Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2022/07/19
Update

映画『赤い影』ネタバレあらすじ感想と結末の考察解説。オカルト・スリラーとして描いた愛娘を亡くした夫婦とは⁈

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『レベッカ』『鳥』のダフネ・デュ・モーリアによるスリラー小説を実写化

『美しき冒険旅行』(1972)のニコラス・ローグ監督が、『鳥』(1963)『レベッカ』(1951)などのヒッチコック作品の原作者として知られるダフネ・デュ・モーリアの短編『いま見てはいけない』を映画化。

赤い色を効果的に用いた幻想的なオカルトスリラーです。

主演をドナルド・サザーランドとジュリー・クリスティが務めます。

迷宮となったヴェニスの町を、娘を亡くした夫婦が駆け抜ける摩訶不思議な一作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『赤い影』の作品情報


(C)Tamasa Distribution

【公開】
1983年(イギリス・イタリア映画)

【原作】
ダフネ・デュ・モーリア

【脚本】
アラン・スコット、クリス・ブライアント

【監督】
ニコラス・ローグ

【編集】
グレイム・クリフォード

【出演】
ジュリー・クリスティ、ドナルド・サザーランド、ヒラリー・メイソン、クレリア・マタニア

【作品概要】
『アラビアのロレンス』(1963)など大作で撮影を手掛けた『美しき冒険旅行』(1972)のニコラス・ローグ監督が、『鳥』(1963)『レベッカ』(1951)などのヒッチコック作品の原作者として知られるダフネ・デュ・モーリアの短編『いま見てはいけない』を映画化。

撮影のプロならではのハイレベルなセンスで赤い色を幻想的に用いて、独特の味わいあるオカルト・スリラーを生み出しました。

主人公のジョンを『M★A★S★H マッシュ』(1970)のドナルド・サザーランド、ローラを『ドクトル・ジバゴ』(1966)やニコラス・ローグが撮影監督を務めた『華氏451』(1967)に出演したジュリー・クリスティーが演じます。

共演はヒラリー・メイソン、クレリア・マタニア、マッシモ・セラートほか。

映画『赤い影』のあらすじとネタバレ


(C)Tamasa Distribution

考古学者のジョンはヴェネツィアの教会の仕事を頼まれていました。その教会のスライドに酒をこぼしてしまったジョンがスライドをふくと、教会のイスに座る人の赤いレインコートから血のようなものが流れ出します。

いやな予感を感じたジョンが外へ飛び出し、外で遊んでいたふたりの子どもの様子を見にいくと、赤いレインコートを着て遊んでいた娘のクリスティンが池で溺死していました。

その後、教会を修復する仕事のためにイタリアのヴェニスを訪れた夫婦は、レストランで高齢の姉妹と出会いました。

妹の盲目のヘザーは霊感があり、クリスティンは幸せに笑っていつも一緒にいるから大丈夫だとローラに話し、彼女が赤いレインコートを着ているといわれたローラは話を信じます。

テーブルに戻ったローラは気を失って倒れてしまいました。病院で目を覚ましたローラは、クリスティンがそばにいると嬉し気にジョンに話します。ホテルに戻ったふたりはその晩愛し合いました。

ジョンの作業する教会の前で、夫婦はふたたびヘザーたち姉妹と再会します。姉妹宅に招かれたローラは、ヴェニスにいるとジョンの命が危ないとクリスティンが言っていることをヘザーから聞かされます。

しかし、それを聞いたジョンは「クリスティンは死んだ」と強く妻に言い聞かせ、取り合いませんでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『赤い影』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『赤い影』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)Tamasa Distribution

夜中に息子のジョニーが通うロンドンの寄宿学校の校長夫妻から、ジョニーがケガしたと電話が入ります。ローラは翌朝ロンドンへと急行しました。

高所のリフトにのぼり、モザイク画を点検しようとしたジョン。しかし資材がリフトに落下し、足場が突然壊れてしまいます。落下するところでしたが、危ういところで助けられました。

