Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】サンドランドSANDLAND|あらすじ感想と結末の評価解説。鳥山明の伝説的名作が実写に!豪華声優陣がキャストに命を吹き込む

  • Writer :
  • 松野貴則

鳥山明の伝説的名作をついに映画化!本当の悪は人か魔物か……

漫画家・鳥山明の伝説的名作『SAND LAND』がついに映画化されました。砂漠の街「SAND LAND」で共存する悪魔と人間。彼らが協力して「幻の泉」を探し出す物語は本当の悪(ワル)は誰なのかを浮き彫りにするストーリー展開になっています

ドラゴンボールファンの人はもちろん、まだ鳥山作品を見たことのない子供でも、愛くるしいキャラクターや迫力ある戦闘シーンを楽しめることでしょう。

また豪華なベテラン声優陣が集結しており、アニメ好きなファンには贅沢な作品になっています。そんな『SAND LAND』のネタバレあらすじと作品の魅力を紹介します

映画『SAND LAND』の作品情報

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

【日本公開】
2023年(日本映画)

【原作】
鳥山明

【監督】
横嶋俊久

【脚本】
森ハヤシ

【音楽】
菅野祐悟

【キャスト】
田村睦心、山路和弘、チョー、鶴岡聡、飛田展男、大塚明夫、茶風林、杉田智和、遊佐浩二、吉野裕行、こばたけまさふみ

【作品概要】
本作は漫画家・鳥山明が2000年に手掛けた名作漫画です。激しい戦闘シーンや愛くるしいキャラクター、そして大人のカッコよさも描いたこの作品。超豪華な声優陣が集結しています。

『小林さんちのメイドラゴン』の田村睦心がベルゼブブを担当。バディのラオを山路和弘が演じます。そして脇を固めるのはチョー、鶴岡聡、大塚明夫、茶風林。ベテラン声優陣が大人の男の魅力を存分に表現しています。

映画『SAND LAND』のあらすじとネタバレ

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

魔物と人間の共存する砂漠の世界「SAND LAND」。そこでは誰もが深刻な水不足に悩まされていました。ある町で保安官として働くラオは町民から懇願され、この水不足の問題解決に向けて動き出します。

ラオは魔物の巣窟に向かい、協力してくれる者を集めます。そこで名乗りを上げたのが、魔王サタンの子供であるベルゼブブ王子、そして巧みな盗みを得意とするシーフ。ラオは二人を連れて町の南にあると言われる「幻の泉」を探す旅へ出ます。

車で移動する道中、彼らを待ち受けていたのは凶暴な生物でした。ゲジリュウという大きなドラゴンに襲われてしまいます。命からがら逃げることはできましたが、水、食糧、ガソリンを捨ててしまい、途方に暮れる一行。ひとまず、それらを確保するため、近くの町まで車で向かいます。

しかし彼らの不運は終わりませんでした。山賊と遭遇してしまい、車をパンクさせられてしまうのです。ラオとベルゼブブは山賊たちを一網打尽にすると、歩いて近くの町まで向かいます。町まであと少しのところで、彼らは奇妙な光景に出くわしました。

谷の下に見える国王軍の戦車。そこは何もない砂漠で、警備を必要とするような場所ではありません。このことにラオは違和感を覚え、この国王軍の戦車を襲い、移動に使うことを決めます。ラオは町の保安官でありながら国王軍のことを毛嫌いしているため、戦車を襲うことには抵抗はありません。

そもそも、このSAND LAMDを統治する国王は、水を高額で売りさばき、私服を肥やしていることで有名です。市民たち同様、ラオも国王側を全く信頼していませんでした。難なく国王軍の戦車を乗っ取ることに成功したラオたちは、戦車内に備蓄された食料、水、燃料と共に「幻の泉」を探しにまた南へ移動します。

しかし、さらに驚くべき光景が彼らの目の前に現れます。なんと、国で禁止されている空飛ぶ飛空艇が前から飛んでくるのです。そしてそこにも、国王軍のマークが……。飛行艇から、ラオたちの乗る戦車に止まるよう合図が出され、渋々ラオたちは戦車を止めます。

ラオが無線の故障で話せないことを合図すると、それを信じた国王軍一行は彼らの上空を通り過ぎるのでした。ラオたちは戦車を加速させ、飛空艇から逃げます。しかし、同じタイミングで戦車を乗っ取られたことが、飛空艇にいるアレ将軍の耳に入ります。

飛空艇は来た道を引き戻し、ラオたちの乗る戦車を追いかけます。ラオたちは飛空艇の追撃を避けながら、大砲で飛空艇の下部にある球体を打ち抜くことに成功しました。そこから出て来たのは大量の水。飛空艇には水を入れるタンクが備え付けられていたのです。

これで、すべての点が繋がったラオ。国王側は幻の泉の在り処を知っており、自らの私腹を肥やすため国民には隠し続けています。また、水を運搬する飛空艇を警備するために戦車が配備されていました。国民に飛行機で飛ぶことを禁止したのも、幻の泉を見つけるのを避けるためでした。

