Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ホドロフスキーのDUNE』感想レビューと考察。「デューン砂の惑星」未完に終わった幻のSF作品の制作裏側とは|だからドキュメンタリー映画は面白い32

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第32回

「未完の映画」が、その後のSF映画に多大な影響を及ぼした?

今回取り上げるのは、2014年に日本公開の『ホドロフスキーのDUNE』

奇才アレハンドロ・ホドロフスキー監督が映画化に挑んだものの、未完に終わった幻のSF大作『デューン 砂の惑星』の、知られざる顛末に迫ります。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ホドロフスキーのDUNE』の作品情報


(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2014年(アメリカ映画)

【原題】
Jodorowsky’s Dune

【監督】
フランク・パヴィッチ

【製作】
フランク・パヴィッチ、ステファン・スカーラータ、トラビス・スティーブンス

【キャスト】
アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥー、H・R・ギーガー、クリス・フォス、ブロンティス・ホドロフスキー、リチャード・スタンリー、デバン・ファラシ、ニコラス・ウィンディング・レフン、ダン・オバノン、ピンク・フロイド

【作品概要】
『エル・トポ』(1970)、『ホーリー・マウンテン』(1973)で知られる奇才アレハンドロ・ホドロフスキー監督が75年に映画化に挑んだものの、未完に終わった幻のSF大作『デューン 砂の惑星』。ホドロフスキーをはじめとする当時の製作者を含めた関係者へのインタビューに加え、膨大なデザイン画や資料などを振り返りつつ、製作中止に追い込まれた過程を追っていきます。監督は、本作が劇映画デビューとなるフランク・パヴィッチです。

映画『ホドロフスキーのDUNE』のあらすじ

(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

1975年、46歳のアレハンドロ・ホドロフスキー監督と、28歳のプロデューサーのミシェル・セドゥーは、ある一本のSF映画を企画します。

それは、「映画化不可能」と言われたフランク・ハーバートの小説『デューン 砂の惑星』の映画化でした。

「デューン」と呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る争いと権力闘争を描いたこの原作を映像にすべく、2人は尽力します。

しかし、あまりのそのスケールの大きさゆえに次第に企画にほころびが生じ、それと並行するかのように2人の関係にも変化が…。

本作は、ホドロフスキー版『デューン 砂の惑星』製作断念に至った顛末を、ホドロフスキーとセドゥー、デザイナーのH・R・ギーガーといった当時のスタッフの証言や、『ドライヴ』(2011)のニコラス・ウィンディング・レフン監督のインタビュー、貴重な資料の数々を通して振り返ります。

スポンサーリンク

カルト映画監督が壮大なSF小説の映画化に着手

(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

1965年から書かれたフランク・ハーバートの小説『デューン 砂の惑星』は、ハーバートが86年に亡くなるまでシリーズ6作を発表。

宮崎駿も『風の谷のナウシカ』を創作する際の参考にしたとされる、この小説の映画化に取り組んだのが、アレハンドロ・ホドロフスキー監督です。

1929年にチリに生まれたホドロフスキーは、70年の『エル・トポ』を皮切りに、73年には『ホーリー・マウンテン』も発表し、カルト界の巨匠としての確固たる地位を確立。

『デューン 砂の惑星』の映画化に着手した1975年は、まさに彼のフィルムメーカーとしての脂が乗り切った時期。

ホドロフスキーは、“魂の戦士”と呼ぶスタッフやキャストたちを集めるべく、奔走します。

バイタリティ溢れるホドロフスキーのヴィジョン

(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

本作を観た率直な感想としては、とにかくホドロフスキーの人物像に圧倒されます。

『デューン 砂の惑星』とは、芸術と映画の神の降臨だ。

という並々ならぬ情熱の元、サルバドール・ダリやミック・ジャガー、オーソン・ウェルズ、メビウス、H・R・ギーガー、ピンク・フロイドといった多才な面々を、“魂の戦士”として次々と口説き落としたというホドロフスキー。

