Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/03/16
Update

映画『アサンディミッタ』あらすじと感想レビュー。スリランカの鬼才監督アソカ・ハンダガマとは|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録9

  • Writer :
  • 加賀谷健

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第9回

今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映されます。

今回は3月13日にシネ・リーブル梅田で上映された「コンペティション部門」選出作品のスリランカ映画『アサンディミッタ』を取りあげます。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

映画『アサンディミッタ』の作品情報


【公開】
2018年(スリランカ)

【監督】
アソカ・ハンダガマ

【キャスト】
ニミニ・シゲラ、ダルマプリヤ・ダイアス、W・ジャシリ、シヤム・フェルナンド、ヤショーダ・ウィマラルダ

【作品概要】
スリランカの鬼才アソカ・ハンダガマ監督の作品。

復員兵の孤独を描いた前作『兵士、その後』(2012)が第25回東京国際映画祭で上映されて以来の日本上映となります。

スリランカの美しい風景とサスペンスフルな緊張感が一体となった珠玉の作品です。

映画『アサンディミッタ』のあらすじ

ある夜、スリランカで有名な映画プロデューサーの元に電話がかかってきます。

相手は同級生のアサンディミッタだと名乗ります。

初めは雑談を楽しむ2人でしたが、女性を3人殺したという突然の告白にプロデューサーは動揺を隠せません。

怪しい声はさらに続けます。

自分の物語を映画にしてほしいと言うのです。

これはただ事ではないと直感した彼は翌日、アサンディミッタと会う約束をします。

現れたのは、体重130キロの巨漢の女性。2回の離婚を経験し、今は38歳だといいます。

バスの車内。アサンディミッタは隣の席に座ってきたヴィッキーという男を家に誘い入れます。

そこから2人の奇妙な同棲生活が始まるのですが……。

スリランカの鬼才アソカ・ハンダガマ監督とは

第25回東京国際映画祭で上映されたアソカ・ハンダガマ監督作品『兵士、その後』

これまで東京国際映画祭では何度か上映の機会があり、その名はすでに日本に紹介されています。

スリランカで30年に及んだ政府軍と反政府武装組織「タミル・イーラム解放の虎」との間で起きた内戦から帰還した兵士の孤独を描いた『兵士、その後』の深遠な雰囲気に多くの観客が唸りました。

作風としては、スリランカの厳しい現実を鋭く抉る緊張感のある映像が特徴的です。

また、スリランカ中央銀行の副総裁を務めるという異色の経歴の持ち主です。

その傍ら、旺盛な映画製作を続け、現在までで10本の監督作品があります。

アソカ・ハンダガマ監督プロフィール

1962年スリランカ生まれ。

本国での存在感は極めて大きく、現代社会の厳しい現実に立ち向かう舞台劇や、映画制作で高く評価を受ける一方、激しい非難も受けてもいます。

2000年の監督第3作となる『マイ・ムーン』以降、海外の映画祭で認められるようになりました。

2012年の第25回東京国際映画祭「アジアの風」部門で上映された映画『兵士、その後』は長編7作目の作品。

また第15回東京国際映画祭で上映された『この翼で飛べたら』ではアジア賞を獲得。そのほか、コロンボ国際映画祭(スリランカ初の国際映画祭)では実行委員長を務めました。

視点の曖昧なカメラとサスペンス

深夜に電話をかけてきたアサンディミッタがカメラの前に初登場する場面には独特の緊張感があります。

バスに乗る間際、彼女は一瞬カメラ目線になって、車内へカメラを誘います。

そのままPOV形式で語られていくのかと思いきや、視点はゆるやかに3人称に切り替わり、通常のドラマが始まるのです。

この奇妙な視点の切り替えには違和感がありますが、『アサンディミッタ』の人称が定かではない視点には。映画を宿していく求心力があるでしょう。

その後物語は確かに、アサンディミッタの夢か現かわからない状態で進んでいくのです。

ハンダガマ監督は、カメラの視点を意図的に曖昧にすることで、絶妙なサスペンスを醸し出すことに成功しています。

さらにアサンディミッタの同棲相手であるヴィッキーが老女の首を絞めて殺害するサスペンスフルな場面は、アルフレッド・ヒッチコックの『サイコ』(1960)へのちょっとした目配せとしてみることも出来るでしょう。

舞台挨拶リポート


©︎ Cinemarche

3月13日の上映後には舞台挨拶があり、アサンディミッタ役のニミニ・シゲラさんが登壇。

普段は学校で教鞭をとっていて、ドラマ女優としての出演歴はあるものの、映画は初主演だというシゲラさん。

「なぜこの映画に出られたかというと、わたしのこの体のおかげです」と会場に笑いを誘います。

出演の意図について「スリランカの社会問題として、このような差別される人がいる状況をどうにかしていかなければなりません」と続けます。

これは、亡霊の映画なのか、それとも悪魔の映画なのかという質問に対しては、「ある女性の精神状態の現れです。人生すべてが夢であり、誰にでもストーリーがあるのです」と答えました。

さらに原作には2人の男性は登場しておらず、これは監督独自の解釈だと言います。

まとめ

日本でスリランカ映画をみる機会はあまりありませんが、今後インド映画のように注目されていくのではないでしょうか。

社会の現実を巧みに切り取る作品は、いつの時代も野心的な試みに満ちています。

スリランカ社会の実体を暴きつつ、原作の雰囲気そのままに脚色していくハンダガマ監督の演出に映画的イマジネーションを感じずにはいられません。

『アサンディミッタ』は映画祭最終日の3月17日12:20からシネ・リーブル梅田で上映があります。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2019見聞録』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【パラサイト/ワンダーウーマン1984】2020年映画ランキングベスト5|配信と劇場公開という選択の中で《シネマダイバー:村松健太郎選》

2020年の映画おすすめランキングベスト5 選者:シネマダイバー村松健太郎 あくまでも公開年ベースでのカウントです。とにかく前代未聞のコロナ禍で映画業界も大混乱でした。映画館も閉まり、ハリウッドも止ま …

連載コラム

映画『マイ・ツイート・メモリー』あらすじ感想と評価解説。松本卓也監督が男女の恋愛と“SNS”で独自の手法で描く|インディーズ映画発見伝11

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第11回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】④

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら CONTE …

連載コラム

『アンナプルナのキム・サー』あらすじ感想と評価解説。ポジティブな人間関係を鮮やかな色彩で魅せる|広島国際映画祭2023リポート7

広島国際映画祭2023・特別招待作品『アンナプルナのキム・サー』 2009年に開催された「ダマー映画祭inヒロシマ」を前身として誕生した「広島国際映画祭」は、世界的にも注目されている日本の都市・広島で …

連載コラム

『ウィークエンド・アウェイ』ネタバレあらすじ考察と結末感想の解説。サスペンス映画おすすめは異国の地で謎が謎を呼ぶスピーディな展開へ⁈|Netflix映画おすすめ89

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第89回 クロアチア旅行中に親友が姿を消したことによって巻き起こるサスペンス映画『ウィークエンド・アウェイ』。 本作は、Netflixで20 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学