Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/11/01
Update

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』あらすじネタバレと感想評価。知識と価値を熟成させた深みのあるストーリー

  • Writer :
  • からさわゆみこ

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』は、父の息子への期待と息子が見つけた道の現実を描く!

跡継ぎ問題は日本でもよく聞かれる話。親たちの苦労はわかっていても、自分に成し遂げたい夢ができたら、そのような子供世代も多くなっています。

Netflix映画『ワインは期待と現実の味』は、アメリカ南部のメンフィスで店を継がせたい父親と、自分の夢をみつけた息子の、すれ違った心が再び交わるまでの物語です。

演出を担当したプレティス・ペニーは、HBOのテレビドラマ「Insecure」シリーズのプロデューサーとして知られており、本作品『ワインは期待と現実の味』で初の映画監督を務めます。

プレティス監督は次のように語り、「肌の色やつらい体験によって人を定義するのではなく、みな同じ人間であることを前提としたうえで、自己肯定や人間性をテーマにした」とワインのように深く膨よかな映画をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ワインは期待と現実の味』の作品情報

Netflixオリジナル映画『ワインは期待と現実の味』

【公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Uncorked

【監督/脚本】
プレンティス・ペニー

【キャスト】
ママドゥ・アティエ、コートニー・B・ヴァンス、ニーシー・ナッシュ、ケリー・ジェンレット、マット・マクゴーリ、ギル・オゼリ、サーシャ・コンペール、バーナード・デヴィッド・ジョーンズ、ミーラ・ロヒット・クンバーニ、マシュー・グレイヴ

【作品概要】
主役のエライジャ役には、生後6ヶ月で外交官だった父が政治亡命したのを受け、アメリカに渡ったという経緯もある、『パティ・ケイク$』(2018)のママドゥ・アテイエ。

エライジャの父ルイス役には、FXのミニシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件」(2016)で、エミー賞主演男優賞を受賞した、コートニー・B・ヴァンス。

作中のオリジナル音楽は、グラミー賞の2013年にベストラップソング賞、2020年でベストラップパフォーマンス賞を受賞している、ヒップホップポップやR&Bアーティストのヒット・ボーイが担当しています。

映画『ワインは期待と現実の味』のあらすじとネタバレ

メンフィスの酒店でアルバイトをしながら、実家が営むBBQ店の手伝いをしているエライジャは、ワインの魅力に興味を抱き、独学で知識を学ぶ青年。

ある日、酒店に来た看護師のターニャに、おすすめワインの説明をする時に「ヒップホップは好きかい?」と訊ねて、ワインの種類をヒップホップの音楽に例えます。

シャルドネはワインの元祖、万能で何にでも合うワイン界の“ジェイ・Z”、ピノ・グリージョは白ワインだけど、少しスパイシーな“カニエス・クアスト”、リースリングはさわやかで、上品な甘みがあってその気にさせる、“ドレイク”という感じにです。

ターニャはカナダ出身のラッパー“ドレイク”に例えられた、リースリングを選びました。そして、彼女はエライジャに興味を抱いたようです。

エライジャが棚に品出しをしていると、オーナーのレイアン・ジャクソンが取得した、“ソムリエ・ディプロマ”の証書が目にはいります。それを見てふと憧れを抱きます。

エライジャの父親が経営するBBQ店は、連日行列のできる人気の店です。母は店頭で父は厨房で働く、一家総出できりもりしていて、父のルイスはエライジャが後継者になると、決めて疑っていません。

ルイスはエライジャを連れて、燻製器の薪を買い出しにいきます。ルイスは薪の良し悪しについて、担当者と話しながらエライジャに伝えていますが、彼には全く興味がなさそうです。

ルイスが「明日は肉の卸売業者に行く」と、言ってもエライジャは「ワインクラブの出荷準備がある」と断ります。ルイスは家業の話しになると避けたがる息子に、店の存在意義を語り出します。

そして得意文句は、「フランキー・ビヴァリー(アメリカの歌手)の倒れた店だぞ」です。ルイスは“家業を継ぐための勉強をしろ”と、エライザを頭ごなしに言います。

次の日、エライザが出向いたのはワイン学校で催されたワインの試飲会でした。いろんな年代、産地銘柄のワインを試して興奮して酒店に戻り、ワインの魅力について熱弁します。

