Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

新作映画『男はつらいよ(2019)』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭レッドカーペットでの模様もお届け!|TIFF2019リポート7

  • Writer :
  • 村松健太郎

第32回東京国際映画祭・特別招待作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されます。


(C)Cinemarche

そして本映画祭のオープンニング上映を飾ったのが、日本ならず世界においても高い人気と知名度を誇る「男はつらいよ」シリーズの22年ぶりとなる新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』です。

本記事では作品情報やあらすじ、映画に対する感想はもちろん、山田洋次監督、倍賞千恵子らキャスト陣が登壇した10月28日・東京国際映画祭レッドカーペットでの様子もご紹介させていただきます。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の作品情報

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日(金)より全国ロードショー!


(C)2019 松竹株式会社

【上映】
2019年(日本映画)

【監督・原作】
山田洋次

【脚本】 
山田洋次、朝原雄三

【主題歌】
渥美清『男はつらいよ』

【オープニング】
桑田佳祐

【キャスト】
渥美清、倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、池脇千鶴、夏木マリ、浅丘ルリ子

【作品概要】
ギネスブックにも認定されている超長寿映画シリーズ22年ぶりの新作・50作目にして、シリーズ誕生50周年記念作品。

新規に撮影された登場人物たちの「今」を描く映像と、4Kデジタル技術によって修復された歴代「男はつらいよ」シリーズの映像を融合することで生み出された、新たなる『男はつらいよ』です。

キャストには吉岡秀隆、倍賞千恵子、前田吟といったお馴染みのレギュラー陣に加えて、シリーズ後期に登場した後藤久美子が23年ぶりに女優復帰。また歴代マドンナとして浅丘ルリ子も出演しています。

またオープニングテーマを桑田佳祐が担当しているのも注目です。

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のあらすじ


(C)2019 松竹株式会社

車寅次郎の甥、諏訪満男は50歳になっていました。かつてはサラリーマンをしていた満男ですが、今は小説家となっていました。中年になってから作家デビューでしたが、まずまずの評判を取っています。

私生活では6年前に妻を亡くし、今は中学生の娘ユリと二人暮らしをしています。

亡き妻の七回忌のために久しぶりに柴又に帰ってきた満男。両親の博やさくらからは「このまま独り身で行くのか」と聞かれてしまい、満男は少し気が重くなりました。

やがて担当編集者の高野に説得された満男はサイン会を催しますが、そこに思わぬ客が現れます。

それは満男の初恋の相手・イズミでした。彼女は満男と恋人関係になりましたが、両親との折り合いが悪く、ヨーロッパへ留学。そのまま海外で仕事を見つけて結婚し、母親となっていました。

国連難民高等弁務官事務所の職員として来日していたイズミは、思わぬ偶然の再会に喜びを隠せません。


(C)2019 松竹株式会社

サイン会を終えた満男は神保町のカフェバーにイズミを誘います。その店をマダムとして仕切っていたのは、寅さんの最高のパートナーだった“リリー”でした。

寅さんの旅に満男と共に付合ったこともあるイズミは、その旅の中でリリーとも会っていたため、思わぬ再会の連続に嬉しさを隠せません。

その後、成り行きで柴又にイズミを連れてゆく満男。そのままさくらや博とともに、楽しい宴の夜を過ごします。久々に賑やかな柴又の居間を見た満男は、在りし日の寅次郎がいた賑やかさを思い出すのでした。

この賑やかな宴の後、イズミは柴又に泊まることに。翌日には病気で施設に入っている父親のもとへ、イズミを送ることになりました。

イズミの世話を頼んだ満男は帰り際に、自分が妻を亡くして独身だということは内緒にしておいて欲しいと両親に釘を刺します。

翌日、施設に向かった満男とイズミ。イズミとはすでに関係が破綻している父母との間には気まずい空気が流れてしまいますが…。

スポンサーリンク

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の感想と評価


(C)2019 松竹株式会社

まず驚いたのが、この映画が“今の映画”になっていたことです。

もっとノスタルジックな映画なのかと思いきや、いい意味でこちらの気持ちの準備を裏切ってくれた。名匠・山田洋次監督の手腕を改めて堪能することができました。

彼は今年で88歳になる大ベテラン監督ですが、イーストウッドの活躍などにいまだに刺激を受けていると語るほど、現在も若々しさを内に秘めている人だと改めて感じました。

吉岡秀隆演じる満男が脱サラして小説家になっていたのには驚きましたが(吉岡にとっては『ALWAYS 三丁目の夕日』に続く作家役です)、呆れるほどロマンチストである寅さんの甥っ子の職業としてはピッタリといえます。

国連難民高等弁務官事務所の職員となって登場した後藤久美子演じるイズミの姿は、「今の後藤久美子」という女性のキャリアを活かした役どころで、キャスティングの巧みさも感じられます。

回想シーンとして挿入される過去作の映像パートも、映画の中の、そして現実世界の“本物の過去”であるだけに、抜群の説得力があります。

若き日の姿を見せる歴代マドンナの面々も華を添えます。中には2019年10月24日に逝去し、東京国際映画祭初日である10月28日には訃報が届いたばかりであった八千草薫の姿もあって、この映画の持つ歴史の重さ、奥の深さを実感させられました。

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』東京国際映画祭レッドカーペット


(C)Cinemarche

2019年10月28日に幕を開いた第32回東京国際映画祭。初日のレッドカーペットには「男はつらいよ」シリーズの生みの親にして本作を手がけた山田洋次監督をはじめ、倍賞千恵子、吉岡秀隆、前田吟、後藤久美子、夏木マリ、浅丘ルリ子という豪華キャスト陣が集結。

レッドカーペットに並び立った錚々たる顔ぶれには、「男はつらいよ」シリーズの50年という歴史を改めて思い知らされました。

また満男の初恋相手であるイズミ(泉)の母・礼子を演じた夏木マリの着物には、寅さんの「寅」の字が。そのさり気ないファンサービスには、思わず感動を覚えてしまいました。

スポンサーリンク

まとめ

改めて、この映画はたとえ過去のシリーズ作品を見ていなくても充分に楽しめる、“今の映画”となっています。

もちろん浅丘ルリ子が演じる寅さんの最高パートナー“リリー”の登場シーンなどはシリーズファンへのプレゼントと言ってもいいですが、現代(新規撮影)パートの中にしっかりと意味がある形で組み込まれていて、突飛な出方という感覚はありません。

元々、2016年頃に山田監督が過去の49作品から吉岡秀隆・満男パートを抜き出して作った“粗編集版満男奮闘編”を作ったことから本作はスタートした言うことですが、この懐かしの映像という材料を基に、それを活かして繋げることのできる現代パート部分を作り出したというのですからお見事の一言です。

また、私が作品を観たときは外国の観客も多い環境で英語字幕付きという形でした。字幕だけでは伝えきれない情報も多くあるなかで、絶妙な間や表情だけで多くの笑いを誘ってみせ、この映画の普遍的な面白さを再認識させてくれる体験でした。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

中川奈月映画『彼女はひとり』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた「嫌い」がもたらす苦痛の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り6

ちば映画祭2019エントリー・中川奈月監督作品『彼女はひとり』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

連載コラム

香港映画『みじめな人(淪落人)』あらすじと感想レビュー。オリヴァー・チャン登壇の舞台挨拶リポート紹介も|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録15

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第15回 今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映 …

連載コラム

『劇場版 バーニング』結末の解説と考察。原作「納屋を焼く」のメタファーから映画のテーマを探る|映画道シカミミ見聞録34

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第34回 こんにちは、森田です。 今回は村上春樹の小説を原作としたイ・チャンドン監督の映画『劇場版 バーニング』を紹介いたします。 原作を大きくアレンジしたことが話題 …

連載コラム

食人映画『ザ・カニバル・クラブ』ネタバレ感想。悪趣味を抑えた風刺作品としてブラジルの格差社会を描く|未体験ゾーンの映画たち2019見破録34

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第34回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は実にきわどいタイトルの映画が登場しま …

連載コラム

映画『アジア三面鏡2018Journey』感想と考察。長谷川博己&松永大司監督作品「碧朱」を中心に|映画道シカミミ見聞録22

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第22回 こんにちは、森田です。 東京国際映画祭も閉幕し、つづいて報知映画賞を皮切りとする映画賞シーズンを迎えようとしています。 1年の流れを総括する前に、映画祭の現 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP