Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アニメーション

Entry 2022/05/31
Update

ネタバレ『犬王』あらすじ感想評価と結末解説。実在の能楽師の謎と平家物語の意味をめぐる“名”の物語

  • Writer :
  • さくらきょうこ

謎に包まれた猿楽能の太夫「犬王」の秘密とは?

犬王」とは室町幕府三代目将軍・足利義満の庇護を受けたとされる近江猿楽比叡座の太夫、のちの道阿弥のことです。当時、かの観阿弥・世阿弥父子と人気を二分していたといわれていますが、なぜかほとんど記録が残っていないことでも知られています。

湯浅政明監督による長編アニメーション映画『犬王』はそんな彼にスポットを当て、琵琶法師の青年と組んで失われた平家の物語を演じ、人々を熱狂の渦に巻き込んでゆく様を描き出していきます。

“平家の呪い”を解くことから始まったこのふたりのサクセスストーリーは、果たしてどんな結末を迎えるのでしょうか。

スポンサーリンク

映画『犬王』の作品情報


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
古川日出男『平家物語 犬王の巻

【監督】
湯浅政明

【脚本】
野木亜紀子

【キャスト】
アヴちゃん(女王蜂)、森山未來、柄本佑、津田健次郎、松重豊

【作品概要】
原作は古川日出男『平家物語 犬王の巻』。この本の前に古川は『平家物語』の現代語全訳を手がけており、それを基にテレビアニメ『平家物語』が制作されました。本作は平家が壇ノ浦で敗れてから半世紀以上が経ち、滅亡した平家の物語を語り継ぐため琵琶法師たちが全国各地の平家のかくれ谷をたずねまわるといった行動をもとにしています。

制作はテレビアニメ『平家物語』と同じくサイエンスSARU。監督は『夜は短し歩けよ乙女』、テレビアニメ『映像研には手を出すな!』などで知られる鬼才・湯浅政明です。彼は犬王を「ロックスター」と捉え、相棒の琵琶法師とともにストリートから旋風を巻き起こしてのし上がっていく栄光と挫折の物語に仕立て上げました。

脚本は『罪の声』にて第44回日本アカデミー最優秀脚本賞を受賞し、アニメ脚本は本作が初挑戦となった野木亜紀子。またキャラクター原案に『ピンポン』『鉄コン筋クリート』の漫画家・松本大洋、音楽に『花束みたいな恋をした』の大友良英など豪華なスタッフが集結しました。

映画『犬王』のあらすじとネタバレ


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

現代。夜の街、車が行き交うこの通りも、かつて武士や商人が歩いていた時代がありました。

壇ノ浦。源氏と戦って平家が滅んで60年、既にめぼしいものは拾い尽くしたその海に京から男たちがやってきました。彼らはそこに沈んだ神器を探しに来たのです。

漁師の息子・友魚(ともな)は父とともに、海底からそれらしき箱を引き揚げます。中にあった剣を引き抜いた父は“平家の呪い”によってその場で絶命し、友魚は両目の視力を失ってしまいます。そして父の亡霊に「無念をはらせ」と言われ追い立てられるように旅に出ます。

琵琶法師の老人・谷一の弟子となり、平家の物語を探しあちこちを旅するうちに、京の都では知られざる平家の話を持ち帰った琵琶法師が何十人も殺されているという噂を耳にします。その残虐さは「もののけの仕業では」といわれるほどでした。

そのころ京には、瓢箪の面をつけた犬のような異形の子がいました。彼は猿楽の名門・比叡座の棟梁の息子ですが、その醜さから父に嫌われ、屋外で犬とともに生活させられていました。

父が兄たちに教える芸を見ながら見様見真似で踊っていると、短かった彼の足が年相応の少年と同じくらいに伸びました。うれしくなった彼は通りを走り回り、面を取っては人々を驚かすといういたずらを仕掛けるのでした。

京にやってきた友魚は谷一に連れられ、彼の所属する琵琶法師の団体・覚一の座に迎えられます。そこでは皆「一」の字を名前にもらうことになっており、「友一」と名乗るよう命じられるのですが、父親の亡霊が現れ怒り始めます。名前を変えると見つけられなくなる、というのがその理由でした。

その夜、橋の上で友魚が悩んでいると瓢箪の少年が現れ、面を取って彼を驚かそうとします。しかし盲目である友魚には意味がありません。ふと琵琶に気づき弾けるのかと聞くと、友魚は「当然!」と言って弾き始め、たちまちふたりは意気投合します。

帰り際、友魚は覚一の座にいることを伝えるため「友一」と名乗り、名前のない瓢箪の少年は「比叡座の舞台でその名を轟かす!」と豪語して去っていきました。

時の将軍・足利義満は大和猿楽の観阿弥とその息子・藤若(のちの世阿弥)が大のお気に入り。この日も彼らを呼んで舞を堪能していました。

かつての名門・比叡座の棟梁はそんな状況に焦り、ふたりの息子に厳しい稽古をつけますがうまくいきません。その弟である瓢箪の少年が外で踊っていますが、父は怒って殴りつけ「その醜い長い腕がある限り舞台には上げさせない!」と怒鳴るのでした。

数年が経ち、瓢箪面の青年は友一に「芸をひとつ手に入れると身体の部位が変わっていく」と話します。何かの呪いなのか、亡霊の知り合いがいたら聞いてほしいと言われ、友一は父のことを思い出します。最初はうまくいきませんでしたが、「友魚」と名乗ると呼び出すことができました。

ずいぶん小さく優しげになった父は「故郷に残してきた母が死んだ」「だがちゃんと成仏した」と話します。それを聞いた青年が亡霊を感じようと感覚を研ぎ澄ますと、そこらじゅうに赤い小さな亡霊たちがあふれていることに気づきます。

それらは忘れ去られた平家所縁の亡霊たち。ふたりは自分たちの手で、彼らの語るそれぞれの物語を演じ、その無念を晴らして成仏させることを思いつきます。それによって青年の呪いが解けていくことも期待して……。

「比叡座の新旧対決」という触れ込みのもと神社で舞を披露する棟梁に対し、友一たちは河原で演目をおこなうことに。橋の上では、まるでロックバンドのギタリストのように友一が琵琶をかき鳴らし、ベースに見立てた大きめの琵琶と太鼓を従えて観客を呼び込みます。

満を持してその下の河原では、「犬王」と名乗ることにしたシテ面の青年がブレイクダンスのように踊り始めます。壇ノ浦の戦いで腕を斬られ、海に沈んだ数多の雑兵の無念をたくさんのワラの腕で表現し、犬王が天に向かって突き上げた長い右腕はグングン伸びていきます。やがてそれは爆発し、彼はきれいな右腕を手に入れたのでした。

この「腕塚」の演目は評判となり、次に彼らは清水寺で新作を披露することに。

まず平宗盛がシルエットで現れ、イルカの群れの動きによって勝敗を占う様が歌い上げられていきます。清水の舞台にしつらえられた白い布に、まるでプロジェクションマッピングのように大きな鯨が映し出されると、ワイヤーアクションさながらにその背の上に犬王が乗り、水しぶきまでが飛んでくるようなド派手なパフォーマンスが繰り広げられます。

しまいには大仕掛けの竜が登場し、観客たちの興奮は最高潮に。ついに、犬王の背中を覆っていた醜いウロコが弾け飛ぶのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『犬王』ネタバレ・結末の記載がございます。『犬王』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

決して面をとらない犬王には様々な憶測が飛び交います。ただし、実は色男なのだと本人が軽口をたたくほど、その風貌は格段に美しく変化してきていました。

そんなある日、友一は犬王に新しい名を名乗ると宣言します。その名は「友有」。成功を収めつつあるふたりの絆を表現したその名を冠し、彼は「友有座」を立ち上げます。

全国津々浦々に弟子を持ち、友有が犬王と作り上げた新しい「平家物語」は瞬く間に国中に広まっていきました。

そんな状況に待ったをかけたのは将軍・義満。彼は覚一のまとめた「平家物語」を正本とし、それ以外のものを禁じてしまいます。しかし一度だけ、義満の御台・業子が目をかけている犬王の天覧能をおこなうよう比叡座に命令が下りました。

ただ天覧能では、面を外した直面(ひためん)でも舞わなければならないと決められ、もし犬王の顔が化け物のように醜ければ処刑されるかもしれないという危険をはらんでいたのです。

いよいよ天覧能当日。義満の別邸・北山殿では身重の業子が興奮気味に犬王の登場を待っています。出番を前に犬王は「これが最後だ」と悟ったように言い、逆に友有は「ここからだ」と気合を入れます。

女の面をつけた犬王は、アクロバティックな動きをしたかと思うと今度はまるでモダンバレエのように美しい肉体を鼓舞します。

折しも日食が始まり幽玄な雰囲気となった池の上で、犬王は力強く舞い続けます。しかし今回は、いつものように亡霊が成仏する気配がなく、犬王と友有はその原因を探ります。

原因は、密かにこの天覧能を成功させまいと企む犬王の父の存在でした。

かつて父は、この世で最高の芸の華やぎを手に入れるため、怨念のこもった面をつけ、その悪しき怨霊に生け贄としてこれから生まれる息子の“美”を差し出しました。

それが他ならぬ犬王であり、琵琶法師たちが集めた平家の物語を奪うため、何十人も殺してきたのも父でした。

父は、芸の華やぎを得たのは自分ではなく息子の犬王なので話しが違うと訴えます。そして「まだ足りない」と息子を殺すよう頼みますが、怨霊は「お前が壊れろ」と父の身体を木っ端微塵に破裂させてしまいました。

父の呪いから解き放たれた犬王は、かつての異形の顔ではなくなっていたことから、彼や比叡座に一切のお咎めはありませんでした。しかし後日、友有座は解散させられ、抵抗する弟子は耳を切られました。

友有は覚一の座に駆け込み、そこを束ねている定一に泣きつきます。友有贔屓の定一は「友一」として戻ってくるよう説得しますが彼は言うことを聞きません。

ついにはやってきた役人に刃を向けられてしまいますが、兄弟子の谷一が彼をかばって殺されてしまいます。それでも友有は考えを曲げず、そのまま連れていかれてしまいました。

そのころ犬王は、義満に呼び出されていました。今までの「平家物語」を捨てるよう命じられ、背いた場合は友有を処刑するとほのめかされた犬王は、にこやかな笑顔を貼り付けて従うほかありませんでした。

しかし結局足利の世にたてついた友有は、あの「腕塚」を上演した河原で衆人環視の中、琵琶を弾きながら一本ずつ手を切り落とされ、最後には首を落とされ処刑されてしまいました。

再び、現代。

車が行き交う夜の街に、とある声が聞こえます。それは600年もの間、友有を探していた犬王の声でした。無念の思いを残して死んでいった友有をずっと探していた犬王は「名前が変わっていたので時間がかかってしまった」と言い訳します。

ふたりは出会ったころの容姿に戻り、初めて出会ったときのように琵琶を弾き、そのリズムに合わせて踊り出しました。

スポンサーリンク

映画『犬王』の感想と評価


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

謎に包まれた実在の人物「犬王」を、当時の人々を魅了したカリスマスーパースターと設定し、まるで現代と変わらないライブパフォーマンスを行う……。

実際にアニメーション映画として具現化するには、とてつもなく高いハードルが存在したことが想像できます。そして、トップクリエイターたちが集結したことでこの映画は生まれたのです。

運命の出会い

この作品にまつわる運命の出会いで、最初に語るべきは原作です。

原作者の古川日出男はこの犬王の物語の執筆前に「平家物語」の現代語全訳をおこなっていました。それは彼が大震災を経験し「千年」というキーワードから「源氏物語」に取り組もうとしていたときに持ち込まれた話であり、その「平家物語」の仕事を終えたのち「外伝を書いてみませんか?」というオファーから思いついたのがこの『平家物語 犬王の巻』でした。

「平家物語」に向き合った膨大な資料・データの蓄積がなければ、短期間にこれを書き上げることはできなかったと原作者自身が語っている『平家物語 犬王の巻』。

やがて現代語訳「平家物語」はテレビアニメ『平家物語』となり、『平家物語 犬王の巻』は映画『犬王』に。琵琶法師によって語り継がれた物語がこうして今、新しく語られ始めたのもなにか“運命”を感じさせられます

そして劇中では、京の都の橋の上で友魚と犬王が出会います。友魚がその場にいたのは、壇ノ浦に生まれ「平家の呪い」によって盲目となり、亡くなった父の無念をはらすために旅に出て琵琶法師となったからにほかなりません。それは彼の背負った運命です。

一方の犬王は、「平家物語を」我が物にしようとする父親のかけた呪いによって、異形の子として生まれました。そんな犬王がここで友魚に出会ったことによって、ふたりの運命は大きく動き始めることになるのです。

豪華スタッフの最高のパフォーマンス


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

次に特筆すべきはキャスト陣です。

「室町時代のロックスター」という唯一無二の存在・犬王に命を吹き込んだのが、ロックバンド「女王蜂」のボーカルである薔薇園アヴことアヴちゃん。

そのジェンダーレスでボーダーレスな存在感がヒシヒシと伝わってくる変幻自在な歌声は、まさに犬王そのもの。オファーを受けた時は“運命”を感じたといい、犬王を演じるにあたって悩んだ時は「自分は声優としてではなく、“熱源”として呼ばれたのだ」と思うことで取り組むことができたといいます。

犬王のバディとなる友魚役は、ダンサーとしても活躍する森山未來。アヴちゃんとは映画『モテキ』以来の共演で、お互いに楽しみにしていたそうです。森山は実際に琵琶を習い、歌唱はアヴちゃん直々の指導でこの新しい琵琶法師像を作り上げました。


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

全編を彩る音楽を作ったのは、フリージャズやノイズミュージックでも知られる大友良英です。渡されたコンテにはキャラクターの動きが描かれ、それに合わせて大友が曲をつくる。

歌詞は監督と脚本の野木が選んだ単語をアヴちゃんが自分の言葉に変えてゆく……そのようにして本作の音楽は作られました。最終的には映像に音楽の尺がぴったりハマるという奇跡のような仕上がりだったそうです。

