Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/10
Update

映画『ブータン 山の教室』感想評価と内容解説。初監督のドルジが“世界一幸福度の高い国”から「真の幸せ」を問う|OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録2

  • Writer :
  • 桂伸也

第16回大阪アジアン映画祭上映作品『ブータン 山の教室』

毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で16回目。2021年3月05日(金)から3月14日(日)までの10日間にわたって、アジア全域から寄りすぐった多彩な作品が上映されます。

さらに本年度は「オンライン座」として、2021年2月28日(日)から3月20日(土)までの期間、過去のアジアン映画祭で上映された作品から特に好評を博した作品を中心にしたオンライン上映も開催されます。

今回はその中から、特に注視しておきたい潮流、才能を厳選してピックアップする「特別注視部門」で上映されるブータン映画『ブータン 山の教室』(2019)をご紹介します。

映画『ブータン 山の教室』は、2021年3月12日(金)の12:05よりシネ・リーブル梅田にて上映があります。また本作は岩波ホール他にて2021年4月3日(土)より公開が予定されています。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブータン 山の教室』の作品情報


(C) 2019 ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2021年(ブータン映画)

【英題】
LUNANA: A YAK IN THE CLASSROOM

【監督・脚本】
パオ・チョニン・ドルジ

【キャスト】
シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザム、サンゲ・ハム、チミ・デム、サンゲ・レトー、ナムゲ・ハム、ドルジ・チョデン、ドルジ・デム、ドルジ・ハデン、サンゲ・チョデン、クンザン・ワンディ、ツェリン・ドルジ、ツェリ・ゾム、ドルジ・オム、ツェリン・ザム、ソナム・タシ、タシ・デマ、タンディン・ソナム、ドルプ、ツェリン・ザム、リンチェン・ハデン、ジグメ・ティンレー、ナカ

【作品概要】
「世界一幸福度の高い国」ブータン王国の北部、標高4,800メートルの位置にあるルナナ村の学校を舞台に、赴任を命ぜられた一人の教師の姿を通して「幸福」の本質を問う人間ドラマ。

本作がデビュー作となるブータン王国出身のパオ・チョニン・ドルジが、監督と脚本を担当しました。

【パオ・チョニン・ドルジ監督プロフィール】
1983年6月23日生まれ。作家、写真家、映画監督。

映画『ザ・カップ~夢のアンテナ~』(1999年)で知られる、ケンツェ・ノルブ監督作『Vara:A Blessing』(原題、2013年)で監督助手として映画の世界でのキャリアをスタートします。

その後、同監督による『ヘマへマ:待っているときに歌を』(第12回大阪アジアン映画祭上映時タイトル、2017年)をプロデュース。同作品はロカルノ映画祭でワールドプレミアされ、国際的にも高く評価されました。『ブータン 山の教室』は、パオ・チョニン・ドルジ監督の長編デビュー作。

映画『ブータン 山の教室』のあらすじ


(C) 2019 ALL RIGHTS RESERVED

ブータン王国のティンプーに住む青年ウゲンは、教師という職を持ってはいたものの、教育組織側からもそのモチベーションを問われてしまうほどにやる気を見せません。

それもそのはず、彼はブータン王国を離れ、オーストラリアに行ってミュージシャンになりたいという夢を持っていたのです。

ところがある日、その意に反してウゲンは、ブータン王国で最も辺境の地であるルナナ村で教師として赴任するよう告げられます。

その辞令を仕方なく承諾するウゲン。交通機関もなく徒歩のみで山を越え、1週間以上かけてようやくルナナ村に到着。

当初はトイレットペーパーもなく、電気の供給すらままならない場所での生活を不安に思っていた彼でした。

しかし純真な村人たちの心に触れるに従い、彼は次第に村での生活にいとおしさを感じるようになっていきます。

スポンサーリンク

映画『ブータン 山の教室』の感想と評価


(C) 2019 ALL RIGHTS RESERVED

この物語はフィクションでありながらドキュメント的な側面を持っており、ある種メディアで報じられているイメージの真偽を問うような作品となっています。

「世界で最も幸福度の高い国」といわれるブータン。しかしメディアでは、単なる調査の結果として「そういった声が多く上がっている」という点のみに焦点が当てられがちで、「何故幸福なのか」「何が幸福と思わせるのか」という具体的なことは、実はあまり深く追究されていないようです。

その意味で本作は、ブータンのルナナ村という一つの地域を挙げて、メディアでは知り得ることのできないブータンの「幸福」の本質を探るとともに、人々が感じる「幸福」の実態に迫っています。

ルナナ村は交通の便もなく電気の供給も不安定で自給自足に頼る生活をし、教育もままならない中で人々は生きています。

加えて、人間関係、社会生活という観点では、離婚、飲んだくれという問題を普通に抱えた人もいます。


(C) 2019 ALL RIGHTS RESERVED

それでもルナナ村の人たちはお互いの存在、そして共存するヤクの存在を認め合い、どんなに都会が魅力的に見えたとしてもこの村を離れたくないと言います。

村を訪れて「実は先生をやる気がない」というウゲンの言葉さえ受け入れ、決して批判はしません。

また実際、村の子供たちの中心人物役を務めたペム・ザムは本名で劇中に登場しましたが、彼女の家族は現実に崩壊しており、現在は祖母と暮らしているとのこと。

そんな彼女は劇中でウゲンの来村に目を輝かせながら、村を心底愛する少女の姿を生き生きとした表情で演じており、彼女を中心に村がよその人をどう受け入れるかをリアルに描いています。

一方で物語の主人公ウゲンは、ブータンに住みながらその国の実態を知りません。自身が転勤することがきまって初めて知るルナナ村という地域のことは、「不便なところ」「情報のないところ」という簡略化されたメディアの情報でのみ、知ったつもりになっています。

そして物語の最後にウゲンは、希望を叶え、かつて憧れた世界へ向かうことになります。

しかしそこでウゲンは、その「憧れた世界」言い換えれば自分がきっと幸せになるであろうと考えた世界ですら、「知ったつもり」になっていたことに気づきます。

ウゲンが最後に求めた「幸せ」の実態とはどのようなものなのか、ラストのシーンはその彼の行く末とともに実態像を大いに考えさせられるようになっています。

改めて普遍的な「幸せ」というものをどのように認識するのか、そんな問い掛けを投げかけられるような作品です。

まとめ


(C) 2019 ALL RIGHTS RESERVED

本作の主演を務めたシェラップ・ドルジらをはじめ、メインキャストにはブータンにあるレコードレーベル所属のアーティストが名を連ねています。

ルナナ村に伝わる歌を歌い継いでいく展開はとても清々しく、物語のもう一つの流れを作っているようでもあり、その流れを作り上げるにあたり、このキャスティングはまさしく適任といえるでしょう。

また印象的なのは、劇中でウゲンが登場した時です。「世界一幸福度の高い国」と呼ばれる国の子供が、よその国に憧れ飛び出していこうとする姿は、知られざるブータンという国の現在の一面を見ているようで、非常に興味深いポイントでもあります。

そしてこの場面からは「先進国」「発展途上国」などといった国へのランク付け、それに付随する国の転換方針付けのように、ある意味「勝手に押し付けられる」価値観に対して、大きな疑問を投げかけているようでもあります。

映画『ブータン 山の教室』は、2021年3月12日(金)の12:05よりシネ・リーブル梅田にて上映があります。また岩波ホール他にて2021年4月3日(土)より公開。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2021見聞録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

燃えよデブゴンTOKYO MISSION|ネタバレあらすじと感想評価。ドニーイェン扮する太っちょ刑事が東京で大暴れ!|すべての映画はアクションから始まる22

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第22回 日本公開を控える新作から、カルト的に評価された知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアク …

連載コラム

映画『気球』あらすじと感想レビュー。最優秀作品賞受賞にキャスト主演のジンパが歓喜|フィルメックス2019の映画たち1

第20回東京フィルメックス「コンペティション」最優秀作品賞『気球』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催されました。 そのコンペティションでグランプリ …

連載コラム

鬼滅の刃名言/名シーン最終章|ネタバレ有で童磨・黒死牟戦の決着×不死川・継国兄弟の絆を振り返る【鬼滅の刃全集中の考察23】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第23回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回も前回記事に引き続き、「 …

連載コラム

福士蒼汰&吉沢亮ドラマ『仮面ライダーフォーゼ』と映画夢の共演|邦画特撮大全5

連載コラム「邦画特撮大全」第5章 (C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会 2018年7月20日から公開となった久保帯人原作の人気漫画『BLEACH』の実写映画版。主人公 …

連載コラム

『異端の鳥』映画考察と内容解説。ラストまで目が離せない発禁書にある鑑賞厳禁な美しい残酷|映画という星空を知るひとよ11

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第11回 映画『異端の鳥』は、疎開先から家を目指してさすらう少年が理不尽な差別や迫害に次々と出会う作品です。当時の迫害の体験者であるポーランド出身のイェジー・コ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学