Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/07/17
Update

『スウィンダラーズ』はヒョンビンの正統派アイドル映画|コリアンムービーおすすめ指南1

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第1回

はじめまして。このたび韓国映画に関するエッセイを書かせていただくことになりました西川ちょりと申します。

Cinemarcheでは通常の「あらすじ感想」記事も書いており、エッセイは月一度というペースになりますが、他の記事共々、ご一読いただければ幸いです。

韓国映画をより多くの人に観てもらえる入り口になるような、かつバリバリの韓国映画通の強者の皆様にも、楽しんでいただけるようなエッセイにしていきたいと思っておりますので(と、自らハードルを上げる)、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、第1回目に取り上げる作品は、現在好評上映中のヒョンビン主演『スウィンダラーズ』(2017/チャン・チャンウォン監督)です。


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

アイドルとして出演作目白押しのヒョンビン様


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

『スウィンダラーズ』に関しては、Cinemarcheでも他のライターさんが何度か取り上げていましたが、本当にヒョンビンがスクリーン映えするかっこよくて痛快なコリアンムービーです。

そんなヒョンビンといえば、2018年2月には、『コンフィデンシャル/共助』が日本で公開され、共演のユ・ヘジンとの絶妙のコンビぶりが冴え渡り、強烈な印象を残しました。 

何よりかっこいい!顔やスタイルは勿論、軽やかな動き、大胆なアクション、何をやらせても様になる。

『コンフィデンシャル/共助』(2018)

「かっこいい~~」と心の中でつぶやこうとすると、先に映画の中で、他のキャラクターたちが「かっこいい~」と次々代弁してくれるというなかなか面白い経験をしました。

物語自体も複雑な政治背景にバディ映画の面白さを加味した傑作アクション映画に仕上がっていましたが、よく出来たヒョンビンの「アイドル映画」(褒めてる)として記憶に残っています。

正統派アイドル映画といえる『スウィンダラーズ』

そんなヒョンビンが主演する『スウィンダラーズ』では、彼の新たな一面を観ることができます。

『コンフィデンシャル』ではほぼ全編制服姿で、1、2度普段着姿が出てきたくらいでしたが、『スウィンダラーズ』では何度も何度も衣装を変えますし、髪型もくるくる代わります。


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

衣装や髪型が変わるたびに、雰囲気ががらっと変わって見え、ぐっと若く見える時もあれば、凄みを感じる時もあり、あれ?これヒョンビンなの?と思わせる横顔を見せたりします。

詐欺師という役割ですので、その正体が掴みきれない複雑なキャラクター作りという狙いもあったのでしょう。それは充分成功していると言えます。

でも「『コンフィデンシャル』は文句なしの大傑作だったし、ヒョンビンの制服姿は最高だったけれど、もっといろんなヒョンビンも観たいじゃない!?」という願望が作り手にあったのでは!?

そんな無理矢理断言しなくてもと咎められそうですが、きっとその作業は非常に楽しいものであったことでしょう(力を込めて断言)。

そして、今回も登場人物の一人がヒョンビンに対して「かっこいい~」と呟いていたのを私は聞き逃しませんでした

ユ・ジテや、ペ・ソンウ、パク・ソンウンという個性的俳優陣が主演を盛り上げ、また、主演が共演者を輝かせる。まさしく、本作も正しいアイドル映画だ!と言って良いでしょう。

映画がスター映画足り得るって、実はすごく幸せなことで、映画産業全体に勢いがあるからこそ成り立つものなのです。

この韓国映画黄金期が末永く続いてくれるよう、願わずにいられません。

スポンサーリンク

イ・ビョンホン様の詐欺師映画と同じ背景

韓国犯罪史上最大の金融投資詐欺事件であるチョ・ヒパル詐欺事件という本当にあった事件が物語の軸となっていますが、『MASTER/マスター』(2016/チョ・ウィソク監督〉で、イ・ビョンホンが演じていたのが、まさしくチョ・ヒパルをモデルとした詐欺師でした。

『MASTER/マスター』(2017)

『スウィンダラーズ』はその詐欺師に、詐欺師だった父親を殺された子どもが詐欺師だけを騙す詐欺師となって復讐の機会を狙う、という詐欺師だらけのユニークなお話となっています。

物語は、『インサイダーズ・内部者たち』(2015/ウ・ミンホ監督)を彷彿するような、良く練られた鮮やかなストーリーで、見事なコンゲームが展開します。

私が観た劇場では、上映後、拍手がおこったほど、明るく爽快でスカっとした痛快作となっています。

韓国映画に頻繁に登場する拷問シーンもなく、どなたにでも、胸をはってお薦めできる爽やかな作品です。

ヒョンビンは当面、この爽やか路線で行くのでしょうか⁈


COPYRIGHT © 2017 showbox and DOODOONG PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

ある日突然、サイコキラーとして登場してこないとも限らないのが韓国映画の面白さの一つですが、しばらくはスクリーンの内外で「かっこいい~~」という言葉が飛び交うヒョンビンでいてほしいという気もいたします。

しかし、陰々滅々の暗澹たる暗黒映画としての韓国映画も大好きなので、いつでも、ウエルカムと言っておきます!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ホラー映画『ザ・ゴーレム』評価レビューと解説。少年型の人形で人間の業を描くイスラエル作品|SF恐怖映画という名の観覧車73

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile073 大好評開催中の「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション 2019」。 ヒューマントラストシネマ渋谷ではいよいよ大詰めを迎え、1 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】④

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年6月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『NETFLIX世界征服の野望』感想レビュー評価。動画配信企業のドキュメンタリーが送る観客への“挑戦状”|シニンは映画に生かされて22

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第22回 2020年12月11日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ他にて全国ロードショーされる映画『NETFLIX/世界征服の野望』。 世界 …

連載コラム

映画『マルコム&マリー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。Netflixが描く大人のラブストーリーはスレ違う男女の恋愛会話劇|Netflix映画おすすめ21

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第21回 自身が監督した映画のプレミア上映から帰宅したマルコムと、恋人のマリーが繰り広げる、一夜の愛の物語を描いた映画『マルコム&マリー』。 …

連載コラム

SFホラー映画2020年おすすめ6選!話題と人気の劇場公開作の注目点を解説【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車83

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile083 新年あけましておめでとうございます。 遂に東京オリンピックの開催の年となり、そわそわとしてる方も多くいらっしゃることでしょう。 しかし、 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学