その、武勇伝ともいえる巧みな交渉術の過程を自信たっぷりに語る姿は、とても80代の年齢とは思えないほどイキイキとしています。

正直、話の大部分は“盛って”喋っているのでは?と思わなくもないですが、画家のダリや歌手のミックに俳優としてオファーした際のエピソードだけ抜き取っても、一本のフィクション映画にできそうなユニークさに満ちています。

スポンサーリンク

『デューン 砂の惑星』が後世にもたらしたもの

参考:映画『デューン/砂の惑星』日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX予告

私が作りたかったのは、LSDをやらなくてもあの高揚感を味わえる、人間の心の在り方を変える映画だった。

ギーガーのデザインによる建造物を背景に、漫画家メビウスが手がけたキャラクターが動き、ピンク・フロイドの音楽がドラマを盛り上げる――。

そんな壮大なヴィジョンを抱いてホドロフスキーが臨んだ『デューン 砂の惑星』でしたが、残念ながら当時の製作陣には、その全てを描く力はありませんでした。

結果的にホドロフスキー版は、多くの挫折を残して中止となりますが、映画化の企画自体は、その後も続行します。

まず、1984年にデヴィッド・リンチ監督が『デューン/砂の惑星』として映画化。

満を持しての映画化となったこのリンチ版でしたが、公開時は批評的にも興行的にも失敗してしまいます。

本作で、ホドロフスキーがリンチ版を観た感想を語っていますが、何とも腫れ物に触るような言い回しをしているのが面白いです。

それでもこのリンチ版は、現在では彼のフリークスへの偏愛度が如何なく表れたカルトムービーとして再評価する声もあり、リンチ版で描ききれなかったエピソードを補完したテレビドラマシリーズも、2000~03年に製作されました。

一方で映画版も、ドゥニ・ヴィルヌーブ監督、オスカー・アイザック主演によるリメイクが、2020年12月に公開予定となっています。

(C)2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

そして、頓挫したホドロフスキー版で作られたストーリーボードは、ハリウッドの様々なスタジオに持ち込まれ、構図や設定などのアイデアは、『スターウォーズ』(1978)や『エイリアン』(1979)に活かされることに。

人生で何か近づいてきたら”イエス”と受け入れる。『デューン 砂の惑星』の製作中止も”イエス”だが、それがどうした?『デューン 砂の惑星』はこの世界では夢だ。でも夢は世界を変える。

この言葉通り、ホドロフスキー版『デューン 砂の惑星』は世界を変えたのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

リベンジ映画『キュクロプス』感想と解説。演技派キャストが生み出した復讐劇を心眼で見よ|SF恐怖映画という名の観覧車47

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile047 いつの時代の映画界でも人気のある、「敵討ち」「逆襲」あるいは「復讐」へと突き進む者を鮮烈に描く“リベンジ”映画。 アメコミ映画界からは世 …

連載コラム

大坂なおみも絶賛の魅力!アカデミー賞ノミネート『スパイダーマン:スパイダーバース』とは?|最強アメコミ番付評25

連載コラム「最強アメコミ番付評」第25回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はアカデミー賞にノミネートされた、3月8日公開のCGアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報を、公開前に解説 …

連載コラム

映画『東京の恋人』あらすじと感想レビュー。“大人の恋愛と性愛”もしくは青春の終わりを綴る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録3

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『東京の恋人』 大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映された映画『東京の恋人』。 結婚を機に映画監督の夢をあきらめ北関東に住む主人公・大貫立夫と、別れた学 …

連載コラム

都市伝説の怖い真相をSF映画から考察。トトロからスピルバーグやディズニー作品まで | SF恐怖映画という名の観覧車22

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile022 「これは私の友達の友達から聞いた話しなんだけど……」。 そんな言葉から始まる「都市伝説」を、皆さんも人生の中で何回か聞いたことがあるはず …

連載コラム

アミール・ナデリ映画『山〈モンテ〉』内容解説と考察。「シーシュポスの神話」から不条理との戦いを読み解く|映画道シカミミ見聞録31

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第31回 こんにちは、森田です。 今回は2月9日よりアップリンク吉祥寺にて公開される映画『山〈モンテ〉』を紹介いたします。 題名が示すとおり、不毛の地にそびえる「山」 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP