Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

SF映画

Entry 2020/12/19
Update

映画ワンダーウーマン1984|ネタバレ感想評価と結末解説のあらすじ。敵マックスの“不安”にスティーブとの“愛”で戦う意味

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

『ワンダーウーマン』の続編『ワンダーウーマン1984』が2020年12月18日(金)より全国ロードショー!

人類を平和に導く存在にして、アマゾネス最強の戦士ダイアナが世界の危機を救う「ワンダーウーマン」シリーズの第2弾『ワンダーウーマン 1984』。

前作は神と人の陰謀が渦巻く第一次世界大戦を舞台に、ダイアナが自らの使命に目覚める物語でしたが、『ワンダーウーマン 1984』は、「戦士」から「ヒーロー/ヒロイン」として覚醒するまでの物語として位置付けられています。

「覚醒」とは一体どのようなものなのか? その意味などを考察しながら、作品の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ワンダーウーマン 1984』の作品情報


(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

【日本公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
Wonder Woman 1984

【監督】
パティ・ジェンキンス

【キャスト】
ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、ロビン・ライト、コニー・ニールセン

【作品概要】
超人的な力を持つアマゾネスの最強戦士ダイアナが、神が創造した「どんな願いも叶える宝石」から世界を救う戦いを描いた「ワンダーウーマン」シリーズ第2弾。監督は、前作『ワンダーウーマン』を大ヒットに導いた、パティ・ジェンキンスが続投しています。

主演は前作に続きガル・ガドットがダイアナ役を演じ、クリス・パインも前作同様にスティーブ役で出演しています。また世界を混乱に陥れる危険な男マックスを演じるのは、「スター・ウォーズ」シリーズ初の実写ドラマとして注目される「マンダロリアン」シリーズのペドロ・パスカル。


映画『ワンダーウーマン 1984』のあらすじとネタバレ


(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

1984年、ワシントンDC。考古学者として、スミソニアン博物館で働くダイアナ。

彼女は、アマゾネスが住む島セミッシラ出身の戦士であり、第一次世界大戦時に人類を危機から救った英雄「ワンダーウーマン」でもありました。そして考古学者として働く傍ら、正義の戦士として、人知れず街を犯罪から守っていました。

ある時、スミソニアン博物館の新たな職員としてバーバラが加わります。宝石学が専門の彼女は、スミソニアン博物館へ着任した初日から慣れないヒールで転んだり、大量の書類を床に落としたりとドジな部分を見せます。

スミソニアン博物館の職員はドジなバーバラを無視して、誰も手を差し伸べようとしません。しかしダイアナだけがバーバラが落とした書類を拾い、気さくに話しかけます。

バーバラはFBIから依頼された宝石の鑑定を開始し、ダイアナもそこへ同席します。失敗が多いながらも、一生懸命で優しい性格のバーバラを気に入ったダイアナは、バーバラを食事に誘い、バーバラは宝石を持って食事へ行きます。

食事の場で恋人の話になった際、ダイアナは自分を故郷セミッシラから外の世界に連れ出してくれた存在であり、恋人だったスティーブの話をします。

スティーブはかつて、ダイアナとともに第一次世界大戦を戦い、残念ながらその最中で命を落としていました。ダイアナは再び彼に会う事を望みます。

ダイアナとの食事を終えたバーバラは、スミソニアン博物館へ帰ろうとしますが、そこで酔った中年男性に絡まれます。そこを偶然通りかかったダイアナに助けられたバーバラは、ダイアナに強い憧れを抱き「私も、あんな女性になりたい」と宝石を握ったまま願います。

次の日、スミソニアン博物館で眠っていたバーバラが起きると、別人のように魅力的な容姿になっており、昨日までとは違い、博物館のいろいろな人が声をかけてくれるようになります。

そこへ「ブラック・ゴールド社」の代表、マックスがスミソニアン博物館を訪ねて来ます。マックスは連日テレビ出演をしており「どんな願いも叶う」が決め台詞の有名人でした。

