Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/11/23
Update

映画『ラ・ヨローナ伝説』あらすじと感想レビュー。ハイロ・ブスタマンテ監督はマヤの侮辱の歴史を「怪談」を用いて表現|TIFF2019リポート21

  • Writer :
  • 桂伸也

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『ラ・ヨローナ伝説』

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されました。


(C)Cinemarche

この映画祭の最大の見せ場となる「コンペティション」部門。今回も世界から秀作が集まり、それぞれの個性を生かした衝撃的かつ感動的な作品が
披露されました。

その一本として、グアテマラのハイロ・ブスタマンテ監督による映画『ラ・ヨローナ伝説』が上映されました。

会場には来日ゲストとしてハイロ・ブスタマンテ監督も登壇し、映画上映後に来場者に向けたQ&Aもおこなわれました。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ラ・ヨローナ伝説』の作品情報

【上映】
2019年(グアテマラ、フランス合作映画)

【英題】
La Llorona

【監督】
ハイロ・ブスタマンテ

【キャスト】
マリア・メルセデス・コロイ、マルガリタ・ケネフィック、サブリナ・デ・ラ・ホス、フリオ・ディアス、フアン・パブロ・オリスラヘル

【作品概要】

夫の横暴により子を殺し入水自殺した母親が、神に罰せられて現世を泣きながらさまよう、という「ラ・ヨローナの怪談」をモチーフに、長年内戦を続けてきたグアテマラでの事件にまつわるエピソードから得た発想から、一人の男の運命を描きます。

この作品はハイロ監督が三部作として作られている作品群の最後のものとなります。

ハイロ・ブスタマンテ監督のプロフィール


(C)Cinemarche

1997年生まれ、グアテマラ出身。アティラン湖畔のマヤ先住民の多い地域に生まれました。2015年、初監督作『火の山のマリア』が第65回ベルリン映画祭の銀熊賞を受賞、他にも各地の国際映画祭で50以上の賞に輝きました。

二作目の『Temblores』は2019年に公開予定、三作目となる本作は監督の最新作となります。

スポンサーリンク

映画『ラ・ヨローナ伝説』のあらすじ


(C)COPYRIGHT LA CASA DE PRODUCCIÓN – LES FILMS DU VOLCAN 2019

マヤ先住民の大量虐殺から30年後、グアテマラの武装勢力を指揮していた退役司令官エンリケは、今まさにその当時の事件に対しての裁判に引き出されていました。

一方、エンリケの頭に残るのは「泣いたら殺すぞ」という言葉の中で殺された、マヤのアルマと息子たちのイメージ。その記憶も引きずってか、エンリケは夜に女のなく声を聞くようになりました。

それを、エンリケのアルツハイマーの兆候であると心配する妻と娘。そしてある日、一人の新人家政婦アルマがエンリケの屋敷にやってきます。彼女が果たされなかった復讐を遂げに来たとは、誰も思いませんでした…。

映画『ラ・ヨローナ伝説』の感想と評価


(C)COPYRIGHT LA CASA DE PRODUCCIÓN – LES FILMS DU VOLCAN 2019

作品としてはホラーというジャンルに分類されていますが、これはグアテマラにまつわる「ラ・ヨローナの怪談」にインスパイアされて描かれた作品であるという点からでしょう。

しかしこの作品の恐怖、本当に恐ろしいものとしてハイロ・ブスタマンテ監督が描こうとしたものは、ホラー作品として具体的に表現されるものとは、少し違ったものであるように見えます。

Q&Aでも言われていますが、ハイロ監督は「マヤというテーマを使ってこの差別というものを描く」ことを目標とされました。もともとマヤ原住民の多い地域で育ったハイロ監督だけに、このポイントは作品の中でも重要なものであります。

一方でかつて起こった大量虐殺の首謀者に対して「大量虐殺をおこなった」「おこなわない」と同じような判断を繰り返し、その罪を明確にできない状況があります。

そしてそういった状況にたいして被害者たちが抱く思い、それこそがこの物語に描かれている大きなテーマとなるものでしょう。なので、あくまでラ・ヨローナという存在はその顛末の中で一つの象徴として描かれています。

