Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『ウンチク/うんこが地球を救う』あらすじ感想と評価解説。“排泄物”が環境問題SDGsを簡単に大事なことを教えてくれる

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第73回

今回取り上げるのは、2022年10月28日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテほかにて全国順次公開の『ウンチク/うんこが地球を救う』

生物が生きていく上で欠かせない排泄物=“うんこ”の歴史と人類社会の諸問題、そして地球環境を救うための未来を、真面目に考えます。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『ウンチク/うんこが地球を救う』の作品情報


(C)TRICKY HALE FILMS

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Shit Saves the World

【監督・ナレーション】
トロイ・ヘイル

【キャスト】
トロイ・ヘイル、エリック・シバーソン、バロン・パートロウ、ショーン・シャフナー

【日本語吹替ナレーション】
鈴木達央

【作品概要】
人間をはじめとした動物にとって欠かせないものでありながら、汚いものとして避けられてしまう“うんこ”に焦点を当てたドキュメンタリー。

ドキュメンタリー監督のトロイ・ヘイルが全米各地を始め、オーストラリア、イギリス、インド、メキシコ、スリランカ、タンザニアなど全世界を巡り、うんこの過去と歴史、現在抱える数々の問題、そして未来について検証していきます。

日本公開版のポスタービジュアルを、絵本やイラストレーションをはじめ様々な分野で幅広く活動している亀山達矢と中川敦子によるユニット・tupera tupera(ツペラツペラ)が書き下ろし。

さらに日本語吹替ナレーションを、テレビアニメ『七つの大罪』、『Free!』、『キングダム』などの声優の鈴木達央が担当します。

『ウンチク/うんこが地球を救う』のあらすじ


(C)TRICKY HALE FILMS

この世に生を受けたものは、生まれてから死ぬまで、排泄しなければ生きていけません。にもかかわらず、汚い物として忌み嫌われてきた糞便=“うんこ”。

しかし、人類の歴史はうんこと共にあり、また生き物にとって、もっとも身近で重要な問題でもあったのです。

本作ではドキュメンタリー監督のトロイ・ヘイルが、全米各地を始めとする世界各国を巡り、うんこにまつわるさまざまな“ウンチク”や現在抱える環境問題、そして可能性を秘めた未来を検証していきます。

スポンサーリンク

映画史上初?のうんこドキュメンタリー


(C)TRICKY HALE FILMS

地球上には77億人の人間と、870万種の生物が暮らしています。当然ながら、すべての生き物は生まれてから死ぬまで、うんこをしなければ生きていけません。

そんなうんこは汚い物として避けられ、公の場で語ることすらはばかれます。コメディアンがうんこをネタにギャグを言えば、「下品だ」「教育上よろしくない」と良識派から叩かれる始末…。

しかしながら生き物、特に人類の歴史は、うんことは切っても切り離せないもの。そんな、うんこに着目した人物が、これまでに10本以上のドキュメンタリーを手がけてきたトロイ・ヘイルです。

2016年発表の長編『Fart: A Documentary(おならドキュメンタリー)』(日本未公開)では、“おなら”を聞くとなぜ人は笑ってしまうのか、“おなら”に含まれるメタンガスの可能性など、“おなら”について多角的かつ真面目に検証。

本作『ウンチク/うんこが地球を救う』は、トロイの長編2作目にして、『Fart: A Documentary』の姉妹編ともいえる、おそらく映画史上初の“うんこドキュメンタリー”です。

『Fart: A Documentary』(2016)

うんこが提示する社会問題とSDGsな希望

(C)TRICKY HALE FILMS

邦題に『ウンチク』とあるように、前半ではうんこにまつわるトリビアが提示されます。

人間の1日の排便量は平均約400グラム、1週間で約2.7キロ、1年で145キロにもなるといった統計を皮切りに、現代トイレの基盤は220年前からできていた、ベルサイユ宮殿にはトイレが1個もなかった、香水の誕生はうんこの匂いを消すためだった…などなど、過去の歴史から現在のデータまで網羅。

その中には、うんこを起因とする社会問題も含みます。

アメリカとメキシコの国境沿いでは、メキシコのティフアナの下水がアメリカのサンディエゴに流れてくるとして環境活動家が断絶を高らかに叫ぶ。さらには安全なトイレを利用できない人は45億人にも上り、その大半がトイレ設備が整っていない発展途上国なのだとか。

排泄するだけしておいて、見て見ぬふりをしていたうんこの処理がままならない今の状況は、まさに「deep shit(泥沼)」状態です。

(C)TRICKY HALE FILMS

かといって問題提起するだけでは終わりません。うんこと正面に向き合っている人たちも存在します。

マイクロソフト創始者で環境保全に尽力するビル・ゲイツが、うんこから水を作る研究を進めていることをご存知の方も多いと思いますが、タイではゾウのフンを紙に、メキシコでは牛のフンをレンガブロックにそれぞれ変えるという取り組みが行われています。

また、うんこから抽出されるメタンガスをバイオエネルギーに変えるという、画期的なプロジェクトまで。

健康のバロメーターにして、昨今叫ばれるSDGs=「持続可能な開発目標」の重要なキーアイテムとなっている、うんこ。

たかがうんこ、されどうんこ。あなたも本作鑑賞を機に、うんこについて真面目に考えてみてはいかがでしょうか。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

松平光冬プロフィール

テレビ番組の放送作家・企画リサーチャーとしてドキュメンタリー番組やバラエティを中心に担当。主に『ガイアの夜明け』『ルビコンの決断』『クイズ雑学王』などに携わる。

2010年代からは映画ライターとしても活動。Cinemarcheでは新作レビューの他、連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』『すべてはアクションから始まる』を担当。(@PUJ920219


関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第2講「悲劇的な行為について:アリストテレスの詩学から映画を見る」

講義「映画と哲学」第2講 日本映画大学准教授である田辺秋守氏によるインタネット講義「映画と哲学」。 第2講でも、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)を題材に、「悲劇的 …

連載コラム

【映画ネタバレ】ボクたちはみんな大人になれなかった|内容感想とあらすじ結末の考察。なぜ別れたかの理由を通じて“大人”の意味を問う Netflix映画おすすめ68

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第68回 今回ご紹介するNetflix映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の原作は、日本の作家燃え殻が2016年WEB小説として配信し …

連載コラム

映画『照射されたものたち』感想と評価レビュー。リティパン監督が人類の3つの大虐殺をドキュメンタリーで描く【東京フィルメックス2020】|映画という星空を知るひとよ36

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第36回 人類史上の3大悲劇といわれる、ナチスのユダヤ人大虐殺、カンボジアのポル・ポト政権下の虐殺、広島・長崎の原爆投下を、大量の資料映像のモンタージュから描き …

連載コラム

映画『ファナティック』感想レビューと内容考察。ラストまでガチ怖なハリウッドの狂愛者が最恐の来日|SF恐怖映画という名の観覧車115

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile115 猛暑や連日続く暗いニュースがある現代社会で、好きになれるものがあることは人生を潤す原動力になります。 しかし、行き過ぎた「好き」と言う感 …

連載コラム

映画『バニシング』ネタバレ感想と考察レビュー。実際の失踪事件をサスペンスを2重構造へ!|サスペンスの神様の鼓動28

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、孤島を舞台に、3人の灯台守が狂気に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学