舞い上がったバーバラは、マックスを連れて、スミソニアン博物館内を案内します。その間マックスは、バーバラが鑑定している宝石に異常に興味を持った様子を見せますが、マックスを不審に感じたダイアナに追い返されてしまいます。

マックスはさまざまな企業から出資を募り、石油事業を展開させようとしていましたが、石油は全く見つからず「ブラック・ゴールド社」の経営は事実上破綻していました。さらに離婚をしており、一人息子だけがマックスの生きがいとなっていました。

ですが、マックスは出資をした企業から出資額の返金を求められており、応じないと「連邦議会にかける」と脅されます。

マックスは、その晩にバーバラが参加しているパーティーへ向かいます。そこで酔ったバーバラを騙し、宝石を手に入れます。

マックスが手にした宝石は、古代の神が創造した願いを叶える宝石で、マックスは「私はお前になりたい! 私こそが願いを叶える宝石だ」と願います。すると、マックスの願いを叶えた宝石は消滅していきました。

次の日、マックスは出資額の返金を求めていた企業に向かい、その代表に会います。そしてその場で、マックスは「ブラック・ゴールド社が世界を牛耳る企業になるはずだった」と言い、企業の代表は「そう願っていた」と言います。

そのやりとりで願いを叶えた事になり、「ブラック・ゴールド社」は急激な成長を見せます。

一方、ダイアナはバーバラがマックスに宝石を渡した事を知り、マックスを探します。その最中に、ダイアナはある男性に声をかけられます。

それは第一次世界大戦で戦死したはずの、かつての恋人スティーブでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ワンダーウーマン 1984』ネタバレ・結末の記載がございます。『ワンダーウーマン 1984』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

スティーブとの再会に喜ぶダイアナですが、スティーブが蘇ったのは「マックスの手に渡った宝石と関係がある」と考えます。ダイアナはスティーブと共に、マックスのオフィスへ向かいますが、マックスはエジプトのカイロへ渡った後でした。

ダイアナは、オフィスに残された宝石の台座に「神の言葉」が記されている事に気付き、マックスを追います。

ダイアナとスティーブは空港に忍び込み、飛行機を盗み出しますが、気付いた空軍に追われた為、ダイアナは50年間で一度だけ成功した「姿を消す方法」を実践し、飛行機をレーダーから消します。

危機を脱したダイアナは、スティーブに「飛ぶのは無理、あなたがいないと」と伝えますが、スティーブは「風を感じればいい」と答えます。

一方、カイロに到着したマックスは、石油王の願いを叶えた代わりに近衛兵を奪い、次の石油王の場所へと移動していました。

そこへダイアナとスティーブが追い付き、ダイアナはマックスから「願いを叶える宝石」を奪おうとします。ですが、銃弾を跳ね返す程のパワーを持つはずのダイアナは、思うように力が出せず、近衛兵に苦戦します。

スティーブの協力を得て、マックスのもとに辿り着いたダイアナですが、マックスからは「宝石は私だ」と告げられ、あと一歩の所で逃がしてしまいます。

ダイアナはバーバラに依頼し、博物館の資料を検索してもらい、かつて「願いを叶える宝石」が現れた時代の文明はことごとく崩壊している事が判明します。

ダイアナとスティーブは、ワシントンに戻り「願いを叶える宝石」について書かれた古文書を探す事にします。バーバラもダイアナへ協力する事にしますが、バーバラは宝石の効力によって強大な力を持つようになっていき、どんどん残虐な性格に変貌をしていました。

やがて「ギャラクシーレコード」の隣にある「シャーマン養成所」で、古文書を見つけたダイアナとスティーブ。そして古文書の情報から、「願いを叶える宝石」は願いを叶える代償として「願いを叶えた者の一番大切な物」を奪う事、それを防ぐには宝石を破壊するか、願い自体を取り消すかのどちらかしか方法がありません。

ダイアナはマックスが「宝石は私だ」と言った事を思い出し、「マックスを倒せば、全ては元に戻る」と考えます。その事を知ったバーバラは、ショックを受け「何か他の方法があるはず」と語ります。

スティーブと共に自宅に戻ったバーバラは、自身のパワーが弱くなっている原因は「スティーブに会いたい」という願いを叶えた事の代償であると考えます。戦士としてのパワーを取り戻したいが、再びスティーブを失う事を恐れるダイアナは、他の方法を探ります。

スティーブは、ダイアナの部屋に金色の鎧がある事を見つけ、興味を持ちます。

その鎧は、かつてアマゾネスを命がけで守った最強の戦士アステリアの鎧で、ダイアナは「真実を見せる力」を持つヘスティアの縄で、スティーブにアステリアの物語を見せます。

一方、世界の石油の半分を手に入れたマックスですが、願いを叶える度に自身の体が蝕まれていく感覚に陥ります。

その後マックスは、宝石の力で大統領に会い「願いを叶える」と申し出ます。大統領は一触即発の状態であるソ連を警戒するべく「どこにも負けない核ミサイルがほしい」と願います。

大統領の願いを叶えたマックスは、代わりに絶大な権力を手に入れます。

また、アメリカが極秘に開発していた衛星の存在を知ったマックスは、衛星を通じて世界中のテレビを乗っ取り、世界中の人間の願いを叶えようと企みます。

そこへ、ホワイトハウスに乗り込んで来たダイアナとスティーブがマックスを追いますが、その前にバーバラが立ちはだかります。

宝石の力で美貌と力を手に入れたバーバラは、それを失う事を恐れ、マックスを守ろうとします。パワーを失ったダイアナはバーバラの前に敗北し、再びマックスを取り逃がしてしまいます。

衛星の基地局に向かう飛行機の中で、マックスはバーバラに、自身の目的を語ります。「世界中の人の願いを叶える代わりに、健康をいただく。そうすれば、自分は永遠に生きていける」と。

ダイアナは、マックスを追いかけようとしますが、やはり本来のパワーが出せない為、なすすべがありません。

スティーブは、ダイアナに願いを取り消す事を提案し「ここでお別れだ」と伝えます。ダイアナは涙を流しながらも願いを取り消し、スティーブと別れ、マックスを追います。

ヘスティアの縄で高く飛び上がったダイアナは「風に乗ればいい」というスティーブの言葉を思い出し、空中飛行に成功します。そして強大な力を持つバーバラに対抗する為、アステリアの鎧を身にまといます。

マックスが世界中の人々の願いを叶える中で、アメリカが核武装した事を知ったソ連が「宣戦布告」とみなし、アメリカに核攻撃を仕掛けます。その結果戦争状態が勃発し、アメリカの国民は大混乱に陥りました。

衛星基地局に到着したダイアナは、宝石の力で姿が変わってしまったバーバラと戦う事になります。バーバラの力に苦戦するダイアナですが、切断された電線から電気を流し、バーバラを感電させます。

マックスの所に辿り着いたダイアナ。強大な力を持つマックスに太刀打ちできずにいましたが、ついにヘスティアの縄をマックスの足に巻き付ける事に成功します。

ダイアナは世界中の人々に向けて「辛く苦しいだろうが、世界は愛に溢れている」と語りかけます。そして、マックスにも「真実の姿」を見せます。

マックスは自身にとって本当に大切なのは一人息子であり、世界の混乱を収めなくては息子を失う事に気付き、全ての願いを取り消します。マックスが願いを取り消した事で、宝石の力が失われ、混乱した世界は元に戻ります。

世界の混乱が収まった数日後、街はクリスマス一色になりました。

ダイアナは平和な街とそこを行き交う人々を眺めながら、ひとり笑顔を見せます。

スポンサーリンク

映画『ワンダーウーマン 1984』感想と評価


(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

1941年にコミックスに初登場し、スーパーマンやバットマンなどと並ぶDCコミックスの看板ヒーローである「ワンダーウーマン」ことダイアナ

映画に初登場したのは、2016年の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で、作品全体の美味しい所を持って行くほどの凄まじいインパクトを残し、2017年には彼女が主役の映画『ワンダーウーマン』が公開されました。

