Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/02/08
Update

映画『ファーストラヴ』のタイトル意味。ラブではない理由を相関図の恋愛模様から読み解く

  • Writer :
  • 星野しげみ

映画『ファーストラヴ』は 2021年2月11日(木・祝)ロードショー。

島本理生の原作小説を『十二人の死にたい子どもたち』の堤幸彦監督が手掛けた映画『ファーストラヴ』。

父親を殺害した容疑で女子大生・聖山環菜が逮捕されました。事件を取材する公認心理師の由紀は、夫の弟で弁護士の庵野迦葉とともに彼女の本当の動機を探ろうとしますが、二転三転する環菜の供述に翻弄されていきます……。

環菜の犯した犯罪の裏にある家庭内の問題を探るうちに、思春期を迎えた彼女の初恋と由紀の恋愛が交錯します。果たしてタイトルになっている「ファーストラヴ」とは誰の初恋なのでしょうか。

事件のカギを握るタイトルの意味を、紐解いていきたいと思います。

スポンサーリンク

映画『ファーストラヴ』の作品情報

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
島本理生:『ファーストラヴ』(文藝春秋)

【監督】
堤幸彦

【脚本】
浅野妙子

【キャスト】
北川景子、中村倫也、芳根京子、窪塚洋介、板尾創路、石田法嗣、清原翔、高岡早紀、木村佳乃

【作品概要】
原作小説は、島本理生の第159回直木賞に選ばれた『ファーストラヴ』。家族という名の迷宮を描いた傑作長編小説を『十二人の死にたい子どもたち』(2019)の堤幸彦監督が手掛けて映画化しました。

映画では『スマホを落としただけなのに』(2018)の北川景子ほか、『屍人荘の殺人』(2017)の中村倫也、『今日も嫌がらせ弁当』(2019)の芳根京子に、『源氏物語 千年の謎』(2011)の窪塚洋介といった実力派俳優が集結。

映画『ファーストラヴ』のあらすじ

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

ある大学のトイレで、一人の男性が胸を刺され倒れているのが発見されます。

その頃、血まみれのナイフを持ち川端の道を歩く一人の女性がいました。アナウンサー志望の女子大生、聖山環菜(芳根京子)です。

彼女は、トイレで倒れていた父であり画家の那雄人(板尾創路)を殺した容疑で逮捕され、大きくメディアで報じられました。

環菜は、警察の取り調べに対し「動機はそちらで見つけてください」と返答したと言います。彼女について取材の依頼を受けた公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、彼女への接見を決意。

環菜の弁護士は、国選弁護人として選任された由紀の夫・我聞(窪塚洋介)の弟である弁護士・庵野迦葉(中村倫也)でした。

迦葉と由紀は大学の同級生で、過去に因縁を持つ間柄。彼女は戸惑いながらも迦葉に接見希望を申し出て、ついに環菜と対面します。

「あの子はくせ者だよ。心が読めない」という迦葉の言葉に身構えながら、由紀は最初は公認心理師の立場として冷静に環菜を観察します。

そして、環菜を取り巻くさまざまな人物から改めて知らされる事実に驚き、翻弄されます。

いつしかその真実は、由紀自身が抱える心の闇へと繋がっていきました。

スポンサーリンク

「恋愛」が形作られる関係図

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

女子大生・環菜が父親を包丁で殺害する事件がおこり、なぜ彼女は父親を殺害したのかと、主人公・由紀が事件解明に乗り出します。

原作では、環菜の家庭環境は歪でした。父親は血の繋がらない娘・環菜に対して、娘にしたのだからと恩返しを強制します。父親を愛する母親は絶対服従でした。

素直な環菜は父親の命ずるままに、デッサンのモデルになり、父を怒らすのは自分が悪いという思想を植え付けられていきます。その結果として、精神を病むことに……。

少女時代に家を飛び出し怪我をした環菜を保護してくれたゆうじくん。初めて心からくつろげる時間が持てた環菜は、ゆうじくんのことが好きだと思います

その後、ゆうじくんとも連絡が取れなくなり、以前と同じような生活をする環菜は、寂しさからか危うげな男性遍歴を重ねます。

一方、環菜の取材をする由紀は、環菜の国選弁護人で由紀の学生時代の同窓生であり義弟でもある庵野迦葉とは、若かりし頃にある出来事がありました。

物静かな我聞に魅かれいつしか愛し合うようになって結婚した由紀ですが、環菜の事件の調査が進むにつれ、自分の過去との共通点に気がつき、封じ込めたはずの記憶が呼び覚まされます

タイトルに込められた思い

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

映画『ファーストラヴ』では、女子大生による父親殺害事件を描いています。事件の背景には複雑な家庭事情がありました。

家庭内暴力や性の虐待などがある家庭では、母親が見て見ぬふりをしているケースが意外と多いそうです。父親との関係よりも母親との関係が問われるのが、現実かも知れません。

そんな親から普通の真っ直ぐな愛が与えられない子供は、いつしかねじれた思想で愛を求めて行くことになります。

思春期には、ほとんどの人がそれぞれ恋愛経験を持つと思われます。ほろ苦い経験もあれば、相思相愛のハッピーエンドの初恋もあるでしょう。

その一方で、愛情のように見せかけて実は身体が目当てだったりとか、恋愛に見せかけた危ないものの存在も否定できません。

寂しさから身近にいる人に頼る気持ちを‟恋愛”と錯覚したり、心の拠り所として無理やり疑似恋愛を想定したりと、危なっかしい‟恋愛ごっこ”もあると思われます。

危うい恋愛感情が発展するとどうなるのか。社会的制裁を余儀なくされる悲劇を招くことにもなりかねません。

本作では、環菜の初恋や由紀の恋愛というエピソードも交え、どちらかの話がキーポイントになっていると想像できます。

しかし、タイトルを「ファーストラブ」ではなく「ファーストラヴ」と表記することで、きれいごとではない危険な‟恋愛”の存在を警告しているとも思われるのです

スポンサーリンク

まとめ

(C)2021「ファーストラヴ」製作委員会

北川景子×中村倫也の共演で、女子大生の父親殺人事件の真相を追求する映画『ファーストラヴ』。

主人公の公認心理師の真壁由紀が事件を追いながら自分自身の心の闇と葛藤するという、主人公の内面を鋭く抉り出すエンタテインメント・サスペンスです。

タイトルの“初恋”は、事件に絡み合う鍵となるものですが、誰の‟初恋”を指すのか、あるいは警告と捉えるのか、観る人によって意見も分かれるのに違いありません。

映画『ファーストラヴ』は豪華なキャストに加えて、女性心理を鋭く追及するサスペンスストーリーです。タイトルの意味に注目すると、作品に含まれているもっと深い意義を見出せることでしょう。

映画『ファーストラヴ』は2021年2月11日(木・祝)ロードショー





関連記事

サスペンス映画

映画『オンリー・ゴッド』あらすじと感想レビュー!ラスト結末も

2012年に映画『ドライヴ』で日本の映画ファンに、その名を知らしめたニコラス・ウィンディング・レフン監督。 ふたたびニコラス・ウィンディング・レフン監督&ライアン・ゴズリングがタッグを組んだ …

サスペンス映画

映画『嘘を愛する女』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

2018年に30歳になり大人の女優へと進化を進める長澤まさみと、『おんな城主直虎』『カルテット』で大ブレイクした高橋一生が共演するラブサスペンス。 5年間同棲していた男は名前から何から全て嘘だった。病 …

サスペンス映画

映画『お嬢さん』特別版東京と大阪以外の公開は?上映期間や劇場詳細

パク・チャヌク監督のロングラン上映中の『お嬢さん』は、上映館が少ないにもかかわらず、ネットでは大きな話題となっている映画。 また、『お嬢さん』はR18+作品といこともあり、監督の妥協を許さない内容的に …

サスペンス映画

Netflix映画『クラス’83』ネタバレあらすじと感想考察。80年代のインドの実情を描いた秀逸なポリティカルサスペンス

NETFLIX映画『クラス’83』 世界の汚職を監視する国際NGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」が毎年発表する、その国の汚職率を数値化した「腐敗認識指数」。 例年アジアの国の …

サスペンス映画

映画『ザ・バニシング消失』ネタバレ感想。リメイク版までありながら日本未公開であったサスペンス秀作

映画『ザ・バニシング -消失-』は2019年4月12日(金)ロードショー 旅行先で突然消えた恋人。彼女はなぜ消えたのか、どうなってしまったのか。その真相を男が追っていくうちに、物語はどんどん恐ろしい局 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学