Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/04/11
Update

映画『GP506』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ウィルスの発生源と迷宮的な軍事施設で起きた事件の真相とは⁈|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー75

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第75回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第75回は、『GP506』(2008)のご紹介です。

非武装地帯に存在する警戒しょう所「ガードポスト」通称「GP」。

内部が迷路のようになっており「1度入ると出られない」と呼ばれる、この軍事施設で起きた、残虐な事件の真相とはいかに?

映画『GP506』のあらすじと感想をネタバレありでご紹介します。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『GP506』の作品情報


©2008 Bokko Pictures, Inc.Showbox/Mediaplex, Inc. All Rights Reserved.

【公開】
2008年制作(韓国映画)

【原題】
GP506

【監督】
コン・スチャン

【キャスト】
チョン・ホジン、チョ・ヒョンジェ、イ・ヨンフン、イ・ジョンホン

【作品概要】『
軍事施設「GP506」で発生した、残虐な事件の真相の解明に挑む捜査官が、迷宮のような施設で遭遇する、恐怖とその正体を描いたバイオレンスホラー。

主人公のノ捜査官を『卑劣な街』(2006)などに出演し、本作が初主演作となるチョン・ホジン。

自称「GP小隊長」を名乗る、ユ中尉を『スキャンダル』(2003)のチョ・ヒョンジェが演じています。

監督は『Rポイント』のコン・スチャン。

映画『GP506』のあらすじとネタバレ


©2008 Bokko Pictures, Inc.Showbox/Mediaplex, Inc. All Rights Reserved.

最前線に存在する軍事施設、通称「GP506」。

「冷戦時代のなごり」とも呼ばれるこの軍事施設は、1個小隊が3ヵ月間駐在し、防衛任務にあたっています。

迷路のようなこの施設で、兵士全員が殺害される事件が発生します。

「GP506」を指揮していた小隊長であるユ中尉が、総参謀総長の息子である事から、ノ捜査官は上官から「ユ中尉の遺体を探せ」と命じられます。

日付が変われば「GP506」内の事件は揉み消される為、期限は次の日の明朝までとなります。

ノ捜査官が「GP506」に到着すると、軍医官が既に遺体の処理を始めていました。

時間が経過すれば遺体が傷み始める為、遺族からのクレームを避けようと、軍医官は遺体を迅速に運び出そうとします。

「GP506」にいた兵士の数は21名。その内、事件を起こしたカン上等兵は、意識不明になっていました。

ノ捜査官は、20名のはずの遺体の数が、19名しかないことに気付きます。

1人足りないことを不審に感じたノ捜査官は、「GP506」での総指揮を自分が執ることを伝え「今後GP外に遺体は運ばせない」と軍医官に伝えます。

早く遺体を運び出したい軍医官は、ノ捜査官の命令を無視して、強引に「GP506」から遺体を搬送します。

ですが、全ての道路が閉鎖されており、成す術の無い軍医官は「GP506」に戻って来ます。

ノ捜査官は、施設内で起きた事件を把握する為に「GP506」内に残された、勤務日誌を読みます。

兵士を皆殺しにしたカン上等兵は、問題のある行動を起こすことも多かったですが、根は明るい性格で、事件を起こすような人間ではありませんでした。

事件に不信な点を感じながら、ノ捜査官が「GP506」内を探索すると、生き残った兵士が発見されます。

その兵士は「ユ中尉」を名乗り「自分はGPをまとめていた、小隊長だ」と言います。

ノ捜査官はユ中尉から、事件の詳細を聞こうとしますが、ユ中尉は「どうせ話しても信じない」と何かに怯えた様子を見せます。

何も話さないユ中尉を諦め、更にノ捜査官が「GP506」内を探索していると、ビデオカメラが見つかります。

兵士達の誕生パーティーの様子が録画された、そのビデオには、途中から血で赤く染まったようなカン上等兵が現れ「これから20名全員を殺す」と宣言します。

カン上等兵の殺意は本物でした。

何故カン上等兵は、こんな残酷な事件を起こしたのでしょうか?

