々救護活動を続けています。

多摩川に捨てられた猫の多くを世話しているのは、河原で暮らすホームレスの人たちや、近隣に住むボランティアの人々。

小西さんは河原を巡りながら、こうした人々とも交流を持ち、支援や相談なども行っています。

小西さんの妻・美智子さんは、一方で近隣の公園や多摩川に捨てられた猫たちの救護を30年以上毎日続けていて、野外で暮らせなくなった猫を自宅に引き取り世話もしています。

捨てられた猫たちは、人間によって虐待を受け、命を落とすことも。

多摩川では撲殺や毒殺、飼い犬に襲わせて噛み殺させるなど、残虐な行為も繰り返されていますが、猫を守るべく多くの人たちが日々活動を続けています。

いのちを棄て、虐げる人間がいる一方で、いのちを大切に守る人々の存在。

小西夫妻は人と生き物の関係といのちの尊さを静かに問いかけます。

映画『たまねこ、たまびと』の感想と評価


(C)EIGA no MURA

‟棄てる”もひとつの犯罪

『たまねこ、たまびと』のポスターモデルは、片目と片耳が傷ついた一匹の猫。多摩川の河川敷でホームレスの保護のもと、暮らしています。

昔から棄て猫・捨て犬が多かったと言われる、多摩川の河川敷。

棄て犬よりも棄て猫の数が多く、遺棄された猫たちは餓死したり台風などで命を落とし、また生きながらえたとしても、心無い者たちによって虐待にあって、怪我を負ったりしています。

何の罪もない猫たちのこの惨事を哀しみ、猫の保護や救護活動に乗り出したのは、ホームレスと近隣の人々でした。

猫を棄てるのは人間……。しかも親が子どもに指図して猫を捨てさせるケースも多いと言います。

実際に手を出さない親よりも、実行犯となる子どもは「ミャーミャー」鳴く小さな生き物を棄てることに心が痛むのではないでしょうか。

人間からみれば猫は小動物にすぎませんが、命は命。人間は生物界の支配者ではありません。子どもにそんな行為をさせる親にも怒りが湧いてきます。

もちろんそこには、ペットとして猫を飼えなくなった事情もあるのでしょうが、動物は物ではありませんから、‟棄てる”という行為よりも譲渡やしかるべきところに相談をするべきです。

‟遺棄”を重大なことと意識しないこともひとつの犯罪と思えます。

‟守る”人々を追う


(C)EIGA no MURA

そんな棄てられた猫たちをまっさきに保護したのは、河川敷で暮らすホームレスたちでした。

自分たちの生活さえままならないのに棄て猫たちの世話をするホームレスを、猫たちを見守る小西さんは支援します。

実は、河川敷で暮らす猫たちの敵は自然災害や飢え、病気だけではありませんでした。

人間から棒で叩かれ、また飼い主からけしかけられた犬によって噛まれ、体のあちこちに傷を負う猫たち。

心無い者によって静かに暮らしている猫たちが虐待される出来事はあとを絶ちません。

人間が持っている弱いものをいじめたくなる心理が、ここでも働くのでしょうか。

言葉を話せない猫たちのこの惨状に、ついにホームレスと近隣の住民が立ち上がりました。

現状を追うカメラは、傷ついた猫たちのありのままの姿を捉え、無残なシーンに胸が塞がります

ですが、カメラは、人恋しい猫たちと癒しを求めるホームレスの姿も映します。そこには、人間と猫の温かな確かな絆が築かれていました。

ポスターのキャッチコピー「棄てたのは人間、守るのも人間」が持つ意味が理解できることでしょう。

まとめ


(C)EIGA no MURA

多摩川に遺棄された猫と彼らを見守る人々の姿を追ったドキュメンタリー『たまねこ、たまびと』をご紹介しました。

遺棄され餓死や病気などで衰弱した猫たちを救護するホームレスの活動は、初めて知るものでした。

また、いじめられ傷付けられても優しい人にはなつく猫の愛らしさと仕草に、猫好きは思わず微笑んでしまうことでしょう。

多摩川に限らず、全国には遺棄される猫や犬たちも多い数にのぼっています。

役所やボランティア団体の働きばかりでなく、住民一人ひとりが猫や犬の遺棄問題について、できることはないか考えてみる必要はありそうです。

また、この映画で語られる命への賛美を大切にしたいものです。

映画『たまねこ、たまびと』は、2022年11月5日(土)ポレポレ東中野にて公開されます。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。






関連記事

連載コラム

映画『ロッキー4』あらすじネタバレと感想レビュー。ドラゴと対戦した亡きアポロのために敵地でのリングに挑む|すべての映画はアクションから始まる13

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第13回 日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はア …

連載コラム

映画『エリカ38』あらすじと感想。樹木希林が浅田美代子のために生涯唯一の企画作品|銀幕の月光遊戯 34

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第34回 2019年6月07日(金)より、TOHOシネマズシャンテ他にて、樹木希林Presents、浅田美代子主演の『エリカ38』が全国ロードショーされます。 実年齢を20 …

連載コラム

【SF映画2021】話題作ランキング5選!劇場公開ベストな洋画邦画の内容解説と見どころを紹介【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車137

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile137 2020年はハリウッドによる大作映画が軒並み延期し、SF映画好きには辛い1年でした。 しかし、その分2021年には大規模な撮影が行われた …

連載コラム

『アントマン&ワスプ』ネタバレ感想。考察はMCU映画の最強な要素とは|最強アメコミ番付評5

連載コラム「最強アメコミ番付評」第5回戦 どうも、こんにちは野洲川亮です。 今回は、この連載でも度々取り上げて来た『アントマン』の続編でMCUシリーズ最新作『アントマン&ワスプ』の魅力を徹底考察してい …

連載コラム

『ブラックミラー シーズン2 時の”クマ”、ウォルドー』考察とネタバレあらすじ。政治選挙を風刺した切れ味鋭いオムニバスドラマ|SF恐怖映画という名の観覧車112

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile112 3週に亘り題材とさせていただいている、イギリスのSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズも今回のコラムで遂にシーズン2最終話となり …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学