ジョンは妻からヴェニスを去るように言われたことを思い出して悩みます。そんな彼の目の前で、川から女性の遺体が引き上げられました。

その後、舟に乗っていたジョンは、葬式船に喪服姿のローラとヘザーとウェンディ姉妹が乗っているのを見てしまいます。追いかけたものの見失ってしまうジョン。

ジョンは警察を訪ね、ロンギ警部にこれまでのことを話します。彼は連続殺人犯のことを恐れていました。ジョンを見送った後、警部はサビオーニに聖二コラ教会からジョンをつけるように指示を出します。

ローラを探して町をさまようジョン。後をつけられていることには気づきません。老姉妹の部屋を訪ねましたが、ふたりはいませんでした。そこに殺人課のサビオーニが現れ自己紹介します。

司祭を訪ねたジョンがイギリスに電話をすると、ローラが電話に出ました。ジョンは驚きうろたえます。警察につかまっていたヘザーのもとにジョンはかけつけて謝りました。

そのころヴェニスに到着したローラは、警察署へ向かいジョンと行き違いになります。

ヘザーをホテルに送り届けたジョンが部屋を出ていくと、ヘザーが「行かせてはだめ!」と叫び始めました。

それを聞いたウェンディは慌ててジョンを追いかけますがすでに彼の姿はなく、そこにローラがやってきました。ヘザーはローラに向かって、立ち去れと警告したのにと叫びます。

ジョンは見つけた赤いコート姿の子どもを追いかけていました。「化け物をつかまえろ!」という男の声がする中、必死で追うジョン。少し離れて彼をローラが追いかけます。

とうとうジョンは子どもを追い詰めますが、待っていたのは子どもではなく小人でした。彼女は驚いているジョンの首をナイフで切り裂き、彼は息絶えます。

翌日、黒衣のローラとウェンディとヘザーが乗るジョンのための葬式船がヴェニスの川を流れていました。

スポンサーリンク

映画『赤い影』の感想と評価


(C)Tamasa Distribution

水の都を駆け抜ける赤い恐怖

観る者を迷宮に誘い込む衝撃のオカルト・スリラー『赤い影』。『アラビアのロレンス』『華氏451』などで撮影を手掛けた映像の魔術師ニコラス・ローグが赤色と水の存在を効果的に使った、見事な幻想美に満ちた一作です。

作品冒頭、赤いレインコートを着て庭の池の近くで楽し気に遊ぶかわいい少女。彼女の両親であるジョンとローラは別荘にいて目が届きません。

考古学者のジョンは仕事を受けているヴェニスの教会をスライドでみていましたが、教会のイスに座る人の赤いレインコートから血のようなものが流れ出すのを見て急になにかを感じて外に飛び出します。そこで彼は、おぼれ死んだ愛娘のクリスティンを見つけます。

この「赤いレインコート」というのがとても大きなキーワードとなって、迷路に迷い込んだかのように幻想的な物語が展開していきます。

その後、美しいヴェネツィアの情景のなかで、その美しさとは対照的な不穏で恐ろしい空気が流れ続けます。

石造りで音の響く古い町並み。川からひきあげられる死体。川べりに投げ捨てられた裸の人形。どれも不安感を掻き立てるものばかりです。

夫妻が出会った奇妙な老齢の姉妹。妹のヘザーは盲目で霊感を持ち、ジョンがヴェニスにとどまると危険がおよぶので立ち去るようにと告げます。しかし、教会の仕事を受けている途中のジョンは耳を貸しません。その後、彼はさまざまな危機に陥ります。

この作品にはいくつも謎が残ります。始めにジョンが見た教会を写したスライドの中に流れる血のようなものは何だったのでしょうか? 

娘の危険を知らせるシグナルだったことは間違いありませんが、ジョンには霊感があったということなのかもしれません。

あるいは、沈下から教会を救うためとはいえ、歴史ある教会や像を移動させようとしたことが神の逆鱗に触れたのでしょうか。謎は最後まで解けません。

ジョンはその後、息子が事故に遭ったためにロンドンに戻ったはずのローラが、葬式船に乗っている姿を見てしまいます。

しかし、ローラは確かにロンドンにいました。後に、これは結果的にジョンが予知した映像だったとわかるので、やはり彼には何かを感じとる力が備わっていたのかもしれません。