劇中で描かれるヨローナのイメージは、決して人を直接殺めるような残虐な表現をされているわけではありません。しかし何か得体の知れない存在として、主人公エンリケにつきまとい、なかなか目の前に出てきそうで出てこない、そんな描き方をされていますし、だからこそ映画で描こうとしているテーマがはっきりと生きて見えます。

スポンサーリンク

上映後のハイロ・ブスタマンテ監督 Q&A

31日の上演時にはハイロ・ブスタマンテ監督が登壇、舞台挨拶をおこなうとともに、会場に訪れた観衆からのQ&Aに応じました。


(C)Cinemarche

──本作はハイロ監督が前に公開された作品と合わせて、三部作になっているとおうかがいしました。三本全体を通したテーマはあるのでしょうか?

ハイロ・ブスタマンテ(以下、ハイロ):どちらかというとテーマ以外の関わり合いはないのですが、「侮辱」に関するテーマというものを考え、その三作品で描いた三つの世界において、いろんな差別が生まれてきているということを、作品を通じて描きたいと思っていました。

最初の『侮辱』は「マヤの人々」。マヤの人々はグアテマラの総人口の約75%に当たりますが、それがかなり差別的な扱いを受けている面があり、そういった側面を描きたいと思っていました。そしてそれが最初の『火の山のマリア』という作品となりました。

二番目のテーマは「ゲイの男性」の方。この社会でゲイというのは若干フェミニンな要素があるので、マヤの人たちとしては下に見られがちになっており、それをコンセプトとして扱っています。

そして三つ目が「共産主義」というテーマになります。これは政治的な意味での共産主義というより人権や社会的権利のことを指しており、この腐敗に満ちた世界で害されている状況を描いています。

そこでいわれる人権というものを受け入れてしまうと、すでに権力を持っている人たちが権力を失ってしまう。そんな構図を、この映画のエピソードとして描かれている大量虐殺みたいなことで示しました。


(C)Cinemarche

──過去の事件をテーマにされる際に、敢えてホラーという手法でこのテーマを扱った理由はどのようなものでしょう?

ハイロ:「ラ・ヨローナ伝説」は中央アメリカではかなり有名な伝説で、もともとある男性に捨てられた女性が狂気の沙汰に陥ってしまい、ほかの夫婦の子供を仕返しとして殺してしまうという物語です。

この伝説というのは地元でも愛されていますので、この伝説にインスパイアされ作品を作り上げることを考えました。

グアテマラの社会には、三世代の人種がいるという風に思っています。最初の世代の人種はいわゆる年配の方。この作品でいえば大佐とその奥さんですが、彼らは人に共感する心を持っておらず、自分たちはヒーローだと思っているんです。

なので「国を守る為に人間というものを殺さないといけない」と考える方であり、最後まで自分たちはヒーローであり犯罪なんかしていないと思っている。そしてその一方で戦争、内戦という間違いを起こした人たちです。

この人たちは共感の気持ちが無いので、他の世界から何か精神的なものをもらっていかないと反応ができないんです。そしてそういうことをしないと自分たちが最高であると思い過ぎてしまう。だからそれを『ラ・ヨローナ伝説』という作品の中で示したいと思いました。

──冒頭のご挨拶の中でおっしゃっていましたが、監督自身はマヤとアジアとの間にどんな共通性があると考えられていますか?

ハイロ:最初に共通点として実感するのは火山です。大変小さい国に関わらず、私の母国にも33個、その中には活火山もあります。

もう一つは伝統を大変重んじるということです。私たちの社会も大変伝統を重んじていて、母なるものを大切にしていると。そういうところが、私の作品を前回上映したときにもすごく評価していただきました。

また日本の方々と食事をしたときにも、同じようなものを尊んでらっしゃると感じることが多々ありましたので、今回もこの作品も受け入れていただけることを願っています。


(C)Cinemarche

──この映画は水が印象深く描かれていますが、この点に関してはどのように考えられたのでしょうか?

ハイロ:確かにこの水は、もともと「ラ・ヨローナ伝説」でも大変重要な要素になっています。伝説の中でも自分の子供を溺死させるというエピソードがありますし。

またマヤ文化でも水は「母なるもの」ととらえられているので、大変重要なものです。そういったこともあり今回の作品でも、水をかなり多用しました。

それに加えて主演女優のマリア・メルセデスもこの水のことについて、「心を見洗い流すにはたくさん水が必要ですから、もっと水が必要ですね」と言っていたので、もともと想定していたよりもかなりの水を使っています(笑)。

──例えばこの物語の結末のように、法の力が及ばないところに、直接手を下すということに対し、監督はどのように思いますか?

ハイロ:この作品自体はグアテマラで実際に起きたことをファクトベースにしてます。

グアテマラでは10年以上前から「果たしてあれは大量虐殺だったのか」と改めて検証するプロセスが進んでいて、一度「これは大量虐殺だった」と認めたんです。

でも後に最高裁のプロセスで「実は大量虐殺だったかどうかはわからないので、本当にまた確認するなら裁判の手続きをやり直さなければならない」みたいなことがずっと続いているんです。

それがこの作品のとっかかりになりました。その虐殺の被害者となった人たちとお話をしていたら、亡くなられた方々のことを「殺されたのではなく、ラ・ヨローナに連れていかれたのではないか」と言われたんです。そこからヨローナというアイデアがすごく強くなっていきました。

だからそんな風に正義が通用しないところで、人はその他の形による正義の示し方というのをいろいろ探していくわけです。

そこで物語ではこのヨローナという、いわゆる精霊が登場するわけですが、私としてはこれを使ってその目的を果たす、みたいなことはしたくなかったので、ヨローナをカルマ(業)みたいなものとしてその人をおさめていく、という風に考えました。

そもそもはマヤの人たちが大きく差別されているので、そのマヤというテーマを使ってこの差別というものを描きたかったわけです。

まとめ


(C)Cinemarche

またこの物語はエンリケの親族女性による祈りの場面から始まりますが、祈りの言葉を輪唱のように唱え続ける女性たちの声は非常に不気味二も感じられ、不安感を覚えさせるものであり、作品全体の雰囲気に大きな影響を及ぼしています。

この箇所が無ければ、物語は単に過去に大きな罪を犯した男性が、ある女性の呪いによって死に追いやられていくという構図だけが見え、内容的には薄いものになってしまうでしょう。

直接的な恐怖感をちりばめている作品ではないですが、何かが今にも出てきそう、起こりそうと不安な気持ちがずっと後を引きそうな作品であります。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【細野辰興監督の映画愛】師匠今村昌平との真相と正体『貌斬り』『著作者人格権』|映画道シカミミ見聞録6

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第6回 (C)2015 Tatsuoki Hosono/Keiko Kusakabe/Tadahito Sugiyama/Office Keel こんにちは、森田です …

連載コラム

映画『デッドトリガー』あらすじとネタバレ感想。禁断のラストに突っ走るドルフ・ラングレン |未体験ゾーンの映画たち2019見破録43

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第43回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は皆が待ち望むホラーの定番、ゾンビ映画を紹介 …

連載コラム

劇場版SOARA『LET IT BE 君が君らしくあるように』感想とレビュー評価。キャストの演技で青春と友情を描く|銀幕の月光遊戯 45

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第45回 劇場版SOARA『LET IT BE -君が君らしくあるように-』(2004)が2019年10月04日(金)より、池袋HUMAXシネマズにて2週間限定公開されます …

連載コラム

映画『仮面ライダー 令和ザ・ファーストジェネレーション』ネタバレあらすじと感想。「原点も頂点もない」と「お前はお前の時代の1号なんだ」というライダー宣言|邦画特撮大全64

連載コラム「邦画特撮大全」第64章 令和最初の仮面ライダー“ゼロワン” と平成最後の仮面ライダー“ジオウ”が競演する仮面ライダー冬映画『仮面ライダー 令和ザ・ファースト・ジェネレーション』(2019) …

連載コラム

映画『ラスト・パニッシャー』あらすじネタバレと感想。キャストのニコラスケイジが全力熱演俳優としての真骨頂を見せた|未体験ゾーンの映画たち2020見破録23

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第23回 世界各国の様々な映画を集めた劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP