Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/01/08
Update

映画『ハウス・オブ・グッチ』あらすじ感想と評価解説。原作からも見えてくる結末まで目が離せない“グッチ創業一族の愛憎と内幕”

  • Writer :
  • ほりきみき

映画『ハウス・オブ・グッチ』2022年1月14日(金)全国公開!

GUCCI創業者一族の確執とその中で起きた創業者グッチオ・グッチの孫にあたる3代目社長マウリツィオ・グッチ殺害事件を描いた『ハウス・オブ・グッチ』。

GUCCIという富と名声に翻弄され、一族内で醜い権力争いが繰り広げられます。それを裏で画策していたのはマウリツィオの妻、パトリツィア・レッジャーニでした。

労働者階級で育った彼女がどうやってグッチ一族に入り込んだのか。なぜマウリツィオは殺されることになったのか。

パトリツィアの視点で一族の盛衰を見つめていきます。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の作品情報


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.  

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原作】
サラ・ゲイ・フォーデン『ハウス・オブ・グッチ 上・下』(実川元子訳、ハヤカワ文庫、2021年12月刊行予定)

【監督】
リドリー・スコット

【脚本】
ベッキー・ジョンストン、ロベルト・ベンティベーニャ

【出演】
レディー・ガガ、アダム・ドライバー、アル・パチーノ、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエックほか

【作品概要】
2001年にサラ・ゲイ・フォーデンが書いた『ハウス・オブ・グッチ 上・下』を原作とし、『エイリアン』(1979)や『ブレードランナー』(1982)などの名作から、アカデミー賞作品賞を受賞した『グラディエーター』(2000)や『最後の決闘裁判』(2021)など、幅広い作品を世に送り続けるハリウッドの巨匠リドリー・スコットが監督を務めます。

グッチ家崩壊を招くパトリツィア・レッジャーニには、世界的なミュージシャンとして唯一無二の存在であり続け、初主演『アリー/スター誕生』(2018)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたレディー・ガガ。

その夫マウリツィオ・グッチをアダム・ドライバーが演じるほか、アル・パチーノ、ジャレッド・レト、ジェレミー・アイアンズ、サルマ・ハエックなどハリウッドを代表する豪華キャストが勢ぞろいしました。

映画『ハウス・オブ・グッチ』のあらすじ


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.  

父が営む運送業会社で経理を担当するパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)は友人に誘われて出掛けたパーティーで1人の男性と知り合います。

彼の名前はマウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)。その名前を聞いてピンときたパトリツィアは偶然を装って再会を果たし、積極的にアプローチを掛けました。

マウリツィオ本人は弁護士を目指していましたが、ファッションブランド“GUCCI”の創業者グッチオ・グッチの孫だったのです。

マウリツィオの父ロドルフォ・グッチ(ジェレミー・アイアンズ)はパトリツィアが財産目的で息子に接近していると怪しみ、結婚に反対しますが、世間知らずのマウリツィオはパトリツィアに夢中で、耳を傾けませんでした。

ロドルフォの兄で、GUCCI経営のトップに立つアルド・グッチ(アル・パチーノ)は甥の結婚を知り、2人を自身の誕生日パーティーに招きます。

アルドはパトリツィアを気に入り、2人をNYに招待しました。

パトリツィアは傾倒し依存する占い師ピーナ(サルマ・ハエック)の助言を受けて、家業を継ぐことに興味のなかったマウリツィオを説得。

NYに移り住むと、マウリツィオはアルドからブランドの仕事を託されるようになりました。

一方、アルドの息子パオロ(ジャレッド・レト)はGUCCIのイメージとはかけ離れた、新たなデザインを模索しますが、父やロドルフォに受け入れてもらえず苦悩していました。

やがて病身だったロドルフォが亡くなり、マウリツィオに対して支配的になっていったパトリツィアはパオロに味方するように思わせ、父子の対立を深めさせます。

それは2人をGUCCIから追いやっていくための方策でした。しかし、パトリツィアたちも無傷ではいられない事態になっていきます。

こうした親族内トラブルが続き、マウリツィオのパトリツィアへの愛は冷めていき、若い頃の友人に安らぎと愛を求めるようになってしまいます。

すべてを失うことを恐れたパトリツィアはピーナに相談を持ち掛け、最悪の手段を講じることにしました。

スポンサーリンク

映画『ハウス・オブ・グッチ』の感想と評価


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.  