前作の『ワンダーウーマン』は、世間から姿を消し、長らく秘密とされてきたアマゾネスの島セミッシラで生まれ育ったダイアナが、パイロットのスティーブを助けた事で、セミッシラを出て成長していく物語でした。

セミッシラでの生活しか知らず、戦う事が全てだったダイアナが、人間の弱さや優しさ、そして残酷さに触れた事で「戦いだけでは、何も救えない」と戦士としての精神的成長を果たした前作『ワンダーウーマン』。対して『ワンダーウーマン 1984』では、本格的に「スーパーヒーロー」として成長するまでの様子が描かれています

また前作は第一次世界大戦が舞台でしたが、今回は1984年のアメリカが舞台。

1984年のアメリカは、予想を上回る程の経済の景気拡大を迎えた一方で、徐々にその景気が落ち込みつつあった時代。また「新冷戦」と呼ばれる、1979年頃から始まったソ連との緊張状態が続く時代でもありました。

そうした景気の落ち込みと冷戦状態から、多くの人々と社会が言い難い不安を抱えていた「1984年のアメリカ」という時代背景が反映されたキャラクターが、本作のヴィランにあたるマックスです。

マックスは自身が立ち上げた会社の経営に失敗し、出資者達からは詐欺師呼ばわりされています。ですがプライベートでは、一人息子の事を大切にする心優しい父親です。

マックスは、根は悪人ではありませんでしたが、幼い頃から自分を馬鹿にした人間を見返す為、そして息子の幸せの為に、何よりも成功と資産を望んでいました。

その願いは「不穏」の時代を生きるマックス自身の不安と表裏一体であり、やがて「願いを叶えてくれる魔法の石」=「時代と自己が抱える不安を拭い去ってくれる手段」と出会ってしまった事で、不安を抱える人々の欲望を駆り立て、世界を混乱に陥れる恐ろしい存在となったのです。

そして、願いを叶える魔法の石により、運命が変わってしまった存在がもう一人。ドジで誰にも相手にされない自身に悩みを抱えた事から、ダイアナに憧れを抱いたバーバラです。彼女もまた、時代の不安と自己の不安を重ねてしまったキャラクターとして描かれています

バーバラが望んだのは「誰もが憧れる美貌」。願いを叶える魔法の石によりその願いは叶いましたが、結果として「誰よりも心が醜くなる」という悲しい存在として描かれています

作品の終盤、宝石の力で強大な力を手に入れたバーバラが突然、猫のような姿に変わりますが、これは「ワンダーウーマン」の原作コミックシリーズにおける古株ヴィランであるチーターです。

ホワイトハウスでダイアナと戦ったバーバラが「ヒョウ柄」のファッションに身を包んでいたという予兆は描かれていたものの、原作コミックを未読の方は驚かれたのではないでしょうか。

そんな時代を反映したヴィランたちに立ち向かうダイアナもまた、宝石の力に惑わされます。前作で戦死したスティーブと再会を果たしたものの、その代償でパワーが弱くなり、世界崩壊の危機的な状況に立ち向かえなくなったのです。

しかし彼女は、不安と混乱に襲われる世界と人々を救う事を選択し、スティーブと再び別れるという悲しみを背負うのを決断した事で、ダイアナはスーパーヒーローとして覚醒します。

ワンダーウーマンは、スーパーマンと同等の力を持つ、最強クラスのヒーローです。そしてスーパーマンが「正義」の象徴なら、ワンダーウーマンは「愛」を象徴するヒーローと言われています。

『ワンダーウーマン 1984』の冒頭では、スティーブの事を忘れられず、悩んでいる様子のダイアナが描かれていますが、「悲しみ」と「愛」をもって再び愛する者との別れを決断した事で、世界と人々を「愛」で包む、スーパーヒーローとして覚醒したのです。

空中飛行に成功する場面は、スーパーヒーローとしての成長を象徴する描写の一つであり、マックスを力ずくで相手を倒すのではなく「愛」という真実を語る事で世界を救うクライマックスの展開は、まさにワンダーウーマンならではと感じます。

また「時代と自己への不安を抱えるがゆえに成功や資産を渇望し、人々が欲望をむき出しにしている」という点では、現代の社会も「1984年のアメリカ」も決して変わりません。

ワンダーウーマンは、「愛なき世界」に警鐘を鳴らし、決して諦める事なく「愛」によって戦い続ける存在と言えます。

そして、1941年の初登場以降から21世紀を迎え、混乱の時代が訪れた2020年にもなお彼女の勇姿を人々が求めるのは、「『今』という時代がワンダーウーマンを必要としているから」ではないでしょうか?

まとめ


(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

前作では「戦う事だけが全て」と考え、人間社会に馴染むまで時間のかかったダイアナですが、『ワンダーウーマン 1984』では、考古学者として人間社会を生き、危機が迫るとワンダーウーマンとなって戦うという、スーパーヒーロー映画の王道が展開されます。

特に作品序盤、デパート内で宝石強盗と戦う場面は、自分の存在を知られない為に監視カメラを破壊し周囲の人間だけでなく、犯人側も誰一人傷付けない、まさにヒーローとしての戦い方を見せています。

そのヒーロー像からは、近年の「アベンジャーズ」シリーズに代表されるMCU作品とは一味違う、昔ながらの往年のヒーロー映画のような雰囲気が垣間みえます。近年のスーパーヒーロー映画をよく鑑賞している方は、逆に新鮮に感じるのではないでしょうか?

またエンドクレジット後、伝説の戦士アステリアが登場するのですが、彼女を演じるリンダ・カーターは、1976年から1979年にかけて放送されたTVドラマシリーズでワンダーウーマンを演じていた女優です。

新旧のワンダーウーマンが揃う辺りもそうですが、『ワンダーウーマン 1984』は、70年代のTVドラマシリーズやひと昔前のヒーロー映画のような雰囲気と、現在の技術で表現された、迫力のある美しい映像が融合したような、不思議な感覚に陥る作品です。

そんな不思議な感覚を楽しみつつも、ワンダーウーマンの「愛」を感じ取ってみて下さい。




関連記事

SF映画

映画『東京喰種トーキョーグール【S】』あらすじネタバレと感想。窪田正孝のアクションと前作を上回る流血描写

『東京喰種トーキョーグール』待望の続編が公開! 『東京喰種 トーキョーグール【S】』が、2019年7月19日(金)より全国ロードショー 2017年の第一弾『東京喰種トーキョーグール』に続く映画化第二弾 …

SF映画

映画『孤独なふりした世界で』ネタバレ感想と評価。結末まで過去と記録の意味を問う物語

映画『孤独なふりした世界で』はHTC渋谷&シネ・リーブル梅田「未体験ゾーンの映画たち2019」にて2019年4月5日より公開 人気の俳優ピーター・ディンクレイジと女優エル・ファニングの起用で …

SF映画

映画『アンダー・ザ・ウォーター』あらすじとキャスト。人類の結末はいかに?

ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」。 そこで上映される1本が映画『アンダー・ザ・ウォーター』。 海面上昇により地上のほとんどが海水に沈み、多 …

SF映画

ブレードランナー2049|あらすじネタバレ感想と結末考察。ラストまでの前日譚30年史とドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が描いたものとは?

SF映画の金字塔『ブレードランナー』の30年後を舞台にした続編がついに公開。 監督は今最も世界から注目を集めるドゥニ・ヴィルヌーヴ。 主演には今や世界的スターとなったライアン・ゴズリング。 今年最大の …

SF映画

ワンダーウーマン公開日とあらすじ!主演女優ガル・ガドット紹介も

2017年8月25日公開の『ワンダーウーマン』が凄すぎる! あなたはこの美しすぎる予告編を目にしているだろうか。 スポンサーリンク CONTENTS1.映画『ワンダーウーマン』の作品情報2.映画『ワン …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学