Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

【ネタバレ】ドラゴンボール超 スーパーヒーロー|あらすじ感想と結末の解説評価。ラスボスの脅威に悟飯とピッコロの師弟コンビが挑む

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

悪の組織「レッドリボン軍」が放つ、新たな人造人間との戦い!

かつて「世界最悪の軍隊」と呼ばれ、世界征服を企んでいた悪の組織「レッドリボン軍」。

孫悟空に、世界征服の企みは阻止されたものの、実は復活する為に暗躍しており、新たな人造人間を送り込んだことから始まる、地球の存続をかけた戦いを描いた、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』。

2013年の『ドラゴンボールZ 神と神』から始まる、新たなドラゴンボールワールドを描いた、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』の作品情報


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

【公開】
2022年公開(日本映画)

【原作・脚本・キャラクターデザイン】
鳥山明

【監督】
児玉徹郎

【キャスト】
野沢雅子、古川登志夫、堀川りょう、久川綾、草尾毅、皆口裕子、田中真弓、伊藤美紀、神谷浩史、宮野真守、入野自由、ボルケーノ太田、竹内良太

【作品概要】『
鳥山明原作の、世界的な大ヒット漫画『ドラゴンボール』を原作に、オリジナルの物語を展開している「ドラゴンボール超」シリーズの最新作。

孫悟空、孫悟飯、孫悟天を演じる野沢雅子を始め、これまで長年に渡り「ドラゴンボール」のキャラクターを演じて来た、メインキャストが集結。

さらに、神谷浩史、宮野真守、入野自由という人気声優が、新たな敵キャラを熱演しています。

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』のあらすじとネタバレ


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

かつて、世界を掌握しかけたものの、少年時代の孫悟空に壊滅された「レッドリボン軍」。

その後「レッドリボン軍」の生き残りで天才科学者である、ドクター・ゲロは、人造人間の開発を独自に続け、16号から19号を生み出し、更には自ら人造人間20号となり、悟空への復讐を企みます。

ドクター・ゲロは、悟空に敗北しますが、そのデータを収集し生まれたセルが、悟空の前に立ちはだかります。

セルとの戦いで、悟空は一度命を落としますが、悟空の息子で、当時少年だった孫悟飯との戦いにより、セルは消滅し「レッドリボン軍」は完全敗北します。

それから数十年後。

「レッドリボン軍」の総帥だったレッドの息子マゼンタは、側近のカーマインと共に、秘密裏に「レッドリボン軍」復活の為に動いていました。

マゼンタが目を付けたのは、ドクター・ゲロの孫で天才科学者のドクター・ヘドでした。ヘドは独自に人造人間の研究を進め、その過程で街を混乱に陥れた罪で、刑務所に服役していました。

ヘドを迎えに行ったマゼンタとカーマインは、ヘドに人造人間研究のバックアップを申し出ます。

ですが「悪の組織」より「正義のヒーロー」に憧れを抱くヘドは、「レッドリボン軍」の復活に手を貸すことを躊躇します。

そこで、マゼンタは「悟空が『カプセルコーポレーション』の、ブルマ率いる悪の組織の一員である」と嘘をつき、ヘドに悟空を倒せる程、強力な人造人間を開発するように依頼します。

その半年後。悟飯の師匠で、父親のような存在であるピッコロは、悟飯の娘パンに、人知れず武術を教えていました。

パンが幼稚園に行った後、ピッコロは悟飯の妻であるビーデルに「パンを迎えに行ってほしい」と頼まれます。

学者である悟飯は、自分の研究で忙しく、家族を放ったらかし、武術の修行も怠けていました。

「悟飯は悟空より強い」と信じるピッコロは、その状況を嘆きますが、悟飯は全く気にしていません。

パンの迎えに行くまで、瞑想を行っていたピッコロの前に、人造人間ガンマ2号が現れます。

ピッコロを「大魔王」と呼ぶガンマ2号は、ピッコロに戦闘を仕掛けてきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

ガンマ2号の強さに、手も足も出ないピッコロでしたが、相手の隙をついて、何とか逃げ出します。

その後、ガンマ2号を尾行し、新たな「レッドリボン軍」のアジトに潜入したピッコロ。

「レッドリボン軍」は、ヘドの研究により、人造人間ガンマ1号と2号を完成させており、更にセルマックスという、最終兵器の研究も進めていました。

ピッコロは一度、「レッドリボン軍」のアジトを抜け出し、ブルマに「悟空とベジータを呼べ」と頼みます。

悟空とベジータは、破壊神ビルスの星で、修行に励んでおり、ブルマの呼び出しに気付きません。

ピッコロは「自分で何とかするしかない」と考え、ブルマが7つ揃えていたドラゴンボールで神龍を呼び出し、自身の戦闘能力を限界以上に引き出す願いを叶えます。

「レッドリボン軍」に戻ったピッコロは、次の標的が悟飯であることを知ります。「レッドリボン軍」は、悟飯をおびき寄せる為に、パンを誘拐しようとしていました。

ピッコロは「パンが誘拐されれば、悟飯もヤル気を出すはず」と考え、「レッドリボン軍」の戦闘員15番と共に、パンの誘拐を行います。

パンが誘拐されたことを知った悟飯は怒り、「レッドリボン軍」のアジトに乗り込みます。

悟飯はガンマ1号と戦いますが、長らく戦っていなかったことから、戦闘の感が鈍っており苦戦します。

悟飯は「大事な人を守る為なら、力を発揮する」為、ピッコロはパンに叫び声を出させます。

パンが危険な状況だと思い込んだ悟飯は、これまで眠っていた能力が覚醒し、ガンマ1号と互角の戦いを繰り広げます。

戦いに加勢しようとしたガンマ2号に、ピッコロが戦いを挑みます。

ですが、ガンマ2号との戦闘力の差は歴然で、ピッコロはピンチに陥りますが、神龍が「おまけ」で付けた能力が目覚め、ガンマ2号を圧倒します。

ガンマ1号と2号の苦戦する姿に動揺したマゼンタとカーマインは、その場から逃げようとしますが、パンに邪魔をされます。

マゼンタがパンに銃を発砲した為、ガンマ1号と2号は「それは、正義ではない」と、「レッドリボン軍」を「悪の組織」として認識し、悟飯達と共闘するようになります。

追い詰められたマゼンタは、まだ制御しきれないセルマックスを目覚めさせます。

圧倒的な力を見せつけるセルマックスを前に、悟飯とピッコロ、そして加勢に来たクリリンと18号、悟天とトランクスは成す術もありません。

ですが、ヘドはセルマックスに弱点を作っており、頭の核を破壊すれば倒せることが分かります。

ガンマ2号は、体内の全てのエネルギーを使い、セルマックスの頭に特攻しますが、破壊できたのは片腕のみでした。

ピッコロはクリリンの助言で巨大化し、セルマックスを足止めします。その間に、悟飯は最大限まで力を溜め、全ての力を込めた攻撃で、セルマックスを破壊しようとします。

ですが、ピッコロはセルマックスの攻撃を一方的に受け、意識を失います。ピッコロに止めを刺そうとするセルマックスへ、悟飯の怒りが爆発し、新たな力が覚醒します。

そして、セルマックスを破壊する為、悟飯が選んだのは、師匠であるピッコロの必殺技「魔貫光殺法」。悟飯の一撃は、セルマックスの頭の核を破壊します。

世界の危機を救った悟飯達。

ヘドは今回の件を反省し、一度は警察に出頭しようとしますが、ブルマの薦めで、ガンマ1号と共に「カプセルコーポレーション」で働くことが決まるのでした。

スポンサーリンク

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』感想と評価


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

2013年の『ドラゴンボールZ 神と神』で復活した「ドラゴンボール」シリーズ。

2015年の『ドラゴンボールZ 復活の『F』』、2015年から2018年のテレビシリーズ「ドラゴンボール超」を経て、劇場公開となった2018年の『ドラゴンボール超 ブロリ』。

そして、その流れに続くのが、本作の『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』です

『ドラゴンボールZ 神と神』では、オリジナルキャラクターの破壊神ビルスが登場しましたが、それ以降の『ドラゴンボールZ 復活の『F』』では、人気の高い敵キャラである「宇宙の帝王」フリーザが登場し、『ドラゴンボール超 ブロリー』では、アニメオリジナルキャラクターの中では、屈指の強さと人気を誇るブロリーが登場しました。

そして、今回の敵は「レッドリボン軍」となります。

『ドラゴンボールZ 神と神』以降、劇場版4作品の脚本を担当している鳥山明は、一貫して「娯楽に徹するのが自分の役目と特徴だと思っています」と語っている通り、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』も、純粋に楽しめる作品となるように、徹底されています

「レッドリボン軍」が作品に登場した頃は、まだ悟空が少年時代だった為、ギャグ漫画のテイストが残っていた時でした。

本作でも、その頃のテイストは意識されていて、レッド総帥の息子マゼンタが、異常に背が低かったり、戦闘員15番が悟飯にビビりながら誘拐作戦を進めていくなど、どこか間抜けで憎めない組織となっています。

ただ、本作で注目したいのは、主役が孫悟飯とピッコロという点です。

過去作は、主役である悟空を中心に描かれていた為、だいたい悟飯はあっさりと敵に負けてしまうという役回りが多かったです。

ピッコロも、常に作戦参謀的な役割が多く、戦闘にメインで参加することは少なくなっていました。

ですが、本来なら悟飯は、悟空を上回る戦闘能力を持っており「本気になれば最強」というキャラクターです。

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』では、久しぶりに強い悟飯とピッコロの師弟コンビの活躍が見れるという、悟空とベジータがメインだった過去作とは、明らかに違うテイストになっています

また『ドラゴンボール超 ブロリー』でも高く評価された、3Dを使用した迫力の戦闘場面も見応えがあるので、本作は劇場で純粋に楽しむのが最適の作品となっています。

まとめ


(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

2013年に復活して以降の「ドラゴンボール」シリーズは、純粋で100%の悪い奴が、登場しないという特徴があります

かつて悟空を苦しめたフリーザでさえ、『ドラゴンボールZ 復活の『F』』に登場した際は、地獄で毎日、可愛い動物や妖精さんのパレードに苦しんでいる、少しギャグ漫画っぽいキャラクターになっていました。

『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』でも、新たに登場したガンマ1号と2号、そしてドクター・ヘドは「スーパーヒーロー」に憧れを抱いており、悟飯とピッコロと対峙はしますが、決して悪人ではないという点がなかなか面白いキャラクターです。

特に、変なコスチュームに身を包み、どこか人を馬鹿にしたような性格のドクター・ヘドは、愛らしい見た目など、実に鳥山明らしいキャラクターだと感じます

前作の『ドラゴンボール超 ブロリー』は、半分以上が戦闘場面という、それはそれで凄い作品でしたが、『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』は「Dr.スランプ」の頃からの、どこかバカバカしいけど面白い、エンターテイメントに徹した、鳥山明ワールドが前面に出た作品なので、しばらく「ドラゴンボール」シリーズから離れていたという人にこそ、おススメしたい作品です。



関連記事

アニメーション

竜とそばかすの姫|ネタバレあらすじ感想と結末の解説考察。竜の正体も明かされて圧倒的な歌唱力と映像美で人間の二面性を描く

圧倒的な映像美と楽曲の魅力が冴え渡る新たなサマーアニメ! 『時をかける少女』(2006)と『サマーウォーズ』(2009)の大ヒット以降、「夏アニメの代名詞」とさえ呼ばれるようになった日本のアニメ映画監 …

アニメーション

映画『レゴバットマン』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あのヒーローもあの悪者もみんなレゴになって大集合! 『LEGO ムービー』のスタッフが手掛けた『レゴバットマン ザ・ムービー』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『レゴバットマン …

アニメーション

『もののけ姫』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。アシタカを通じて宮崎駿監督は“自然と人間の対立と共生”を問う

中世の社会を舞台に、純朴なアシタカの視点で描く自然と人間、ともに生きる道 宮崎駿監督が日本の中世の日本を舞台にタタリ神によって呪いをうけた青年アシタカと山犬に育てられたサンを中心に人間と自然の争いとと …

アニメーション

映画『生徒会役員共2』ネタバレあらすじと感想評価。学園アニメのラブコメは安心感と下ネタ満載が魅力

映画『劇場版 生徒会役員共2』は日常系のラブコメディ 『週刊少年マガジン』で連載中の漫画を原作に、これまで2度のアニメシリーズと、OVA、OADが製作され、2017年には劇場版第1弾が公開された人気シ …

アニメーション

怪盗グルーのミニオン大脱走吹き替え声優キャストは?あらすじも

史上最強のライバルの出現に、グルーも知らなかった家族の秘密、そしてミニオンたちは…タイホ!? 全世界待望のグルーとミニオンの新たな物語『怪盗グルーのミニオン大脱走』をご紹介します。 スポンサーリンク …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学