そこはジャクソンが通ったワイン学校でした。ジャクソンはソムリエ試験は難しく、結婚し子供もいたから、通うのも大変だったと語ります。

ジャクソンは独身で時間もあるエライジャに、ワイン学校に行きたいのか聞くと、親が店を継がせたがっているが、“ただ、自分の道をみつけたい”と答えます。

ジャクソンは「3回試験にトライしてやっととれたから、覚悟が必要でとても厳しい」と、アドバイスします。

店が主催する“ワインクラブ”のホームページを更新していると、ターニャが再び来店しました。

ターニャはエライジャが勧めてくれたワインの説明で、ワインとエライジャに興味をもってきたのです。

エライジャは彼女に、隔月でワインの試飲会があり、ワインの専門誌が無料で読めるなど、ワインクラブの案内を説明すると、ターニャは入会すると言い、「私のメールアドレスと連絡先が必要?」と、聞きます。

ターニャにまんざらでもないエライジャは「それは絶対に必要だ」と、職権乱用で彼女の連絡先をゲットしました。

夕食の席でルイスはエライジャに、頼んでおいた店の用を済ませてなかったことを問い出します。用事があったというと、「仕事より大事な用か?」と不穏な空気になります。

母のシルヴィアも察しますが、“ソムリエの会”に出席していた。と話すと、従弟のJDが“ソマリア”と聞き間違え、会話は脱線してしまいます。

シルヴィアはエライジャの話しに戻し、彼はソムリエについて説明します。そして、ジャクソンが推薦状を書いてくれると話すと、ルイスは「そこまでしてもらってやり通せればいいが・・・」と懸念します。

ルイスはいろんなことに興味を示しては、「思いつきばかりで・・・」と言いかけ、シルヴィアはその先を言わせません。彼女はエライジャの気持ちを大切に思う母親でした。

そのシルヴィアは2年前にガンを患い、購入したウィッグがたくさんあります。経過観察中でまだ髪の量を気にしているからです。作中ではさまざまな髪型になる、シルヴィアがでてきます。

シルヴィアはルイスに、夕食時のエライジャへの態度を責めます。彼女は息子のやりたいことを応援するのが親だと言い、ルイスはエライジャが、DJ、日本で英語の教師・・・と、やっては挫折したのを見てきて、そろそろ家業に目を向ける時だと言います。

それでもシルヴィアは「今は得意分野を見極めている時、なぜソムリエなのか、聞いてあげても・・・」と息子をかばうのです。

エライジャはターニャとの初デートしますが、ターニャは別の店で、シャルドネを買った話をはじめます。

エライジャは「裏切ったな?」と言いますが、ターニャは「そうだけど・・・ワインは得意分野?」と、聞きます。シャルドネを買った店員の説明とは違ったからでしょう。

エライジャは前の彼女と食事に行った時に、ウェイターがワインのブドウの産地、育った環境など、知らなかった知識に興味がわいて、家でも調べるようになったと言います。

“今までの人生でははどこにも行けなかったから、フランスやスペインに行った気分になれた”

エライジャのワインに対する興味に対して、ターニャは「次々に気が移るの? 店員以上になるつもりは?」と聞きます。そこで、エライジャはソムリエに、なることも考えていると話します。

ターニャは地頭の良さを見抜いて、ソムリエへの道を後押ししますが、試験の難度や仕事との両立を理由に、迷っているエライジャに「言い訳考えるより、試験を受ける方が簡単」と言います。

ターニャは、“人はできない理由を考えがちだけど、本気さえあれば”と推しました。

以下、『ワインは期待と現実の味』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワインは期待と現実の味』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