レディー・ガガが魅せる細やかな演技

パトリツィアは友人に誘われて出掛けて行ったパーティーでマウリツィオと出会います。

しかしパーティー会場のカウンターの中にいたマウリツィオを最初はパーティースタッフと勘違いして飲み物を頼みました。

おどおどと自分の立場を説明しつつもカクテルを作ってくれたマウリツィオにパトリツィアは好意を感じ、自分の名前を名乗ると、マウリツィオもフルネームで名乗ります。

「グッチ」という言葉を聞いたときのパトリツィアの目に注目です。マウリツィオをロックオンした音が聞こえてきた気がしました。

マウリツィオをダンスに誘うパトリツィア。しかし、その場でぐいぐい迫っていくわけではありません。

後日、偶然を装い、再会。印象を残す行動を取ります。

この辺りの駆け引きは見事。初心なマウリツィオがノックアウトされるのも仕方ありません。

パトリツィアを演じたレディー・ガガが予告編の中で「GUCCIはイタリアを代表する王朝と呼べる企業の1つ」と語っています。

華やかなファッション業界の頂点に君臨したブランドで富の象徴ともいえるでしょう。

しかしこの頃のパトリツィアは、GUCCIが持つ富の本当の意味を理解できていませんでした。

マウリツィオの伯父であるアルドから誕生日パーティーに招かれたとき、自分が知っている世界との違いに驚いているのがパトリツィアの表情から伺えます。

アルドからは気に入られ、マウリツィオをけしかけてNYで暮らし始めた頃からパトリツィアの顔つきが変わってきます。まるで獲物を狙う狡猾なハイエナのよう。

新居に着いて、マンハッタンの高層ビルを背景にしてベランダに立つパトリツィアをマウリツィオがカメラで捉えますが、カラコレで色味を落とし、BGMにユーリズミックスの「Here Comes the Rain Again」を流して、不吉感たっぷり。

2人の行く末が暗示されます。この頃から衣装も目を見張るほどに変わっていきます。これもGUCCIの全面的な協力があってこそ。

隙のない着こなしは、まるでGUCCIという鎧を身につけているようで痛々しさを感じます。

パトリツィアの変化をレディー・ガガが、細やかな目の動きといった顔の表情や立ち居振る舞いで演じ分けています

初主演『アリー/スター誕生』でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたのも納得です。

内気な若者が権力に魅入られていく


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

マウリツィオは幼い頃から富の享受は受けていたためか、パトリツィアのようなハングリーさがなく、父親が持つものへの執着を感じません。

人のいい“ぼんぼん”な感じをアダム・ドライバーが自然に醸し出していました。

マウリツィオは結婚を反対されて家を出て、パトリツィアの義父(パトリツィアの母は子どもを連れて再婚しているのです)が経営する運送会社で働き始めます。

もしかするとその頃が実は一番幸せだったのではないか、そんな気がするほど、2人とも楽し気です。

ところがパトリツィアに追い立てられるようにGUCCIの経営の一端を担ううちに、マウリツィオは洗練されていきます。

演じているのがアダム・ドライバーですから、カッコいいのも当たり前。ファンにとっては眼福ものでしょう。

やがてパトリツィアの存在が一族を変え始め、権力と名誉を求めて家族同士で争うように。

一度は永遠の愛を誓い、夫婦として同じ道を歩んでいたはずのパトリツィアとマウリツィオですが、身内に対する思いを共有するのには無理がありました。

“自分が夫をここまでにした”という思いでパトリツィアはマウリツィオを雁字搦めにしようとしますが、それって相手にとっては鬱陶しいだけ。

GUCCIのトップに君臨するようになったマウリツィオの気持ちはパトリツィアから離れ始めます。決定打となったのはマウリツィオが昔の仲間とスキー場で寛いでいたときのパトリツィアの振る舞い。

今度、聞こえてきたのはマウリツィオのパトリツィアへの思いが完全に切れた音。その瞬間のアダム・ドライバーの表情は要チェックです。

ため息がもれるラグジュアリーな空間


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

マウリツィオの父親ロドルフォの邸宅はイタリア最大のミシンメーカー、ネッキ家の私邸であるヴィラ・ネッキ・ カンピリオで撮影されました。

建築士のピエロ・ポルタルッピが予算無制限で建てただけあり、ため息が漏れるほど豪華。現在はガイド付きツアーでのみ見学可能です。

アルドの邸宅はルネサンス期のパラディアン様式の住宅を使用していますが、アンティークな雰囲気の内装が完璧!

マウリツィオがパトリツィアと別れた後、幼馴染みのパオラと暮らしていた家もエレガントなうえにゴージャスです。

ラグジュアリーな空間も本作の見どころになっています。

まとめ


(C) 2021 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ブランドの元祖と呼ばれた、世界屈指のファッション・ハイブランド“GUCCI”。

華麗なる創業一族が金と権力に惑わされ、崩壊していく様を描いた作品ですが、パトリツィアとマウリツィオの愛の物語でもあります

きっかけはステージアップを狙ったパトリツィアの野心だったかもしれませんが、彼女がマウリツィオを愛していたのは確かだとレディー・ガガの演技を見ていると思えてきます。

愛=束縛と勘違いしてしまったパトリツィアの取り返しのつかない決断が多くの人を不幸にしてしまいました。愛情はたっぷりあったものの、愛し方が間違っていただけなのかもしれません。

ところでGUCCIと日本の関係は意外と深いのです。

第二次世界大戦期に牛革の使用が困難になり、GUCCIは革の代用品となる素材として日本から竹を輸入し、バッグの持ち手として採用したことで「バンブーバッグ」が誕生しました。 

日本の関係は作品にも登場します。アルドがロドルフォの邸宅を訪ねたときに「コンニチハ」と声を掛け、「御殿場のモールへの出店」をロドルフォに提案していたのです。

御殿場プレミアム・アウトレットの開業は2000年7月13日ですから、その15年くらい前にGUCCIはすでに御殿場への進出を考えていたようです。

映画『ハウス・オブ・グッチ』2022年1月14日(金)全国公開!




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『最強のふたり』動画無料視聴!配信でPandoraやDailymotionよりも快適に見る

映画『最強のふたり』は、日本で公開されたフランス映画のなかで、『アメリ』を抜き興行収入歴代1位を記録。 また、第24回東京国際映画祭で東京サクラグランプリ(最優秀作品賞)と最優秀男優賞をダブル受賞しま …

ヒューマンドラマ映画

映画『夜明け』あらすじと広瀬奈々子監督のプロフィール。上映館情報の紹介も

映画『夜明け』は、1月18日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー! 『万引き家族』の是枝裕和、『ゆれる』の西川美和らが立ち上げた制作者集団”分福”に所属する広瀬奈々子の監督デビュー作です。 是 …

ヒューマンドラマ映画

映画『Fukushima 50』あらすじネタバレと感想・評価。佐藤浩市らキャストが語る“今”痛みを描く意味とは

映画『Fukushima 50』は2020年3月6日(金)から全国ロードショー 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿 …

ヒューマンドラマ映画

映画『犬猿』あらすじとキャスト。公開日時と上映館も【吉田恵輔作品】

『ヒメアノ〜ル』の吉田恵輔監督が約4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化! 窪田正孝、新井浩文、「ニッチェ」の江上敬子、筧美和子ら異色の組み合わせが果たしてどのような化学反応を起こすのか? 兄弟姉妹とい …

ヒューマンドラマ映画

ソン・ガンホ映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』あらすじとキャスト。

ソン・ガンホ主演の『タクシー運転手 約束は海を越えて』は、4月21日(土)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー! 韓国での観客動員1,200万人突破する快挙で、第38回青龍映画賞で最優秀作品賞、主演 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学