ジョンが娘だと思い込んで赤いコートの人物を追いかけて悲劇に陥ったことを考えるとなんとも哀れです。彼の恐怖を想像するといたたまれない思いにかられます。

運河に出ると音がわかるし、反響もするヴェニスを好きだと話す盲目のヘザーに対して、姉のウェンディはヴェニスを「夕食会の食べ残し、ゼラチンの底のよう」だと言い、多くの影がひそんでいるからと嫌っています。

なんともいえない恐ろし気な幻想世界が凝縮されているかのような見事な表現です。ヘザーの姉のウェンディにも、鋭い直感が備わっているように感じられます。

そういった力をなにも持っていなかったのは、ローラだけだったのかもしれません。彼女は娘を亡くした悲しみから救ってくれたヘザーのことばを信じてはいますが、自身は霊感のようなものはまったくもっていなかったように思われます。

両親を守ろうとしていたクリスティンですが、霊感の強い人間は彼女に引き寄せられずにいられなかったのかもしれません。

全編死に彩られた本編のなかで紡がれる驚くほどに濃密で長い性愛シーンが、彼らの生への渇望が映し出されているかのようで尚更悲しみを誘います。

まとめ


(C)Tamasa Distribution

撮影監督を長く務めた映像のプロ、ニコラス・ローグ監督が紡ぐ幻想的なオカルト・スリラー作品『赤い影』。

娘を水難事故で亡くし深い悲しみを抱く夫婦が、水の町・ヴェニスで娘の着ていた赤いレインコートに翻弄されるさまを描きます。

「水」と「赤」が何度も繰り返し現れては、不穏な空気のなかを飛び回り、夫婦の心をかき乱します。ごく平凡なふたりが、理不尽な迷宮に閉じ込められた末に悲劇に陥っていくさまに背筋が凍る一作です。

盲目のヘザーが予言したとおり、ジョンはヴェニスを離れればその過酷な運命を逃れられたのでしょうか。それとも、いずれにせよ恐ろしい運命はふたりを離してはくれなかったのでしょうか。

主人公たちの悲しい運命に胸を痛めつつも、古いヴェニスの町並みを川のように流れ続ける美しい恐怖は観る者の心をとらえて離さない魅力に満ちています

どうぞその美しすぎる恐怖の時間をたっぷりと堪能してください。



関連記事

サスペンス映画

映画『ホムンクルス』ネタバレ感想と評価レビュー。カルト的な漫画原作を実写化に挑んだ清水崇監督の代表作!

山本英夫の同名漫画を綾野剛主演で清水崇監督が実写映画化『ホムンクルス』。 記憶と感情を失った男が「ホムンクルス」と呼ばれる存在が見えるようになり、自身の過去と対峙する事になるサイコミステリー『ホムンク …

サスペンス映画

三度目の殺人|若手弁護士・川島輝役は満島真之介!演技評価と感想

是枝裕和の最新映画『三度目の殺人』が、2017年9月9日(土)に公開。 弁護士が殺人犯の心の奥底に潜む真意を、弁護する立場から見つめる姿によって、新たな真実を想像する法廷サスペンス。 キャストは是枝監 …

サスペンス映画

映画『サニー/32』あらすじと感想。実話に北原里英&門脇麦が挑む!

映画『サニー/32』は撮影が行われた新潟地区は2018年2月9日(金)新潟・長岡先行公開され、続く2月17日(土)から全国公開されます。 『凶悪』のスタッフやキャストがふたたび集結した話題作で、演出は …

サスペンス映画

映画『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あなたはペットを飼うなら、ねこ派ですか、いぬ派ですか? 今回ご紹介する映画は、総数250匹の犬たちが演技を見せてくれる映画。そのワンちゃんたちの演技が認められ、見事!カンヌ国際映画祭ではパルムドック賞 …

サスペンス映画

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』あらすじとキャスト!ラスト結末は

『ユリゴコロ』などで知られる沼田まほかるのベストセラー小説を『凶悪』の白石和彌監督が映画化。主演は蒼井優と阿部サダヲ、共演に松坂桃李、竹野内豊。 かつての恋人の失踪を知ったことから、意外な秘密の扉が開 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学