Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/04/17
Update

映画『宇宙の彼方より』あらすじ感想考察。冒頭フィルムノワール的演出で始まるドイツでの“文学的謎解き”に注目!【銀幕の月光遊戯 89】

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第89回

映画『宇宙の彼方より』は2023年6月に封切り後、2024年1月5日(金)より高円寺シアターバッカスで劇場公開を迎えた映画『宇宙の彼方より』

「クトゥルー神話の父」こと作家H・P・ラヴクラフトの傑作小説を、ベトナム系ドイツ人のフアン・ヴ監督が2010年に映画化した本作は、制作から10年以上経った今なお、ヨーロッパの数多くの映画祭に入選するなど高い評価を受け続けています。

「映画史上、最も“原典”の魅力を忠実に描いた作品」とも評される本作ですが、フアン監督はラヴクラフトが提唱した「宇宙的恐怖」をより拡大すべく、自身の両親が移民を決意したベトナム戦争下の1975年のアメリカ、第二次世界大戦下のドイツを新たに作品の舞台に設定するなど、非常に野心的な作品でもあります。

奇妙な隕石が落ちたドイツの田舎の村で、一体何が起きたのか。そして第二次世界大戦への従軍時、その村に訪れたアメリカ人の父は、何を目撃したのか!?驚くべき真相が明かされます。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

映画『宇宙の彼方より』の作品情報


(C)SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago

【日本公開】
2023年公開(ドイツ映画:2010年制作)

【原作】
H・P・ラヴクラフト『宇宙の彼方の色(原題:The Color Out of Space)』

【制作・監督・脚本・編集】
フアン・ヴ

【キャスト】
マルコ・ライプニッツ、ミヒャエル・コルシュ、エリック・ラスタッター、インゴ・ハイセ、ラルフ・リヒテンベルク

【作品概要】
「クトゥルー神話」の生みの親として知られるH・P・ラヴクラフトが1927年に雑誌「Amazing Stories(アメージング・ストーリーズ)」に発表した小説「宇宙の彼方の色(原題:The Color Out ofSpace)」をファン・ヴ監督が2010年に映画化。

10年以上経った今なお、世界各国で高い評価を受けている本作。今回の日本公開は「世界初の劇場公開」でもあり、新日本語字幕の監修を「日本のクトゥルー神話研究の第一人者」にして作家の森瀬繚が担当しています。

映画『宇宙の彼方より』のあらすじ


(C)SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago

その色はどこへ去ったのか……。

1975年、ジョナサン・デイビスは行方不明になった父親を捜すべく、探偵から情報を得たドイツのシュヴァーベン=フランケン地方に向かう。

彼の父親は軍医として第二次世界大戦に参戦し、この地域に駐屯していた。

父は戦時中のことについて息子ジョナサンに話すことはなかったが、アメリカに戻って来た時はPTSDのような症状を患っていたという。

戦時中のドイツで、父親は一体どのような体験をしたのか。そしてなぜ今頃になって、再びその地へと向かったのか……村にたどり着いたジョナサンは、「戦時中に父と出会った」という男性を出会う。

全ては、宇宙の彼方より飛来した隕石が、村に落ちてきた時から始まった……。

映画『宇宙の彼方より』の感想と評価


(C)SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago

モーテルの建物の一部と、その前に停められた車の列を捉えたモノクロのショットから映画『宇宙の彼方より』は始まります。カメラがゆるゆると下がっていくと、窓枠が現れ、先ほどの風景が室内から見たものだったことがわかります。

デスクの上には旅券とパスポートが無造作に置かれており、アンティークな電灯、壁際に置かれたウィスキーの空き瓶が順に映し出されます。壁にはハエがとまり、あの嫌な羽音をたてて飛び去ります。

そして、ジョナサンと彼の父の行方を捜していた探偵ウォードの会話の場面後、ヘッドライトだけを頼りに暗闇を走る車のショットは、デイヴィッド・リンチの一連の作品を彷彿させます。

このようにテンポよく進む導入部の描写の、なんとかっこいいことかモノクロ映像で綴られる光景は、まさに光と闇が織りなすフィルムノワールの世界そのものです。

ジョナサンは行方不明になった父を捜しに、ドイツのシュヴァーベン=フランケン地方を訪れます。そこで一人の男と出会い、過去にこの地で起こった出来事を聞かされます。

ここではオープニングのテンポの良さとは打って変わって、ビックバジェットのハリウッド映画では決して実現できなかったであろう、贅沢ともいえるじっくりとしたペースで、この村に何が起こったのかが綴られてゆきます。

奇妙な隕石が落下した、ある一家の土地に起こった異常事態。死んだ鳥や蛙など、生き物を使って表す場面も描かれますが、すっかり様子のおかしくなった夫人の額に大きな蜂がとまっている場面がとりわけスリリングです。

原作であるH・P・ラヴクラフトの短編小説『宇宙の彼方の色』の冒頭、問題の地を訪れた語り手は「何もかもに得体のしれない不安感と圧迫感があった」(『ラヴクラフト全集4』大瀧啓裕訳/創元推理文庫より)とその地の印象を述べています。

映画『宇宙の彼方より』は、まさにこうした「不安感」「圧迫感」を映像として表現することに成功しています

また原作に描かれる「色」がどのように表現されているのかは、本作が最もチャレンジした箇所であり、最もエキサイティングな見せ場のひとつといえるでしょう

そして、映画『宇宙の彼方より』は圧倒的な画の力とショットの強度で、現代にも通じる「恐怖の正体」を示すのです

まとめ


(C)SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago

本作で描かれている異常事態は、悪質物質が土地や水に染みこんだ土壌汚染による健康被害そのものを暗示しているといえます。

ラヴクラフトの原作小説も「“放射線被曝”の恐怖を描いた先駆的作品」とも言われているように、映画『宇宙の彼方より』からもその確かな意図を感じることが出来ます。

本作は、SFや古典ホラーの魅力を十分に伝えながら、様々な提示を投げかけ、今を生きる私たちを事態の核心に引きずり込むのです。

映画『宇宙の彼方より』は2023年6月に封切り後、2024年1月5日(金)より高円寺シアターバッカスで劇場公開!

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

【ネタバレ】クリフハンガーフォールアウト|あらすじ感想と結末の評価解説。サバイバルアクションでブリタニーアシュワースが“絶壁での戦い”に挑む【未体験ゾーンの映画たち2022見破録26】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第26回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が2022年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、大自 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】13

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2021年2月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら CONTE …

連載コラム

韓国映画『非常宣言』あらすじ感想と評価解説。ソン・ガンホ演じるパニックスリラーは“飛行機内のバイオテロ”|コリアンムービーおすすめ指南31

映画『非常宣言』は2023年1月6日(金)より丸の内ピカデリー、新宿バルト9他にて全国公開! 映画『ザ・キング』(2017)のハン・ジェリムが制作・脚本・監督を務めた映画『非常宣言』は、飛行機内で発生 …

連載コラム

映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える|映画道シカミミ見聞録36

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第36回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『Noise ノイズ』を紹介いたします。 秋葉原に代表されるそのノイジーな空間や人間 …

連載コラム

映画『mellow』あらすじ感想と考察。今泉力哉監督が描いた“告白”の真相|映画道シカミミ見聞録45

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第45回 こんにちは、森田です。 今回は1月17日より全国公開された映画『mellow』を紹介いたします。 さまざまな「告白の瞬間」が切りとられた本作をとおして、人は …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学