ラオの中で、国王側に抱いていた不信感が一気に高まります。そんな中、旅を一緒に続けるシーフから30年前のある事件に関して衝撃の事実が告げられるのです……。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『SAND LAND』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『SAND LAND』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

なんとか、戦車で飛空艇から逃げてきた、ラオ、シーフ、ベルゼブブ。夜も更けており、岩場で隠れるように眠ることにしました。そこで、シーフから30年前のピッチ族の滅亡に関する話が出ます。ピッチ族は水を生成するための装置を開発していました。

それが完成すれば、今の水不足は解決していたことでしょう。しかし、国王軍がその装置もピッチ族も全て焼き払ってしまったというのです。これを聞いたラオはショックを受けます。なぜなら、その国王軍を指揮していたのが、他の誰でもないラオ本人だったからです。

ラオは本当の名前をシバと言い、このピッチ族滅亡を成功させた人間社会では誰もが知る英雄でした。しかし、今シーフから聞いた話と国王から聞かされていた話に食い違いがあります。国王から下されたのは、ピッチ族が人間を滅ぼす装置を作っているため、ピッチ族もろとも消してしまえという命令だったのです。

ラオは国民を守るために軍隊を率いていると信じていました。そして、この時の装置の爆発が原因で、多くの兵士、そして、ラオの妻は死んでしまいました。ラオは妻の死を心から悔い、名誉も勲章も捨てることを決意し、本名を隠しながら保安官として生きていたのです。

国王軍に自分含め国民全員が騙されていることに怒りを覚えたラオ。必ず「幻の泉」を見つけ出して人々を救うと、改めて決意しました。翌朝早くラオたちはさらに南へ向かいます。ラジオからは国王軍の策略により、彼らは極悪人として、懸賞金がかけられていると聞かされます。

それを狙うのは悪党スイマーズ。彼らは遠くから、ラオの顔をスケッチしテレビでばらまきます。顔がバレてしまったラオたちを国王軍はすぐに追いかけます。国王軍とラオたちの攻防を激化させるために、スイマーズ・パパは両者のちょうど真ん中に大砲を打ちます。

国王軍、ラオたちは各々、敵に攻撃されたと勘違いし、スイマーズの策略通り激しい戦闘になりました。両社とも弱ったところで、スイマーズがラオたちを捕まえて懸賞金を獲得する算段です。ラオたちは苦戦を強いられるも、ベルゼブブの活躍によりアレ将軍率いる国王軍に勝利します。

そして、降伏したアレ将軍に30年前の真実を話します。実はアレ将軍の父親はシバ(ラオ)将軍の元で一緒に戦う兵士でした。しかし、30年前の爆発により亡くなっています。国王に仕えるアレ将軍も、国王、さらには、軍を統括しているゼウ大将軍に不信感を抱くようになります。

そんな中、ベルゼブブはスイマーズの存在と彼らの策略に気づき、逃げる彼らを一人ずつ倒していきます。そして砂嵐にあい、岩場の洞窟に隠れますが、そこには美しい湖が……。すぐに、ベルゼブブはテレパシーでラオとシーフを呼びます。

そしてその場所を探索していると、30年前に滅亡したと言われるピッチ人の生き残りが生活をしていました。

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

ラオたちは彼らの水には手を出さないことを約束して、「幻の泉」を探す旅を続けます。アレ将軍は陰ながらラオたちを助けるため、無線で「幻の泉」の場所を伝えます。昔、川が流れていた跡をひたすら南に辿っていくと「幻の泉」があることを知り、ラオたちはそこへ向かいます。

すると、そこには大きなダムが……。ダムの向こうには緑豊かな自然と大量の湖があったのです。国王軍が私利私欲のために川の流れを止めていたという決定的な証拠を掴んだラオたち。彼らはすぐに解決に動き出そうとしますが、巨大な飛空艇が出現します。

そこにあったのは、この策略の主犯であるゼウ大将軍の姿。ゼウ大将軍は生物兵器・虫人間を大量に放ち、ベルゼブブたちに攻撃を仕掛けて逃げます。ベルゼブブが虫人間を倒し、ラオとシーフはゼウ大将軍を追うことを決めます。しかし、ベルゼブブが圧倒的不利なのは明白。

ラオは助けようとしますが、シーフがそれを止めます。ベルゼブブが攻撃を受け続ける状況で、怒りをチャージし自分の全ての力を開放しました。その力は一瞬にして、すべての虫人間を倒せるほどの威力。シーフはこのベルゼブブの隠された強さを知っていました。

自分たちが巻き込まれる可能性があったので、あえて距離を置いてゼウ大将軍を追いかけていたのです。ラオとシーフは巨大な飛空艇に乗り込み、シーフが他の兵を足止めしている間にラオは飛空艇の頂上にたどり着きます。

そこで、ラオとゼウ大将軍の一騎打ちが繰り広げられました。最初は苦戦していたラオも持ち前の戦闘技術と身のこなしで、ゼウ大将軍を追い詰めます。追い詰められたゼウ大将軍。命乞いをする彼を、ラオは銃で殺すことはできませんでした。

その優しさに付け込んで、ゼウ大将軍は飛空艇にいる虫人間を全て爆発させようとしますが、これをベルゼブブが阻止。ついにゼウ大将軍の身柄を確保し、ダムを破壊して川に水を流すことに成功しました。こうして、ラオたちは人間と魔物の元へ水を取り戻すことに成功したのです。

映画『SAND LAND』の感想と評価


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

子供たちのニューヒーロー誕生?

『SAND LAND』の物語の魅力はやはり悪魔たちのキャラクター性です。その中でも、ベルゼブブは少年のような可愛らしさと卓越した戦闘スキル、どこか大人びた雰囲気を併せ持ちます。このキャラクター性に憧れる子供たちも多いはずです。

迫力ある戦闘シーンもさることながら、物語が進むにつれて、浮き彫りになる真の悪の存在が人間だったという展開にも目が離せません。「さすが鳥山作品!」とファンも納得の完成度。

昔、『ドラゴンボール』や『Dr.スランプアラレちゃん』が大好きだった大人も夢中になって童心に帰れる作品になっています

ドラゴンボールでは描けない傷つく大人たちの哀愁

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

『SUND LAND』は大人たちの成長物語です。一見子供のように見えるベルゼブブたちですが、客観的に冷静な目で世界を見ています。むしろ初老を迎えるラオを始めとする大人たちこそ、過去と自分たちのやってきた行いを正しく見つめられていないのです。

知らなかったとはいえ、ラオの命令でピッチ族を滅ぼし、大切な家族や同志の命すら奪ってしまった事実を大人たちが改めて受け入れるストーリー。

物語は明るく、テンポよく進んでいきますが、その背景にあるのは過去の償いをしなければならない大人たちの葛藤と後悔でした

『ドラゴンボール』では死んだ者も生き返るファンタジーとしての興奮と優しさを描いていますが、本作はどこか大人たちの悲しさも滲むからこそ、名作と評されるのでしょう。物語では子供(悪魔)と大人(人間)を対比させ、子供こそが真実を知っているというメッセージになっているのかもしれません

私たち大人にこそ刺さるアニメーション作品になっています。

まとめ


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)SAND LAND製作委員会

魅力あるキャラクターと巧みなストーリー展開が光る『SAND LAND』。原作を好きな人たちも納得の出来栄えとなっています。

子供の頃、鳥山作品に夢中になった大人たち、そしてまだ、鳥山作品に触れていない子供たち両者が楽しめる作品です。

迫力ある戦闘シーンとスピーディーに進んでいく物語で、1時間46分の上映時間はあっという間に過ぎていきます。真の悪は誰なのか……。そのメッセージ性は大人だからこそ刺さることでしょう。





関連記事

アニメーション

映画『海獣の子供』感想評価とネタバレ解説。渡辺歩監督の「海・波・水の触覚」は大胆で圧倒的な表現!

アニメ映画『海獣の子供』は、2019年6月7日(金)より全国ロードショー 一番大切な約束は言葉では交わせない。 漫画家・五十嵐大介の世界観をそのままにアニメーション映画化。 『鉄コン筋クリート』(20 …

アニメーション

【スポンジボブ2020】ネタバレあらすじと感想評価。Netflix映画で配信のスポンジ・オン・ザ・ランは抱腹絶倒間違い無しのシリーズ第3弾!

Netflix映画『スポンジ・ボブ:スポンジ・オン・ザ・ラン』 1999年にアメリカで放映されて以降、本国では子供から大人まで幅広い世代から支持を受けるアニメ「スポンジ・ボブ」。 独特なデザインの可愛 …

アニメーション

シドニアの騎士 あいつむぐほし|ネタバレあらすじとラスト結末の感想。内容は人類の存続を賭けた壮絶な闘いを描くアニメーションの完結編!

大人気漫画のアニメ化シリーズ堂々の完結編! 2015年に第39回講談社漫画賞を受賞し、全15巻で完結したSF漫画『シドニアの騎士』。 どこか優しさを感じさせるキャラクターデザインの裏で、唐突なヒロイン …

アニメーション

【天気の子】村上春樹との共通性を解説。元ネタは『キャッチャー・イン・ザ・ライ』と『海辺のカフカ』?

映画『天気の子』は2019年7月19日(金)より全国ロードショー! 7月19日より全国448スクリーンで上映がはじまった新海誠監督の最新作『天気の子』は、公開から3日間で動員116万人、興行収入16億 …

アニメーション

クレヨンしんちゃん映画2020ネタバレ感想と結末あらすじ【激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者】世界を救うしんちゃんのラクガキで親子で楽しめる痛快アニメ

春日部を、そしてななこを救うため、勇者しんちゃんが立ち上がる 映画『クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は、2020年9月11日(金)ロードショー。 2020年の『映画クレヨン …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学