Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/29
Update

【面白いサスペンス・SF映画】2020年おすすめランキングベスト5:独特な世界観で現在を反映した5選《シネマダイバー:金田まこちゃ選》

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

2020年の映画おすすめランキングベスト5
選者:シネマダイバー金田まこちゃ

2020年は新型コロナウィルスの影響により、「007」シリーズ最新作の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』や、MCUシリーズの『ブラックウィドウ』などの大作映画が軒並み公開延期になったうえ、映画館も自粛に追い込まれるなど厳しい1年となってしまいました。

ですがそんな状況でも、独自の世界を作り出し、観客を楽しませてくれた作品は、1年を通して多く公開されました。

そんな「独自の世界観を持った作品」を中心に、トップ5を選びました。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら

スポンサーリンク

第5位『スパイの妻』

【おすすめポイント】
太平洋戦争開戦間近の日本を舞台に、スパイになった夫を心から愛し、そして翻弄される妻の姿を描いた本作は、黒沢清監督の丁寧な演出が光る、非常に見応えのある作品でした。

実話やベストセラー小説による原案/原作でもなく、完全オリジナルの作品でここまでスケールの大きな映画が制作されたのは、本当に素晴らしいと感じられました。

第4位『リチャード・ジュエル』

【おすすめポイント】
1996年に、アトランタ五輪の爆弾テロ事件を阻止した、リチャード・ジュエルの実話をもとにした本作。

リチャード・ジュエルは、英雄から一転し爆弾事件の首謀者にされてしまう為、普通なら悲劇の物語になるはずですが、クリント・イーストウッド監督独自の視点でこの事件を描いた為「問題行動も多かった、リチャードは本当に潔白なのか?」という、サスペンス色の強い作品に仕上がっているあたり、流石です。

スポンサーリンク

第3位『ワンダーウーマン 1984』

【おすすめポイント】
「スーパーヒーローの誕生」を描いたともいえる本作は、リチャード・ドナー版『スーパーマン』を意識したような作風。本作のヴィランであるマックスは、人の欲望を力に変えるのですが、マックスに「人類愛」を説き戦うダイアナからのメッセージは、非常にシンプルながら心に響きました。

現在の混乱状態の世界に「博愛」の象徴であるワンダーウーマンの新作が公開されただけで、大きな意味があったといえます。

第2位『ミッドサマー』

【おすすめポイント】
白夜のスウェーデンを舞台に、奥地の村で執り行われる謎の儀式に巻き込まれ、気付けば儀式の中心にされてしまうという、アリ・アスター監督独自の世界観が嫌というほど堪能できる映画『ミッドサマー』。

作中で映像として見せていない部分も、小道具や台詞の端々などから観る者は様々な想像ができてしまうため、まさに「悪夢」というべき不快で嫌な世界を見せつけられる一方で、それが病みつきになってしまうという凄味のある映画でした。

スポンサーリンク

第1位『CURED キュアード』

【おすすめポイント】
一度は「ゾンビ」と化しながらも治療により回復し、無事社会復帰に至った人々のその後の生活を通して、人間の醜さや恐ろしさを描いた作品。

ゾンビウィルスによるパンデミックが終息した世界が舞台なのですが、ゾンビウィルス感染者への差別や偏見に苦しむ主人公の心情、クライマックスでの街が崩壊するレベルのパニックに追い込まれるストーリー展開は、新型コロナウィルスに直面した2020年の現実世界とのリンクを感じさせられ、多くのことを考えざるを得ない作品でした。

また、わずかながらも希望を感じさせるラストも必見です。

2020年注目の監督とキャスト


(C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

監督賞:クリストファー・ノーラン
男優賞:サム・ロックウェル
女優賞:ガル・ガドット

【コメント】
監督賞にはクリストファー・ノーラン。世界中がコロナに悩む中で『TENET』の劇場公開に踏み切り、「映画館で映画を観る」という空気を再び作り出してくれた功績を称えたいと思います。

男優賞のサム・ロックウェルは、『リチャード・ジュエル』でジュエルの唯一の協力者となる弁護士ブライアントをユーモラスに演じ、作品全体を牽引する存在感を発揮していました。

女優賞のガル・ガドットは『ワンダーウーマン 1984』にて、ヒーローを通り越して「女神」のような存在となったダイアナを見事に演じました。「ワンダーウーマン」というキャラクターを見事に成立させたその存在感で、今後どのような作品で活躍するのかが非常に楽しみです。

まとめ


(C)Tilted Pictures Limited 2017

2020年は映画館が自粛に追い込まれるなど苦しい1年でしたが、それでもさまざまなバリエーションの作品が公開された1年でもあります。その中でも独自の世界観を持ち、作品の中に引き込まれた映画5作を選出しました。

2021年はもともと公開予定だった作品に加え、延期になった作品も公開予定ですので、注目作が目白押しになるのではないかと期待しています。

『ミッドサマー』のように、映画館で観ることでより一層魅力が増す作品も少なからず存在するため、今後も「映画館で映画を楽しむ」という経験が、当たり前のようにできる事を心から祈るばかりです。

【連載コラム】『2020年映画ランキングベスト5』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

韓国映画『チャンシルさんには福が多いね』あらすじと感想評価レビュー。監督キムチョヒの初長編監督作品で作家の姿を語る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録6

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『チャンシルさんには福が多いね』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア …

連載コラム

ドラマ『THIS IS US』シーズン1・2のあらすじネタバレ。キャストの感想解説も|海外ドラマ絞りたて2

ドラマ『THIS IS US』シーズン1・2のあらすじとキャストの詳細まとめ 2017年から放送開始になった直後から反響が大きく、視聴者を虜にした感動のファミリー・ドラマ『THIS IS US』。 ク …

連載コラム

シンウルトラマン長澤まさみはフジ隊員なのか?予告特報と原作ネタバレで活躍を考察予想!【光の国からシンは来る?5】

連載コラム『光の国からシンは来る?』第5回 2016年に公開され大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』(2016)を手がけた庵野秀明・樋口真嗣が再びタッグを組んで制作した新たな「シン」映画。 それが、19 …

連載コラム

若手映画監督(20代・次世代・学生ら)の登竜門!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が閉幕【国内外の各賞受賞者のコメント収録】2019SKIPシティ映画祭10

第16回を迎えるデジタルシネマのイベントが閉幕、受賞者堂々の発表! 7月13日に開幕したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が閉幕。最終日の21日にはそのクロージング・セレモニーと各賞の表彰が行わ …

連載コラム

『メン・イン・ブラック』ネタバレあらすじと感想。ラスト結末も【映画と都市伝説の関係を深掘り解説】|SF恐怖映画という名の観覧車131

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile131 2021年に公開される清水崇監督の映画『樹海村』。新ビジュアルとなるポスターデザインが発表され話題となりました。 シリーズの前作である2 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学