Netflixオリジナル映画『ワインは期待と現実の味』

“アカデミーオブ ソムリエ”マスターソムリエ プログラムの入学試験は、理論とテイスティングの2つの試験で、80%の正解率が合格ラインです。

エライジャは試験に挑むことを決めました。

一方、父親のルイスは2店舗目の開業に向けて、動き出していました。エライジャは新店舗の物件に呼び出されました。

「今の時代に親父のやり方では古すぎる。ここでなら俺たちのやり方で、自由にできる・・・」と夢を語ります。

そしてバーカウンターを設置して、ワインを提供すればいいと提案もします。ところがエライジャの様子は少し違いました。

「ソムリエの話しを覚えてる?俺は店を継がない。学校へ通う・・・入学試験に受かったんだ。どう思う?」

ルイスは失望した表情で「おまえも大人になったな。やりたくないならやるな」と言います。エライジャは少し考えて「仕事に支障は出さない」と答えます。

エライジャはワイン学校に通い始めます。授業はハイレベルで難しいものです。クラスメイトのリッキーとも予習複数していきます。

ある日、クラスのハーバードが、テイスティングを見事に言い当てます。彼に対抗してエライジャもテイスティング対決を試みますが、負けてしまいました。

エライジャは毎晩勉強している上に、オーソドックスなワインのテイスティングで、間違えたことにショックをうけました。

学校を出るとあとから出てきた、ハーバードが声をかけます。「僕たちの勉強会に参加しないか?勉強会なしには試験には受からない」と、言われ参加することにします。

ところが勉強会のある水曜日は、BBQショップで仕事がある日です。エライジャはシフトの変更をルイスに切り出しますが、シルヴィアとの先約がありました。

そこで「水曜日は混んでいそがしい。仕事に支障は出さないと言ったはずだろ?」と突っぱねます。

勉強会当日、ルイスとシルヴィアはデートに出かけますが、店からの異常警報がスマホに入ります。慌てて店にいくと、エライジャとターニャが店の片づけをしていました。

ルイスが“学校に行く前に終わらせておけ”と言ったのです。エライジャはターニャの協力を得て、片づけをしていました。

ターニャが警備の解除をする前に、ドアを開けてしまったので、警報がなったのです。このハプニングでエライジャはターニャを紹介でき、ルイスも思ったほど意地悪ではなかったとわかりました。

勉強会のメンバーはハーバード、エライジャ、リッキー、リーンの4名です。ある日の勉強会で4人は、パリ校との交換プログラムの案内を受け取りますが、参加費は1万ドルと高額なためエライジャは、行けないと諦めぎみです。

ハーバードはエライジャに行けない理由を聞きます。そして、自分も父親から賛同は得てないが、最終的には自分で決めたと言います。そして、ハーヴァードが生活費を折半すると言ったら考えるか?と聞きます。

ターニャにも相談すると、ソムリエに本当になりたければ、もっと必死になるはずだと指摘されてしまいます。

エライジャは費用の面で厳しいことを言い訳にして、実はパリに行くことで、失敗したり才能のなさを、思い知ることが怖いと思っていたのです。

それでもエライジャは意を決して、家族と夕食を撮っている時に言います。ソムリエになるのは厳しいけれども上達するために、パリに行きたいといいます。

家族は口をそろえて費用はどうするのか聞きます。エライジャは自分の車を売って、費用の半分を捻出するというと、シルヴィアはそうするのなら、残りの半分は応援すると言ってくれます。

壮行会の日、シルヴィアははガンになった時のことなどを思い出し涙します。そして、ソムリエになるために、パリへ出発する息子を誇らしく思いました。

ルイスは壮行会に少し顔を出したきり、仕事場で別のことをしています。そこへエライジャが、イタリアワインのバローロをプレゼントしにきます。

バローロは“父と息子”が作りはじめたワインだと説明しますが、ルイスは話しもそっちのけで機械の修理をします。

エライジャは学校に行くようになって、無視するような態度になったルイスに、イラ立ちをぶつけます。逆にルイスは、息子から見下されていると感じていました。

エライジャはとっさに「俺はBBQで終わりたくない。父さんはそうだ」と、言ってしまいます。ルイスは「2度と帰ってくるんじゃない」と、言い放ちます。

パリに出発したエライジャは、パリでの生活を満喫している時、シルヴィアの定期健診でがんが再発し、肺に転移していたことがわかります。

シルヴィアはがんセンターで治療を開始し、エライジャのパリでの様子を励みにします。ルイスは相変わらず、エライジャの話題は避けています。彼女はルイスにエライジャに連絡しないように言います。