ノ捜査官の問いかけに「俺は幽霊など信じないが…」と、ユ中尉が重い口を開きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『GP506』ネタバレ・結末の記載がございます。『GP506』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ユ中尉が話す事件の真相。

「GP506」内で、兵士たちは日々の任務にあたっていました。ある時、マ兵長率いる班が、除草作業へ出掛けたまま行方不明になります。

マ兵長達を探す為、捜索部隊が編成される中、突然マ兵長達が戻って来ます。しかし、その日を境に、マ兵長と部下が犬を食べ始めるなど、異常な行動を見せるようになります。

ある夜、夜警をしていたキム一等兵が、マ兵長に襲われます。ですが、一連の事件に関して、キム一等兵は記憶が残っていませんでした。

何かに怯えるキム一等兵は、次の日に何者かに殺されていました。

ユ中尉の話を聞いていたノ捜査官ですが、突然「GP506」の捜索隊の兵士が、仲間の兵士を殺すという事件が発生します。

殺人を起こした兵士には、事件時の記憶が残っていませんでした。しかし軍医官は、その兵士の体に、謎の腫れ物が出来ていることに気付きます。

「GP506」内で死亡した兵士にも、同様の腫れ物があったことから、軍医官は「人間を攻撃的にする、ウィルスに感染した」と仮説を立てます。

除草作業に出たマ兵長と部下は、どこかで、このウィルスに感染したのでした。

そんな中、意識不明状態だったカン上等兵が亡くなります。

さらに、残されたアルバムを見ていたノ捜査官は、ユ中尉が偽物であることに気付きます。

実は、キム一等兵を殺害したのが本物の小隊長であるユ中尉で、ノ捜査官がユ中尉と信じていた人物は医務兵でした。

本物のユ中尉は、ウィルスの存在を認めず、キム一等兵の死亡も本部に隠蔽しようとしていたことで、部隊に内乱が起きます。

施設内で内乱が起きる中で身を隠し、1人生き残ったのが医務兵でした。

「GP506」から逃げ出した医務兵は、ウィルスに感染した兵士との戦闘になります。兵士を撃ち抜き、さらに執拗にジープで兵士の体を轢き続ける医務兵。

しかし、追いかけて来たノ捜査官に、医務兵は捕らえられます。その時、医務兵に殺されたはずの兵士が蘇ります。

ウィルスの影響で怪物のようになった兵士は、別の兵士に襲いかかるようになります。

ノ捜査官は、ウィルスの恐ろしさを目の当たりにします。ウィルスの感染は、捜索隊の中でも広がっていました。

大惨事を避ける為、ノ捜査官は武器を没収しようとしますが、それを拒んだ兵士が発砲し、銃撃戦が起きます。

ウィルスの治療法を探すノ捜査官ですが、解決策が見つかりません。

必死でこの状況を収めようとするノ捜査官は、軍医官から「ホストが死ねば、体内のウィルスも死ぬ」と聞かされます。

つまり、このウィルスを消滅させるには「GP506」にいる捜索隊が、全員死ぬしかないのです。ノ捜査官は、部隊を全滅させようとします。

つまり、カン上等兵もウィルスの存在に気付き、同じ行動を取ったのでした。「GP506」ごと爆発させようとしたノ捜査官は、兵士の反撃に遭い命を落とします。

しかし、たった1人だけ兵士が生き残っていました。

兵士は「GP506」の外に出ますが、外を包囲していた韓国の軍により、扉に仕掛けられた爆弾で死亡します。

「GP506」の内部に入った人間は全滅し、結果的にウィルスも消滅します。

突如、ビデオカメラに残された映像の続きが再生されます。

カン上等兵は「今から、俺は全員を殺害する。誰一人生き残ってはいけない」と、メッセージを残していたのでした。

スポンサーリンク

映画『GP506』感想と評価


©2008 Bokko Pictures, Inc.Showbox/Mediaplex, Inc. All Rights Reserved.
非武装地帯に実在する軍事施設「GP506」を舞台に、突如発生した殺人事件の真相を描いた『GP506』。

作品の冒頭で、いきなり体中血まみれのカン上等兵が現れ、部隊を全滅させる衝撃的な場面から始まる本作ですが、実はホラー要素よりも、かなりサスペンス色の強い内容となっています。

