Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/26
Update

福士蒼汰映画『旅猫リポート』ネタバレ感想。猫ナナの演技力は結末に涙を誘う

  • Writer :
  • もりのちこ

旅のリポーターは猫?!1匹と1人の旅は、新たな飼い主探しの旅でした。

人気作家・有川浩が「一生に一本しか書けない物語」と言うほど、思い入れのある小説『旅猫リポート』の映画化です。

ある事情で猫を手放すことにした悟は、自分の大切な人たちにナナ(猫)を譲るため、お見合いの旅に出ます。それは、自分の人生を振り返る旅でもありました。

悟とナナの旅の結末は?強い絆で結ばれた1匹と1人の、心温まるファンタジー・ロードムービー『旅猫リポート』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『旅猫リポート』の作品情報


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

【公開】
2018年(日本映画)

【原作】
有川浩の同名小説

【監督】
三木康一郎

【キャスト】
福士蒼汰、高畑充希、広瀬アリス、大野拓朗、山本涼介、前野朋哉、田口翔大、二宮慶多、中村靖日、戸田菜穂、橋本じゅん、木村多江、田中壮太郎、苗木優子、竹内結子、沢城みゆき、前野智昭

【作品概要】

有川浩の同名小説を、三木康一郎監督が映画化。三木監督は、有川浩原作の『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』の映画化でも監督を務めており、有川作品2作目になります。

心優しい猫の飼い主・悟を演じるのは、笑顔から優しさが滲み出ている福井蒼汰。そして、しゃべる猫・ナナの声を担当しているのは、高畑充希です。

強い絆で結ばれた1匹と1人の、切なくも心温まる物語です。

映画『旅猫リポート』のあらすじとネタバレ


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

「吾輩は猫である。名前はまだない」有名な先輩猫のセリフを口にするナナ(猫)は、5年前までは野良猫でした。

野良猫時代のナナは、たまに餌をくれる悟とは餌だけの関係。常に、一線を置き馴れ合いはしないという、まさにツンデレ猫でした。

そんな野良猫ナナが悟の飼い猫になった理由は、5年前、猫集会に向かう途中に車に引かれケガをしたナナを悟が助けた事がきっかけでした。

それから、ナナと悟は常に一緒です。しかし、とある事情で悟はナナを手放さなくてはならなくなります。信頼できる人にナナを譲りたい悟は、ナナと一緒に、今までの人生で大切な人たちを訪ねる旅に出ます。

その旅は、ナナの新しい飼い主を探す目的と、また悟自身のこれまでの人生を振り返る旅になります。

最初に訪ねたのが、幼なじみの幸介(山田涼介)でした。

小学校の思い出を話す2人の会話を聞きながら、ナナは「ハチ」という猫の存在がいたことを知ります。自分の名前にイチを足した猫。面白くないナナは、ゲージから出ようともしません。

幼い頃の思い出はこうです。小学生の悟と幸介は、子猫を拾い「ハチ」と名付けます。ハチは人の心が分かる猫で、家族喧嘩をして泣いてしまった時も、嬉しい時も、悲しい時も側に寄り添い慰めてくれる存在でした。

そんなハチと悟の別れの時は、突然やってきます。

修学旅行の日、途中で連れ戻された悟は、両親が事故で亡くなったことを知ります。突然の両親の死。悟は行き場もないまま、母の妹・法子(竹内結子)に預けられ、ハチとも離れ離れになってしまいます。

当時、幼なじみの幸介は自分がハチを引き取りたいと両親に頼むも、厳しい父親に逆らうことが出来ず、そのことをずっと後悔していました。

今度こそは自分が猫を引き取るという思いの幸介。しかし、幸介には解決しなければならない自分の問題がありました。父との確執、出て行ったきりの嫁、すべては自分の弱さが原因でした。

「お前の問題を解決するのが先じゃろっ!」結局ナナは一歩もゲージから出ず、お見合いは不成立に。次の飼い主候補へ旅は続きます。

悟とナナを見送った幸介は、もう後悔はしたくないと行動にでます。新しい生活、新しい猫への挑戦です。

さて、次に悟とナナがやってきたのは、高校時代の友人夫婦・千佳子(広瀬アリス)と修介(大野拓朗)のペンションでした。


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

もともと動物好きの千佳子が経営するペンション「スギ」は、動物も一緒に泊まれて、犬や猫もたくさんいます。ナナは住人たちと仲良くやれるのでしょうか。

着いた早々、飼い犬の「とらまる」と喧嘩をおっぱじめるナナ。「悟に手だすとは、ゆるさねぇ」売られた喧嘩は買います。なにやら「とらまる」が悟に吠える理由がありそうです。

高校時代、悟は両親の死で離れ離れになった「ハチ」に会いに行くためにバイトをしていました。しかし、もうすこしで会いに行けるというタイミングで、ハチが交通事故で亡くなってしまいます。

両親に続きハチまでも。悟は家族全員を失くしたのです。

途方に暮れる悟に千佳子は「ちゃんと会いに行って、会いたかったと伝えてきなさい」と後押しします。そのおかげで、悟は前に踏みだすことができました。

悟は、そんな姉御肌で心優しい千佳子を好きになりますが、修介も好きなことを知り、身を引きます。

時は経ち、結婚した修介と千佳子ですが、修介は今でも2人の関係に不安を抱いています。そんな、飼い主の心を察した「とらまる」は、悟とナナに心を許しません。

またもや、ナナのお見合いは失敗に終わりました。

帰り際、悟は千佳子に高校時代の思いを告白します。昔の三角関係に終止符を打てたことで、修介の不安も消え、仲良し3人に戻ることができました。

その後も、新しい飼い主を探す旅へ出る悟とナナですが、中学の同級生にも断られ、仕方なく旅の終着地に向かいます。

以下、『旅猫リポート』ネタバレ・結末の記載がございます。『旅猫リポート』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

旅の終着地は、叔母・法子の家でした。法子は悟を育てながら忙しく働いていましたが、仕事を辞め悟と過ごすため家を引っ越していました。

その理由は、悟の余命があと1年だから。

法子の家に向かう途中、悟とナナは辺り一面に咲く菜の花畑に立ち寄ります。どこまでも続く菜の花畑に、突如いなくなるナナ。慌てて探しに菜の花畑に入る悟は、あまりの不安で泣き出してしまいます。

「はぐれないでよ。置いていかないで。そばにおいてよ」ずっと仕舞っていた心の内を吐き出す悟。

足元には、ナナが。「僕は絶対に悟を置いていかない」

悟とナナは両親の墓参りに行きます。両親にナナを紹介する悟に「ハチも良い猫だったようだけど、俺もなかなかでしょ」と得意げなナナ。見渡す景色には七色の虹、ナナの虹がかかっていました。

それから、法子と悟とナナの生活が始まります。法子にはずっと、悟に対して酷いことをしたと後悔していることがありました。

それは、悟を引き取ると決めた日、まだ幼かった悟に法子は「悟は、お父さん、お母さんと血が繋がっていない」という真実を突きつけたことでした。

その時のことを謝罪する法子に悟は、自分がどんなに感謝しているか、いざという時に猫を引き取ってくれる優しい友達に恵まれたこと、それは自分の人生が幸せだったということだ。と、言い聞かせます。

病院へ通う日々もそう長くは続きませんでした。悟は入院をすることになります。悟とナナは離れ離れに。

病院に入れないナナは、いつでも悟に会いにいけるように野良猫に戻ります。悟が外に出ると必ずやってくるナナ。悟の命が尽きることをナナは匂いでわかっていました。

悟の最後の時。「オレの最後の猫がナナで良かった」という悟にナナは「そんなこと、とっくにわかってたよ」と、いつものツンデレっぷり。それでも、ナナには悟との思い出がたくさん残っています。

悟は、ナナと皆の心に生き続け、1匹と1人の旅はまだ続くのです。

スポンサーリンク

映画『旅猫リポート』の感想と評価


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

猫が、しゃべる。一見ファンタジーのようでありながら、見ているうちに自然に、しゃべる猫を受け入れていることに気付きます。

それは、猫の性格と表情にぴったりハマった声が、原因です。高畑充希の透き通る声が違和感なく、猫のナナの表情にハマっているからです。

この映画の中では、動物は普通にしゃべり、家族のような存在として描かれています。

主人公の悟は、次々に襲いかかる不幸な出来事にも負けず、健気で優しい青年に成長します。それは、ハチ、ナナと猫が側にいたからではないでしょうか。すべてを受け入れ許し、今に生き、今に感謝する。猫を通して、人生の生き方を学んでいるようです。

悟はナナとの旅を通して、自分の人生を振り返ることになります。そしてその旅はまた、悟に関わってきた人たちの新しい門出にもなりました。猫との旅がもたらした奇跡です。

強い絆で結ばれた1匹と1人の物語に、誰もが感動の涙を流すことでしょう。

まとめ


(C)2018「旅猫リポート」製作委員会 (C)有川浩/講談社

有川浩原作の、猫と人の絆を描いた映画『旅猫リポート』をご紹介しました。

声を担当した高畑充希に「見どころはズバリ、しゃべらない時の猫ちゃんの顔!」と言わしめた、猫・ナナの、ツンとした表情と強いまなざしの名演技にも注目です。

映画『旅猫リポート』、ぜひ劇場で癒されてください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『バクマン。』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

漫画家になることを決心した二人の高校生。夏休みを全部使って完成させた漫画を持ち、いざ集英社へと向かう。 物事をはじめ出す瞬間のパワーが鮮明に描かれる、清々しい青春映画『バクマン。』のあらすじや作品解説 …

ヒューマンドラマ映画

柴田千紘映画『身体を売ったらサヨウナラ』あらすじと舞台挨拶!

内田英治監督の最新映画『身体を売ったらサヨウナラ』は7月1日より、東京の新宿K’s cinemaほか劇場公開。 この映画の原作は社会学者の鈴木涼美。彼女は大手新聞社に勤務する記者でありなが …

ヒューマンドラマ映画

映画『サラバ静寂』若葉竜也(トキオ役)演技評価と感想

音楽が禁止された世界で、音楽に出会ってしまった若者たちの姿を描いた映画『サラバ静寂』。 今作の主演ミズト役を務めたのは吉村界人。そしてトキオ役で共演を果たしたのは、映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、 …

ヒューマンドラマ映画

映画ロダン カミーユと永遠のアトリエあらすじと感想!美術的考察も

2017年11月に没後100年を迎える“近代彫刻の祖”オーギュスト・ロダン。映画『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』は11月11日(土)より全国ロードショー! ロダンといえば、東京・上野にある国立西洋 …

ヒューマンドラマ映画

映画『新宿スワン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【綾野剛×沢尻エリカ共演】

演技派で知られる綾野剛。いよいよ、2017年1月21日から『新宿スワンⅡ』の公開されます。 今回は前作『新宿スワン』をご紹介。監督は園子温。 ベルリン国際映画祭での受賞経験を持つ園子温監督の新たなチャ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学