Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『CLIMAX クライマックス』感想とレビュー評価。映画監督ギャスパー・ノエが挑発する光と影の猛毒!

  • Writer :
  • 増田健

『CLIMAX クライマックス』は2019年11月1日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!

日本で1994年公開の中編映画『カルネ』、2000年公開の長編映画『カノン』。カンヌ国際映画祭で衝撃を与えたギャスパー・ノエ監督作品は、日本でも衝撃を持って迎え入れられました。

その後もフランス映画界で、孤高の活動を続ける鬼才の作品が、いよいよ日本公開されます。

人里離れた雪山の中にある、廃屋に集まった22人のダンサーたち。公演に向けたリハーサルを終え、打ち上げパーティーを始めた彼らは、なぜか理性を失い、狂気に囚われてゆく。

そのストーリーだけでなく、映像に音響など、映画を構成する全てが、見る者を蝕む問題作。97分間ただ墜ちまくる、耐えられないほど魅力的な狂宴が、幕を開ける…。

スポンサーリンク

映画『CLIMAX クライマックス』の作品情報


(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

【日本公開】
2019年11月1日(金)(フランス・ベルギー合作映画)

【原題】
Climax

【監督・脚本・編集】
ギャスパー・ノエ

【出演】
ソフィア・ブテラ、ギレルミック、ソウヘイラ・ヤケブ、キディ・スマイル

【作品概要】

新作を発表するたびに、賛否両論を巻き起こす映画監督、ギャスパー・ノエの最新作。見る者をトランス状態に陥らせる、ドラックとセックス、バイオレンスに満ちた問題作が誕生しました。

その映像を生み出した撮影監督はブノワ・デビエ。独自の照明技法を生み出し、2003年日本公開作『アレックス』以降の、ノエ監督作品には欠かせない人物です。

彼の映像の魅力は、ハーモニー・コリン監督の『スプリング・ブレイカーズ』、俳優ライアン・ゴズリングの初監督作『ロスト・リバー』でも味わう事ができます。

出演は『キングスマン』『アトミック・ブロンド』のソフィア・ブテラ。ダンサーとしてキャリアをスタートさせた彼女が、他のダンサーと共に激しいダンスと、その後繰り広げられる狂宴を披露します。

第71回カンヌ国際映画祭監督週間で上映され、芸術映画賞を受賞した作品です。

映画『CLIMAX クライマックス』のあらすじ


(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

雪景色の中に現れた血にまみれた女性。その姿を上空からとらえた映像から始まり、この映画は1996年冬に起きた、実話であると紹介されます。

場面は変わり、様々な国から集まったダンサーたちの、ダンスや音楽への熱意や人間関係、不安や恐怖の対象、セックスそしてドラックの体験などを語る、インタビュー映像が流されます。

その後インタビューに登場した、セルヴァ(ソフィア・ブテラ)たちダンサーの、激しくも美しいパフォーマンスが披露されます。彼らは雪に閉ざされた廃屋で、公演に向けたリハーサルを行っていました。

リハーサルは上々の出来で終了、一同は打ち上げパーティーを始めます。用意されたサングリアを飲み、踊りと会話に興じるダンサーたち。

徐々に彼らの言動は激しく、欲望や怒りをむき出しにしたものに変貌します。常軌を逸した行動をする者が現れ、彼らは何者かがサングリアにドラッグ(LSD)を入れたと気付きます。

その犯人探しから、彼らの行動は一線を越えてしまいます。トランス状態に墜ちた彼らは、暴力的に振る舞い、欲望をむさぼり、恐怖に囚われ、やがて廃屋の中は地獄絵図と化していきます。

一体誰が、何の目的でサングリアにドラックを入れたのか。そして理性を失ったダンサーたちの狂宴は、いかなる結末を迎えるのか…。

スポンサーリンク

映画『CLIMAX クライマックス』の感想と評価


(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

暴力的な映像・音楽・クレジット!

紹介したあらすじに、R18+指定。映画が不穏当なものであることは、鑑賞前に誰もが気付くでしょう。

そしてギャスパー・ノエ監督の過去の作品を知る者の予想通り、この映画は俳優の演技や映像、音響のみならず、クレジットやスーパーの文字までが、挑発的に登場します

画面の登場する文面を、一つだけ取り上げると“誇りを持って世に出すフランス映画”と、高らかに本作を紹介しているノエ監督。これから起きる地獄絵図は、確信を持って作られたものと、覚悟してご覧下さい。

圧巻のダンスシーンを長回しでとらえた映像は、映画の進行と共に不安をかき立てるアングルへ変化し、ノエ監督&ブノワ・デビエ撮影監督お馴染みの、赤や青の満ちた映像の迷宮が描かれます

狂宴が始まると叫び声だけでなく、場内は重低音に包まれ、観客を生理的にも追い込みます。映像にこだわる監督の意図に応えるべく、日本語字幕も一工夫(!)して画面に登場します

