Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/08/14
Update

『マグネティック・ビート』あらすじ感想と解説評価。フランス青年が80年代の冷戦期を生き抜く成長録|2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集9

  • Writer :
  • 桂伸也

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022国際コンペティション部門 ヴァンサン・マエル・カルドナ監督作品『マグネティック・ビート』

2004年に埼玉県川口市で誕生した「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでいく若い才能の発掘と育成を目指した映画祭です。

第19回を迎えた2022年度は3年ぶりにスクリーン上映が復活。同時にオンライン配信も行われ、7月27日(水)に、無事その幕を閉じました。

今回ご紹介するのは、国際コンペティション部門にノミネートされ、監督賞を受賞した ヴァンサン・マエル・カルドナ監督作品『マグネティック・ビート』です。

【連載コラム】『2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集』記事一覧はこちら

映画『マグネティック・ビート』の作品情報

【公開】
2022年(フランス・ドイツ合作映画)

【監督】
ヴァンサン・マエル・カルドナ

【出演】
ティモテ・ロバール、マリー・コロン、ジョゼフ・オリヴェンヌ

【作品概要】
連戦化の80年代を背景に、ミッテラン大統領の選挙勝利に沸くフランスにおいて、一人の青年が兵役に駆られながらも、DJとしての活動に青春を賭ける姿を追ったドラマ。フランスの新鋭、ヴァンサン・マエル・カルドナ監督が作品を手掛けました。

主人公・フィリップを演じたのは、『バーニング・ゴースト』(2019)にて主演を務めたティモテ・ロバール。本作でセザール賞にて有望若手男優賞にノミネートされました。

兄ジェロームを演じたのは、『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)などで知られるクリスティン・スコット・トーマスの息子ジョゼフ・オリヴェンヌ。

ヴァンサン・マエル・カルドナ監督のプロフィール

1980年、フランス・ブルターニュ生まれ。

フランス国立映画学校フェミスの監督学科卒業、卒業時に制作した『Coucou-les-Nuages』がカンヌ映画祭シネフォンダシオンにおいて第2席を獲得、高い評価を得た。

初長編監督作となった本作は、2021年の同映画祭監督週間で、フランス語映画の中から選ばれるSACD賞を受賞し、さらにセザール賞にで新人監督賞も受賞した。

映画『マグネティック・ビート』のあらすじ

冷戦下の80年代、フランスのブルターニュ地方の田舎町でフィリップとジェロームの兄弟は無許可のラジオ放送に没頭し、毎日を過ごしていました。

しかし兵役の時期が迫るフィリップは、その難を逃れようと策を打つも失敗、徴兵により西ベルリンへ渡ることに。

兄の元恋人でフィリップも気になっていた女性・マリアンとはあいまいな関係のまま別れましたが、彼は出発直前に彼女より一本のカセットテープを受け取ります。

このテープに込められた音楽やマリアンの言葉は、彼の人生の道筋を大きく変えていきました。

映画『マグネティック・ビート』の感想と評価

冷戦下の80年代、東西に分かれたドイツ。そしてミッテラン政権発足という国内での大きな節目を迎えたフランス。

冷戦西側的立場にあったフランスでの政治的変革や青春の大きな障壁となった徴兵制、そして主人公フィリップが兵役の中でたどったドイツでの道のりなど、本作は一人の人間の姿を追った物語でありながら、非常に大きな世界を感じさせます。

その中でDJとしての才能を持っていながら、兵役前にはどちらかというと控えめで自身を表現することが難しいフィリップ。

すでにカリスマ性を持ったDJとしてプレイしていた兄の陰に隠れていたり、問題を抱えた家族に翻弄されたりと、迷走を続けていた彼が皮肉にも避けようとしていた兵役の途で自身の道に光を見出します。

本作ではそこからさらに物語が展開していくわけですが、物語を通して見ると、避けようとした徴兵の道へ進むことで、フィリップは自身のDJとしての道を開いていったわけであり、彼は思いもよらなかった道に進んでいったことがわかります。

冷戦という時代でフランスという国において、未来も見えてこない自身の人生において障壁となるであろうと思っていた兵役の中で、フィリップは紆余曲折しながら自身の道を確立していきます。

物語のイメージとしては時代背景の複雑さを強く感じますが、物語に描かれたメッセージとしてはむしろ人々が自分の人生においてさまざまな障壁に対して、いかにそれを乗り越え自己を確立していくかという核心的なポイントが光っており、時代を超えた普遍性が強く感じられる作品であります。

また戦争、徴兵という場を通して、一人の女性への思いとともに、青春のひと時を描いた作品として本作は『シェルブールの雨傘』(1964)『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988)などを想起させるところもあります。

結果的に主人公とヒロインとの関係はどこかあいまいですが、愛する人と長きにわたる別れ、そして再び出会い、自身の成長とともに変わっていった相手への想いが、それぞれの胸の内に大きな波を起こすという展開は、主人公が歩んだ運命による影響を大きく感じさせるものとなっています。

まとめ

俳優陣で注目は、やはり主演を務めたフランスの新鋭・ティモテ・ロバール。物語序盤の主人公は、どこかあか抜けない田舎の青年という風貌の表情を見せていますが、物語が進むにつれ一人の自立した男性の表情へと変わっていきます。

その変貌ぶりは、物語の展開とともにフィリップが出くわすさまざまな出来事の影響を受けるという理にかなった表情の変化を感じさせるものでした。

映画というわずかな時間軸の中で、一人の男性の最も大事な部分を描くというミッションにおいて、俳優として非常に優れた表現力、推察力によって貢献しており、セザール賞にて有望若手男優賞にノミネートという評価も十分うなずけるものといえるでしょう。

【連載コラム】『2022SKIPシティ映画祭【国際Dシネマ】厳選特集』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『世界の涯ての鼓動』あらすじと感想評価。ヴィム・ヴェンダースが二つの旅路から再考する世界と愛|シニンは映画に生かされて14

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第14回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第14回にてご紹介する作品は、『パリ、テキサス』『ベ …

連載コラム

草彅剛映画『台風家族』あらすじと感想レビュー。市井昌秀監督が12年を経て放つ普遍的な家族の物語|シニンは映画に生かされて15

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第15回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第15回にてご紹介する作品は、主演・草彅剛×監督・市 …

連載コラム

『三日月とネコ』あらすじ感想と評価解説。安達祐実×上村奈帆監督がネコとのほのぼの共生を健やかに描く|映画という星空を知るひとよ199

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第199回 映画『三日月とネコ』は、「第1 回anan 猫マンガ大賞」の大賞受賞作、ウオズミアミ『三日月とネコ』の実写映画化したものです。 熊本地震をきっかけに …

連載コラム

映画『お姉ちゃん、弟といく』あらすじ感想と評価解説。江口のり子主演で描く“個性派女優”に相応しい青春ドラマ|インディーズ映画発見伝14

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第14回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝 …

連載コラム

『たまねこ、たまびと』あらすじ感想と評価解説。多摩川の河川敷で“棄て猫と保護活動する人”の日常を活写|映画という星空を知るひとよ119

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第119回 東京都と神奈川県の間を流れる多摩川。この川に遺棄された猫と彼らを見守る人々の姿を追ったドキュメンタリー『たまねこ、たまびと』。 多摩川の猫たちをカメ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学