研修は順調に進んでいましたが、仲間のハーバードが父親からの紹介で、就職することになり、急遽帰国することになりました。

生活費用を折半する相手がいなくなり、エライジャはアルバイトを始めますが、言葉が通じなかったり、疲れて勉強に身が入りません。

ついシルヴィアに資金援助の電話をしてしまいますが、出たのはルイスで話せませんでした。それを察したシルヴィアにルイスは資金支援に反対します。

そして、日毎に弱る母を見た姉のブレンダは、エライジャに母のがんが再発したことを連絡しました。

エライジャはシルヴィアに電話をし、帰国すると言いますが、彼女はパリでの勉強をやり抜くよう後押しします。

ところがエライジャは、ソムリエの接客実習で失敗をしてしまいます。生活が苦しくなり、母のことも気がかりで、勉強に身が入らなくなります。

シルヴィアはルイスに内緒でパリに送金します。エライジャとルイスが、ギスギスしていることに嫌気がさし、自分が死んだあとの2人が心配だからです。

ルイスは先代が倒れた時に店を死守した事、ルイスもエライジャも店から様々なことを学んだのに、簡単にそれを捨てると言ったことが許せませんでした。

シルヴィアは「押し付けちゃダメ。捨てたわけじゃない。自分の道を見つけたいのよ」と、諭すのでした。

そして、治療の甲斐なくシルヴィアは帰らぬ人となるのです。ワインの勉強会でテイスティングの練習をしても、ワインの特徴が母シルヴィアと重なり涙が溢れます。

エライジャは着々と準備のすすむ新しい店に行き、ルイスと話しをします。「お父さんは後悔しなかったの?大学を中退して・・・」

ルイスは「先生になっていた場合のことを想像することはある」と言いました。エライジャは、父が教師を目指していたことを初めて知りました。

「黒人の子供に読み書きを教えることは、尊いことだ。でも、俺はゼロから店をつくる姿をみて、親父を選んだ」と言います。

エライジャはルイスの力になろうと、手伝えることを聞きますが、ルイスは全て断ります。早朝ルイスが1号店に行くと、エライジャが燻製器に薪をくべていました。

父一人では大変だろうと手伝いにきたのです。そして、新店舗の開店準備も手伝うようになり、精肉店へも行くようになります。

エライジャはJTに学校を休学しようかと思っていると話します。父の手伝い、学校での白人からの圧などいろいろ言い訳をしながら、学校に退学を申し出てしまいました。

店の手伝いをしていると、ターニャがリッキーから、退学のことを聞いたと訪ねて来ました。「今までの努力とお金を無駄にするの?」と言いますが、「父親の手伝いが無駄なのか?」と、ターニャのいうことを聞く耳持ちません。

エライジャはルイスとバーでお酒を飲んだり、新店舗の手伝いやアイデアを提案したりします。ルイスはワインの試験は大丈夫か聞くと、父さん一人じゃ大変だろう?と、言います。

ルイスは「父さんや母さんを言い訳に使うな」と言い、「BBQで終わったと言ったよな? 店を継いだのはいいが、何をしていいかわからなかったが、必死にみつけようとした」と話します。

そして、「ワインが好きか?」と訊ね好きだとエライジャが答えると、店を手伝わせながら、ルイスも試験対策の協力をはじめたのです。

試験の出発の日ルイスは、祖父の形見のスーツをエライジャに渡し、着て臨むようエールをおくります。

試験はブラインドテイスティングの、白3種と赤3種を25分以内に判別するテストです。試験が終わり宿の部屋でテレビを見ていると、部屋をノックする者がいます。

「母さんならこうしたはずだと」言い、ルイスがホテルに来たのです。合否は次の日に出るためエライジャは緊張していました。

ルイスはエライジャからもらった、“バローロ”とドミノゲームを出します。2人はワインを飲みながらゲームを楽しみ、リラックスします。

エライジャの結果は不合格でした。彼は酒店の仕事をしながら、ルイスも驚くほどに、新しいBBQ店の手伝いをするようになります。

そして、エライジャとターニャは学校の仲間で合格した、リッキーの勤めるレストランへ食事をしに行きます。

そこでエライジャは、彼の真新しいスーツのエリで輝く、マスターソムリエの徽章を見て、もう一度ワイン学校に入り直し、マスターソムリエを目指すのです。

父ルイスはもう、エライジャの進む道に何も言いません。その瞳は安堵にも似た笑みがありました。

スポンサーリンク

映画『ワインは期待と現実の味』の感想と考察

本作は観ているだけで、ワインの知識が身につく感じがするくらい、ワインに関する専門用語や産地などが沢山出てきます

一見ストーリーはありがちな跡継ぎ問題だと思うでしょうが、実はアメリカ南部メンフィスに残る、根深い差別問題を忍ばせています。

アメリカの南部は特に、黒人を奴隷にしていた時代が長くありました。その黒人の精神を解放に導いたきっかけの一つが、映画のバックグラウンドに流れる、ヒップホップやリズム&ブルースだったとも言われています。

そのブラックミュージックをメンフィスに広げたのが、白人DJだったということから、人種の歴史や価値観の違いを解消し理解し合うには、緩衝材となる人物や素材が必須であり、歩み寄りが大切だと訴えている気がしました。

そして、作中でターニャが言った、“人はできない理由を考えがちだけど、本気さえあれば・・・”と、ルイスが言った、“母さんや父さんを言い訳にするな”と言ったように、壁にぶちあたると、逃げ出したくなる気持ちをよく言い当てていると、ドキッとしました。

エライジャが学校を辞める時に、ターニャには相談せず、JTに話したのは彼なら反対せず、共感してもらえ、ターニャに話せば、厳しいことを言われるとわかっていたからです。

人には誰でも弱い面があり、厳しい言葉は避け、たやすい方へ流れてしまいます。それをエライジャの心の動きを使い、うまく表現しています。

まとめ

この映画は家業にはありがちな、跡継ぎ問題です。父と息子の世代間にある価値観の違いや、苦労人の祖父や父親と比べ、何不自由なく育った、息子の人生観の間にあるギャップで、親子の関係がギクシャクするストーリー。

母親がその2人をつなぎとめる役割でしたが、関係改善の糸口を見ないまま他界してしまいます。母は家族の中心者ですから、シルヴィア亡き後どうなってしまうのかが鍵でした。

母の死でワインの勉強に身がはいらなくなり、逃げ道をBBQの仕事に向けたエライジャでしたが、それが父との関係修復へと近づけ、ソムリエの勉強に対しても理解をさせられました。

『ワインは期待と現実の味』は父親の自負と息子への期待、息子の浮ついた夢の現実などをワインに例え、理解をする歩み寄りや、夢に向かうやる気を見せることの大切さを伝えてくれた映画、一見の価値のある作品です。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ブリングリング』ネタバレ感想と実話考察。動画無料視聴方法も

本年度カンヌ国際映画祭で『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』で監督賞を受賞したソフィア・コッポラ。 彼女の過去作、『ブリングリング』では、実際にあったハリウッドセレブばかりを狙った、 …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』キャストの岡部隼也役は和田正人。演技力とプロフィール紹介

累計400万部を突破する人気コミック作品・かわぐちかいじ原作の『空母いぶき』を実写化した映画が、2019年5月24日より公開されます。 監督は『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』などで知られる若松節朗。 …

ヒューマンドラマ映画

映画『もち』感想と評価レビュー。岩手県一関市の食文化として語り継がれる「餅」を暮らしとともに描く

親から子へ、祖父母から孫へ。 そして地域の人々に語り受け継がれる、のびーる食文化。 岩手県一関・平泉地域で、長く受け継がれてきた「もち」の食文化をテーマに、そこで生きる人々の暮らしや思いを丁寧に描いた …

ヒューマンドラマ映画

『暁に祈れ』あらすじと感想レビュー。実話の映画化に実際の囚人と本当の刑務所で撮影した徹底的なリアリズム

映画『暁に祈れ』は12月8日(土)より、ヒューマントラスト渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか、全国順次公開。 犯罪と不正が渦巻き、「地獄」とも呼ばれるタイの刑務所で、ムエタイを武器にのし上がっ …

ヒューマンドラマ映画

映画『若草の頃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『若草の頃』は、『巴里のアメリカ人』『バンドワゴン』で知られるヴインセント・ミネリの出世作です。今でも多くの人に愛される本作の魅力はどこにあるのでしょうか?  Cinemarche&nbsp …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP