Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2020/11/11
Update

映画『ザ・ハント』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。人間狩りが行われる“2020年分断”のアメリカ格差社会の問題を描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

娯楽として“人間狩り”を行うという設定が物議をかもした映画『ザ・ハント』

富裕層による庶民階級を獲物にした「人間狩り」を描き、その内容が問題となり、アメリカで一時は公開中止に追い込まれた、サバイバル・アクション映画『ザ・ハント』。

現代のアメリカ社会を皮肉的に風刺した本作は、実は映画好きほど裏切られる、独特の展開が持ち味の作品です。

全米公開時に物議をかもしたと言われる、映画『ザ・ハント』の内容に迫ります。

スポンサーリンク

映画『ザ・ハント』の作品情報


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

【公開】
2020年公開(アメリカ映画)

【原題】
The Hunt

【監督】
クレイグ・ゾベル

【製作】
ジェイソン・ブラム、デイモン・リンデロフ

【脚本】
ジェイソン・ブラム、デイモン・リンデロフ

【キャスト】
ベティ・ギルピン、ヒラリー・スワンク、アイク・バリンホルツ、ウェイン・デュバル、イーサン・サプリー、エマ・ロバーツ

【作品概要】
「富裕層」の娯楽による「人間狩り」に巻き込まれた、12人の男女のサバイバルを描いた映画『ザ・ハント』。

『ゲット・アウト』(2017)や「パージ」シリーズの製作に携わった、ジェイソン・ブラムが本作の製作に参加。

監督を『コンプライアンス/服従の心理』(2017)で、監督、脚本、製作を担当したクレイグ・ゾベルが務めています。

主演は、テレビシリーズ『GLOW ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』のベティ・ギルピン。

「人間狩り」の首謀者アシーナを、名女優ヒラリー・スワンクが演じています。

映画『ザ・ハント』のあらすじとネタバレ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
広大な森の中で目覚めた12人の男女。

全員が猿ぐつわをされており、森に辿り着くまでの記憶を全員が失っているという、異常な状況となっていました。

さらに、森の中心地に、いきなり巨大な木箱が出現した事で、一同は困惑します。

木箱に罠が仕掛けられている可能性がある中、1人の男性が木箱を開けます。

木箱からは1匹の子豚が出現した後、さまざまな武器が入っている事が判明します。

さらに、猿ぐつわを外す鍵も見つかり、1人1人錠前を外していきます。

ですが、その瞬間に何者かの狙撃が始まり、男女は次々と命を落としていきます。

逃げる者も、森の中に仕掛けられた、数々の罠の餌食になっていきます。

残された者は、これは富裕層が娯楽として、庶民階級を狩る為に作った組織「マナーゲート」による「人間狩り」であると気付きます。

「マナーゲート」の「領域」から逃げ出した3人の男女は、近くのガソリンスタンドへ助けを求めます。

一見、温厚そうな老夫婦のいるガソリンスタンドでしたが、これも「マナーゲート」の罠でした。

3人の男女は、次々と命を奪われます。

その後、ガソリンスタンドに、獲物とされた女性、クリスタルが訪ねて来ます。

老夫婦は、クリスタルを騙し、命を奪う機会を伺います。

ですが、クリスタルは老夫婦の嘘を見抜き、2人を返り討ちにします。

何もかもが理解できない状況の中、クリスタルは生き残りを賭けた「マナーゲート」との戦いに身を置く事になります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ザ・ハント』ネタバレ・結末の記載がございます。『ザ・ハント』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

クリスタルは、老夫婦が持っていた無線機を奪い「マナーゲート」との通信を傍受します。

異変に気付いた「マナーゲート」は、ドローンを使いガソリンスタンドを監視してきた為、クリスタルは咄嗟に身を隠します。

その時、何者かがドローンを銃で破壊します。

ドローンを破壊したのは、「マナーゲート」に森へ連れて来られた12人の1人で、ゲリーと名乗る小太りの男でした。

クリスタルは、ゲリーがドローンを破壊した事で「マナーゲート」側に自身の存在が気付かれる危険性を考え、ゲリーと共にガソリンスタンドを離れます。

ガソリンスタンドを離れたクリスタルとゲリーが、線路の上を歩いていると、後ろから貨物列車が走ってきます。

クリスタルとゲリーが、貨物列車へ飛び乗ると、中には難民が隠れていました。

「マナーゲート」の陰謀論にとりつかれているゲリーは、この難民達を「役者である」と決めつけます。

そこへ、国境を警備していた軍が貨物列車に乗り込み、全員が逮捕されてしまいます。

難民達の中には、本当に1人だけ「マナーゲート」のメンバーが隠れていました。

それに気づいたゲリーは、何かを伝えようとする相手の話も聞かずに、手榴弾で「マナーゲート」のメンバーを吹き飛ばし、そのまま逃げ出します。

1人で軍の取り調べ所に連行されたクリスタルは、そこでドンと名乗る老人に会います。

クリスタルは、迎えに来たアメリカ大使館の男と共に、ドンと車に乗り込み取り調べ所を離れます。

ですが、会話の中でアメリカ大使館の男が偽物と判断したクリスタルは、男を車外に蹴り飛ばします。

戸惑うドンをよそに、クリスタルが車のトランクを開けると、中にはゲリーの死体が入っていました。

クリスタルは、怒り交じりにドンへ「ウサギとカメ」の話を始め「最後に必ず勝つのはウサギ」と語ります。

「領域」の中にある、「マナーゲート」の基地。

「マナーゲート」のメンバーは、軍事顧問に雇ったデール軍曹の指示のもと、庶民階級を狩る為の準備をしていました。

ですが、そこにクリスタルが現れ、凄まじい強さで、「マナーゲート」のメンバーを倒していきます。

そこへ、黒幕と思われる女性から電話があり、その電話の内容からドンも「マナーゲート」のメンバーだった事が発覚し、クリスタルはドンも倒します。

軍事顧問のデール軍曹は州兵で、戦場の経験はありませんでした。

逆にクリスタルは、実はアフガンで兵士として戦った経験がありました。

クリスタルはカーレンタルのオフィスで働いていますが、毎日に退屈しており「今日は久しぶりに自分に戻れる」と、デール軍曹を拷問し「マナーゲート」の黒幕を聞き出します。

事の発端は1年前に遡ります。

「マナーゲート」の黒幕アシーナは、ある会社のCEOで、いわゆる「富裕層」でした。

アシーナは、会社の他の重役達と冗談で、「マナーゲート」という組織がある設定を作り「庶民階級狩り」に関するやりとりを、コミュニケーションツールで行っていました。

つまり、この時は「マナーゲート」は存在せず、重役達のお遊びでしかなかったのです。

しかし、そのお遊びを、ゲリーがハッキングし、あらゆる人達の手により、世界に拡散されてしまいました。

アシーナ達、会社の重役は、コミュニケーションツールでのやりとりが世界に広まり、「マナーゲート」の噂が広まった事で、会社のイメージが損なわれた責任を取り、重役の職を解任されてしまいます。

今回の「庶民階級狩り」は、本当に「マナーゲート」を立ち上げ、アシーナ達のお遊びを世界中に拡散させた人間を集めて行われる、アシーナ達の復讐だったのです。

クリスタルはアシーナの待つ豪邸に乗り込み、事の真相を聞きますが、クリスタルだけは同姓同名の別人だった可能性がありました。

ですが、ゲームを終わらせる為に、クリスタルはアシーナと豪邸内で、最後の戦いを始めます。

脇腹を刺されながらも、アシーナに勝利したクリスタルは、キッチンのトーストを豪快に貪り、アシーナの自家用機に乗り込み、高いワインを一気飲みするのでした。

スポンサーリンク

映画『ザ・ハント』感想と評価


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
富裕層による恐ろしい「人間狩り」を描いた映画『ザ・ハント』。

「人間狩り」をテーマにした作品は、これまでも数多く作られており、特にB級映画の定番ジャンルとも言えます。

また「ハンガー・ゲーム」シリーズや、『バトル・ロワイアル』(2000)など、限られた空間で人間が殺し合いを繰り広げる「サバイバル映画」も、1つのジャンルとして確立されています。

映画『ザ・ハント』は、前述したような「人間狩り」や「サバイバル映画」系の作品を、多く鑑賞してきた人ほど、その特異性に気付くのではないでしょうか?

まず、作品の序盤ですが、森の中で目覚めた、1人の女性の視点で物語が進行していきます。

この女性が、若くて純粋そうな女性で、猿ぐつわの鍵を見つけ、全員の錠前を外していくという、優しさをも見せます。

通常の作品であれば、この女性が主役で、女性の視点を通して「人間狩り」の実態が明かされるという構成になるのですが、作品開始20分ぐらいで、この女性は頭を狙撃されて死亡します。

続いて、物語は1人の男性の目線に移り進行していきます。

この男性を演じているのが、ジャスティン・ハートリーという、アメリカのテレビドラマで注目株の、非常にイケメンの俳優です。

今度こそ、このジャスティン・ハートリーが演じる男性がメインになるかと思えば、男性は地雷を踏んで死亡します。

その後は、森から脱出した3人組が、ガソリンスタンドの老夫婦の罠にかかり死亡し、そこからガソリンスタンドの老夫婦目線で物語が進むという、これまでの「人間狩り」や「サバイバル映画」系の作品とは違う、異色の展開が続きます。

いつになっても、主役が登場しないからです。

しかし、この「人間狩り」や「サバイバル映画」系の作品にありがちな「お決まりのパターン」へのイメージを、裏切る展開こそ、本作に込められた、風刺的な作風を際立たせる効果があるのです。

『ザ・ハント』は、中盤からは、ようやく登場した主人公のクリスタルの目線で展開し、「人間狩り」を行う組織「マナーゲート」の正体が明らかになっていきます。

「マナーゲート」は、アシーナを中心にした、ある会社の重役達、いわゆる富裕層が作り出した庶民階級を娯楽で狩る組織です。

しかし、当初はそんな組織は存在しておらず、あくまで、重役達がコミュニティツールでやりとりしていた遊びでした。

そのコミュニティツール内のやり取りを、ゲリーがハッキングし、世界中にばらまいた事で、架空の組織でしかなかった「マナーゲート」が、本当に実在するようになってしまいました。

