Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『照射されたものたち』感想と評価レビュー。リティパン監督が人類の3つの大虐殺をドキュメンタリーで描く【東京フィルメックス2020】|映画という星空を知るひとよ36

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第36回

人類史上の3大悲劇といわれる、ナチスのユダヤ人大虐殺、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺、広島・長崎の原爆投下を、大量の資料映像のモンタージュから描き出すドキュメンタリー映画『照射されたものたち』をご紹介します。

日本では同年の第21回東京フィルメックス(2020年10月30日~11月7日、11月22日/TOHOシネマズシャンテ、有楽町朝日ホールほか)の特別招待作品として上映。第70回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品作品です。

ドキュメンタリー映画を中心に製作しているカンボジア出身のリティ・パン監督が、手掛けました。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『照射されたものたち』の作品情報

【日本公開】
2020年(フランス、カンボジア映画)

【原題】
Irradies

【脚本】
リティ・パン、クリストフ・バタイユ

【監督】
リティ・パン(Rithy PANH)

【作品概要】
広島、長崎の原爆投下、ナチスのホロコースト、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺。人類史上の3つの悲劇を大量の資料映像のモンタージュによって描いたドキュメンタリー。『消えた画 クメール・ルージュの真実』(2014)などのリティ・パンが手掛けています。ベルリン映画祭コンペティションで上映され、最優秀ドキュメンタリー映画賞を受賞。

映画『照射されたものたち』のあらすじ

ナレーションとともにスクリーンに映るのは、モノクロの三面分割された映像。

次々と映し出される写真が人類が犯した過ちの証拠として、悪魔のような所業をありのまま映し出します。

ナチス統制の町、拷問にあう人々、すし詰め列車、大量の死体を穴に運ぶ人、銃殺や斬首の現場、キノコ雲、爆炎に囲まれる街、黒焦げの死体、火傷の患者、生き物のようなDNA写真などなど。

眼を覆いたくなるような残酷映像は88分間連続で、人類が犯した過ちを観るものに訴え続けます。

スポンサーリンク

映画『照射されたものたち』の感想と評価

写真や映像資料が語る人類史上3大悲劇の実態は想像以上に凄まじいものです。

リティ・パン監督は、惨状の事実映像を画面を3つに分けて映すという「三面分割」を用いて製作されました。

同じ写真を3枚並べて使用している場面や、1枚は違う写真を使っていたりと、より効果的にその状況を伝えようとしています。

言葉で伝えるよりも写真や記録映像の方が分かりやすいのですが、中には映像化するのも難しいものもあったそうです。

むごたらしい虐殺現場など、どのように異なるイメージとして見せるのか、とても工夫されたと思われます。

また、全身白塗りで目の周囲だけ黒く塗った舞踏家も起用し、目撃者の視線をリアルにドキュメンタリーに加えています。

人間の身体がオモチャのように扱われる衝撃映像。中でも印象深いのは、壊れたDNAの写真です。

DNAと解説がされなければ、何の写真かよく分かりませんが、これは原爆によって壊れたDNAがクローズアップされたもの。

監督は何度か広島にも行かれ、被爆者の方ともお会いしたそうで、実際の被爆者の方のDNA写真だといいます。

「原爆投下」という人類が人類に与えた暴力のダメージ。それが、自分たちだけでなく次世代にまで続いていくという事実に、思わず鳥肌が立ちました。

原爆だけでない暴力的行為の事例として、マウス実験では暴力を受け続けたマウスがその後どうなるのか、という結果を赤裸々に告げます。

本作は、写真と映像資料だけで惨劇を綴っていますが、映像で確認できる過去の事実だけなく、脅威はその先の未来にも続いていくのです。

監督は、人類の暴力的な仕打ちの悲劇がいくつもあることを改めて訴え、ダメージが何世代先の子孫にも続くことを危惧し、この作品でそれを強く訴えていると言えます。

まとめ

映画『照射されたものたち』は、人類史上の悲劇を資料映像のモンタージュによって描かれたドキュメンタリーです。

1941年より発生したナチスのホロコースト、広島、長崎への原爆投下は、1945年のこと。1975年からのカンボジアのポル・ポト政権下の虐殺と、残酷極まりない惨劇から40年から80年近くの月日がたっています。

頭ではわかっていても、実際に人類が人類に手を下す惨状の画像を目にすると、今更ながら戦争や虐殺の恐怖と、それが人類の欲に満ちた愚かな行為だということに気がつきます。

このようなことを、人類は懲りずに何度も繰り返しているという事実に悲しくなりました。

しかしその反面、それは何度でも人類はどん底から立ち直れるということでもあると言えるでしょう。

監督は『照射されたものたち』の中で、人類の暴力によって平和が破壊された結果どうなったのかと問題を提起し、未来の世界にまでこの脅威が及ぶかもと警鐘を鳴らしています。

工夫を凝らした映像法でより印象的に暴力的な人類の過ちを映像化した『照射されたものたち』。

暴力的行為を否定する監督の想いは、きっと観る人の心に届くことでしょう。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー『ヒューマン・フロー 大地漂流』感想レビュー。|銀幕の月光遊戯19

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第19回 中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが難民問題に切り込んだドキュメンタリー映画『ヒューマン・フロー 大地漂流』が現在、東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで上映 …

連載コラム

中国映画『トレジャー・オブ・ムージン 天空城の秘宝 』あらすじネタバレと感想。原作は大人気の冒険アドベンチャー小説|未体験ゾーンの映画たち2020見破録10

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第10回 世界の東西各地様々な映画が大集合の「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催しています。2月7日(金)か …

連載コラム

映画『ストレイ・ドッグ』感想と評価考察。ニコールキッドマン最新作で演じた女刑事の“野良犬根性”と娘への愛|映画という星空を知るひとよ20

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第20回 オスカー女優のニコール・キッドマンが刑事役に初挑戦! ある事件で心をむしばまれた女性刑事が、忌まわし過去と向き合う姿を描いたサスペンスノワール『ストレ …

連載コラム

映画『怪談新耳袋Gメン 孤島編』心霊現象の怖いスポットをドキュメントした先に待つものは⁈|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019④

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 「夏のホラー秘宝まつり」に欠かせない作品といえば、おじさんたちが心霊スポットに殴り込みをかける、ガチ …

連載コラム

映画『i-新聞記者ドキュメント』感想とレビュー評価。森達也監督が望月衣塑子を多面的に見つめた眼差し|TIFF2019リポート33

第32回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ『i-新聞記者ドキュメント-』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火) …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP