Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

プレゼント応募

Entry 2020/03/18
Update

【映画試写会プレゼント】『おろかもの』70名様ご招待。4月7日映画美学校にて《開催中止のお知らせ》

  • Writer :
  • 石井夏子

映画『おろかもの』Cinemarche単独試写会開催。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019の国内コンペティション長編部門にて観客賞を受賞田辺・弁慶映画祭にてグランプリ受賞ほか5冠を達成した芳賀俊監督と鈴木祥監督が共同で手がけた映画『おろかもの』。物語の中心となり、本作を大きく牽引しているのは、笠松七海と村田唯のふたりの女優です。

2020年6月よりテアトル新宿にて全国順次公開される映画『おろかもの』

本作のモニター試写会を、2020年4月7日(火)に、渋谷の映画美学校試写室に予定しておりましたが、試写会の中止を決定いたしました

『おろかもの』の先行試写会を楽しみにされていたファンの皆様には、開催前の急なご案内になってしまったことを心よりお詫び申し上げます

感染拡大防止のため、このような判断とさせていただきました。何卒、ご理解、ご協力賜りますようお願い申しあげます

スポンサーリンク

映画『おろかもの』について

画像:映画祭授賞式後の芳賀俊監督(右)と鈴木祥監督(左)

(C)Cinemarche

形は違えど、これまでいくつもの作品をともに制作してきた芳賀俊監督と鈴木祥監督が満を持して挑んだ、二人にとって初の長編監督作

結婚を控えている兄の浮気相手と対峙した妹が、やがてその浮気相手、そして兄の婚約者と接してゆくうちに他者や自身にとっての“つながり”について見つめ直してゆく物語です。

主人公・洋子を演じたのは、『空の味』(2016)『サイモン&タダタカシ』(2017)の笠松七海。女子高生特有のアンビバレントな感情を完璧に捉えた快演を劇中で見せます。

兄の浮気相手・美沙を魅惑的に演じたのは、『密かな吐息』(2014)『デゾレ』(2017)など自身も監督として活動している村田唯。また兄の婚約者・果歩を演じた猫目はちも、『つま先だけが恋をした』(2018)で監督デビューを果たしています。

本作は、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019での上映がワールド・プレミアとなり、国内コンペティション長編部門にて見事観客賞を獲得、また、その後には、田辺・弁慶映画祭にてグランプリ受賞ほか5冠を達成する快挙を成し遂げました。

映画『おろかもの』の作品情報


(C)2019「おろかもの」制作チーム/(C)2019 SKIP CITY NTERNATIONAL D-Cinema FESTIVAL Committee.All right reserved.

【日本公開】
2020年(日本映画)

【監督】
芳賀俊、鈴木祥

【脚本】
沼田真隆

【キャスト】
笠松七海、村田唯、イワゴウサトシ、猫目はち、葉媚、広木健太、南久松真奈

【公式ホームページ】
映画『おろかもの』公式HPはこちらから→

スポンサーリンク

映画『おろかもの』のあらすじ

高校生の洋子は結婚を目前に控えた兄・健治が、美沙という女性と浮気をしている現場を目撃してしまいます。

ある日、衝動と好奇心に突き動かされて美沙と対峙した洋子は、美沙の独特の柔らかさと強さ、そして脆さに惹かれていきます。

そして、洋子が何気なく言葉にした“ある提案”に乗ってしまったことで、美沙は彼女と行動をともにするようになり、次第に奇妙な関係を結んでゆき…。

関連記事

プレゼント応募

【映画招待券プレゼント応募】『はりぼて』チケットを抽選10名様へ。全国の上映館で使用可能な鑑賞券を進呈

映画『はりぼて』の劇場鑑賞券を10名様にプレゼント。 富山県の小さなテレビ局が地方政治の不正に挑み、報道によって人の狡猾さと滑稽さを丸裸にした4年間を描いたドキュメンタリー映画『はりぼて』。 本作は2 …

プレゼント応募

『海底47m 古代マヤの死の迷宮』オリジナルグッズプレゼント!話題の続編映画公開を記念して3名様に進呈

恐怖は底なしに深化する― 海洋パニックスリラー「海底47m」シリーズ第2弾。 ダイビング中に海底に落下、深海で檻に閉じ込められた姉妹が決死の脱出に挑む姿を描き、全世界で大ヒットを記録した海洋パニックス …

プレゼント応募

【映画一般試写会プレゼント】『だれもが愛しいチャンピオン』15組30名様ご招待!12月10日(火)東京・千代田区にて

映画『だれもが愛しいチャンピオン』は2019年12月27日(金)より劇場公開。 プロのバスケットボール・コーチとハンディキャップ・チーム“アミーゴス”の出会いと絆を描いた映画『だれもが愛しいチャンピオ …

プレゼント応募

【映画感想レビュー募集】2019年劇場公開された新作映画の解説を書いてプレゼントをゲット!

Cinemarcheにあなたの好きな映画の感想をお寄せください。 日頃から映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche(シネマルシェ)」をご利用いただき、ありがとうございます。 Cin …

プレゼント応募

映画『一度も撃ってません』完成披露試写会中止のお知らせ。新型コロナウイルス感染症対策のため

Cinemarcheにて募集しておりました映画『一度も撃ってません』の完成披露試写会プレゼントですが、新型コロナウイルス感染症の情勢を受けた政府からの発表、方針に鑑み、一般観客の皆さまご参加のもと行う …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学