ゲリーは庶民階級に属するタイプで、一方的に、富裕層へ悪い印象を抱いており、いわゆる「陰謀論」を信じている男です。

そして、ゲリーの情報拡散により、重役を解任されたアシーナ達は、怒りから「庶民階級にろくな奴がいない」と思い込み、本当に人間狩りを開始したのです。

富裕層と庶民階級による対立がキッカケで、この異常な状況が生まれた訳ですが、これは、右派と左派に分断された、現在のアメリカを投影した構図となっています。

しかし富裕層と庶民階級、どちらか片方が異常で悪質という訳ではなく、どっち側にも、異常で悪質な人間がおり、それらの人間が状況を悪くしているというメッセージが、本作には込められています。

状況を悪くしている原因が、双方の思い込みなのですが、本作の序盤で「お決まりの展開」へのイメージを、ことごとく裏切ったのは、「人間狩り」や「サバイバル映画」系の作品を多く見ている映画好きの「こいつが主役でしょ?」「こいつが生き残るんでしょ?」という思い込みを全て覆し、思い込みによる決めつけが、いかに愚かな事かを観客に体現させる為です。

本作の主人公クリスタルは、庶民階級として森に連れ去られた訳ですが、富裕層へ悪いイメージを持っていません。

ただ、ゲームのルールに乗っ取り、自分の力で、冷静に戦っているだけです。

本作は、右派と左派に分断された、現在のアメリカを投影した構図であると前述しましたが、日本でも「勝ち組」「負け組」というような言葉が生まれ、分断された状況という点では、他人事ではありません。

しかし、そういう状況だからこそ、クリスタルのように、状況を見極め、自分の力で戦い抜く、冷静さが必要だという事です。

映画『ザ・ハント』、非常に風刺のきいた内容ですが、現代社会を戦い抜く為の、力強いメッセージも込められた作品であると感じました。

まとめ


(C)2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.
映画『ザ・ハント』は、現代のアメリカ情勢を巧みに風刺した作品ですが、独特の面白さに振り切った作品でもあります。

前半の、木の箱から子豚が出てくる絶妙な間であったり、銃火器を使い慣れていない「マナーゲート」のグダグダさや、クライマックスのクリスタルの優しさが溢れる、アシーナとの戦闘など、かなりユニークな演出が目立ちます。

特に黒幕のアシーナを、過去2度のアカデミー主演女優賞に輝いているヒラリー・スワンクが演じているのですが、「マナーゲート」の真相に迫った過去の場面で、必要以上に、ヒラリー・スワンクの存在感を引き出そうとする、謎のカメラワークが最高です。

本作は、アメリカ社会への風刺的な内容から、一度は公開中止に追い込まれた作品です。

ですが、実際に鑑賞してみると、90分の上映時間に、ユニークな演出を盛り込み、現代社会へのメッセージも込められた、最高に楽しい作品でした。

直接的な残虐描写も抑え気味な印象ですので、「残虐な怖い映画」と、まさにに思い込みで鑑賞をためらっている方、観て損の無い作品ですよ。

関連記事

アクション映画

映画『ヴェンジェンス』あらすじとキャスト一覧!感想レビュー!

外道どもに死の制裁を下す衝撃のパニッシャー・アクション!『ヴェンジェンス』は、2017年9月30日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー! ニコラス・ケイジは、『リービング・ラスベガス』でアカデミ …

アクション映画

映画『少林サッカー』ネタバレあらすじと感想。チャウシンチーが放つアクションコメディ!

少林拳+サッカーのハチャメチャスポーツアクション! 香港映画界の“喜劇王”、チャウ・シンチーによる痛快無比サッカー。 サッカー、カンフーアクション、ギャグをミックスした娯楽作『少林サッカー』の登場です …

アクション映画

映画『エンド・オブ・ステイツ』ネタバレ感想と評価。実在するマイク・バニングのモデルとなった人物とは⁈

映画『Angel Has Fallen(原題)』は、北米公開2019年8月23日。 日本公開は邦題『エンド・オブ・ステイツ』として2019年11月15日(金)より新宿バルト9ほかにて公開! 映画『エン …

アクション映画

映画『ポリスストーリーREBORN』ネタバレ感想レビュー。ジャッキー・チェン主演シリーズの紹介も

40年以上にもわたってアクション映画界の第一線で活躍するスター、ジャッキー・チェンの主演映画『ポリス・ストーリー REBORN』。 1985年製作の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』から連なる、「ポ …

アクション映画

映画『ナイスガイズ!』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

『ナイスガイズ!』は、今、乗りに乗っているライアン・ゴズリングと演技派、ラッセル・クロウががっちりタッグを組んだアクションコメディーです。 以下、あらすじやネタバレが含まれる記事となりますので、まずは …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学