もうひとつ忘れてはならないのが、やはり作画の素晴らしさ。本作では犬王たちのパフォーマンスシーンが見せ場となるため、ダンスや演奏など身体を使ったシーンが重要なのですが、湯浅監督は「他の作品よりも作画のハードルを上げた」といいます。

常に新しいアイデアを求められ、スタッフたちは見事に期待以上の画を生み出したのです。

「名前」の持つ意味


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

音楽的な文体が特徴の原作者・古川日出男。独特な世界観を描き出す監督・湯浅政明。この二人だけでもワクワクさせられるのに、脚本に野木亜紀子の名前を見つけた時、この映画に対する期待感はMAXになりました。

そして観終わった今、この物語は野木でなくてはならなかったと納得しました。それは野木が忘れ去られた人々の声をひろい上げ、声なき者たちの物語を紡ぐ脚本家だからです。

友魚は琵琶法師として埋もれた平家の物語を集め、犬王という最強の相棒によって最大限に広めていく。そこからさらに野木は、「名前」というキーワードを選んでふたりの関係を浮かび上がらせていきます

「友魚」は自分の出自を表す名、そこから琵琶法師・覚一の座の一員として「友一」となり、やがて「自分の名前は自分で決める」と「友有」になります。「見つけられなくなるから名前を変えるな」と父親に言われていたのに、その父が成仏したあと彼は犬王とともに新しい人生を謳歌します。

一方犬王はそもそも名付けられていません。「名前は決めてある!」と彼は自ら「犬王」と名乗ります。そう、これは二人が自分の名を、自分の人生をつかみとっていく物語なのです。

そして野木はさらに、仕掛けを用意していました。それはオープニングとエンディングの現代パートです。これは原作にはない映画オリジナルの展開です。

現代の夜の街を友有の霊は彷徨っています。彼を600年も探し続けていた犬王がようやく友有を見つけ、二人はいっしょに成仏するのでしょう。600年もかかってしまったのは、友有が名前を変えてきたから。

友有は頑なに自分たちの「平家物語」にこだわって殺されてしまいますが、犬王は友有を守るためにそれを封印しました。そのことを友有は知らず、裏切られたと思ったのか、おそらく霊となってからは友有の名を捨てていたのでしょう。

そんな二人が和解するために長い時間が必要だった。それを表現するために現代パートは必要だったのかもしれません。

まとめ


(C)2021 “INU-OH” Film Partners

この映画は「平家物語」を通して忘れ去られた者たちの声をひろうことの大切さを教えてくれました。

「平家物語」は死者、滅びゆく敗者の物語です。その内容に人々は怒り、悲しみ、思いをはせるのです。いまこの時代にこの映画が生まれたこと、その意味をもっと考えてみたくなりました。

そして、あの室町の時代のように「物語」が奪われたりしない、自由な“いま”に感謝しつつ、この世界を大切にしていかねばならないという思いを新たにしました。

最後に。湯浅監督は『犬王』を集大成的な作品と呼んでいましたが、次の作品も期待しています!




関連記事

アニメーション

映画『銀河英雄伝説(2019)第1章』あらすじネタバレと感想。スペースオペラは世代を超えて楽しめる!

『銀河英雄伝説 Die Neue These 星乱』第一章が2019年9月27日に公開されました。 人気作家田中芳樹の代表作『銀河英雄伝説』。 2018年4月、新作アニメーションとして『銀河英雄伝説 …

アニメーション

映画FGOキャメロット後編|ネタバレ感想と評価解説。ラスト結末で劇場版Fate/GrandOrder神聖円卓領域キャメロットの謎が解明された集大成

スマートゲームアプリから生まれたファンタジーアニメ『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット後編 Paladin; Agateram』のご紹介 荒井和人が監督を務め、2021 …

アニメーション

映画『トムとジェリー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末も【実写で生誕80年なかよくケンカしなの“ネコとネズミ騒動”】

世界一有名な“ネコとネズミ”のアニメコンビが実写でも大ゲンカ 映画『トムとジェリー』が、2021年3月19日(金)より新宿ピカデリーほかで全国順次公開中です。 誕生から80年を迎えた、ネコのトムとネズ …

アニメーション

『閃光のハサウェイ』ネタバレMS考察評価。2/3部でのクスィーガンダムVSペーネロペーの勝敗も予想!

映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は2021年6月11日(金)よりロードショー! 『機動戦士ガンダム』の富野由悠季監督が手がけた小説『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』をアニメーション映画化 …

アニメーション

映画『空の青さを知る人よ』あらすじネタバレと感想。アニメの作画ロケ地(秩父)を聖地にオリジナル脚本の源流に立つ

映画『空の青さを知る人よ』は2019年10月11日(金)公開。 埼玉県にある秩父を舞台にした『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』の長井龍雪監督。 また、脚本家の岡田 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学