いろいろと解明されていない部分もあるので、考察も交えてご紹介します。

タイムリミットは夜明けまで

『GP506』の主人公ノ捜査官は、施設内で起きた事件の真相解明と共に、総参謀総長の息子で小隊長だった「ユ中尉の遺体を探す」という任務を背負っています

冒頭で起きた、部隊が全滅する事件に関して、何も説明がありません。

さらに軍の上層部は、この施設で起きたことを、全て揉み消すことを決めたようですが、とにかく不可解な展開が序盤で続きます

ノ捜査官にも、じゅうぶんな説明がされないままなのですが、上司の命令に逆らえない軍隊の規律に従い、ノ捜査官は「GP506」の謎に挑むことになります。

期限は施設が破壊される夜明けまで……

何も把握できないまま、閉ざされた施設に足を踏み入れなければならない、ノ捜査官の不安と恐怖が、序盤では丁寧に描かれています。

外の世界と隔離された施設で巻き起こる恐怖

何も分からないまま、事件の解明という表の任務と「ユ中尉の遺体を探す」という、裏の任務を進めることになったノ捜査官。

残された日誌から、事件を起こしたカン上等兵のことを探ろうとしますが、ますます謎が深まるばかりとなります

そこへ、生き残っていた自称「ユ中尉」が現れたことで、本作は急展開を見せます

「GP506」で起きた事件の真相を、このユ中尉を名乗る男が知っているからです。

事件の真相…それは、人間を凶暴化させるウィルスの存在が原因でした。

次々にウィルスに感染した兵士たちは、一時的に凶暴化してしまい「GP506」で内乱が発生したのです。

迷路のような閉ざされた施設で、逃げ場も無い為、兵士達には地獄のような状況となってしまいます。

ただ、ここで冒頭のカン上等兵の目的が、ようやく判明します。

ウィルス感染者を外に出せば、世界中がこの凶暴化するウィルスの脅威に晒される為、あえて自分の手で仲間を全滅させたんですね

ノ捜査官は、ウィルスの脅威を目の当たりにし、結果的にこれまで「理解不能」だった、カン上等兵と同じ決断をせざるを得なくなります。

この後半の展開は「傍観者だったはずが、いつの間にか当事者になってしまった」という恐怖が、皮肉的というか、印象的な演出になっていますね。

そもそもウィルスの発生源は?

結果的にノ捜査官も捜索隊も全滅してしまう、衝撃的なラストを迎える『GP506』

ただ、最後まで分からないのが「ウィルスの発生源」です。

ウィルスは、除草作業に出たマ兵長と部下が、数日間行方不明になった後に、戻って来ると感染していました。

除草作業中に、間違いなく何かが起きたんでしょうが、そこは一切謎のままです。

おそらくですが、韓国の軍部が細菌兵器を研究していて、その実験の場に選ばれたのが「GP506」だったのではないでしょうか?

「GP506」を統率していたユ中尉は、総参謀総長の息子なので、一種のクーデターだった可能性もあります

ただ、この一連の事件を、まともな検証もせずに、施設ごと破壊して揉み消そうとした韓国の軍部は、確実に全てを把握していました

とてつもなく巨大な力に翻弄される、力無き者達。そんな悲しさを感じる容赦のないラストが、なんとなくですが「韓国映画らしいな」と感じました。

まとめ


©2008 Bokko Pictures, Inc.Showbox/Mediaplex, Inc. All Rights Reserved.

完全に逃げ場の無い状況で、それまで仲間のはずだった存在が、いきなり信用できなくなる恐怖というのは、同じ韓国映画の『南極日誌』(2005)に近いですね

『GP506』は、ノ捜査官を通して、隠されていた事実が次々に明らかにされるという、サスペンス色の強い展開で、『南極日誌』よりエンターテイメント作品に振り切っていると感じました

ただ、ウィルスに感染した兵士が、中途半端にゾンビっぽくなったり「夜明けまでのタイムリミット」という設定が、いまいち活かされていなかったり、「GP506」内が同じ場面が多いので「迷宮のような内部」感がしなかったりと、残念な部分はあります。

ですが、クライマックスの「傍観者だったはずが当事者になってしまった」という、恐怖に繋げる伏線は見事ですので、間違いなく楽しめる作品です。

ウィルスの発生源ですが「北朝鮮の工作」とも受け取れたりと、人によっていろいろと、発生源に関する解釈も違ってくるのではないでしょうか?





関連記事

連載コラム

『愛、アムール』感想と解説。ハネケ映画を愛と呼ぶべきか|偏愛洋画劇場9

連載コラム「偏愛洋画劇場」第9幕 今回ご紹介するのは第65回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品、ミヒャエル・ハネケ監督による『愛、アムール』(2012) …

連載コラム

『老後の資金がありません!』原作小説ネタバレの結末とあらすじ解説。老後に向けての節約と儲け話に飛びつく主婦の姿をコミカルに描く|永遠の未完成これ完成である24

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第24回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは、垣谷美雨のベストセラー小説『老後の資金がありません! …

連載コラム

映画TUBEチューブ 死の脱出|ネタバレ感想と結末あらすじの解説。拷問サスペンスが描く閉ざされた空間の正体は“煉獄”?【未体験ゾーンの映画たち2022見破録11】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第11回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、ユニークな …

連載コラム

韓国インディーズ映画『K大OOに似たような93生まれ.avi』あらすじと感想解説。新人監督チョン・ヘウォンが描く“性犯罪と若者の現在形”|インディーズ映画発見伝26

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第26回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見 …

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『アイ・アム・マザー』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車54

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile054 海外には「ブラックリスト」という脚本公開サイトが存在します。 『エクスティンクション 地球奪還』(2018)の記事でもご紹介させていただ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学