過去のノエ監督作品の暴力シーン、性描写シーンの方が凄かった、と語る方もいるでしょう。しかし断言します。本作は監督の過去作以上に、映画そのものが暴力的な内容です

ギャスパー・ノエは準備周到に挑発する

この映画の舞台は1996年冬。冒頭のダンサーたちの、インタビューを映すシーンで、ブラウン管テレビの横に、映画関係の書籍と、映画のVHSビデオが積まれています。

ビデオのタイトルは『サスペリア』に『サンゲリア(ゾンビ)』、『ポゼッション』に『ファスビンダーのケレル』、『イレイザーヘッド』に『アンダルシアの犬』、『ソドムの市』に『切腹』、ケネス・アンガー監督とヤン・クーネン監督の短編映画…

ノエ監督には珍しい、自身が影響を受けた、好きな映画の表明が行われています。また劇中に突然挿入される、スーパーでの出演者・音楽・主要スタッフの表記には、カラフルでポップな文字を使用。これらのお遊びは、クエンティン・タランティーノ監督を思わせます。

しかし他の劇中の文字の挿入は、ジャン=リュック・ゴダール監督の手法にならったもの。ポップな表現と、難解かつ高尚な表現が、劇中に両立しています。

そして素晴らしいダンスを収めた映像は、天井から真下を見下ろした映像で描かれます。ミュージカルシーンで多様される“バークレイ・ショット”という技法です。

この安定した美しい映像も、登場人物を追い不安定なアングルに変化し、居心地の悪い映像に変わります。それと共にポップな要素も高尚な要素も消え、地獄絵図だけが残ります。

安定した、そして娯楽的・芸術的な映画の様式を、破壊する目的で作られたこの作品。ギャスパー・ノエ監督は、あらゆる観客を挑発する映画を作り上げました

バイオレンスな作品を認めないフランス映画界への挑戦状

カンヌで高い評価を得ているノエ監督。しかし意外な事にフランス本国での評価は、決して高いものではありません

残酷な人形劇“グラン・ギニョール”を生んだフランス。ジョルジュ・フランジュ監督の『顔のない眼』や、ロジェ・ヴァディム監督の『血とバラ』など、優れたホラー映画を生み出しています。

しかしフランス映画界にとって、映画とは格調高く芸術的なもの。ホラー映画は映画界本流のものと扱われず、国内の映画祭で評価されることもまずありません。

そんななか孤独に、保守的なフランス映画界を、挑発する様に映画を作り続けるノエ監督。その姿は、0(ゼロ)年代始まった“ニュー・ウェイヴ・オブ・フレンチホラー・ムーブメント”の監督たちに、大きな影響を与えます。

このフランス映画界の現状は、小林真里監督のドキュメンタリー映画、『BEYOND BLOOD』で紹介され、世界のホラー映画ファンに大きな驚きを与えました

アレクサンドル・アジャ、アレクサンドル・バスティロ、ジュリアン・モーリー、ザヴィエ・ジャン、パスカル・ロジェといった、バイオレンス性の高い“ニュー・ウェイヴ・ホラー”映画を作った監督たち。

彼らが影響を受けたと語る、唯一フランスで現役で活躍している、ホラー・バイオレンス映画の監督が、ギャスパー・ノエです

彼の孤独な戦いは、優れた後進監督を産み、そして今フランス映画界をも変えようとしています。その経緯は『BEYOND BLOOD』でご確認下さい。

まとめ


(C)2018 RECTANGLE PRODUCTIONS-WILD BUNCH-LES CINEMAS DE LA ZONE-ESKWAD-KNM-ARTE FRANCE CINEMA-ARTEMIS PRODUCTIONS

映画的に大胆かつ挑発的な構成を持つ、『CLIMAX クライマックス』について解説しました。しかしそんな事は全て忘れて、ただ映画に向き合えば、間違いなく衝撃を受ける作品です

エッジの効いた映画好きで、危険な世界を覗きたい人に、自信を持ってお薦めします。ですが、映画で描かれた地獄絵図に、付き合いきれないと感じる方もいるでしょう。

セックスと暴力に満ちた、トランス状態の狂宴もやがて終わります。そして惨状の中には、どこか安らぎに満ちた人物(カップル)の姿もあります。

地獄や狂気の中に、確かに存在した幸せな時間や、僅かに残った救いを描く。これもまた、ギャスパー・ノエ監督らしい要素を持つ作品です

映画『CLIMAX クライマックス』は2019年11月1日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!

関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』4番リョウコ役は橋本環奈。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

映画『告白小説、その結末』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ベストセラー作家に近づく、謎に満ちたELLE(エル=彼女の意)と名乗る女。彼女は一体何者なのか!? 二人の女性の予測不能の運命をスリリングに描いたロマン・ポランスキー監督の『告白小説、その結末』をご紹 …

サスペンス映画

映画『赤い雪 Red Snow』あらすじネタバレと感想。永瀬正敏と菜葉菜が実話を基にしたミステリー作品にダブル主演!

あの雪の日、記憶からも現実からも弟は消えた。人の記憶ほど曖昧なものはない ──。 「記憶はウソをつく」榎本博明著にもありますが、記憶が必ずしも真実ではないということに焦点を置いたミステリーサスペンス映 …

サスペンス映画

映画『スプリット』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

女子高生3人vs “23+1人”の攻防?! M・ナイト・シャマラン史上最も衝撃的なラストが待ち受ける『スプリット』をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『スプリット』の作品情報映画『 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP