Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/16
Update

映画『アサンディミッタ』あらすじと感想レビュー。スリランカの鬼才監督アソカ・ハンダガマとは|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録9

  • Writer :
  • 加賀谷健

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第9回

今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映されます。

今回は3月13日にシネ・リーブル梅田で上映された「コンペティション部門」選出作品のスリランカ映画『アサンディミッタ』を取りあげます。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『アサンディミッタ』の作品情報


【公開】
2018年(スリランカ)

【監督】
アソカ・ハンダガマ

【キャスト】
ニミニ・シゲラ、ダルマプリヤ・ダイアス、W・ジャシリ、シヤム・フェルナンド、ヤショーダ・ウィマラルダ

【作品概要】
スリランカの鬼才アソカ・ハンダガマ監督の作品。

復員兵の孤独を描いた前作『兵士、その後』(2012)が第25回東京国際映画祭で上映されて以来の日本上映となります。

スリランカの美しい風景とサスペンスフルな緊張感が一体となった珠玉の作品です。

映画『アサンディミッタ』のあらすじ

ある夜、スリランカで有名な映画プロデューサーの元に電話がかかってきます。

相手は同級生のアサンディミッタだと名乗ります。

初めは雑談を楽しむ2人でしたが、女性を3人殺したという突然の告白にプロデューサーは動揺を隠せません。

怪しい声はさらに続けます。

自分の物語を映画にしてほしいと言うのです。

これはただ事ではないと直感した彼は翌日、アサンディミッタと会う約束をします。

現れたのは、体重130キロの巨漢の女性。2回の離婚を経験し、今は38歳だといいます。

バスの車内。アサンディミッタは隣の席に座ってきたヴィッキーという男を家に誘い入れます。

そこから2人の奇妙な同棲生活が始まるのですが……。

スポンサーリンク

スリランカの鬼才アソカ・ハンダガマ監督とは

第25回東京国際映画祭で上映されたアソカ・ハンダガマ監督作品『兵士、その後』

これまで東京国際映画祭では何度か上映の機会があり、その名はすでに日本に紹介されています。

スリランカで30年に及んだ政府軍と反政府武装組織「タミル・イーラム解放の虎」との間で起きた内戦から帰還した兵士の孤独を描いた『兵士、その後』の深遠な雰囲気に多くの観客が唸りました。

作風としては、スリランカの厳しい現実を鋭く抉る緊張感のある映像が特徴的です。

また、スリランカ中央銀行の副総裁を務めるという異色の経歴の持ち主です。

その傍ら、旺盛な映画製作を続け、現在までで10本の監督作品があります。

アソカ・ハンダガマ監督プロフィール

1962年スリランカ生まれ。

本国での存在感は極めて大きく、現代社会の厳しい現実に立ち向かう舞台劇や、映画制作で高く評価を受ける一方、激しい非難も受けてもいます。

2000年の監督第3作となる『マイ・ムーン』以降、海外の映画祭で認められるようになりました。

2012年の第25回東京国際映画祭「アジアの風」部門で上映された映画『兵士、その後』は長編7作目の作品。

また第15回東京国際映画祭で上映された『この翼で飛べたら』ではアジア賞を獲得。そのほか、コロンボ国際映画祭(スリランカ初の国際映画祭)では実行委員長を務めました。

視点の曖昧なカメラとサスペンス

深夜に電話をかけてきたアサンディミッタがカメラの前に初登場する場面には独特の緊張感があります。

バスに乗る間際、彼女は一瞬カメラ目線になって、車内へカメラを誘います。

そのままPOV形式で語られていくのかと思いきや、視点はゆるやかに3人称に切り替わり、通常のドラマが始まるのです。

この奇妙な視点の切り替えには違和感がありますが、『アサンディミッタ』の人称が定かではない視点には。映画を宿していく求心力があるでしょう。

その後物語は確かに、アサンディミッタの夢か現かわからない状態で進んでいくのです。

ハンダガマ監督は、カメラの視点を意図的に曖昧にすることで、絶妙なサスペンスを醸し出すことに成功しています。

さらにアサンディミッタの同棲相手であるヴィッキーが老女の首を絞めて殺害するサスペンスフルな場面は、アルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』(1960)へのちょっとした目配せとしてみることも出来るでしょう。

スポンサーリンク

舞台挨拶リポート


©︎ Cinemarche

3月13日の上映後には舞台挨拶があり、アサンディミッタ役のニミニ・シゲラさんが登壇。

普段は学校で教鞭をとっていて、ドラマ女優としての出演歴はあるものの、映画は初主演だというシゲラさん。

「なぜこの映画に出られたかというと、わたしのこの体のおかげです」と会場に笑いを誘います。

出演の意図について「スリランカの社会問題として、このような差別される人がいる状況をどうにかしていかなければなりません」と続けます。

これは、亡霊の映画なのか、それとも悪魔の映画なのかという質問に対しては、「ある女性の精神状態の現れです。人生すべてが夢であり、誰にでもストーリーがあるのです」と答えました。

さらに原作には2人の男性は登場しておらず、これは監督独自の解釈だと言います。

まとめ

日本でスリランカ映画をみる機会はあまりありませんが、今後インド映画のように注目されていくのではないでしょうか。

社会の現実を巧みに切り取る作品は、いつの時代も野心的な試みに満ちています。

スリランカ社会の実体を暴きつつ、原作の雰囲気そのままに脚色していくハンダガマ監督の演出に映画的イマジネーションを感じずにはいられません。

『アサンディミッタ』は映画祭最終日の3月17日12:20からシネ・リーブル梅田で上映があります。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『シャザム!』キャスト【ザッカリー・リーヴァイのインタビュー:DCUに新たな旋風を巻き起こす】FILMINK-vol.6

FILMINK-vol.6「Shazam! Zachary Levi Beefs Up for His Break Out Role in the DCU」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK …

連載コラム

『凪待ち』映画ロケ地リポ③。香取慎吾と白石和彌が想いを寄せた石巻・旧北上川で、今なお震災を伝える担い手たち|凪待つ地をたずね3

連載コラム『凪待つ地をたずね』第3回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

連載コラム

映画『ゲヘナ』ネタバレ感想。結末まで片桐裕司ホラー作品を徹底解説|未体験ゾーンの映画たち2019見破録1

様々な理由から日本公開が見送られてしまう、傑作・怪作映画をスクリーンで体験できる劇場発の映画祭、「未体験ゾーンの映画たち」も2019年で第8回目となりました。 ヒューマントラストシネマ渋谷で1月4日よ …

連載コラム

スーパー戦隊はマンネリなのかを考える②【成長期】ゴーグルファイブからチェンジマン|邦画特撮大全7

連載コラム「邦画特撮大全」第7章 前回は第1作『秘密戦隊ゴレンジャー』(1977)から第5作『太陽戦隊サンバルカン』(1981)までの、スーパー戦隊シリーズ黎明期について分析しました。 今回はシリーズ …

連載コラム

天願大介監督が説く映画づくりの魅力と大学教育の未来。台北市での講演より|映画道シカミミ見聞録18

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第18回 こんにちは、森田です。 映画は国境を越えゆくもの。もうじき東京国際映画祭(10/25~11/3)が開幕しますが、映画には国と国とを、そして人と人とをつなぐ力 …

映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
【Cinemarche独占・宇治茶監督インタビュー】映画『バイオレンス・ボイジャー』制作秘話と創作の原点を語る
【Cinemarche独占】映画『メモリーズ・オブ・サマー』映画監督アダム・グジンスキへのインタビュー【私のお手本となった巨匠たちと作家主義について】
【真宮葉月インタビュー】映画『最果てリストランテ』の女優デビューへの心がまえと学び続ける好奇心
【Cinemarche独占】映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』公開記念・小林聖太郎監督インタビュー|倍賞千恵子と藤竜也が夫婦を演じた映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』の魅力を語る
【Cinemarche独占】映画『岬の兄妹』公開記念・片山慎三監督インタビュー|映画『岬の兄妹』での複雑な人間関係を上質なエンタメに仕上げた映像作家に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP